WSLの2月月間最優秀選手になでしこ林穂之香と籾木結花がノミネート!選出はファン投票で決定、現在受付中

2024.02.24 22:15 Sat
2月のFAWSL月間最優秀選手にノミネートされたウェストハム林穂之香(左)とレスター・シティ籾木結花(右)
Getty Images
2月のFAWSL月間最優秀選手にノミネートされたウェストハム林穂之香(左)とレスター・シティ籾木結花(右)
FA女子スーパーリーグ(FAWSL)2月のプレーヤー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)に、ウェストハムのなでしこジャパンMF林穂之香と、レスター・シティのMF籾木結花がノミネートされた。
PR
女子FAカップも挟まるなか、FAWSLは2月に第13節と第14節が行われ、林は第13節のアーセナル戦で1点ものの守備や同点PK獲得につながる縦パスを披露。クラブ史上初となるアーセナルからの白星獲得に大きく貢献し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出されていた。
籾木は第14節のブリストル・シティ戦で、加入後初ゴールを含む1得点1アシストの大活躍。ゴールは、リーグ公式X(旧:ツイッター)からも「センセーショナルなチップキック」と評されるなど、衝撃を与えた。

その他、2月唯一の2勝を挙げたマンチェスター・シティからは、チェルシーとの首位攻防戦で驚異的なセーブを披露したGKキアラ・キーティングと、左サイドバックとして2試合連続クリーンシートに貢献したレイラ・ウアハビがノミネート。チームは1勝1分け、自身2得点を挙げたアストンビラのジョーダン・ノブスに、同じく2月に2得点で、チームは最下位ながらも得点ランキング4位タイに付けるアマリー・テストラップと、計6人の名前が挙がっている。

月間最優秀選手はファン投票によって選出され、投票は専用サイトで行われている。なお、締め切りは日本時間26日の19時までとなっている。


PR
1 2
関連ニュース

長谷川唯フル出場のシティがなでしこトリオ先発のウェストハムに5発大勝で暫定首位!得失点差でもチェルシーに圧【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)第19節の5試合が、19日から21日にかけて各地で行われた。 首位チェルシーと勝ち点「46」で並び、得失点差の関係で2位のマンチェスター・シティは、ホームに11位ウェストハム(勝ち点13)を迎え、5-0と大勝した。 シティの長谷川唯は[4-3-3]のアンカーでフル出場。ウェストハムのなでしこジャパン勢、清水梨紗と林穂之香は[3-4-2-1]のダブルボランチを組み、植木理子は最前線に。清水と植木がフル出場し、林が83分までプレーしている。 優勝を争うシティにとっては勝利はもちろん、残留を争う相手に可能な限り点差を付けたい思惑の中で、まずはキックオフの流れからいきなり先制点を奪取。ジェス・パークのカットバックからレイラ・オウアビが蹴り込み、開始24秒で試合を動かす。 さらに3分にはローレン・ヘンプのクロスをカディジャ・ショーが相手のハンドオフを物ともせずに胸トラップで収め、左足ボレー。シティがあっという間にリードを広げる。 WSL史上2人目となる2年連続20得点を達成したショーは、24分にもマークに付かれながらの豪快ダイビングヘッドでネットを揺らし、リーグ通算50得点に。史上11人目、57試合での達成はアーセナルのフィフィアネ・ミーデマ(50試合)に次ぐ2番目のスピード記録となった。 ただ、そのショーは前半終了間際に左足を負傷。ピッチを退き、後半は松葉杖姿で外からゲームを見守ることとなる。 ウェストハムは守勢の続く中で26分にヴィヴィアン・アッセイに決定機が訪れるが、GKキアラ・キーティングの好セーブに遭い、前半アディショナルタイムのジェシカ・ジウのシュートも、ディフレクトしてクロスバーに嫌われた。後半立ち上がりにはプレスがはまるも、アッセイ、植木の一振りはいずれも枠を叩き、63分には広大なスペースを突いた植木が一対一の絶好機を迎えるも、決め切れない。 すると攻勢続くシティがさらに加点。途中出場の20歳MF、ローラ・ブラインドキルデ・ブラウンが81分にWSL初ゴールを挙げると、86分には好調を維持するパークが自らもゴールと、大差をつけて勝利を収めた。 この結果、暫定首位に立ったシティは得失点差「+42」となり、1試合未消化チェルシー(得失点差+39)に対してプレッシャーを掛けた。 残留ラインが気になるウェストハムだが、最下位ブリストル・シティ(勝ち点6)は長野風花がフル出場した5位リバプール(勝ち点29)に0-1と敗戦。その差は変わらぬままとなっている。 エミレーツ・スタジアムに4万2820人を集めた3位アーセナル(勝ち点40)は、宝田沙織と籾木結花が先発出場した10位レスター・シティ(勝ち点17)に3-0で快勝。逆転優勝への可能性を残した。 4位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点31)は、後半アディショナルタイムに追い付き、6位トッテナム(勝ち点25)と2-2のドロー。ユナイテッドの宮澤ひなたは74分から途中出場している。 また、8位ブライトン&ホーヴ・アルビオン(勝ち点18)と9位エバートン(勝ち点15)の一戦は、2-1でアウェイのエバートンが勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】シティのリードを広げるショーの力強いダイビングヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A rocket header from Bunny Shaw! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> <a href="https://t.co/U3DC0SYMoN">pic.twitter.com/U3DC0SYMoN</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1782042418503688339?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】好調パークがダメ押し弾、直近4試合で7ゴール関与</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An outstanding run and finish from Jess Park! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> <a href="https://t.co/fQZm7beSAV">pic.twitter.com/fQZm7beSAV</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1782063099270328558?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.22 15:20 Mon

レバークーゼンが欧州5大リーグ新の44戦無敗! ユーベ抜く最長記録

レバークーゼンの連続無敗がついに欧州5大リーグの歴史をも動かした。 今季も終盤に入ったが、いまだ負け知らずのレバークーゼン。クラブとして初のブンデスリーガ制覇を成し遂げた先週末に43戦無敗とし、18日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのウェストハム戦に挑んだ。 敵地でのリターンレグでは13分に先制を許し、その1点が重くのしかかったが、後半から出場したジェレミー・フリンポンが89分に同点弾。1-1のドローに持ち込み、1stレグを含め、3-1で4強入りを果たした。 新時代の指揮官として手腕が注目されるシャビ・アロンソ監督のもと、またも粘り強さを発揮したレバークーゼンはこれで開幕から44試合無敗に。『Opta』によると、欧州5大リーグの新記録を樹立したという。 欧州5大リーグで見ると、43試合無敗は2011年5月から2012年5月にかけてのユベントスが作った最長記録に並ぶものだったが、ウェストハム戦でのドローにより、それをも抜き去る新記録を打ち立てたそうだ。 このELにプラスして、DFBポカールでも決勝に勝ち残り、まだ2つのタイトルチャンスを残すレバークーゼン。シーズンも残りわずかだが、連続無敗とともに、どこまでこの歩みを続けられるか注目だ。 2024.04.19 18:15 Fri

「追い詰めたが…」今季無敗のレバークーゼンに善戦したウェストハム、モイーズ監督は勝てたと悔しさ滲ませる「前半で3点取るべきだった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、レバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでウェストハムはホームにレバークーゼンを迎えた。 無敗でブンデスリーガを初制覇したレバークーゼンを迎えたウェストハム。なりたての王者には1stレグで0-2と敗れており、最低でも2点が必要な状況だった。 試合は13分にマイケル・アントニオがゴールを奪い1点差に。勢いに乗りたいところだったが、チャンスを決めきれず、追加点を奪えない。 すると後半もゴールが遠く、徐々にレバークーゼンが盛り返すことに。シーズン無敗を維持していたドイツ王者は、その強さを見せつけ89分に同点ゴール。1-1のドローに終わり、2戦合計1-3でウェストハムは敗退となった。 試合後、モイーズ監督は選手たちのパフォーマンスを称える中、前半のチャンスを活かせなかったことを悔やんだ。 「選手たちは素晴らしく、そのパフォーマンスは称賛に値する。最初から最後まで素晴らしかった」 「後半はエネルギーを維持することができなかったが、功績は大きい」 「どちらかといえば、前半で3点取るべきだった。チャンスをものにすべき時に、ものにできなかった。それが我々が勝利できなかった最大の理由だ」 無敗のドイツ王者を迎えての一戦。今シーズン無敗という偉業を続けている相手は強かったと振り返るモイーズ監督だが、普段からビッグクラブと対戦しており、ファン・サポーターにレベルの高い試合を見せたかったとした。 「ここにはマンチェスター・シティやリバプールのようなチームが何年にもわたってきており、ビッグチームとの試合をやりたいと常々言ってきた」 「今夜、本当に良い試合を見せられたと思う。ただ十分ではなかった。それが違いとなった」 「彼らは恐らくより高いレベルにあり、ベンチからの出場からさらに多くのものを得ることができるのは間違いなく、今夜もそれが見られた。そのため、前半と同じレベルのエネルギーを維持することが難しくなった」 それでも結果は敗退。負けはしていないものの、1stレグでの結果が影響したウェストハム。ヨーロッパの舞台では、2021-22シーズンはELでベスト4、2022-23シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で優勝と、ヨーロッパでも結果を残している中、さらに上を目指したいと今後に意気込んだ。 「我々はこの3年間を本当に楽しんできたが、これが3度目の準々決勝だった。我々はウェストハムのサポーターに良いレベルのヨーロッパのサッカーを提供し、これまで所属してきた全てのグループで勝利し、今夜は準々決勝に進出するところまで近づいた」 「我々は本当に優れたチームを追い詰めたが、違いを生むにはあと1つ、2つ足りなかった」 2024.04.19 12:40 Fri

ブンデス初制覇だけでは満足せず! ジャカ「僕らはもっと多くを求めている」

レバークーゼンのスイス代表MFグラニト・ジャカがヨーロッパリーグ(EL)4強入りに満足した。 先週末のブンデスリーガで初優勝のレバークーゼンは18日のEL準々決勝2ndレグでウェストハムのホームに乗り込み、1-1のドロー。前半に許した失点が重くのしかかる展開だったが、89分にジェレミー・フリンポンの一発が生まれ、1-1のドローに持ち込んだ。 だいぶ苦しみはしたが、またも粘り強さを発揮して、2戦合計3-1でローマとの準決勝へ。これで今季開幕からの連続無敗も44試合に伸ばした。 このウェストハムとのリターンレグでも中盤の一角としてフル出場し、ベスト4入りに貢献したジャカはイギリス『TNT Sports』でこう振り返った。 「観客が信じられないぐらいウェストハムをプッシュしていたね。正直に言うと、前半はラッキーだった。後半はまた違うフェーズになって、僕らが試合の主導権を握ったね。全体的に乗り切れて満足だ」 「前半と後半ではまったく異なる試合だった。僕らは競り合えず、すべてのデュエルでウェストハム優勢だったし、ハーフタイムの時点で、同じようなパフォーマンスでは不十分だという認識だったんだ」 「180分で見たら、より優れたチームが勝ち上がったんじゃないかな」 31歳MFはまた、DFBポカールを含め、あと2つのタイトルチャンスに「信じられないこと」とし、全力で挑戦していくと話している。 「クラブ初のリーグトロフィーも信じられないものだったけど、僕らはもっと多くを求めている。この集団には何事にも挑戦するハングリー精神と信念があって、後半に示されたはずだ」 「準決勝に進出して、ここまできたら、(決勝の舞台である)ダブリンに行きたいね。それこそが僕らのやりたい次のステップだ」 2024.04.19 10:25 Fri

「いつも運が良いからとは限らない」 ELでも負けずで4強入りのシャビ・アロンソ監督がチームを誇る

ブンデスリーガ王者がヨーロッパリーグ(EL)のベスト4に駒を進めた。 先週末のブンデスリーガで初優勝のレバークーゼンは18日のEL準々決勝2ndレグでウェストハムのホームに乗り込み、1-1のドロー。前半に先制を許して試合を折り返したが、89分にジェレミー・フリンポンの一発が生まれ、1-1のドローに持ち込んだ。 これで今季開幕からの連続無敗を44試合に伸ばしたレバークーゼンは2戦合計3-1でローマとの準決勝へ。シャビ・アロンソ監督は『UEFA.com』でとにかく負けない戦いぶりをこう評している。 「運によるものもあるだろうが、何度も起こっているのだから、いつも運が良いからとは限らない。それはゴールに値するから。進み続けるなかで、どうすれば良いか明確なアイデアがある」 スペイン人指揮官はまた、ウェストハムとのリターンレグを振り返り、交代カードも切りながら修正を図った後半の戦いに満足感を示した。 「最初の45分は多くの問題があった。相手がプレッシャーをかけ続けてくるなかで、我々もボールを握ったが、適切なタイミングで適切な選手を見つけられずにいたんだ」 「あの難しい時間帯を乗り切るのは容易じゃなかったが、キャラクターを発揮したね。後半はパーソナリティを取り戻し、準決勝に勝ち進む上で正しいプレーをやれた」 決勝まで勝ち進むDFBポカールを含め、2つのタイトルがかかるシーズン終盤に向けても決意を新たにし、昨季と同じく準決勝で対戦するローマ戦にも言及した。 「できる限り上に行きたいし、目標を達成するのが最も大事。大きなチャレンジだ。ブンデスリーガは終わったかもしれないが、終わったとは言いたくない」 「ELに大きなモチベーションがある。昨季はローマと対戦し、彼らがファイナルに進出した。(ローマと対戦する)歴史が再びだ。面白くなるだろうね」 2024.04.19 09:25 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly