W杯予選3連敗&五輪予選敗退…低迷するブラジル代表、アルゼンチンからも嘆きの声「文化的な退廃だろうか」

2024.02.13 16:10 Tue
各世代で勝てなくなったブラジル代表
Getty Images
各世代で勝てなくなったブラジル代表
低迷するブラジル代表。宿敵アルゼンチンにさえその惨状を嘆く声がある。

11日、U-23ブラジル代表がパリ五輪南米最終予選最終節でU-23アルゼンチン代表に敗れ、2004年アテネ大会以来となる20年ぶりの予選敗退に。リオデジャネイロ、東京に続く3大会連続金メダルの夢が潰えた。
いくら五輪がA代表のワールドカップ(W杯)とコパ・アメリカより重要度が低いといっても、『南米予選敗退』はブラジル国民にとって強烈すぎるパワーワードであり、17歳エンドリッキに頼りきった戦いを批判する論調が渦巻く。

今夏のレアル・マドリー移籍が内定しているエンドリッキと、それ以外の招集可能選手(主に国内組)でタレント力の差が途方もなく、2024年現在のブラジルは“新たな人材の輩出”という点でやや苦労している印象。しかし、苦しいのはA代表も同じだ。

21世紀最初のW杯を制してはや22年、時代のトップランナー・ネイマールがエースに君臨したブラジル代表は一度もW杯決勝まで駒を進めれず、現在進行中の2026W杯南米予選は、第6節を終えて2勝1分け3敗の10カ国中「6位」…なんと3連敗中だ。
次回から出場枠が増えるために、6位のままでも本大会へ進めるわけだが、ひとえに「ブラジルが10カ国中6位」「南米で3連敗」という事実が信じ難い。そんな惨状について、永遠のライバル・アルゼンチンからも嘆く声が上がる。

アルゼンチン『DSports』の取材でブラジル代表についてコメントしたのは、1978年の母国開催W杯でアルゼンチン代表を初優勝に導いた伝説的名将、セサール・ルイス・メノッティ氏。ブラジルサッカーをお手本に指導者として大成した人物として知られ、過去に何度もブラジル代表へのリスペクトを公言してきた御年85歳の長老だ。

「懐かしい話になるが、1970年のメキシコW杯でブラジル代表に同行(※1)し、ともに素晴らしい時間を過ごさせてもらった…現在のブラジルサッカーに何が起きているのか…私は恥ずかしい」

(※1)アルゼンチン代表は出場せず

メノッティ氏は現役時代にブラジルの名門サントスでプレーし、「マラドーナよりペレが遥かに上」と一貫主張してきたことでも知られる。昨年のU-20W杯でブラジルがイスラエルに敗れたことにも触れ、「文化的な退廃に襲われているのだろうか」と代表チームの低迷を嘆いた。

クラブレベルでは、アルゼンチン勢を差し置いて2019年から5年連続でコパ・リベルタドーレス王者を出しているブラジルだが、A代表は昨年11月に聖地マラカナンでアルゼンチンに敗れ、U-23もアルゼンチンに敗れて五輪予選敗退…両国を愛すメノッティ氏は複雑な思いなのだ。

U-23代表はパリ五輪へ向かえずも、A代表は今年中に挽回のチャンス。W杯予選はもちろん、今夏はコパ・アメリカが開催される。王国の意地をぶつけるにはこの上ない舞台だ。
関連ニュース

元FC東京DFブルーノ・ウヴィニがヴィトーリアへ移籍

ブラジル1部のヴィトーリアは13日、元ブラジル代表DFブルーノ・ウヴィニ(32)の加入を発表した。契約期間は2024年12月31日までとなっている。 母国ブラジルの名門サンパウロでプロデビューのブルーノ・ウヴィニは、トッテナムやナポリ、シエナ、トゥベンテといった欧州クラブでのプレー歴を持つセンターバック。2016年夏からアジアに活躍の場を求め、サウジアラビアのアル・ナスルやアル・イテハド、UAEのアル・ワクラでのプレーを経て、2021年1月にFC東京に加入。 2021シーズンは明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで5試合1得点、天皇杯1試合に終わり、2年目となった2022シーズンは選手登録されておらず、2022年8月に両者合意のもとで契約を解除。その後、2023年1月に母国ブラジルのグレミオに加入すると、公式戦35試合に出場2ゴール1アシストを記録していた。 また、ブラジル代表歴も豊富で、U-20代表の主将として2011年の南米ユース選手権とU-20ワールドカップ(W杯)の優勝に貢献。2012年にロンドン・オリンピックでもプレーすると、同年にフル代表デビューも遂げ、3キャップを記録していた。 2024.04.14 08:01 Sun

PK戦で3連続失敗…なでしこ先制もパリ五輪前哨戦となったブラジルに敗れ4位で終了【SheBelieves Cup】

9日、なでしこジャパンはSheBelieves Cup3位決定戦でブラジル女子代表と対戦し、1-1のドロー。PK戦の末、0-3でブラジルに敗れた。 パリ・オリンピックの出場権を獲得したなでしこジャパン。本大会までの数少ない実戦の機会となる中、アメリカ、カナダ、ブラジルといずれもオリンピックに出場するクラブが参加する戦いに臨んだ。 6日のアメリカ女子代表戦は、早々に先制しながらも逆転負け。3位決定戦に回ることとなった。システムは[3-4-3]で臨み、GKは2戦連続で山下杏也加。最終ラインは右から古賀塔子、南萌華、石川璃音。中盤はボランチに長谷川唯と林穂之香、ウイングバックには右に清水梨紗、左に北川ひかるを起用。3トップは右に藤野あおば、左に浜野まいか、中央に田中美南と並んだ。 日本ボールでキックオフとなった試合。日本はボールを回してポゼッションをしつつ、スペースを突くロングボールも使い、ブラジルゴールに迫っていく。 パリ・オリンピックの本大会でも対戦することが決定している両者。親善試合ではありながらも、前哨戦となる戦いのため、手の内を全て明かすわけにもいかない戦いとなった。 日本は両サイドを使いながら、攻め込んでいく形を作ると、浜野が積極的にシュートを狙いフィニッシュに持っていくが、ゴールは奪えない。 対するブラジルもレジェンドのマルタが中盤を締め、要所で日本の攻撃の芽を摘む形に。互いに大きな決定機を迎えないまま、試合が進んでいく。すると34分に日本が先にスコアを動かす。 自陣で相手のロングボールを奪うと、長谷川が相手にプレスをかけられながらも巧みにかわして右サイドに展開。右に回っていた浜野がドリブルで持ち出しアーリークロスを入れると、ボックス内の田中がトラップから落ち着いて蹴り込み、日本が先制する。 先制した日本は変わらずにペースを掴んだが、徐々にブラジルが前に圧力をかけて日本陣内でのプレータイムが増えていくことに。それでも日本は45分にビッグチャンス。カウンターから左サイドの北川がグラウンダーのアーリークロスを入れると、ファーサイドに飛び込んだ藤野が間に合ったが、シュートは枠に飛ばせず。1-0で試合を折り返した。 日本はハーフタイムに浜野を下げて、上野真実を投入。ポジションは変わらずにそのまま左ウイングに上野が入った。 後半はブラジルがボールを保持しながら、日本が奪ってカウンターを仕掛けるという展開に。前半以上にブラジルにボールを握られる時間が長くなるが、しっかりと守備陣が耐えていく。 54分には縦パス1本で大ピンチに。クリスチアーニが抜け出しボックス内でGK山下と一対一になるが、シュートは打てず、クリスチアーニは倒れるがファウルは取ってもらえない。 すると日本は55分にビッグチャンス。カウンターから林が左に展開すると北川のクロスを受けた藤野がボックス内でコントロール。そのままシュートを放ったが、GKロレーナにセーブされる。 日本は64分にビッグチャンス。CKからのクロスはクリアされるが、こぼれ球を拾いに行った林がボックス内でファウルを受けてPKをゲット。これを田中が蹴るも、GKロレーナが完全に読み切りセーブ。追加点を奪うことができず、これが後々響くことになる。 ブラジルは71分にCKを獲得。右CKからヤスミンがクロスを入れると、ニアサイドに飛び込んだクリスチアーニがヘッド。GK山下は一歩も動けず、1-1のタイスコアになる。 PK失敗、その後に同点と嫌な流れの日本。ブラジルは逆転を目指してより強度と高めていくことに。78分には北川と田中を下げて、守屋都弥、宮澤ひなたを投入する。 すると79分には、ボール奪取からのカウンターで藤野のスルーパスに反応した途中出場の宮澤ひなたがGKと一対一でシュート。しかし、これはセーブされてしまう。 選手交代で流れを変えたいに日本だったが、一進一退の攻防が続き、ビッグチャンスは作れず。85分には林と清水を下げて、長野風花、清家貴子を入れて攻撃に変化を加えるが、最後までゴールは奪えず。90分が終了し1-1のドロー。規定によりPK戦で決着をつけることとなった。 先攻は日本。清家が最初のキッカーを務める中、右を狙ったシュートはGKが完璧に読み切りセーブされ失敗スタート。ブラジルはクリスチアーニが落ち着いて決めると、日本の2人目は長野。左を狙うが、これも完全に読み切られて止められ、2人連続失敗となる。 ブラジルは2人目のタルシアニも成功。日本は失敗すると窮地に立たされる中、キッカーの長谷川が右を狙うが、これまたGKが完璧に読み切りセーブ。にほなh3連続失敗となると、最後はアンジェリーナがGK山下の逆を突いて終了。PK戦の末に日本は4位に終わった。 パリ・オリンピック本大会でもPK戦はあるだけに、日本としては試合中のPKも含めて全て読み切られることに。男子もPK戦でワールドカップで敗退する経験もしており、日本にとっては大きな課題として残りそうだ。 なでしこジャパン 1-1(0PK3) ブラジル女子代表 【得点者】 1-0:34分 田中美南(日本) 1-1:71分 クリスチアーニ(ブラジル) ◆なでしこジャパンメンバー GK 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) DF 南萌華(ローマ) 石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) 古賀塔子(フェイエノールト) MF 清水梨紗(ウェストハム) →85分 清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 林穂之香(ウェストハム) →85分 長野風花(リバプール) 長谷川唯(マンチェスター・シティ) 北川ひかる(INAC神戸レオネッサ) →78分 守屋都弥(INAC神戸レオネッサ) FW 田中美南(INAC神戸レオネッサ) →78分 宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド) 浜野まいか(チェルシー) →HT 上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ) 藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) <span class="paragraph-title">【動画】日本vsブラジルの決着はPK戦に委ねられることに!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-0Xpoou10MI";var video_start = 1089;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.10 08:45 Wed

中2日でなでしこと対戦のブラジル指揮官、パリ五輪と同様のシチュエーションに「この試合の重要性は非常に大きい」

ブラジル女子代表のアルトゥール・エリアス監督が、なでしこジャパン戦の前日会見に臨んだ。ブラジル「Gazeta Esportiva」が伝えた。 ブラジルは9日、SheBelieves Cup2024に参加中のブラジルは、6日のカナダ女子代表戦でPK戦の末に敗れ、9日には3位決定戦でなでしこジャパンと対戦する。 前日会見にて「この試合の重要性は非常に大きい」と語った指揮官。パリ・オリンピックのグループステージでは日本と同居し、今回と同じく中2日で両国は対戦する。 「各試合には独自のストーリーがあり、プラン自体は異なるだろう」と前置くが、「明日は試合を楽しむことがすべてだ」と、前向きな言葉を残すエリアス監督。 「ピッチ上で統率の取れた効率的で素晴らしいチーム」と日本を評し、「あらゆる面で我々の評価が試される」とも述べ、「強い相手との試合で一貫性を生み出し、必要な評価を下さなければならないだろう」と、メンバー選考へ向けての側面を匂わせた。 一方で、「今回招集されなかった選手たちも追ってきた。調子が良ければ、うまくやれば、オリンピックに出られる。サッカーとはそういうものだ」と、可能な限り最後の瞬間まで代表チームでテストを続けることを強調している。 日本とブラジルは2023年末に国際親善試合で2度対戦し、1勝1敗(日本から見て3●4、2〇0)。当時の対戦ではブラジルも4バックと3バックを使い分けてきたが、5カ月ぶりの顔を合わせでは、どのような策を講じてくるだろうか。 2024.04.09 17:58 Tue

若手中心で東京五輪金メダルのカナダと接戦、ブラジル女子の指揮官は健闘称える「クオリティを示してくれた」

ブラジル女子代表のアルトゥール・エリアス監督は、敗れたものの一定の手応えを得たようだ。ブラジル『O DIA』が伝えた。 ブラジルは6日、SheBelieves Cup2024でカナダ女子代表と対戦。タルシアニのPKで22分に先制するも、77分にFKから同点ゴールを許し、1-1で90分を終了。PK戦の末に2-4で敗れた。 敗れはしたものの、エリアス監督は満足感を示す。オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)後にピア・スンドハーゲ前監督からバトンを引き継いだ指揮官は、経験の浅い選手を多数招集しながら、2024CONCACAF W ゴールドカップで準優勝。今大会でも東京オリンピックで金メダルのカナダに対し、GKタイナ・ボルヘスやFWジェニファー・コルディナリを代表デビューさせるなど、代謝を促している。 ここに代表100キャップを超えるマルタやクリスティアーネを加え、若手とベテランを融合させたスカッドを形成。「常に複雑なプロセス」と語りながらも、「誰もがベストを尽くし、各々の判断で動ける雰囲気を作り出すことが大切」と指針を掲げ、パリ・オリンピックへ向けた強化を進めている。 「ブラジルチームは今日、前回のワールドカップでスターターを務めたのはアントニアだけという、我々は若いメンバーでスタートしたが、オリンピックチャンピオンであり、ビッグクラブで先発を担うような選手たちを多数抱える強豪チームを相手に素晴らしい試合をした」 「私が取り入れたいのは非常に複雑なプロセスだが、(ここまで)非常に満足しており、(今日の)パフォーマンスはそれを裏付けている。試合結果はその一部でしかなく、全体として、準備はとても順調に進んでいる」 「彼女たちの多くは代表チームを最近経験しばかりだが、多くの個性、理解力、そしてクオリティを示してくれた。さらに、途中から入ってチャンスを作り出してくれた経験豊富な選手たちにも感謝したい。若手とベテランがともに重要で、誰もがベストを尽くし、各々の判断で動ける雰囲気を作り出すことが大切なんだ」 カナダに敗れたブラジルは、9日の3位決定戦でなでしこジャパンと対戦する。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ブラジルが先制もカナダが追い付き決着はPK戦に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="KJuXLL3vn20";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.07 22:10 Sun

日本代表は世界でもアジアでも順位変わらず 最新のFIFAランキングでベルギー代表が3位浮上

国際サッカー連盟(FIFA)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。 前回、17位から18位にランクダウンの日本代表。先月の代表ウィークで北朝鮮代表に勝利した日本はその前回と変わらず、アジア全体でもトップをキープした。 また、世界ではトップのアルゼンチン代表、2位のフランス代表まで不動だったが、ワンランクアップのベルギー代表が3位に。イングランド代表が4位に後退した。 トップ10ではポルトガル代表がオランダ代表をかわして7位から6位に。CONCACAFネーションズリーグ制覇のアメリカ代表はトップ10目前の11位に上がっている。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.ベルギー(4)↑ 4.イングランド(3)↓ 5.ブラジル(5) 6.ポルトガル(7)↑ 7.オランダ(6)↓ 8.スペイン(8) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(10) 11.アメリカ(13)↑ 12.コロンビア(14)↑ 13.モロッコ(12)↓ 14.メキシコ(15)↑ 15.ウルグアイ(11)↓ 16.ドイツ(16) 17.セネガル(17) 18.日本(18) 19.スイス(19) 20.イラン(20) 21.デンマーク(21) 22.ウクライナ(24)↑ 23.韓国(22)↓ 24.オーストラリア(23)↓ 25.オーストリア(25) 26.ハンガリー(27)↑ 27.スウェーデン(26)↓ 28.ポーランド(30)↑ 29.ウェールズ(29) 30.ナイジェリア(28)↓ ◆アジア上位 18.日本(18) 20.イラン(20) 23.韓国(22)↓ 24.オーストラリア(23)↓ 34.カタール(37)↑ 53.サウジアラビア(56) 58.イラク(59)↑ 64.ウズベキスタン(66)↑ 67.UAE(69)↑ 71.ヨルダン(70)↓ 2024.04.04 17:45 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly