甲府が暴行容疑で謹慎を受けたMF道渕諒平やGK岡大生、DF小出悠太、FW森晃太と契約更新を発表

2017.12.20 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は20日、MF道渕諒平(23)、DF小出悠太(23)、GK岡大生(29)、FW森晃太(20)との契約更新を発表した。

▽道渕は明治大学から今シーズン加入。シーズン中は暴行容疑で謹慎処分を受けていたが、明治安田生命J1リーグで4試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合に出場していた。

▽小出は道渕と同じ明治大学から加入。シーズン終盤に右ウイングバックでポジションを掴み、J1で10試合、ルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合に出場していた。
▽岡はシーズン序盤にポジションを掴みJ1で23試合、ルヴァンカップで1試合に出場。森はケガの影響もありルヴァンカップ2試合の出場に留まっていた。4選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF道渕諒平
「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレー出来ることを大変嬉しく思います。今シーズンは、サッカー以外の部分でクラブに関わる多くの皆様にご迷惑をおかけしました。また、チームにも貢献が出来ず、本当に悔しいシーズンでした。来シーズンは感謝の気持ちを忘れず、プレーで恩返しをしていきたいと思います。2018年も熱いご声援よろしくお願い致します」

◆DF小出悠太
「2018シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせて頂くこととなりました。常に感謝の気持ちを忘れず、謙虚に直向きに、ヴァンフォーレ甲府の勝利の為に熱いプレーを皆さんに見せたいと思います。必ずJ1の舞台へ戻りましょう。熱い応援よろしくお願い致します」

◆GK岡大生
「今シーズンも力強い応援ありがとうございました。みなさんの応援があったからこそ、自分が持っている以上の力を発揮することができました。今年、自分に足りなかった部分をさらにレベルアップさせ、来シーズンにぶつけていきたいと思います。ヴァンフォーレを応援してくださるみなさんの為に全力でプレーします。J1昇格を目指し、来シーズンも共に闘いましょう。応援よろしくお願いします」

◆FW森晃太
「2017年シーズンは怪我でプレーをすることができませんでした。そして、チームの力になれず、悔しさでいっぱいの1年間でした。来季は今シーズン味わった悔しさを胸に、飛躍の1年にしていきたいと思います。チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張りたいと思うので来シーズンもよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

C大阪MF松本凪生が来季も甲府でプレー 「大きくなってセレッソに帰ってきます!」

ヴァンフォーレ甲府は9日、MF松本凪生(21)の育成型期限付き移籍期間延長を発表した。 セレッソ大阪が保有元の松本は今季から甲府でプレー。明治安田生命J2リーグ30試合出場で3得点をマークしたほか、チームとして初タイトルとなる天皇杯でも6試合1得点の数字を残した。クラブの公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーすることになりました。今季はたくさんの経験ができ、自分にとってすごく成長できた1年でした。J1昇格という目標を成し遂げるために全力で戦います! 甲府ファミリーの皆さん、引き続き応援よろしくお願いします!」 一方、C大阪では「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーすることになりました。大きくなってセレッソに帰ってきます! 引き続き応援よろしくお願いします!」とコメントした。 2022.12.09 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がACLで9試合4得点、京都退団のFW武富孝介を獲得「全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」

ヴァンフォーレ甲府は8日、京都サンガF.C.を契約満了となっていたFW武富孝介(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 武富は柏レイソルの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。ブラジルのモジミリンで半年間プレー。その後柏に復帰すると、ロアッソ熊本、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験する。 2018年に浦和レッズへと完全移籍。2019年には期限付き移籍で湘南へ戻ると、2021年から京都でプレーしていた。 京都では加入1年目に明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2015年の柏時代に9試合に出場し4得点を記録している。 甲府に加入する武富は、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました武富孝介です。自分を必要としてくれたこのチームのために全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」 「J2リーグ、天皇杯、そしてACL、全ての試合で山梨全体が盛り上がり、喜んでもらえるように自分の持っている全てを出し切ります」 「どんなときでもチームが一体感を持ち、ポジティブに前へ進んでいけるように努力していきたいと思います」 「みなさんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています!よろしくお願いします!」 2022.12.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府が大和優槻、山内康太、内藤大和と契約更新

ヴァンフォーレ甲府は7日、DF大和優槻(19)やGK山内康太(23)、FW内藤大和(18)の契約更新を発表した。 今年4月にプロ契約を結び、アカデミーから昇格した内藤を含め、3選手ともに今季入団のルーキー。今季の明治安田生命J2リーグでは大和が7試合出場、山内が出場なし、内藤が3試合出場の数字を残した。3選手はクラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語っている。 ◆大和優槻 「今年1年間どんな時も熱いサポート、ご声援ありがとうございました。来シーズンも甲府でプレーすることが決まりました。5月にプロデビューしプロの厳しさを痛感した1年でした。今年悔しい思いをした分、来年はJ1昇格へと導ける選手になれるように頑張ります。来シーズンも熱い声援、サポートよろしくお願いします」 ◆山内康太 「2023シーズンも甲府でプレーさせていただけることになりました。ありがとうございます。2022シーズンは、ヴァンフォーレ甲府の選手としてチームの勝利に貢献できず、自身の未熟さ脆さを痛感させられたシーズンでした。しかし、自分自身の現状を知る事ができた分『自分はこう言う選手になりたいんだ』と、これから追い求めていくべき理想の姿をはっきりと確立することができたシーズンでもありました。2023シーズンも自分の思い描く大きな野望に向かって、いつも通り一つずつ積み上げていきます。よろしくお願いします!」 ◆内藤大和 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました。なかなか試合に絡めなかったり、怪我が多く、とても悔しくプロの厳しさを味わったシーズンでした。来シーズンはサポーターの皆様の期待に結果で応えられるように覚悟を持って戦います。来シーズンも引き続き熱い応援よろしくお願い致します」 2022.12.07 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格の藤枝、甲府のGK岡西宏祐を完全移籍で獲得 「新しい歴史をクラブと共に築いていける」

藤枝MYFCは7日、ヴァンフォーレ甲府からGK岡西宏祐(32)の完全移籍加入を発表した。 大阪府出身の岡西は中央大学を経て2013年に甲府入り。長く控えGKとしての立ち位置が続いたが、2020シーズンに開幕スタメンを勝ち取ると、守護神として明治安田生命J2リーグで36試合に出場した。 しかし、その後は再び第2GKに降格。今シーズンは公式戦8試合の出場にとどまり、天皇杯でもラウンド16までは先発としてプレーしたが、決勝での出番はなかった。 長年過ごした甲府から去る決断を下した岡西は、両クラブを通じてこれまでの感謝と新天地での意気込みを述べている。 ◆藤枝MYFC 「このたび藤枝MYFCに加入することになりました、岡西宏祐です。サッカーのまち藤枝でプレーできることに今からワクワクしています。須藤監督率いる藤枝の攻撃的で観客を魅了するサッカーにおける ゴールキーパーの重要性は 試合を観ていても感じているので、責任は重いですがやりがいのある仕事だと思っています」 「J2初挑戦で、これから新しい歴史をクラブと共に築いていけることに大きな喜びを感じています。このクラブのために全身全霊で戦い、サポーターの方々の期待に応えられるように頑張ります。僕自身 初めての移籍なので、このサッカー文化が根付いた地域 藤枝が好きになれるように過ごしていければと思っています。来シーズン、共に戦いましょう」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「リリースの通り、来シーズンから藤枝MYFCでプレーすることに決めました。高校時代を含めて13年間過ごした山梨は、僕にとって特別な場所であり、地元以上に大切で大好きな場所になりました。高校時代に小瀬でヴァンフォーレ甲府の試合を観て、いつかこのクラブのユニフォームを着てピッチに立ちたい。それが僕の夢になりました」 「大学時代にオファーを頂いた時は本当に嬉しかったです。一方でプロ選手にはなれたものの、周りと自分のレベルの差を肌で感じ、何も出来ずに数年が過ぎました。もしそのときにクラブを去っていたら僕にとっての山梨生活は苦い思い出となっていたはずです」 「佐久間社長をはじめ、このクラブは試合に出場していない僕のことを信じて契約し続けてくれました。この頃から、いつかこのクラブに恩返しがしたいという気持ちになりました。そして、今年の天皇杯優勝。クラブ、選手、サポーター全員の力で勝ち取ることができました」 「日産スタジアムで体感したホームのような大声援は、ベンチに座っていても鳥肌が立ちました。そしてあの場で優勝カップを掲げられた事は一生忘れないです。ただ、なかなかピッチに立てない悔しさがあったのも事実で、この気持ちはまた来年の原動力にしようと思っていました」 「そのタイミングで今回のオファーを頂き、甲府一筋で引退したい気持ちと、もう一度、違う環境でチャレンジしたい気持ちの両方が出てきました。しっかりと考えているうちに、自分の中で決めたクラブへの恩返しとして、天皇杯を優勝することができ、最高の喜びをサポーターの方々と分かち合え、タイミングとしても今じゃないのか、そして、日を追うごとに、ここでチャレンジしないとずっと後悔が残ってしまうと思い、移籍を決断しました」 「来シーズン、星のついたユニフォームを着れないのは本当に残念ですが、自分で決めた道に後悔のないように、頑張ってきます。自分のことばかり長々と書いてしまいましたが、山梨の方々には本当にお世話になり、可愛がっていただきました」 「いろいろな所で『おかにー』と声をかけてくれる温かい方々、街、そしてこのクラブが大好きです。来年は同じカテゴリーのJ2に所属しますが、このクラブのことはいつまでも応援しています。10年間こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」 2022.12.07 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全移籍で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly