ニコロ・バレッラ27歳 昇給付き新契約で名実ともにカルチョの象徴へ

2024.05.10 18:35 Fri
インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(27)
Getty Images
インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(27)
インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(27)が、名実ともにカルチョを象徴する1人となる。『フットボール・イタリア』が伝える。

キャリア2度目のスクデットに輝いたバレッラ。南イタリアはサルデーニャ島で生まれ育ち、故郷のカリアリでプロとなった27歳だ。
インテル加入から4年。1年目から公式戦46試合、48試合、52試合、そして今季も45試合出場とフル稼働し続け、明確な「ケガでの欠場」は4年間でたった1試合のみ。

そのプレースタイルもピッチを縦横無尽に駆け回る、いわゆるボックス・トゥ・ボックス。必要とあらばゴール前へ顔を出し、昨季まで3年連続で2桁アシストを記録している。

27歳を迎え、フットボーラーとして脂が乗ったバレッラ。その市場価値は全イタリア人中No.1の推定7500万ユーロ(約125億9000万円)となっている。当然の評価だろう。
そんなバレッラ、先日インテルのハビエル・サネッティ副会長も「必ずサインする」と宣言した通り、2029年6月までの契約延長がまもなく完了、アナウンスできる見通しに。

これに伴い、ボーナス含め、年俸も総額700万ユーロ(約11億7000万円)までアップ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』いわくボーナスは「バレッラなら容易に達成するもの」らしく、セリエAのイタリア人でNo.1の高給取りになることが事実上決まったという。

現セリエA・イタリア人No.1の年俸は、チームメイトのDFアレッサンドロ・バストーニで550万ユーロ(約9億2000万円)とのこと。

バストーニとの優劣などないが、3月にイタリア代表で初めてゲーム主将も担ったバレッラは、名実ともにカルチョを象徴する存在となる。
関連ニュース

インテルの主将ラウタロ・マルティネスがセリエAのシーズンMVPに輝く! ここまで24得点で得点王も確実に

レガ・セリエAは24日、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)を2023-24シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、加入から6シーズンで公式戦282試合129ゴール43アシストをマーク。 サミル・ハンダノビッチからキャプテンを引き継いだ今季は、ここまで公式戦44試合に出場し27ゴール7アシストをマーク。33試合に出場したセリエAでは24ゴール6アシストを記録し3年ぶり20度目のスクデット獲得に大きく貢献していた。 また、最優秀監督賞にはインテルのシモーネ・インザーギ監督(48)が選ばれた。2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝までチームを導くも、マンチェスター・シティの前に敗れていたインザーギ監督。今シーズンはセリエAで他を寄せ付けず、29勝6分け2敗で20度目の優勝を果たしていた。 そのほか、最優秀若手選手賞にボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)、最優秀GKにモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)、最優秀DFにインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(25)、最優秀MFにインテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(30)、最優秀FWにユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(24)が選ばれた。 2024.05.25 07:00 Sat

インザーギ監督が初のセリエA年間最優秀監督賞を受賞! 今季は圧倒的な強さで20度目のスクデット獲得

レガ・セリエAは24日、2023-24シーズンのフィラデルフィア・コーチ・オブ・ザ・シーズン賞(年間最優秀監督賞)はインテルのシモーネ・インザーギ監督(48)が受賞したことを発表した。 この賞は、スポーツ新聞社のディレクターで構成された審査員によって決定さ、審査員は技術的なスポーツ基準とチームが表現するプレーの質、試合中に維持された行動/フェアプレーに基づいて個々のコーチを評価して選ばれた。 2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝までチームを導くも、マンチェスター・シティの前に敗れていたインザーギ監督。今シーズンはセリエAで他を寄せ付けず、29勝6分け2敗で20度目の優勝を果たしていた。 なお、インザーギ監督は初受賞。直近の3シーズンは、ルチアーノ・スパレッティ監督(当時ナポリ)、ステファノ・ピオリ監督(ミラン)、アントニオ・コンテ監督(当時インテル)だった。 2024.05.24 22:50 Fri

マテラッツィ氏が古巣インテルの新経営陣にクギ「蘇寧は色々言われたが多くの勝利を収めた」「ミランと同じことをするなよ」

マルコ・マテラッツィ氏が古巣インテルの新オーナーグループ「オークツリー」に期待を寄せた。 今季スクデットのインテルは22日、オーナーグループの中国「蘇寧ホールディングス」が、21日期限となっていた3億9500万ユーロ(約670億円)の債務不履行(デフォルト)により、アメリカ「オークツリー」への経営権移行が決定した。 「オークツリー」は22日に「インテルの長期的繁栄を実現すべく、クラブの伝統、選手の情熱、インテリスタの忠誠心などを大事にしていきます」などと声明。「持続可能な成長と成功、ガバナンスを」とも強調した。 これらについて、インテル史、いやサッカー史に残る伝説的フットボーラー、マテラッツィ氏がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を通じてコメント。「ミランと同じ道を辿るなよ」と、「レッドバード」と同じアメリカ企業の「オークツリー」にクギを刺した。 「まず何より、パオロ・マルディーニやリッキー・マッサーラを追い出したクラブと同じ過ちを犯さないことを確認したい。有能な人材をいまいち釈然としない理由で追い出したミランと同じようなことをするか? 俺は『そうは思わない』と言っておくよ」 「色々言われる蘇寧グループだが、多くの実績を積み上げ、多くの勝利を収めたきたのは確かだ。それだけに俺としては残念だと言わざるを得ない。幹部陣(ジュゼッペ・マロッタCEOら)が変わらないのは良いことだ。わかってるな? ここを変えたら致命的なエラーだぞ」 2024.05.23 21:25 Thu

デ・ブール氏が同胞ザークツィーにアーセナル行き薦める…納得の理由とは?

オランダのレジェンドであるフランク・デ・ブール氏は、今夏の去就に大きな注目が集まる同胞FWにアーセナル行きを薦めている。 加入2年目となったボローニャでストライカーとしての才能を完全に開花させたオランダFWジョシュア・ザークツィー。今シーズンのセリエAでは34試合11ゴール5アシストの数字以上のインパクトを残し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権の立役者となった。 この活躍により、23歳FWに対してはマンチェスター・ユナイテッドやインテル、ミランのミラノ勢に加え、多くのビッグクラブが獲得の機会を窺うが、現役時代にバルセロナやアヤックスで活躍し、現役引退後もインテルやオランダ代表を指揮した経験のあるデ・ブール氏は、同胞FWに対してアーセナル行きを薦めている。 同氏は『カルチョ・メルカート』のインタビューでその理由について語っている。 「私はアーセナルをとても尊敬している。彼らは忍耐力を持っている。例えば、スタートが良くなかったアルテタ就任時だ」 「一部のクラブでは、このようなこと(成績不振)が起こったら、すぐに解任されるだろう。だがしかし、続投した彼は過去2年間非常に良いパフォーマンスに導いているし、(シモーネ・インザーギ体制の)インテルも良いパフォーマンスを見せている」 「(両クラブでは)どちらかと言えば、アーセナルの方が好きだ。彼らはザークツィーの活躍を待つ忍耐力を持っているし、彼に信頼を与えてくれるはずだからだ」 デ・ブール氏の言葉通り、他クラブに比べて周囲の重圧の少なさや、今季序盤戦で苦しんだドイツ代表MFカイ・ハヴァーツに対する忍耐強さを見れば、ザークツィーにとって良いステップアップになる可能性は高いが、今夏の移籍は実現するのか…。 2024.05.23 20:27 Thu

セリエA王者に激震! インテルをアメリカ企業が買収…約670億円の債務を蘇寧グループが返済できず

今シーズンのセリエAを制し、20度目のスクデット獲得を果たしたインテルだが、アメリカの企業に買収されることとなった。 2016年にインテルを買収したのは中国の蘇寧グループ。スティーブン・チャン会長率いるグループだったが、3億9500万ユーロ(約670億円)の債務があったものの、5月21日の返済期限を守ることができず、売却に動いたとされている。 買収したのはアメリカの企業である「オークツリー」。アメリカの世界的な資産管理会社で、融資を返済できなかったことでクラブを買収することとなった。 「オークツリー」は22日、インテルの買収に関する声明を発表した。 「オークツリーは、クラブとその利害関係者の運営と財務の安定にまず重点を置き、インテル・ミラノの長期的な繁栄のために最善の結果を達成することに専念しています」 「オークツリーは、クラブの伝統、選手たちの情熱、インテリスタの忠誠心、そしてイタリアのミラノや世界のスポーツコミュニティにおけるクラブの重要な役割を大切にしています」 「オークツリーは、インテル・ミラノの現経営陣、パートナー、リーグ、運営団体と緊密に連携し、クラブがピッチの内外で成功を収められるよう尽力します。持続可能な成長と成功をビジョンとして、堅牢な経営、運営、ガバナンスに重点を置いています」 新たなオーナーがつくこととなったインテル。イタリアの複数メディアは、クラブOBであり副会長を務めているハビエル・サネッティ氏が新たな会長になるとしている。 また、 最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏、コーポレート部門でCEOを務めるアレッサンドロ・アントネッロ氏、スポーツ・ディレクター(SD)のピエロ・アウジリオ氏などは、買収後も現職に留まることになると見られている。 2024.05.22 21:50 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly