ホーム14連勝でシティ撃破に「素晴らしい雰囲気」と語るエメリ監督、3日後に迎えるアーセナル戦に「それを楽しみ、プロとして準備を」

2023.12.07 10:40 Thu
シティを下したアストン・ビラのエメリ監督
Getty Images
シティを下したアストン・ビラのエメリ監督
アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
6日、プレミアリーグ第15節でアストン・ビラはシティをホームに迎えた。
勝てば3位に浮上できるアストン・ビラ。シティ、アーセナルとホームに昨シーズンのトップ2を続けて迎えることになり、上位を守るためにはしっかりと戦いたい一戦だ。

ホームで13連勝という圧倒的な強さを誇るヴィラ・パークでの一戦。シティにやらせずに均衡を保ったまま迎えた74分、ドリブルで仕掛けたレオン・ベイリーが鋭い切り返しからボックス手前中央で右足一閃。DFに当たってディフレクトしたボールがネットを揺らし先制すると、この1点を守りシティに勝利を収めた。

今季の好調ぶりがブラフではないことを示したアストン・ビラはホームでクラブタイ記録の14連勝を達成。エメリ監督は勝利を称えた。
「今夜のような試合がもっと多くなり、プレミアリーグやヨーロッパリーグで成功するために、より多くのチャレンジに立ち向かえるようになることを願っている」

「今夜は素晴らしく、どの試合も我々が直面している目標でもある。今夜、ここヴィラ・パークで我々のサポータとともに過ごすことは、素晴らしい雰囲気だった」

「我々はとても楽しみ、エネルギーを彼らに伝え、彼らもエネルギーを我々に伝えてくれた。雰囲気は素晴らしかった」

これでシティを追い抜き3位に浮上したアストン・ビラ。土曜日には首位でありエメリ監督にとっての古巣でもあるアーセナルを迎える。

エメリ監督は優勝を争う直接のライバルではないと自分たちを語りながらも、シーズンを通して一貫したパフォーマンスを出したいと意気込み。アーセナル相手にも勝利を目指すことを誓った。

「我々は順位表に注目しており、そこにいられることを嬉しく思っている」

「我々は直接のライバルではない。38試合で、我々は今のように一貫性を保つためにチャレンジしなければいけない」

「我々はそこにいると感じられるし、そこにいると信じなければならないが、バランスも保たなければいけない。土曜日、サポータとともに、ヴィラ・パークでアーセナルと対戦するとき、また素晴らしいチャレンジをすることになる」

「我々はそれを楽しみ、プロとして自分たちの仕事に責任を持って試合を準備し、これから直面するであろう要求に集中しなければならない」




PR
1 2
関連ニュース

アストン・ビラがザニオーロの買い取りを見送る方針で一致か

アストン・ビラがイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)の買い取りを見送るようだ。 昨夏ガラタサライから買い取りオプション付きのレンタル移籍でビラ入りしたザニオーロ。ローマで紆余曲折経験した若者は、ガラタサライ在籍半年でリーグ優勝に大きく貢献し、意気揚々とプレミアリーグの舞台に乗り込んだ。 しかし、昨秋の賭博スキャンダルこそ”違法性なし”としてお咎めなしだったが、肝心のピッチでの活躍に乏しく、その数字は公式戦27試合2ゴール0アシスト。年明け以降の1試合最長プレータイムは「27分間」だ。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、かねてより報じられていた通り、ザニオーロのレンタル契約は、特定の条件が満たされた場合に買い取りオプションが買い取り義務へ移行するものとなっているという。 ビラはこれを回避したうえで、今季終了後にガラタサライへ送り返す方向で一致した模様。復調傾向にあるMFジェイコブ・ラムジー、今冬獲得のFWモーガン・ロジャーズ、来季は2人をより積極的に起用する思惑とされている。 つい先日には、イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督から、ビラでの出番減を理由にユーロ2024本大会のメンバー落選も示唆されたザニオーロ。まだ若くチカラも伸びしろもある...芯のある男にならねばならない。 2024.02.26 14:00 Mon

フォレストとの打ち合い制したアストン・ビラがリーグ連勝で4位死守!【プレミアリーグ】

アストン・ビラは24日、プレミアリーグ第26節でノッティンガム・フォレストと対戦し4-2で勝利した。 前節フルアムに勝利した4位アストン・ビラ(勝ち点49)が、16位に沈むフォレスト(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 試合は開始早々にスコアが動く。ビラは4分、マッギンのスルーパスで右サイドを抜け出したベイリーがそのままボックス右深くまで切り込み折り返すと、最後はワトキンスがワンタッチでゴールネットを揺らした。 立ち上がりの先制弾で主導権を握ったビラは、29分に追加点。ボックス手前でパスを受けたキャッシュがそのままボックス内に侵入すると、折り返しをラムジーが繋ぎ、最後は中央に走り込んだドウグラス・ルイスがダイレクトシュートを流し込んだ。 勢いづくビラは39分にも、右CKの二次攻撃から右サイドでパスを受けたマッギンがクロスを供給すると、ゴール前のドウグラス・ルイスがヘディングシュートを叩き込み、立て続けに3点目を奪った。 このまま前半終了かと思われたが、フォレストは終了間際の50分にギブス=ホワイトの右CKをファーサイドのアウォニイが頭で折り返すと、ゴール前のニアカテが胸で押し込み、1点を返した。 両チーム共に選手を入れ替えて臨んだ後半、ビラは開始早々に失点を許す。48分、自陣バイタエルエリアでオリジにルーズボールを拾われると、ラストパスをゴール前に抜け出したギブス=ホワイトに流し込まれた。 1点差に詰め寄られたビラだったが、61分に再びリードを広げる。敵陣でハイプレスからパスカットに成功したティーレマンスがスルーパスを供給。これに反応したワトキンスが飛び出したGKを引きつけて折り返すと、最後は走り込んだベイリーが無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま4-2でタイムアップ。打ち合いを制したビラがリーグ戦連勝を飾った。 2024.02.25 06:00 Sun

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat

日本人5人が参加のECLラウンド16、アヤックスvsアストン・ビラが実現

23日、UEFAヨーロッパ・カンファレンス(ECL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 ECLグループステージ2位通過8チームと、ヨーロッパリーグ(EL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフが22日に終了。 日本代表DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ、MF金子拓郎とDF荻原拓也を擁するディナモ・ザグレブ、DF常本佳吾のセルヴェット、MF本間至恩のクラブ・ブルージュなどが残っている。 その他、アヤックスやフィオレンティーナ、アストン・ビラなども勝ち上がっている中、常本のセルヴェットはヴィクトリア・プルゼニ、町田のサン=ジロワーズはフェネルバフチェ、金子、荻原のディナモ・ザグレブはPAOK、本間のクラブ・ブルージュはモルデとの対戦が決まった。 また、アヤックスvsアストン・ビラの名門対決も実現している。 ラウンド16・1stレグは3月7日、2ndレグは14日に行われる。 セルヴェット(スイス) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ) モルデ(ノルウェー) vs クラブ・ブルージュ(ベルギー) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs PAOKテッサロニキ(ギリシャ) マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs フィオレンティーナ(イタリア) アヤックス(オランダ) vs アストン・ビラ(イングランド) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) フェネルバフチェ(トルコ) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) vs リール(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) vs マッカビ・テル・アビブ(イスラエル) 2024.02.23 21:35 Fri

ECLベスト16が決定! 日本人5選手にアストン・ビラらが参戦

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ECLグループステージ2位通過8チームと、ヨーロッパリーグ(EL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 DF町田浩樹とMF長谷部誠の日本人対決となったフランクフルトとユニオン・サン=ジロワーズの対戦は、町田が2戦共にフル出場したサン=ジロワーズが突破を決めた。 また、MF金子拓郎とDF荻原拓也を擁するディナモ・ザグレブは、2ndレグで金子が値千金の同点ゴールを記録し、難敵レアル・ベティスを破って突破。DF常本佳吾が2戦連続フル出場したセルヴェットもルドゴレツに競り勝ってラウンド16へ駒を進めた。 この8チームに加え、各グループステージを首位で突破したMF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュ、リール、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、フェネルバフチェら強豪が次ラウンドから参戦となる。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ECLプレーオフ結果 ヘント 1-1(AGG:1-2) マッカビ・ハイファ ルドゴレツ 0-1(AGG:0-1) セルヴェット ディナモ・ザグレブ 1-1(AGG:2-1) ベティス ボデ/グリムト 1-2(AGG:3-4) アヤックス スロバン・ブラチスラヴァ 0-1(AGG:1-5) シュトゥルム・グラーツ フランクフルト 1-2(AGG:3-4) サン=ジロワーズ フェレンツヴァーロシュ 0-1(AGG:0-2) オリンピアコス レギア・ワルシャワ 0-3(AGG:2-6) モルデ ◆ECLラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 マッカビ・ハイファ(イスラエル) セルヴェット(スイス) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) アヤックス(オランダ) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) オリンピアコス(ギリシャ) モルデ(ノルウェー) ▽ストレートイン[グループ首位] リール(フランス) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) アストン・ビラ(イングランド) フィオレンティーナ(イタリア) PAOK(ギリシャ) フェネルバフチェ(トルコ) 2024.02.23 07:21 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly