「100%の状態ではなかった」ケガから復帰の三笘薫は見せ場も少なく低評価、それでも復帰を歓迎「戻ってきたことはやはり素晴らしい」

2023.12.01 08:10 Fri
ケガから復帰を果たした三笘薫
Getty Images
ケガから復帰を果たした三笘薫
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の復帰が歓迎されている。
PR
11月30日、ブライトンはUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループB 第5節でAEKアテネとアウェイで対戦した。
首位しか自動で勝ち上がれないなか、プレーオフ行きの2位以内を確定させたいブライトン。アンス・ファティやタリク・ランプティなど負傷者が出ている中、三笘が先発復帰を果たした。

2カ月連続で日本代表活動を回避した三笘。直近のノッティンガム・フォレスト戦もケガでメンバー外となり、ブライトンでは今季初の欠場となっていたが、左サイドで先発復帰を果たし69分までプレーした。

立ち上がりにはスルーパスでのチャンスメイクや、攻撃の起点となった三笘だったが、復帰初戦ということもあり見せ場は多く作れず。イギリス『Sussex Express』も5点(10点満点)と低めの採点となったが、復帰を歓迎した。
「ケガから復帰したが、100%の状態ではなかった。彼が望んでいたほど、試合に影響を与えることはできなかった」

「残り20分でマハムド・ダフードと交代するまで、彼が試合に戻ってきたことはやはり素晴らしいことと言える」

なお、試合は55分にジョアン・ペドロがPKを決めて0-1でブライトンが勝利。2位以内を確定させ、最終節のマルセイユとの直接対決でラウンド16行きを目指す。



PR
関連ニュース

腰痛でエバートン戦欠場の三笘が今季絶望に…デ・ゼルビ監督が明かす「2~3 カ月はかかる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは27日、日本代表MF三笘薫が腰のケガで今シーズン中の復帰が絶望的になったことを認めた。 プレミアリーグ第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦でメイソン・ホルゲイトの悪質なタックルを受けた三笘。その影響かは不明だが、76分に腰痛を理由に途中交代すると、前節のエバートンも同じ理由で欠場していた。 チームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督は、28日行われるウォルバーハンプトン戦に向けた公式会見の場で三笘の今季中の復帰が難しいことを認めた。 「彼は腰を痛めていて、エバートン戦を欠場した。それは深刻な問題だ。(復帰まで)2~3 カ月はかかると思うし、今シーズンは終わりだろう」 今季の三笘はここまで公式戦26試合に出場し3ゴール6アシストを記録していた。 また、これのケガで3月21日と26日に予定される日本代表の北中米W杯アジア2次予選の北朝鮮代表戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとっても三笘の離脱は大きな痛手となる。 2024.02.28 06:45 Wed

三笘薫の状態に指揮官「水曜日にプレーできるかどうか…」、不在を嘆きながらも「彼がいなくても勝利を目指す」と意気込む

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、日本代表MF三笘薫の負傷状況に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 24日、プレミアリーグ第26節でブライトンはエバートンをホームに迎えた。 前節のシェフィールド・ユナイテッド戦ではメイソン・ホルゲイトの悪質なタックルを受けた三笘。その影響かは不明だが、負傷によりエバートン戦を欠場。チームは苦しみながらも、ルイス・ダンクのゴールデなんとか勝ち点1を獲得した。 ケガ人が続出し、苦戦が続いている今シーズンのブライトン。試合後、デ・ゼルビ監督は負傷者が多いことを嘆き、特に三笘を名指しで大きな痛手だったとした。 「言い訳をするのは好きではないが、ケガをした選手がいない状態でプレーすることが多すぎる。それが多くの引き分けの原因になっているのかもしれない」 「三笘がいなければ我々にとっては問題だ」 また、望んでいるのは全ての選手が健康であるということ。三笘は28日に予定されているFAカップ5回戦のウォルバーハンプトン戦も欠場する可能性もあるという。 「私が望むことはただ1つ。全選手がプレーできるようにするということだ。ブライトンにとって、これほど多くの選手なしでプレーすることは難しい。同じレベルの選手が25人もいないのだ」 「三笘が水曜日にプレーできるかどうかはわからないが、彼がいなくても、我々は準備を整えて、勝利を目指すつもりだ。フルアム戦でも、ヨーロッパリーグのローマ戦も同じだった」 2024.02.25 22:02 Sun

「また勝ち点2を落とした」 三笘薫ら欠場試合を引き分けのブライトン、指揮官が戦力揃わずをもどかしがる

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが勝ち点1をもぎ取った。 ブライトンは24日のプレミアリーグ第26節でエバートンをホームに迎え撃ち、1-1のドロー。0-0の後半に先制を許したが、90+5分にルイス・ダンクの起死回生弾で引き分けに持ち込んだ。 ロベルト・デ・ゼルビ監督はイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で「エバートンはとても良いチームだが、うちもとてもうまくやったし、勝利に値したとも思う」と評した。 「いつだって相手を大きくリスペクトしているが、正直に言って、うちの方がより良いプレーをしたし、より多くのゴールチャンスを作り出したと思う」 だが、結果は勝ち点1止まりで、今季9つ目の引き分け。エバートン戦でも優勢に進めたとあって、欠場した三笘薫をはじめ、ケガ人が多い状況にもどかしい思いを口にした。 「我々は多くのケガ人を抱えながらプレーしている。特に、攻撃陣でね。それで重要な勝ち点と順位を落としてしまっている。私はそれは苛ついているし、引き分けが8つか、9つもある。それらを踏まえると、勝ちに値した試合が何度あったかわかるはずだ」 「試合のクオリティや、どれだけチャンスを作ったかを振り返れば、順位もまた違ってくるし、腹立たしい。今日はフルアム戦やバーンリー戦、シェフィールド・ユナイテッド戦のようだった。最後でミスが多く、何度も得点チャンスがありながら、また勝ち点2を落とした」 2024.02.25 09:55 Sun

三笘不在のブライトン、低迷するエバートンに苦戦もダンクの土壇場弾でドローに持ち込む【プレミアリーグ】

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、プレミアリーグ第26節でエバートンと対戦し1-1の引き分けに終わった。三笘はベンチ入りしなかった。 前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した7位ブライトン(勝ち点38)は、その試合のスタメンから背中に違和感を訴えた三笘とウェブスターをファーガソンとイゴールに変更した以外は同じメンバーを採用。1トップにファーガソン、2列目に右からブエナノッテ、ウェルベック、アディングラを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 リーグ戦8試合勝利のない17位エバートン(勝ち点20)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるブライトンは19分、ボックス手前でパスを受けたウェルベックがブエナノッテとのパス交換でボックス内に侵入。バランスを崩しながら右足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 その後も主導権を握るブライトンは、何度もアタッキングサードまで攻め込むが、集中した守りを見せるエバートン守備陣を前になかなか決定機まで至らず、前半はゴールレスで終了した。 後半もポゼッションで上回るブライトンだが、57分にピンチを迎える。左サイドを突破したマクニールのクロスを逆サイドから走り込んだドゥクレに右足ボレーで合わせられたが、これはゴールカバーに入ったランプティが頭で弾き出した。 1点が遠いブライトンは、61分にウェルベック、イゴール、ランプティを下げてファティ、エストゥピニャン、フェルトマンを投入する3枚替えを敢行。 さらに72分、ブオナノッテを下げてエンシソをピッチへ送り出したブライトンだったが、直後のセットプレーから失点する。73分、中盤でのFKからGKピックフォードがロングボールを供給すると、ボックス内で競り合った相手DFに当たったボールがブランスウェイトの前にこぼれると、迷いなく振り抜いた左足のシュートがゴール右に突き刺さった。 1点を追う展開となったブライトンは81分、ギルモアがルーズボールに反応したオナナの左足をスパイクしてしまうと、主審は迷わずレッドカードを提示し、退場処分となった。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。数的不利になりながらも猛攻を仕掛けるブライトンは95分、右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、アディングラのパスを右サイドで受けたグロスがクロス。これをダンクがヘディングでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。数的不利ながら土壇場弾で追いついたブライトンが勝ち点1を掴み取った。 2024.02.25 02:11 Sun

【プレミアリーグ第26節プレビュー】前回対戦で因縁生まれたアーセナルvsニューカッスル!

先週末に行われた前節はリバプール、アーセナルが揃って快勝を収めた一方、マンチェスター・シティがホームでチェルシーと1-1のドローに終わって三つ巴の覇権争いに若干の動きがあった。 また、トップ4争いではトッテナムが敗戦し、アストン・ビラ、マンチェスター・ユナイテッドがいずれも勝利を収め、こちらの争いも熾烈を極める。 25日にチェルシーvsリバプールのEFLカップ(カラバオカップ)決勝が開催される関係で、変則日程での開催となる第26節。 21日に前倒し開催となった首位のリバプールと18位のルートン・タウンの一戦は、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利。リバプールのMF遠藤航はフル出場で勝利に貢献したが、初のベンチ入りが期待されたルートンのDF橋岡大樹は残念ながらベンチ外となった。また、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーは現時点で開催日は未定となっている。 今節の最注目カードは、3位のアーセナルと8位のニューカッスルが対峙する強豪対決だ。ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦では幾つかの微妙な判定や、球際での激しいバトルによって因縁生まれたカードとなっており、今回も激戦必至だ。 アーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。MFウーデゴールの鮮烈なミドルシュートを皮切りにFWサカが4試合連続、FWトロサールが3試合連続ゴールを記録し、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトに敗戦。相手の周到な対策とハードワークを前に枠内シュート0本と完全に攻撃が停滞すると、試合終了間際に一瞬の隙を突かれて見事なゴラッソを決められ、厳しい0-1の敗戦となった。 心身ともにダメージが残る形でロンドン帰還となったガナーズは、中2日の厳しい日程で休養十分の難敵と対戦する。復帰が期待されたDF冨安健洋やMFトーマス、FWガブリエウ・ジェズスらCL遠征メンバーを外れた選手は引き続き欠場となる模様で、ポルト戦を戦った多くの主力がタフなバトルを強いられるなか、総力戦で勝ち点3を手にしたい。 対するニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。FWイサクやFWウィルソンらストライカー陣に離脱者が続出しているが、4試合連続で複数得点を記録するなど攻撃の破壊力は維持。一方で守備は全体の強度、切り替えの精度の低下によって失点が増えている。ポルト戦では無得点に終わったものの、リーグ戦では絶好調のアーセナル攻撃陣相手に隙のない戦いを見せたいところだ。 2位のマンチェスター・シティは13位のボーンマス相手に連勝を目指す。先週末に行われたチェルシー戦はパフォーマンス自体に悲観すべき部分はなかったものの、相手の粘りの守備に手を焼いて1-1のドロー。リーグ連勝が「6」でストップした。これで自力での首位浮上のチャンスを逃したが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦では相手の堅守速攻に苦しめられたものの、一瞬の隙を突いたFWハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。直近5試合未勝利(2分け3敗)と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは勝利はもちろんのこと、3試合ぶりの複数得点など内容面にもこだわりたい。 前節、エースFWワトキンスの2ゴールによってフルアムに2-1と競り勝った4位のアストン・ビラは、16位のノッティンガム・フォレスト相手に連勝でのトップ4圏内死守を狙う。エメリ監督就任以降、要塞化したビラ・パークでは直近の公式戦3連敗中。対戦相手のフォレストも直近2試合ではニューカッスル、ウェストハム相手に良い戦いを見せており、ホームで4戦ぶりの白星奪取に向けては攻守両面での改善が必須だ。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のマンチェスター・ユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙う。前節のルートン戦では相手のミスや幸運を味方に付け、FWホイルンドがリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍。以降は相手に押し返されたものの、2-1で競り勝った。ただ、チームではDFショーの長期での再離脱、絶好調ホイルンドが2、3週間程度の離脱と主力に負傷者が出ており、このフルアム戦では1トップ起用が見込まれるFWラッシュフォードやFWアントニーといった選手たちの奮起が求められるところだ。 MF三笘薫を擁する7位のブライトンは降格圏手前の17位に位置するエバートンとのホームゲームで連勝を狙う。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は三笘のオウンゴール、レッドカード誘発の活躍などで最下位のチームに5-0の完勝。アフリカ・ネーションズカップ帰りのFWアディングラも早速存在感を示し、チーム状態は良好だ。このエバートン戦に向けては長期離脱明けのMFエンシソ復帰の可能性という朗報が届いた一方、ブレイズ戦前から腰に問題を抱えていた三笘に欠場の可能性も伝えられており、日本代表の状態に関しては大きな懸念材料だ。 その他では成績不振に加え、健康問題を抱えるホジソン監督が辞任し、前フランクフルトのグラスナー新監督を招へいした15位のクリスタル・パレスに注目。直近3試合未勝利のイーグルスは19位のバーンリー相手に新体制初陣を飾れるか。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/21(水) リバプール 4-1 ルートン・タウン ▽2/24(土) 《24:00》 アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト ブライトン vs エバートン クリスタル・パレス vs バーンリー マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム 《26:30》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ 《29:00》 アーセナル vs ニューカッスル ▽2/25(日) 《22:30》 ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ▽2/26(月) 《29:00》 ウェストハム vs ブレントフォード ▽未定 チェルシー vs トッテナム 2024.02.24 12:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly