ジャスティン・クライファートが偉業達成! 史上3人目となる欧州5大リーグ得点者に

2023.11.26 08:30 Sun
クライファートが史上3人目となる欧州5大リーグ得点者に
Getty Images
クライファートが史上3人目となる欧州5大リーグ得点者に
ボーンマスの元オランダ代表FWジャスティン・クライファートが偉業を達成した。イギリス『Sport bible』が伝えている。
PR
かつてアヤックスやバルセロナなどで活躍したパトリック・クライファートを実の父親に持つクライファート。
かつて父もプレーしたアヤックスでプロキャリアをスタートした後、2018年にローマ(イタリア)へ完全移籍。ただ、セリエAの名門では定位置奪取とはいかず、RBライプツィヒ(ドイツ)、ニース(フランス)、バレンシア(スペイン)へのレンタル移籍を繰り返した。

そして、今夏の移籍市場でローマからボーンマス(イングランド)に完全移籍していた。

24歳にしてヨーロッパ5大リーグをコンプリートする形となった同選手は、さらに25日に行われたプレミアリーグ第13節のシェフィールド・ユナイテッド戦(3-1で勝利)で偉業を達成。
前半終了間際にエリア外へ飛び出してクリアを試みたGKフォダリンガムからボールを奪い切ったクライファートは角度がないところから無人のゴールへミドルシュートを突き刺し、プレミアリーグデビューから10戦目にして初ゴールを記録。すでにセリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン、ラ・リーガでゴールを決めていたため、今回のプレミアリーグ初ゴールによってヨーロッパ5大リーグすべてでゴールを挙げる偉業達成となった。

なお、これまでヨーロッパ5大リーグすべてでゴールを挙げた選手は、クライファート以前に2人のみ。1人目は元ルーマニア代表FWフロリン・ラドチョウ氏で、同氏は現役時代にミラン、エスパニョール、シュツットガルト、ウェストハム、モナコなどでプレー。

2人目はモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(現オリンピアコス)で、同選手はフィオレンティーナ、マンチェスター・シティ、セビージャ、モナコ、ヘルタ・ベルリンといったクラブでプレーしていた。

PR
関連ニュース

中堅どころの年齢にきて脂が乗るソランケ…今季プレミア17得点の点取り屋にロンドン勢3クラブが関心か

ボーンマスの元イングランド代表FWドミニク・ソランケ(26)が今夏で移籍か。 チェルシーの下部組織が育て、21歳で加入のリバプールでは一切爪痕を残せず、2年後の2019年夏にボーンマスへ放出されたソランケ。ただ、中堅どころの年齢となった近年は脂が乗る。 20-21シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)で15得点11アシストと“センターフォワード”らしくなってくると、翌季は29得点を叩き出してリーグ得点王の“点取り屋”に。 昨季は3年ぶり復帰のプレミアリーグで33試合6得点7アシストだったが、残留ノルマのボーンマスでケガを除いてフル稼働し、ほぼフル出場。再び臨機応変な“センターフォワード”として機能した。 そして今季はここまでプレミア全32試合に先発出場して「17」得点。この数字でも選手層が厚いイングランド代表に返り咲けないのが残念だが、得点ランキングは4位タイにつけ、個人の栄冠ももちろん視野に入る。まさに“点取り屋”だ。 不遇の若手時代を経て、数字と数値化できない貢献、どちらもこなせるようになったソランケ。イギリス『フットボール・インサイダー』によると、アーセナル、トッテナム、ウェストハムのロンドン勢がリストアップ中だという。 獲得に本腰を入れそうなのはウェストハム。ボーンマスはソランケ本人が退団希望なら今夏の売却もアリと考え、流石はプレミアリーグ、中堅ウェストハムでも評価額5000万ポンド(約96億2000万円)を満額支払うメドが立っているとのことだ。 進化したソランケの去就やいかに。 2024.04.18 19:50 Thu

2度のビハインドを追いつくもユナイテッドが痛恨ドローで3戦勝利なし…【プレミアリーグ】

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第32節でボーンマスと対戦し2-2の引き分けに終わった。 リーグ戦3試合勝利のない6位ユナイテッド(勝ち点49)は、前節のリバプール戦と同じスタメンを採用。1トップにホイルンドを据え、2列目に右からガルナチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードを並べた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 前節のルートン・タウン戦で連勝がストップした12位ボーンマス(勝ち点41)に対し、ユナイテッドは16分に失点する。中盤でガルナチョのトラップが大きくなったところをセネシが突っつくと、最前線で反応したソランケがボールを収めると、ペナルティアーク内まで切り込み、シュートをゴール左隅に流し込んだ。 すぐに反撃に出るユナイテッドだったが、なかなか決定機まで持ち込めず拮抗した展開が続く。それでも31分、右クロスのこぼれ球を拾ったラッシュフォードのパスからボックス右深くまで侵入したガルナチョがクロスを供給。ザバルニーにディフレクトし、ふわりと浮いたボールをブルーノ・フェルナンデスが左足ボレーで叩き込んだ。 試合を振り出しに戻したユナイテッドだったが、36分に再び失点する。セネシのパスを左サイド高い位置で受けたクライファートがボックス左から侵入。カットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に吸い込まれた。 勝ち越しを許したユナイテッドは、43分にもアダム・スミスの右クロスからケルケズのヘディングシュートがクロスバー直撃。さらに追加タイム4分には、左FKの二次攻撃からクライファートに決定機を許したが、シュートはGKオナナのセーブに救われた。 迎えた後半、1点を追うユナイテッドはガルナチョを下げてアマドを投入。すると64分、ボックス左手前まで切り込んだメイヌーがシュートを放つと、R・クリスティにディフレクトしたボールがボックス内のA・スミスの右腕に当たると、主審はPKを宣告。このPKをブルーノ・フェルナンデスが難なくゴール右隅に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。このまま試合終了かと思われたが、ユナイテッドは試合終了間際にピンチ。 ボーンマスは95分、4の浮き球のパスを敵陣でケルケズが落とすと、ドリブルで仕掛けたR・クリスティがボックス付近でカンブワラに身体をぶつけられて倒される。主審はすかさずPKを宣告したが、VARの末にボックス手前でのファウルと判定され、PKは取り消された。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のビハインドを追いついたユナイテッドだが、最後まで勝ち越しゴールが奪えず、リーグ戦3試合未勝利となった。 2024.04.14 03:50 Sun

ボーンマス指揮官が3月のプレミア月間最優秀監督賞を受賞…3勝1分けの結果を残し、21年ぶりの珍記録も樹立

プレミアリーグは12日、3月の月間最優秀監督賞を発表。ボーンマスのアンドニ・イラオラ監督が選出された。 イラオラ監督率いるボーンマスは、3月のプレミアリーグ4試合を3勝1分けの無敗で乗り切ることとなった。 アウェイではバーンリーに0-2で勝利すると、ホームでの3連戦でシェフィールド・ユナイテッドに2-2とドローも、ルートン・タウンに4-3、エバートンに2-1で勝利を収めていた。 特にルートン戦は前半で3失点し、3点ビハインドで迎えた後半に4ゴールを奪い逆転勝利。0-3から逆転勝利したのは、プレミアリーグで21年ぶりの珍事となった。 イラオラ監督はプレミアリーグを通じて喜びを語っている。 「この賞はクラブ全体へのものだ。責任者は私だが、3月は良い結果を残せた」 「おそらくよりこの賞に値するのは選手たちだ。なぜなら、彼らは我々に成功と結果をもたらすチャンスを与えてくれるからだ」 「ルートン戦は特別な試合だ。あと少しで勝てないところからゴールが遅くなった試合が何試合かあった」 ボーンマスの監督が月間最優秀監督賞を受賞したのは2人目。現在ニューカッスルで指揮を執るエディ・ハウ監督が3度受賞していた。 なお、最終候補に入っていたのは首位アーセナルのミケル・アルテタ監督、2位リバプールのユルゲン・クロップ監督、4位トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督だった。 2024.04.12 20:45 Fri

ミランの18歳DFシミッチにプレミア勢が関心…昨年12月にプロデビュー戦で初得点

ミランのU-19セルビア代表DFジャン=カルロ・シミッチ(18)にプレミアリーグから関心だ。 シミッチは22年夏にシュツットガルトから加入したセンターバック。U-19チームに籍を置きつつ、昨年12月17日のモンツァ戦でトップチームデビューを飾り、いきなりプロ初得点もマークした。 そこからセリエA4試合、コッパ・イタリア2試合に出場するシミッチだが、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、フルアムとボーンマスから大きな関心があるという。 両クラブとも今夏の獲得を目指し、ここ数週間でミランに照会依頼。ミランはシミッチとの契約が2025年6月までとなっているなか、プレミア2クラブからのアクションを受けて行動に。 ぐんぐん成長中のティーンエイジャーを売却する気はなく、代理人との契約延長協議を始めることに。すでにある程度交渉が進展しているとみられている。 2024.04.09 18:50 Tue

ナポリ、今冬加入のトラオレとデンドンケルの買い取りを見送り

ナポリはコートジボワール代表MFハメド・トラオレ(24)と、ベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(28)の買い取りを見送るようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今冬の移籍市場でボーンマスから買い取りオプション付きのレンタルで加入したトラオレは、ここまで公式戦8試合に出場。しかし得点に関与する働きはできず、インパクトは残せていなかった。なお、買い取る際の移籍金は2500万ユーロ(約41億円)に設定されていた。 対するデンドンケルはアストン・ビラから買い取りオプション付きのレンタルで同じく今冬に加入。しかしセリエA3試合の途中出場とトラオレ以上に存在感がない状況だった。こちらは1000万ユーロ(約16億4000万円)に移籍金が設定されていた。 2024.04.06 06:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly