ニューカッスルがエバートンFWキャルバート=ルーウィンから撤退…81億円は高過ぎると判断

2024.06.24 23:45 Mon
エバートンで8シーズンを過ごしているキャルバート=ルーウィン
Getty Images
エバートンで8シーズンを過ごしているキャルバート=ルーウィン
ニューカッスルは、エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の獲得を断念したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

シェフィールド・ユナイテッドの下部組織出身のキャルバート=ルーウィンは、2016年8月にエバートンへと完全移籍する。
在籍8シーズンで、公式戦247試合に出場し68ゴール18アシストを記録。2023-24シーズンはプレミアリーグで32試合7ゴール2アシストを記録していた。

イングランド代表としても11試合で4ゴールを記録しているキャルバート=ルーウィンには、ニューカッスルのエディ・ハウ監督が数年にわたって追いかけるほど興味を持っていたストライカーの1人だった。

エバートンとの残り契約が1年になった中、今夏の獲得に動いていたが、移籍金が4000万ポンド(約81億円)もすることから、高過ぎるとして撤退を決めたという。
エバートンはプレミアリーグの収益性と持続可能性に関する規則(PSR)に違反したとして2023-24シーズは勝ち点8をマイナスされていた中、高額で売却することで利益を得ようと考えていたものの、さすがに高額過ぎたとして目論見が外れてしまった。

すでにアストン・ビラからU-20イングランド代表MFティム・イローグブナム(20)を獲得しており、サラリー面を含めて、バランスを取らなければいけない状況だ。

クラブ売却も暗礁に乗り上げ大ピンチを迎えていたものの、ローマを保有する『フリードキン・グループ』が株式を取得する可能性が高まっている状況。いずれにしても、財政面の問題でチームが苦しいシーズンを送るのだけは避けたいところだ。

ドミニク・キャルバート=ルーウィンの関連記事

エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の今後に注目が集まっている。 2016年8月からエバートンに在籍するキャルバート=ルーウィン。2019-20シーズンと2020-21シーズンはプレミアリーグで2桁得点を記録し、一時期はイングランド代表にも招集されていたが、近年はケガに悩まされている。 それでも、2023-24シーズンは大きなケガなく、1年を通してプレー。プレミアリーグで32試合7ゴール2アシストの成績を残し、復活の兆しを見せた。 そんなストライカーとの契約が残り1年のエバートンは、契約延長に着手。しかし、イギリス『TEAMtalk』によると、キャルバート=ルーウィンは直近の延長オファーを拒否したという。 現在はマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとのこと。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を手中に収めつつあるクラブだが、さらに最前線を補強する可能性があり、ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニー(28)と並んで新戦力候補に挙げているようだ。 契約延長オファーを拒まれたエバートンは、来夏のフリー移籍を避けるため、売却に動く可能性も十分。ユナイテッドはその動向に注意を払っている模様だ。 2024.07.10 16:22 Wed
エバートンがアストン・ビラからU-20イングランド代表MFティム・イローグブナム(20)の獲得に成功したようだ。 経営難から主軸売却の噂が絶えぬエバートン。最後尾のGKジョーダン・ピックフォード、最終ラインからはDFジャラッド・ブランスウェイト、中盤のMFアマドゥ・オナナ、最前線はFWドミニク・キャルバート=ルーウィンと、センターラインの存続が危うい。 そんななか、オナナを売るかもしれない中盤に新戦力。イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ビラから若手ボランチ、イローグブナムを移籍金1000万ポンド(約20億円)で引き抜き、メディカルチェックも通過したという。 イローグブナムは21年夏にWBAからビラへ。昨季は2部QPRへ武者修行し、公式戦32試合出場とプロキャリアで初めて1年を主力としてこなす。ただ、今季復帰したビラはCL行きを掴むほどハイレベルなチームになっており、若武者に安泰の地なし。公式戦15試合出場のうち13試合が後半途中からだった。 とはいえ、世代別イングランド代表の常連は、若手の市場価値を上げる術に長けたアヤックスも獲得を目論むなど成長株と位置付けられ、再建を目指すエバートンとしては良い補強となったのではないだろうか。ビラもPSR問題を抱えて早めに売りを決断したようだ。 2024.06.21 17:00 Fri
チェルシーはエバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)にも注目しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏はセネガル代表FWニコラス・ジャクソンと争えるストライカーを探すチェルシー。筆頭にはRBライプツィヒのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(21)が挙がっているが、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドも狙う人気銘柄だ。 また、シェシュコの契約には解除条項が存在するが、その額はパフォーマンス次第で5950万ポンド(約118億8000万円)程度に上るとのこと。そのため、チェルシーはエバートンとの契約が残り1年を切るキャルバート=ルーウィンをより安価な選択肢として考えているという。 一時はイングランド代表まで上り詰めながら、ケガに悩むキャリアを送るキャルバート=ルーウィンだが、今シーズンは1年を通してプレー。公式戦32試合で8ゴール3アシストを記録しており、エバートンは契約更新に着手している。 なお、チェルシーはベルギー代表FWロメル・ルカク(31)やアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(22)を売却しての資金調達を視野に。プレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)の違反を避けるべく、イングランド代表MFコナー・ギャラガー(24)やイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(24)の売却も取り沙汰されている。 2024.06.06 18:18 Thu
マージーサイド・ダービー勝利に貢献したエバートンの攻守の主役が会心の勝利を振り返った。クラブ公式サイトが2選手のコメントを伝えている。 エバートンは24日、グディソン・パークで行われたプレミアリーグ第29節延期分でリバプールとのマージーサイド・ダービーに臨み、2-0で勝利した。 前節、ノッティンガム・フォレストとの残留争い直接対決を2-0で勝利し、良い形でホーム開催のダービーを迎えたトフィーズ。戦前はほぼ主力をスタメンで起用した2位チーム相手に苦戦必至と見られたが、コンディション面での優位性を生かして球際の勝負で奮闘。 試合序盤から得意のセットプレーで制空権を握ると、27分にFKの流れからDFジャラッド・ブランスウェイトが先制点奪取。前半終盤の守勢をチーム一丸となった守備で乗り切ると、後半序盤の58分には右CKからFWドミニク・キャルバート=ルーウィンが値千金の追加点を奪った。 その後、よりリスクを冒して前に出た相手の猛攻をGKジョーダン・ピックフォードの再三の好守などで凌ぎ切り、2010年以来13試合ぶりにグディソン・パークでのダービーに勝利した。 これにより、勝ち点を「33」に伸ばしたショーン・ダイチのチームは、残り4試合で降格圏の18位ルートン・タウンとの勝ち点差を「8」に広げ、残留に大きく前進した。 同試合後、殊勲の追加点を含め前線で攻守にハードワークをこなした主砲は、「これは特別な勝利だ。ローカル・ダービーであり、僕はここに長くいるから、この勝利がファンにとって何を意味するのか、そして自分にとって何を意味するのかを改めて理解することができた」と、コロナ禍の2021年以来となるダービー勝利を喜んだ。 さらに、「僕らのリーグにおける現状を考えれば、素晴らしい結果だ。僕らはより多くの勝ち点3を必要としているし、今夜は全てが揃った」と、残留争いにおいても重要な勝利になったと振り返る。 また、守勢の苦しい時間帯において大きな後押しとなったエバトニアンの応援に対しては、「それは痺れる雰囲気だった。僕はそう感じたよ。こんなことは久しぶりだったし、とても特別なものだった。誰にとっても素晴らしい経験であり、素晴らしい思い出さ。それをこれからの糧にしていきたいね」と、改めて感謝を示した。 一方、前半にFWダルウィン・ヌニェス、FWルイス・ディアス、後半終盤にMFハーヴェイ・エリオット、FWモハメド・サラーの決定的なシュートを防ぐなど7本のセーブでクリーンシートに貢献したピックフォード。 「ファンとクラブにとって素晴らしい勝利」と会心のリバプール戦勝利に満足感を示しながらも、残留を確定できていない状況もあり、今週末に再びホームで戦うブレントフォード戦に向けて気を引き締めている。 「とても嬉しいよ。この勝利によって僕らはさらに順位を上げることができ、今はさらに成長を続けている。これはファンとクラブにとって素晴らしい勝利だったと思う」 「だけど、気を緩めることはできないよ。プッシュし続け、ハードワークを続けなければならないし、まずは土曜日(ブレントフォード戦)に備えよう」 「それはまた僕らにとって大きな試合になる。今夜は楽しまなければならないけど、夜はあっという間に過ぎていくし、回復もする必要がある」 2024.04.25 10:20 Thu
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、敵地で完敗したマージーサイド・ダービーを振り返った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 リバプールは24日、グディソン・パークで行われたプレミアリーグ第29節延期分でエバートンとのマージーサイド・ダービーに臨み、0-2で敗戦した。 ほぼ主力をスタメンで起用して臨んだ一戦だったが、コンディション面で優位に立ち、残留に向けてモチベーション高いホームチームとのデュエルで苦戦。また、試合序盤からセットプレーの守備で後手を踏むと、27分にFKの流れからDFジャラッド・ブランスウェイトに先制点を許すと、後半序盤の58分には右CKからFWドミニク・キャルバート=ルーウィンに2点目を奪われた。 その後、交代カードを使いながら猛攻を仕掛けたが、GKジョーダン・ピックフォードの再三の好守などに阻まれ、一矢報いることもかなわず。2010年以来13試合ぶりにグディソン・パークでのダービーで敗戦を喫することになった。 同試合後、公式会見に出席したドイツ人指揮官は、「十分ではなかった」とこの試合でのチームパフォーマンスへの不満を示した。 「良い考えはまったくない。非常に失望し、明らかにイライラした。 私は明らかにいくつかのインタビューを受けたが、総括するとするならば、『十分ではなかった』と言える」 「我々は試合をしたが、あるいはエバートンが望んでいた試合を実現させてしまった。彼らはセットプレーから2点を挙げた。1失点目はなんとか3回防げたが、最終的にゴールを許した。個人的にはブランスウェイトが得点したとは思えない。彼はボールをまともに打ってさえいなかったが、ボールはラインを越えて転がってしまった。その後、我々は最高の時間を過ごし、彼らにプレッシャーをかけ、大きなチャンスを作ったが、得点することはできなかった」 「そして後半は、前半の最後まであったようなプレッシャーの局面もなく、十分ではなかった。その後に2失点目を喫した。エバートンにいる多くの人はみんな、ああいったゴールをすでに20回くらい見ていると思う。彼らがあそこにボールを置くことは誰もが知っている。結局、プレーヤー(キャルバート=ルーウィン)は完全にフリーだった」 「反撃を見ることはできなかったが、もっとうまくディフェンスできたと確信している。2-0だ。ここの雰囲気は、我々はプレーしたようにプレーしたが、明らかにこれまでで最もインスピレーションを受けたパフォーマンスではなかった」 個人としては初となるグディソン・パークでの敗戦という結果については「明らかに申し訳ないと思っている」と、敵地での勝利を願ったファンへ謝罪。一方で、今週末に控えるウェストハム戦でのバウンスバックを誓っている。 「ファン・サポーターのことを考えると、明らかに申し訳ない気持ちだ。ファンは私の(ダービーでの)素晴らしい成績についてよく話してくれた。特にダービーの前には、『でも、ここでは勝てないよ』と言われていた。だが、我々は決して負けていなかったし、それは本当に違うと感じている。敗戦は不必要であったが、そうなってしまった。ただ、 もうそれを変えることはできない」 「最も早い逆転劇が待っているのだから、回復しなければならない。それが精神的にも肉体的にも明らかにチャレンジになることは想像がつくが、体力的には問題ない。試合に勝てば、精神的な立て直しは明らかに大きな問題ではない。おそらくウェストハムは、我々が片足でそこに来ることを願いながら、手をこすりながら待っていることだろう。それでも私は、今夜よりもずっと自分たちらしいプレーができるよう、全力を尽くすつもりだ」 また、この敗戦によって暫定首位のアーセナルとは3ポイント差、2試合未消化で3位に位置するマンチェスター・シティとは1ポイント差と、逆転でのリーグ優勝へは非常に厳しい状況に。 この結果を受けての優勝争いについて問われたクロップ監督は、「順位表を読めばわかるはずだ」と、質問に対してややフラストレーションを示しながらも、ライバルの取りこぼしが必須の状況においてまずは自分たちのことに集中したいと、人事を尽くして天命を待つという姿勢を強調した。 「それ(質問の意図)は理解している。それはビジネスの一部だ。しかし、なぜこの質問に答えなければならないのかは理解できない。順位表を読めばわかるはずだ。それで、我々はまだその争いに完全に残っていると言うべきだろうか?」 「我々にはマンチェスター・シティとアーセナルの危機(取りこぼし)が必要であり、フットボールの試合に勝つ必要がある。なぜなら、彼らが全試合で負けても、我々が今夜やったことをしては何も変わらないからだ。そして、チャンピオンズリーグ(出場権争い)でも我々は安全ではないため、もっと良いフットボールをするべきだ」 2024.04.25 09:45 Thu

記事をさがす

ドミニク・キャルバート=ルーウィンの人気記事ランキング

1

契約残り1年のキャルバート=ルーウィン、エバートンの延長オファー拒否? ユナイテッドが注視か

エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の今後に注目が集まっている。 2016年8月からエバートンに在籍するキャルバート=ルーウィン。2019-20シーズンと2020-21シーズンはプレミアリーグで2桁得点を記録し、一時期はイングランド代表にも招集されていたが、近年はケガに悩まされている。 それでも、2023-24シーズンは大きなケガなく、1年を通してプレー。プレミアリーグで32試合7ゴール2アシストの成績を残し、復活の兆しを見せた。 そんなストライカーとの契約が残り1年のエバートンは、契約延長に着手。しかし、イギリス『TEAMtalk』によると、キャルバート=ルーウィンは直近の延長オファーを拒否したという。 現在はマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとのこと。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を手中に収めつつあるクラブだが、さらに最前線を補強する可能性があり、ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニー(28)と並んで新戦力候補に挙げているようだ。 契約延長オファーを拒まれたエバートンは、来夏のフリー移籍を避けるため、売却に動く可能性も十分。ユナイテッドはその動向に注意を払っている模様だ。 2024.07.10 16:22 Wed
2

主軸売却の噂絶えぬエバートンが興味深い補強...アストン・ビラから20歳MFイローグブナムを確保

エバートンがアストン・ビラからU-20イングランド代表MFティム・イローグブナム(20)の獲得に成功したようだ。 経営難から主軸売却の噂が絶えぬエバートン。最後尾のGKジョーダン・ピックフォード、最終ラインからはDFジャラッド・ブランスウェイト、中盤のMFアマドゥ・オナナ、最前線はFWドミニク・キャルバート=ルーウィンと、センターラインの存続が危うい。 そんななか、オナナを売るかもしれない中盤に新戦力。イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ビラから若手ボランチ、イローグブナムを移籍金1000万ポンド(約20億円)で引き抜き、メディカルチェックも通過したという。 イローグブナムは21年夏にWBAからビラへ。昨季は2部QPRへ武者修行し、公式戦32試合出場とプロキャリアで初めて1年を主力としてこなす。ただ、今季復帰したビラはCL行きを掴むほどハイレベルなチームになっており、若武者に安泰の地なし。公式戦15試合出場のうち13試合が後半途中からだった。 とはいえ、世代別イングランド代表の常連は、若手の市場価値を上げる術に長けたアヤックスも獲得を目論むなど成長株と位置付けられ、再建を目指すエバートンとしては良い補強となったのではないだろうか。ビラもPSR問題を抱えて早めに売りを決断したようだ。 2024.06.21 17:00 Fri
3

ニューカッスルがエバートンFWキャルバート=ルーウィンから撤退…81億円は高過ぎると判断

ニューカッスルは、エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の獲得を断念したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 シェフィールド・ユナイテッドの下部組織出身のキャルバート=ルーウィンは、2016年8月にエバートンへと完全移籍する。 在籍8シーズンで、公式戦247試合に出場し68ゴール18アシストを記録。2023-24シーズンはプレミアリーグで32試合7ゴール2アシストを記録していた。 イングランド代表としても11試合で4ゴールを記録しているキャルバート=ルーウィンには、ニューカッスルのエディ・ハウ監督が数年にわたって追いかけるほど興味を持っていたストライカーの1人だった。 エバートンとの残り契約が1年になった中、今夏の獲得に動いていたが、移籍金が4000万ポンド(約81億円)もすることから、高過ぎるとして撤退を決めたという。 エバートンはプレミアリーグの収益性と持続可能性に関する規則(PSR)に違反したとして2023-24シーズは勝ち点8をマイナスされていた中、高額で売却することで利益を得ようと考えていたものの、さすがに高額過ぎたとして目論見が外れてしまった。 すでにアストン・ビラからU-20イングランド代表MFティム・イローグブナム(20)を獲得しており、サラリー面を含めて、バランスを取らなければいけない状況だ。 クラブ売却も暗礁に乗り上げ大ピンチを迎えていたものの、ローマを保有する『フリードキン・グループ』が株式を取得する可能性が高まっている状況。いずれにしても、財政面の問題でチームが苦しいシーズンを送るのだけは避けたいところだ。 2024.06.24 23:45 Mon
4

敵地でダービー初黒星のクロップ監督、「エバートンが望んでいた試合を実現させてしまった…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、敵地で完敗したマージーサイド・ダービーを振り返った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 リバプールは24日、グディソン・パークで行われたプレミアリーグ第29節延期分でエバートンとのマージーサイド・ダービーに臨み、0-2で敗戦した。 ほぼ主力をスタメンで起用して臨んだ一戦だったが、コンディション面で優位に立ち、残留に向けてモチベーション高いホームチームとのデュエルで苦戦。また、試合序盤からセットプレーの守備で後手を踏むと、27分にFKの流れからDFジャラッド・ブランスウェイトに先制点を許すと、後半序盤の58分には右CKからFWドミニク・キャルバート=ルーウィンに2点目を奪われた。 その後、交代カードを使いながら猛攻を仕掛けたが、GKジョーダン・ピックフォードの再三の好守などに阻まれ、一矢報いることもかなわず。2010年以来13試合ぶりにグディソン・パークでのダービーで敗戦を喫することになった。 同試合後、公式会見に出席したドイツ人指揮官は、「十分ではなかった」とこの試合でのチームパフォーマンスへの不満を示した。 「良い考えはまったくない。非常に失望し、明らかにイライラした。 私は明らかにいくつかのインタビューを受けたが、総括するとするならば、『十分ではなかった』と言える」 「我々は試合をしたが、あるいはエバートンが望んでいた試合を実現させてしまった。彼らはセットプレーから2点を挙げた。1失点目はなんとか3回防げたが、最終的にゴールを許した。個人的にはブランスウェイトが得点したとは思えない。彼はボールをまともに打ってさえいなかったが、ボールはラインを越えて転がってしまった。その後、我々は最高の時間を過ごし、彼らにプレッシャーをかけ、大きなチャンスを作ったが、得点することはできなかった」 「そして後半は、前半の最後まであったようなプレッシャーの局面もなく、十分ではなかった。その後に2失点目を喫した。エバートンにいる多くの人はみんな、ああいったゴールをすでに20回くらい見ていると思う。彼らがあそこにボールを置くことは誰もが知っている。結局、プレーヤー(キャルバート=ルーウィン)は完全にフリーだった」 「反撃を見ることはできなかったが、もっとうまくディフェンスできたと確信している。2-0だ。ここの雰囲気は、我々はプレーしたようにプレーしたが、明らかにこれまでで最もインスピレーションを受けたパフォーマンスではなかった」 個人としては初となるグディソン・パークでの敗戦という結果については「明らかに申し訳ないと思っている」と、敵地での勝利を願ったファンへ謝罪。一方で、今週末に控えるウェストハム戦でのバウンスバックを誓っている。 「ファン・サポーターのことを考えると、明らかに申し訳ない気持ちだ。ファンは私の(ダービーでの)素晴らしい成績についてよく話してくれた。特にダービーの前には、『でも、ここでは勝てないよ』と言われていた。だが、我々は決して負けていなかったし、それは本当に違うと感じている。敗戦は不必要であったが、そうなってしまった。ただ、 もうそれを変えることはできない」 「最も早い逆転劇が待っているのだから、回復しなければならない。それが精神的にも肉体的にも明らかにチャレンジになることは想像がつくが、体力的には問題ない。試合に勝てば、精神的な立て直しは明らかに大きな問題ではない。おそらくウェストハムは、我々が片足でそこに来ることを願いながら、手をこすりながら待っていることだろう。それでも私は、今夜よりもずっと自分たちらしいプレーができるよう、全力を尽くすつもりだ」 また、この敗戦によって暫定首位のアーセナルとは3ポイント差、2試合未消化で3位に位置するマンチェスター・シティとは1ポイント差と、逆転でのリーグ優勝へは非常に厳しい状況に。 この結果を受けての優勝争いについて問われたクロップ監督は、「順位表を読めばわかるはずだ」と、質問に対してややフラストレーションを示しながらも、ライバルの取りこぼしが必須の状況においてまずは自分たちのことに集中したいと、人事を尽くして天命を待つという姿勢を強調した。 「それ(質問の意図)は理解している。それはビジネスの一部だ。しかし、なぜこの質問に答えなければならないのかは理解できない。順位表を読めばわかるはずだ。それで、我々はまだその争いに完全に残っていると言うべきだろうか?」 「我々にはマンチェスター・シティとアーセナルの危機(取りこぼし)が必要であり、フットボールの試合に勝つ必要がある。なぜなら、彼らが全試合で負けても、我々が今夜やったことをしては何も変わらないからだ。そして、チャンピオンズリーグ(出場権争い)でも我々は安全ではないため、もっと良いフットボールをするべきだ」 2024.04.25 09:45 Thu

エバートンの人気記事ランキング

1

移籍金101億円、アストン・ビラがベルギー代表MFオナナをエバートンから完全移籍で獲得

アストン・ビラは22日、エバートンのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は5000万ポンド(約101億2800万円)とのこと。21日にメディカルチェックに合格したという。 ボランチを主戦場とするオナナはセネガル出身。ズルテ・ワレヘムやホッフェンハイムの下部組織で育つと、2020年7月にハンブルガーSVへ完全移籍。2021年8月にリールへと完全移籍すると、2022年8月にエバートンに完全移籍で加入した。 リールで頭角を表していたオナナは公式戦42試合で3ゴール1アシストを記録。エバートンでは公式戦72試合で4ゴール3アシストと中盤を支えた。 195cmの超大型でありながらも、そのサイズに似つかわしくないボックス・トゥ・ボックスのスタイルに加え、一定水準以上の技術も備える中盤の要。ベルギー代表としても17試合に出場しており、ユーロ2024でも4試合フル出場。アストン・ビラの中心としての活躍も期待される。 2024.07.22 23:45 Mon
2

ブランスウェイト死守へ! エバートンが今夏中に新契約打診か

エバートンがイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に新契約を準備しているようだ。 PSVにレンタル移籍した2022-23シーズンに自信を掴んだか、昨季からエバートン復帰を果たすと、公式戦41試合の出場数が物語るように、主力センターバックに定着したブランスウェイト。先のユーロ2024では惜しくも落選したが、6月にフルデビューも遂げ、飛躍の1年を過ごした。 そうした台頭ぶりを周りも見過ごすわけがなく、この夏はセンターバックの補強に励むマンチェスター・ユナイテッドが獲得に名乗り。選手本人とは早い段階で合意したといわれるが、エバートンが高額な移籍金の要求を曲げず、これまでに出した2度のオファーが不発に終わっている。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏による最新情報によると、巨額のオファーがない限り、引き留めるつもりのエバートンはユナイテッドからの再オファーを拒否した後、ブランスウェイトに新契約を準備。この夏にも打診する見通しという。 そんなブランスウェイトだが、昨年10月にエバートンと2027年夏までの新契約を結んだばかり。さらに、新契約となれば、サラリーなどの内容の見直しがメインになるかもしれない。 なお、U-23フランス代表DFレニー・ヨロに続いて、もう1人のセンターバック獲得を模索しているともいわれるユナイテッドだが、エバートンが要求している7500万〜8000万ポンド(約152億〜162億2000万円)の移籍金を支払うつもりはないとのことだ。 2024.07.22 18:10 Mon
3

ナポリで鳴かず飛ばずだったリンドストローム、エバートン移籍で合意へ

ナポリのデンマーク代表MFイェスパー・リンドストローム(24)がエバートンに買い取りオプション付きのレンタルで移籍するようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 昨夏、フランクフルトからナポリに3000万ユーロの移籍金で加入したリンドストロームだったが、セリエA22試合、チャンピオンズリーグ4試合の出場でノーゴールノーアシストと鳴かず飛ばずに終わっていた。 それでもフランクフルト時代、公式戦80試合出場14ゴール14アシストと結果を出していたリンドストロームをエバートンは高く評価。レンタル料300万ユーロ(約5億円)、買い取る際の移籍金2200万ユーロ(約37億1000万円)で合意を取り付けたようだ。 2024.07.24 07:45 Wed
4

エバートンと『フリードキン・グループ』による買収交渉が破談…

エバートンと『フリードキン・グループ』による買収交渉が破談に終わった。 エバートンは19日、先月21日から過半数株式取得に向けた協議に関して、独占期間を与えていた『フリードキン・グループ』との交渉が合意に至らなかったことを明かした。 「独占期間を経て、ブルー・ヘブン・ホールディングスとフリードキン・グループの間でエバートンの過半数株式の売却の可能性をめぐる協議は終了し、フリードキン・グループはクラブの買収を進めません」 「ブルー・ヘブン・ホールディングスとフリードキン・グループは、売却が合意できるかどうかについて誠意を持って協議に入りました。協議は終了しました。両当事者は、エバートンが代替案を模索することが双方の利益になることに同意しています」 「フリードキン・グループはクラブへの融資を継続し、エバートンとリバプール市の両方にとって明るい未来を保証するのに役立つ新しいスタジアムの建設を可能にする上で重要な役割を果たしたことを誇りに思います」 「ブルー・ヘブン・ホールディングスはフリードキン・グループと良好な関係を維持しており、このプロセスに費やした時間と努力に感謝したいと思います」 ファルハド・モシリ氏がオーナーを務めるエバートンだが、近年の財政難により、クラブ売却の動きが活発化。セビージャなどの少数株主である『777パートナーズ』が買収に動いたが、期限までに書類が揃わず、最終的に破談した。 そういった中、新たに買収に向けた動きを見せたのは、イタリアのASローマと、フランスのASカンヌを保有し、アメリカにおける『トヨタ自動車』のメジャーディーラーの1つ、『Gulf States Toyota Distributors』を経営するコンソーシアムの『フリードキン・グループ』。 純資産が48億ポンド(約9579億8000万円)と言われる同グループは、モシリ氏から株式94%を買い取る交渉を進めていたが、最終的に交渉は破談に終わった。 これにより、トフィーズの売却を巡る動きは再び振り出しに戻る形となった。 2024.07.19 19:50 Fri
5

今夏もエバートンがイタリア代表FWニョント獲得目指す…リーズは約51億円以下での売却意思なし、ニューカッスルも注目

リーズ・ユナイテッドのイタリア代表FWウィルフレッド・ニョント(20)にプレミアリーグの2クラブが目をつけているようだ。イギリス『TEAMtalk』が報じた。 2023-24シーズンはプレミアリーグ昇格プレーオフ決勝でサウサンプトンに敗れ、1年での復帰にあと一歩及ばずのリーズ。アカデミー育ちの逸材でU-21イングランド代表のMFアーチー・グレイ(18)がトッテナムに移籍するなど、主力の大量流出がほぼ確実となっている。 2022年夏に加わったニョントもその1人。イタリア期待の若手はリーズがチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した2023年夏に移籍を希望し、エバートンなど複数クラブからオファーが届いた。 エバートンは今夏も獲得を望み、すでにリーズとの交渉を開始。パラグアイ代表FWミゲル・アルミロン(30)にサウジアラビア行きの可能性があるニューカッスルも獲得を検討しているようだ。 リーズは2500万ポンド(約51億4000万円)以下でニョントを売却することはない模様。それでも、エバートンはニョント陣営と良好な関係を築いていることもあり、契約に自信をうかがわせるという。 ニョント自身も今度こそのプレミアリーグ個人昇格を希望。しかし、1年前にリーズファンの反感を買った経緯も踏まえ、移籍を強行するつもりはないとみられる。 リーズ2年目の2023-24シーズンは前線の複数ポジションをこなしながらチャンピオンシップで36試合に出場。8ゴール2アシストを記録し、昇格プレーオフ進出に貢献していた。 2024.07.16 14:05 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly