ベルギー国民もようやく安心? ついにイタリアで本領発揮のデ・ケテラエル、40試合0得点の昨季はもはや過去

2024.02.11 17:50 Sun
アタランタで躍動するデ・ケテラエル
Getty Images
アタランタで躍動するデ・ケテラエル
とうとうカルチョの舞台で花開いたベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(22)。若きアタッカーへの関心が高まっている。

2022-23シーズンのミランが目玉補強として獲得したデ・ケテラエル。母国の名門クラブ・ブルージュでエースに君臨し、チャンピオンズリーグ(CL)も経験した若者は、大きな期待とともにファッションの都・ミラノへと舞い降りた。
ところが、昨季の公式戦40試合でなんと「0」ゴール。デビュー3試合目でアシストを1つ記録しただけとなり、自らの獲得を追い求め、加入後に温かく辛抱強く見守ってくれたパオロ・マルディーニ氏も、昨夏でクラブを追われた。

人生初の海外生活に適応できないなかで、イタリアの父とも言えよう“後ろ盾”を失ったデ・ケテラエル。今季は1年レンタルでアタランタへ貸し出されているが、古巣クラブ・ブルージュと同じ青黒のユニフォームに袖を通し、いま、ついにその才能をカルチョで発揮させているのだ。

昨季40試合0ゴールはどこへやら、選手の個性を引き出す術に長けた老将、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督に預けられると、ここまで公式戦26試合で9ゴール7アシスト。セリエAの直近3試合では3ゴール2アシストを記録する。
そんな192cmの長身アタッカーに隣国フランスから『フットメルカート』も興味津々。「ユーロ2024を前にして、ベルギー代表にこの上なく明るい兆し」とその躍動ぶりを称え、「ミラノは若者にプレッシャーを与えるだけだったが、わずか60km先のベルガモはそうではない」と、一度名門を離れたことが分岐点だったとリポートする。

さて、そんなデ・ケテラエルだが、先日地元メディアの取材で「僕はここアタランタで肉体的にも精神的にも自分を発見できた。ミランではできなかった“FWとしての役割”をこなせていると思う。将来どうなるかわからないけど、今はこの先もここに残るような気がしている」とコメントした。

イタリア『カルチョメルカート』は以前、アタランタが2300万ユーロ(約36億3000万円)+ボーナス400万ユーロ(約6億3000万円)の買い取りオプションを保有し、これを履行した場合、ミランは将来のリセール時に移籍金の10%を手にするという契約を結んでいると伝えている。

デ・ケテラエル自身のガスペリーニ・サッカーへのコミット、そして“貯金"が非常に多いアタランタの健全経営を考慮すれば、今季終了後の完全移籍移行が濃厚と言えるだろう。ミランがそれを望んでいることも時折伝えられる。
関連ニュース

老将預かりで才能爆発のデ・ケテラエル、ミラン復帰視野に入れず「本当に申し訳ない。けどもう戻れない」

ベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(23)が、アタランタへの完全移籍希望を明確にした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 昨季大きな期待と共にミラン加入も、公式戦40試合ノーゴールという不名誉な数字を残してしまったデ・ケテラエル。本職ではない2列目起用と人生初の海外生活に適応できず、シーズン後には“後見人”パオロ・マルディーニTDも職を追われた。 そんなこんなで今季アタランタへレンタル移籍してきたなか、タレント力を引き出す術に長けた老将、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の管理下に置かれた23歳は、地平線の彼方に思えた“ゴール”を、いきなりセリエA第1節で奪ってしまう。 そこから積み上げたのは、公式戦36試合10得点8アシストという数字。主に2トップの一角として、数字だけでは表せないほどアタランタを支えており、もはやガスペリーニ・サッカーの新たな申し子。先のEL準々決勝1stレグ・リバプール戦も躍動し、敵地での0-3完勝に大きく貢献だ。 ミランとアタランタの契約には固定額2200万ユーロ(約36億円)の買い取りオプションがあり、“貯金”の多い優良企業アタランタがこれを行使するのもほぼ確実とみられるなか、当然のように、デ・ケテラエル本人からも完全移籍を望むコメントが出る。 「ミランでのネガティブな1年が何も役立たなかったなんてことはない。そこからの学びが今季だし、今後のキャリアにおいても、あの苦しかった経験が僕を助けてくれると思う。良い経験より良くない経験のほうが学びも多い」 「そして僕は適切な環境を見つけた。僕に明確なプレースタイルを与えてくれるアタランタだ。ガスペリーニは厳格かつ全選手に対して公平で、僕ら選手は自らの役割を理解する。彼のもとで僕らは素晴らしいサッカーをしているだろう?」 「僕次第で決めていいなら、必ずアタランタに残る。ここにはさらなる伸びしろが詰まっているからね。ミランには本当に申し訳ないと思っているけど、もう戻ることは考えられないんだ」 2024.04.15 13:05 Mon

リバプール戦完勝も影響? 移籍希望が下火のコープマイネルス「必ずしもアタランタを離れなくてもいいかな」

アタランタ愛が強いオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)だ。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 アタランタは11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでリバプールに勝利。それも敵地アンフィールドにて、1-0でも2-1でもなく、まさかの「3-0」…ベスト8進出へ“大きく”前進だ。 フル出場したコープマイネルスはチームの核にして、今夏ビッグクラブ間の争奪戦も噂される実力者かつ人気銘柄。イタリア国内だけでなく、マンチェスター・ユナイテッド、そして今回対峙したリバプールから大きな関心を寄せられる。 先日自らもステップアップ希望を公言したが、同時に「アタランタが好き。ここに大きなお金(移籍金)が落ちることも重要」とコメント。リバプールに完勝した直後にこの件を問われると… 「何もかも素晴らしい…アンフィールドはフットボーラーなら誰もが立ちたい舞台だからね」 「けど、やっぱり必ずしもアタランタを離れる必要はないかな。ベルガモでの時間を心から楽しんでいるんだ。アタランタがエネルギーに溢れ、優秀な選手が揃う、欧州レベルでも戦えるトップクラスの集団だと証明できたよね。僕はいち選手として野心を持つが、『絶対に次の一歩を』とは思っていない」 「今日の90分間を毎回再現できるならEL優勝は間違いない。現実には1試合だから、来週のリターンマッチも可能な限りベストを尽くすよ。今日の結果がクラブ史に与えるインパクトは絶大だ」 ビッグクラブに憧れる野心と、アタランタへの愛。その狭間にいる26歳だが、ここに来て徐々に後者が強くなっているようだ。 2024.04.12 14:50 Fri

「疲れているように見えた」「彼の夜ではなかった」ホームで惨敗のリバプール、遠藤航は他の選手同様に厳しい評価「調子を崩していた」

リバプールの日本代表MF遠藤航が低い評価となった。 11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでリバプールはホームにアタランタを迎えた。 この試合も先発出場した遠藤。ホームでしっかりと勝利し、2ndレグに繋げたいところだったが、チームはまさかの惨敗。前半にジャンルカ・スカマッカに先制をゆすると、後半に入ってもスカマッカにゴールを許しリードを広げられ、終盤にはマリオ・パシャリッチにもネットを揺らされ、0-3の惨敗。ホームで厳しい敗戦となった。 遠藤は76分までプレーしたが、この日はその他の選手と同様に良いところを出せずに交代。イギリス『リバプール・エコー』は4点(10点満点)と低評価をつけた。 「パシャリッチの序盤の動きを注意深く観察し、時には2人のセンターバックの間に入る必要もあった」 「しかし、疲れているように見え、あまりにも何度も圧倒されていた」 リバプール専門メディアの『This is Anfield』も4点(10点満点)と低評価をつけている。 「定期的にさらされていた守備ユニットの一部。アタランタがボールを奪った時のプレーが非常に速く、いつものように足を入れられなかった」 「彼がボールを保持していた時もさほど良くなかった。先発した何人かの選手と同様に、この日は彼の夜ではなかった」 「中盤でミスを犯し、アタランタにチャンスを与え、ジョタと交代した」 その他、『ESPN』は5点(10点満点)をつけ「プレーを崩してしまいコントロールに苦労した。ボールを前に運ぶことはもっと上手くできたかもしれない」と評価。イギリス『デイリー・メール』は6点(10点満点)とし、「シーズンの大部分で見せてきた守備的なスクリーニングが出せなかった。アンフィールドで調子を崩していたリバプールの多くのスターの1人」と、他の選手同様に、普段のような良いプレーは見せられなかったとした。 <span class="paragraph-title">【動画】まさかの結末…リバプールがホームでアタランタに惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iuo8fYmRiRQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 11:30 Fri

「信じられないならイタリアに行く意味ない」 ファン・ダイクが0-3完敗からの逆転諦めず

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが落胆した。 準々決勝まで勝ち進むリバプールは11日の1stレグでアタランタとホームで対戦。遠藤航も76分まで出場したが、前半に先行されると、後半にも2失点で0-3の先勝を許した。 この試合でも最終ラインの中央でフル出場した主将はイギリス『TNT Sport』で「すごく、すごく残念な夜だ。個人のミスが多すぎたし、そのツケを払った」と回想した。 「気分が悪いよ。アタランタが用いるマンマークシステムを考えると、僕らはもっとうまくやらないといけない。ボールを持ったら、もっとうまくやって、もっと力強くなる必要がある」 「スペースがあったし、彼らに罰せられてしまった。あまり考え込むわけにいかない。次の大きな試合を心待ちにするぐらいじゃないとだし、結果を出すことに切り替えないとね」 また、「痛いけど、落ち込んではいられない。迅速に対応する必要がある」とも振り返り、18日に行われる敵地でのリターンレグにも言及している。 「僕らは長らくここで負けていなかったけど、彼らの手柄を奪うわけにいかない。彼らは僕らのずさんなポゼッションを罰したんだ。1点か、2点を決めるチャンスもあったけど、それもできなかった」 「信じられないなら、イタリアに行く意味なんてない。自分たちですごく難しくして、0-3で負けた。全員がスイッチを入れ直さないと。それができたら、向かうで少なくとも4ゴールを奪うことに集中できるはずだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】リバプールvsアタランタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iuo8fYmRiRQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 10:40 Fri

「早く忘れたい」敵地でリバプールを3発撃破も…2得点スカマッカの目線は2ndレグへ

アタランタのイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカがリバプール戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アタランタは11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでリバプールと対戦。敵地アンフィールドでの一戦を、スカマッカの2ゴールなどで0-3と勝利し、ベスト4へ大きく前進だ。 30分の先制点に始まり、60分の貴重な追加点、さらに終盤の3点目も絡み、よもやの完勝劇に大貢献したスカマッカ。 昨季のプレミアリーグ挑戦が失敗に終わり、1年でセリエAに戻ったストライカーは、決して順調な今季を歩んでいなかったが、3月15日に行われたELラウンド16・2ndレグのスポルティングCP戦を皮切りに、公式戦5試合4時点と調子を上げていたなかでのvsリバプール2ゴールに。 試合後、殊勲の25歳はイタリア『スカイ』で興奮を抑えつつも、その喜びを語る。 「素晴らしい夜だ。誰もが僕ら(アタランタ)の運命はマイナス方向に傾いていると思っていたようだが、僕ら当事者は最初から自分たちを信じていた」 「できるだけ各所で冷静に対処し、勇気を失わないことに努めた結果さ。この種の勝利は、いかなる時も個人ではなくチーム全体での奮闘によってもたらされる。僕のゴールも、チームメイトがいなければ、チャンスすら来なかったはずだ」 「8月に始まった旅(23-24シーズン)…大変な時期もあったけど、何かを信じていれば最後に何らかの形で報われるはずだ。今日はそのひとつだろうね。ただ、まだ試合が残っているし、早く忘れ去りたい。今日は満足しているが、まだ2ndレグがある」 アタランタとリバプールのリターンマッチ、イタリア北部のベルガモに舞台を移す2ndレグは18日に行われる予定。アタランタはホームで3点リードを守れるか。スカマッカはすでに、アンフィールドでの勝利の余韻はなくなっているだろう。 2024.04.12 10:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly