アジアカップ後欠場続く冨安健洋は「まだもう少しかかる」、アルテタ監督がケガ人の状態明かす

2024.02.23 21:19 Fri
ピッチから遠ざかっている冨安健洋
Getty Images
ピッチから遠ざかっている冨安健洋
アーセナルのミケル・アルテタ監督が負傷者の状況を明らかにした。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
プレミアリーグでは5連勝を飾っている一方、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・1stレグではポルトに0-1で敗れたアーセナル。立て直しに向け、24日のプレミアリーグ第26節ニューカッスル戦に臨む。
前日会見に臨んだアルテタ監督は、複数抱えているケガ人の状態についてコメント。まずはガーナ代表DFトーマス・パルティについて語った。

「まだ様子を見なければならない。今日は別のトレーニングセッションがあるが、彼は何カ月も戦線離脱している。いつ彼が出場できる状態になるか、そのタイミングを見極める必要がある。しかし、私が思うに彼の復帰はかなり近いと思う」

また、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスやウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコ、日本代表DF冨安健洋にも言及。冨安以外は復帰が近いと示唆している。
「ギャビー(ジェズス)も(トーマスと)同様だ。少しずつ状態を上げている。アレックス(ジンチェンコ)もそう遠くない。冨安はまだもう少しかかる」

さらに、開幕節で右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負ったオランダ代表DFユリエン・ティンバーにも触れ、回復具合次第では今シーズン中の復帰もあり得ると述べた。

「(シーズン終了前の復帰を)本当に願っている。彼はとてもよくやっている。ピッチ上で何人かの選手たちとプレーしているし、来週には我々(チーム)と一緒に少しずついくつかのことを始めていくつもりだ」

「それから彼がどのように進歩していくかや、彼の自信のレベル、フィットネスレベルを確認していく必要がある。うまくいけば、今シーズン中の復帰が可能になる」

PR
関連ニュース

契約が残り2年を切るジンチェンコ、延長の気配なし…アーセナルは新左SBの獲得検討か

アーセナルのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコ(27)の将来が不透明だ。『The Athletic』が報じた。 2022年夏にマンチェスター・シティから移籍し、アーセナルの左サイドバックとして2シーズン目を過ごしているジンチェンコ。レギュラーとして出場を続けているが、元来はプレーメーカータイプの選手ということもあり、最終ラインに入った際の守備の不安は少なくない。 そんなジンチェンコの現行契約は2026年6月まで。アーセナルは日本代表DF冨安健洋を含め、イングランド代表FWブカヨ・サカやフランス代表DFウィリアム・サリバ、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールら主力との契約更新を進めてきたが、まもなく契約が2年を切るジンチェンコとの延長交渉には着手していないという。 また、今夏は新たな左SBの獲得を1つの課題に掲げているとのこと。ジンチェンコの他、冨安やポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル、オランダ代表DFユリエン・ティンバーが左SBとして計算できるが、キヴィオルは中央、冨安とティンバーは中央か右が最適なことから、より理想的な解決策を模索しているようだ。 さらに、ミケル・アルテタ監督は単なるスペシャリストではなく、健康を維持できる左SBを望んでいる模様。ティンバーが長期離脱中で、冨安もケガがちという状況を踏まえれば、そのような考えに至るのも無理はない。 クラブ外に目を向ければ、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーやU-21ポルトガル人DFヌーノ・タバレスがレンタル移籍中と、左SBの選択肢は豊富。ここに新たな選手を加えるのであれば、ジンチェンコの売却による資金捻出も十分視野に入りそうだ。 2024.04.15 18:15 Mon

ソシエダへのドライローンは残り2カ月…ティアニー本人もわからぬ去就「アルテタは忙しそうだね」

レアル・ソシエダのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(26)は、このままスペインに残りたいのかもしれない。イギリス『90min』が伝えている。 セルティック・アカデミーが輩出した近年の最高傑作の1人ティアニー。アーセナルで主力として活躍したのち、昨季オレクサンドル・ジンチェンコの加入によって序列を落とし、今季はドライローンでソシエダにてプレーする。 人生初の海外生活はイギリスと異なり、晴れの日も多いスペイン、また万全なら出場機会もある程度担保されるとあってか、ソシエダ移籍後のティアニーは度々充実ぶりをインタビューで口に。 そんなソシエダへのローン生活も、あと2カ月もすれば終わりを迎えるが、この度応じたイギリス『talkSPORT』のインタビューでは、この事実を寂しく思っている様子をうかがわせる。 「(ソシエダでのプレーは)本当に素晴らしい経験だよ。コンスタントにゲームに絡むことができているし、アーセナルとソシエダ、どちらにとっても有益なディールになったんじゃないかと思う」 「やっぱり選手はプレーしないと自信を失ってしまうよね。ソシエダに来て僕も自信を取り戻せた。心の底から良い選択だったよ」 「アーセナル復帰?うーん、フットボールの世界では何が起こるかわからない…としか言えないな。ウィリアム・サリバを見てごらん。3年間もレンタルされたのに、今やガナーズに戻って常にプレーしている。あれはかなり奇妙なケースだよ」 「クレイジーな展開もあり得るってことさ。とにかく様子を見なきゃ。ミケル・アルテタ(監督)とはまだ何も話していないんだ。彼も忙しそうだしね」 “たらい回し”の末にアーセナルで定位置を掴んだサリバは稀なケースとし、自身がローンバック後に再び主力へ返り咲くことは難しいとの考えを示したティアニー。その本心はわかりかねるが、少なくとも「コンスタントなプレー」を望んでいることは間違いなさそうだ。 2024.04.15 12:25 Mon

「前半は今シーズン最高」圧倒した前半から一転…痛恨の敗戦となったアーセナル、アルテタ監督は前を向く「信じ続けてできることをやるだけ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、アストン・ビラ戦の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、プレミアリーグ第33節でアーセナルはホームにアストン・ビラを迎えた。 首位のアーセナルと4位のアストン・ビラの上位対決。試合前にはマンチェスター・シティが暫定首位に立った一方で、リバプールが敗れるという状況となった。 そのアーセナルは前半はアストン・ビラを圧倒。ゲームを支配していく中で、決定力に欠いてしまいゴールを奪えないまま折り返す。 すると後半は一変。アストン・ビラが勢いを持ってやってくると、押し込まれ続けたアーセナルは終盤に失点。取り戻そうとした瞬間、連続失点を喫し、0-2で敗戦。後半は良いところがないまま痛恨の首位陥落となった。 試合後の記者会見に臨んだアルテタ監督。タイトル争いは続くものの、一方後退してしまった中、この先も紆余曲折あるかという質問に答えた。 「その可能性はあるだろう。今ある現実だ。数カ月前も同じだった。我々はこの瞬間が来るかもしれないことを理解していた。今はそれに反応し、信じ続け、できることをやっていくだけだ」 首位にはリバプールが立っていた中、シティと三つ巴で優勝を争ってきたアーセナル。周りが取りこぼすことはこの先もあるとしながら、勝ち続けなければいけないとした。 ただ、ここから一気に崩れていく可能性もゼロではない。ショッキングな敗戦を受けてのメンタルコントロールについてもコメントした。 「1つの結果でこうなるのであれば、我々は十分に強くないということだ。それは非常に簡単なことだ。本当に良いチームを相手に、前半は今シーズン最高のパフォーマンスを見せた。3つか4つ、あるいはそれ以上のゴールが取れていたはずだ」 「ただ、後半はそれが起こらず、勢いが変わり、前半でできたことをコントロールして生み出すことができなかった」 「我々は苦戦し、非常に酷い形で2つのゴールを許し、試合に負けた。だから、相手を祝福したいと思う」 「そして今こそ、リーダーとして、自分自身を価値ある人物として考える人が立ち上がる時だ。なぜなら、勝ち続けて4カ月も勝ち続けている時はとても簡単だ。今、それをすべき瞬間だ」 しっかりとこの敗戦を受け入れた、再び立ち上がる必要があるというアルテタ監督。中2日ではチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンとベスト4を懸けて戦う中、チャンスを生かす必要があるとした。 「試合に負けた後はイライラしており、悲しい気持ちだ。しかし、我々には素晴らしいチャンスがあり、チャンピオンズリーグの準決勝に進むという、このクラブが14年間実現できなかったチャンスがある。これ以上に良いタイミングはない」 <span class="paragraph-title">【動画】出色の前半も後半に失速…アーセナルがアストン・ビラに敗れる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kpnyJE56VtE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 09:05 Mon

アーセナルがアストン・ビラにシーズンダブル許し2024年リーグ初黒星…シティに首位の座明け渡す【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第33節、アーセナルvsアストン・ビラが14日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのアストン・ビラが0-2で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は67分からプレーした。 アーセナルは前節、敵地でブライトンと対戦し3-0の快勝。リバプールを得失点差で上回って首位に返り咲いた。ただ、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦ではホームで2-2のドロー。アドバンテージを得ることはできなかった。 週明けにベスト4進出を懸けたアウェイ開催の大一番を控える中、アルテタ監督はりーグ前回対戦で敗れた因縁の相手とのリベンジマッチに向けて先発3人を変更。キヴィオル、ジョルジーニョ、マルティネッリに代えてジンチェンコ、トロサール、ガブリエウ・ジェズスを起用した。 対するアストン・ビラは前節、ブレントフォードとのホームゲームを3-3のドローで終えた。これで1試合未消化のトッテナムに抜かれて5位に転落したが、今節先に試合を行ったライバルの大敗によって4位でこのビッグマッチを迎えた。直近のカンファレンスリーグ(ECL)でリールに2-1と先勝したエメリのチームはその試合から先発2人を変更。サスペンションのドウグラス・ルイス、ベンチスタートのベイリーに代えてザニオーロ、ディアビを起用した。 立ち上がりはアストン・ビラが早々にフィニッシュに持ち込むなど勢いを持って入ったが、以降はアーセナルが主導権を握っていく。 トランジションの部分で優位性を保つと、右サイドのサカの個人技やインサイドハーフから積極的に背後への飛び出しを狙うハヴァーツを起点に際どいフィニッシュまで持ち込んでいく。 決定機まであと一歩という場面が目立つものの、アーセナルペースで試合が進んでいく中、前半終盤にかけて互いにビッグチャンスが訪れる。 まずは39分、アーセナル陣内でガブリエウからジンチェンコへの至近距離でのパスがずれてこぼれ球がワトキンスの足元に。そのままボックス右まで持ち込んで右足シュートを放ったが、これは惜しくも左ポストを叩く。 この直後にはウーデゴールのミドルシュートのこぼれ球をボックス右のジェズスが折り返すと、トロサールが至近距離からダイレクトシュートを放つが、これはGKマルティネスのビッグセーブに遭う。さらに、ホワイトとのパス交換からボックス中央で得意の角度から左足を振ったサカのシュートはわずかに枠の左へ外れた。 結局、ゴールレスでの折り返しとなった試合は後半も同様の流れが続いていく。相手を押し込む形もアタッキングサードで手を焼くアーセナルに対して、徐々に切り替えの部分で持ち直したアストン・ビラが相手陣内でのプレーを増やしていく。 62分にはセットプレー流れからボックス左角のティーレマンスが鋭いミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーと右ポストを叩いてスーパーゴールとはならず。 後半もポストに救われたアーセナルは直後にジェズスのミドルシュートでGKマルティネスに好守を強いると、67分に2枚替えを敢行。ホワイトとトロサールを下げて冨安、マルティネッリを同じポジションに配置。さらに、試合が膠着する中で79分にはウーデゴール、ジェズスを下げてスミス・ロウ、ジョルジーニョを投入し、ハヴァーツを最前線に上げた。 一連の交代で流れを好転させたいところだったが、後半終盤に底力を示したのはアストン・ビラだった。 84分、セットプレーの二次攻撃から左サイド深くでディーニュがグラウンダーの速いクロスを供給。ニアでパウ・トーレスが潰れてファーに流れたところに詰めたフリーのベイリーが冷静にワンタッチで流し込み、アウェイチームが先制に成功した。 さらに、相手の動揺を見逃さないしたたかなエメリのチームは87分、自陣でジョルジーニョの縦パスをカットしたティーレマンスが背後のスペースを狙うワトキンスへ絶妙なフィードを通す。スミス・ロウを引き連れてそのままボックス内に持ち込んだビラのエースは飛び出したGKラヤの寸前でループシュートを流し込んだ。 痛恨の連続失点で厳しくなったホームチームはジンチェンコを下げてエンケティアを投入し、力業でのゴールを目指したが、専守防衛の構えを見せるアストン・ビラの守備を最後までこじ開けることはできなかった。 この結果、アストン・ビラにシーズンダブルを喫したアーセナルは2024年のリーグ戦初黒星を喫し、マンチェスター・シティに首位の座を明け渡すことになった。 2024.04.15 02:38 Mon

ジョルジーニョはアーセナルと契約延長交渉中も今夏のイタリア復帰を排除せず

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)がさまざまな選択肢を検討中だ。 昨季途中にチェルシーからアーセナルへ加入し、32歳にしてチーム最年長のジョルジーニョ。序列が高くなくてもアルテタ・ガナーズに不可欠な戦力である、当代屈指のレジスタだ。 だが、1年間の延長オプションがあるとはいえ、契約は今季限り。イタリア『トゥットスポルト』によると、代理人がアーセナルと新契約を交渉中だそうだが、同時にイタリア復帰も検討中…セリエAのクラブと連絡を取り合っているという。 “セリエAクラブ”のひとつはユベントス。シーズン佳境にきて先発起用も多いジョルジーニョだが、イタリア復帰が常に頭の片隅にあるようだ。 2024.04.13 21:25 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly