「彼が騙していた」人気インフルエンサーの元彼女がスペイン期待の21歳FWの不貞行為を暴露「彼との将来が見えなかった」

2023.11.19 23:10 Sun
元カノに不貞行為を暴露されたニコ・ウィリアムズ
Getty Images
元カノに不貞行為を暴露されたニコ・ウィリアムズ
アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズの不貞行為が暴露されてしまった。スペイン『マルカ』が伝えた。
PR
兄のイニャキ・ウィリアムズと共にアスレティックで躍動するニコ・ウィリアムズ。ウインガーとして台頭し、2022年9月にはスペイン代表デビュー。ルイス・エンリケ監督の下でカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場。日本代表戦を含む4試合でプレーしていた。
その後も継続してスペイン代表に呼ばれているニコ・ウィリアムズだが、元ガールフレンドが当時の不貞行為を暴露した。

ニコ・ウィリアムズと交際していたのは、インフルエンサーであり、TikTokerのルシア・コレアさん。インスタグラムは36万5000人のフォロワーがおり、TikTokでは約93万8000人のフォロワーを誇り、6000万以上の「いいね」をもらっている人気者だ。

コレアさんは、コンテンツクリエイターのアドリ・コントレラス氏の「Twitch」チャンネルに出演。交際当時の様子を明かした。
「私には将来が見えなかった。4カ月間一緒にいたけど、その4カ月はなかったようなものだった。なぜなら、いくつかの障害があったからなの」

コレアさんの主張によると、ニコ・ウィリアムズは交際中に他の女性とも多数関係を持っていたとのこと。ニコ・ウィリアムズもインスタグラムのフォロワーが40万人を超えており、SNS上では多くの女性との出会いがあったとのこと。そこで関係を持っていたという。

また、別れた理由についてコレアさんは、「彼が私を騙していた」と答え、自ら別れを決めたという。

21歳のニコ・ウィリアムズが不誠実だったのは若さ故なのか、それとも軽く捉えていたのか。いずれにしても、自らの不貞行為でキャリアに傷をつけないことは意識してもらいたいものだ。



PR
1 2
関連ニュース

アトレティコに痛手…デパイが今季2度目の筋肉系トラブルで3~4週間の離脱に

アトレティコ・マドリーは8日、オランダ代表FWメンフィス・デパイが負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、デパイは6日に行われたトレーニング終了後に違和感を訴え、月曜日に行われた検査で左足の筋肉系に損傷が発覚した。なお、今後はジムで理学療法とリハビリのトレーニングを開始する。 また、アトレティコは離脱期間については明かしていないが、スペイン『マルカ』は3~4週間と報道。これにより、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のドルトムント戦の2試合に加え、ジローナやアスレティック・ビルバオとの上位対決が控えるリーグ戦も欠場することが決定した。 9月にも筋肉系のケガで約2カ月間の離脱を強いられたデパイは、今季ここまで公式戦28試合に出場し9ゴール2アシストを記録していた。 2024.04.09 07:00 Tue

アスレティックがマジョルカをPK戦の末に下し40年ぶり優勝【コパ・デル・レイ】

コパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオvsマジョルカが6日にサン・マメスで行われ、1-1で120分を終了。PK戦の末、4-2としたアスレティックが優勝した。 準決勝でアトレティコ・マドリーを下したアスレティックと、レアル・ソシエダを下したマジョルカによる決勝。 40年ぶりの優勝を目指すアスレティックはウィリアムズ兄弟、グルセタが3トップを形成する[4-3-3]で臨んだ。 一方、21年ぶりの優勝を目指すマジョルカはムリキとラリンの2トップとする[5-3-2]で臨んだ。 5バックで構えるマジョルカに対し、ホームアドバンテージを持つことになったアスレティックが徐々に押し込む展開としていったが、21分に先制したのはマジョルカ。 CKの流れからライージョのパスを受けたダニ・ロドリゲスがシュートを蹴り込んだ。 追う展開となったアスレティックが前がかる中、31分にグセルタが、40分にニコ・ウィリアムスがゴールに迫るも決めきることができない。 追加タイムにもニコに決定機が訪れたが、ボックス左から放ったシュートはわずかに枠を外れ、マジョルカの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、キックオフ直後にラリンがディフェンスライン裏を取って決定的なシュートに持ち込んだマジョルカが追加点に迫るも、GKアギレサバラにセーブされると、開始5分にアスレティックが追いつく。 敵陣でボールを奪ったニコがスルーパス。ボックス左で受けたサンセトがシュートを決めきった。 同点としたアスレティックが押し込む流れが続くも、逆転に迫る好機をその後はなかなか作れない。 後半追加タイム、ビビアンのミドルとグルセタのヘディングシュートでゴールに迫ったアスレティックだったが、逆転弾を奪うには至らず延長戦に突入した。 延長戦からムニアインを投入したアスレティックは、同前半12分、そのムニアインが直接FKでゴールに迫るも、延長戦では決着が付かず。 そしてPK戦では2人が失敗したマジョルカに対し、4人全員が成功したアスレティックが40年ぶり24度目のコパ・デル・レイ優勝を飾っている。 2024.04.07 07:54 Sun

2発ロドリゴをアンチェロッティ絶賛 「どのエリアでも優れている」

レアル・マドリーがラ・リーガ3連勝を成し遂げた。 首位レアル・マドリーは3月31日の第30節で4位アスレティック・ビルバオをホームに迎え撃ち、2-0で勝利。バルセロナとの勝ち点差を8ポイント差に保ち、2季ぶりのリーガ制覇にまた一歩近づいた。 この試合では負傷明けのエデル・ミリトンと出場停止明けのジュード・ベリンガムが復帰したなか、ロドリゴ・ゴエスが2ゴール。ヴィニシウス・ジュニオールが出場停止で不在のなか、活躍した。 スペイン『マルカ』によると、カルロ・アンチェロッティ監督はロドリゴの活躍ぶりにどこのポジションでも一貫したパフォーマンスを出せると評した。 「彼は非常に良いプレー、ハイレベルなプレーで変化をもたらした。それが彼のすべきことで、左の方が良いと言われるが、私からすれば、どのエリアでも優れている。チャンピオンズリーグの試合では2ゴールを決めた」 その一方で、ベリンガムについては「普段のようなフレッシュさがなかった。代表活動のツケを払ったね」とし、判定にも先の出場停止処分から学んだと語った。 「彼がどう思っているかわからないが、自分が何をすべきかをよく学んだ。黙るということをね」 また、ミリトンについては「世界最高のDFの1人だし、我々にとって重要な存在。適応してプレーする時間が必要だが、これから彼のことを必要とするだろう。選手全員が彼を祝福した」と話した。 なお、リーガのタイトルが近づく状況には「我々にはアドバンテージがあるし、それを生かさないとね。まずは次のマジョルカ戦を考える。リーグ戦はまだ開かれているが、我々にはリードがある。残り試合も勝つよう努める」と述べている。 2024.04.01 11:15 Mon

ロドリゴ圧巻ドブレーテにミリトンが復帰! 難敵に完勝の首位マドリーが3連勝【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第30節、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが3月31日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。 首位のマドリーは前節、オサスナとのアウェイゲームに4-2で勝利。ジローナの取りこぼしによって2位以下とのポイント差を「8」に広げた。インターナショナルマッチウィーク明け初戦で4位のアスレティックを迎え撃ったホームゲームでは、前節から先発2人を変更。サスペンションのヴィニシウスに代えてベリンガム、カマヴィンガに代えてナチョを起用。チュアメニを中盤に戻した。 対して直近の公式戦4試合連続無失点と安定感抜群のパフォーマンスでラ・リーガでは連勝中のアスレティック。来週末にマジョルカとのコパ・デル・レイ決勝という大一番を控える中、リーグ首位チーム相手に弾みを付ける白星を狙った。 試合の入りはアウェイチームが押し込む形となったが、個のクオリティで勝るホームチームがファーストチャンスをあっさりと先制点に繋げる。 8分、カウンターから右サイドのブラヒム・ディアスが高精度のサイドチェンジをロドリゴに繋げると、ベリンガムのクロスのランニングで空いた中央へドリブルで切り込んだロドリゴがペナルティアーク付近から見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 先日のスペイン代表vsブラジル代表戦に続くベルナベウでの連発となったロドリゴのリーグ6戦ぶりとなる今季9点目で早々にリードを手にしたマドリー。以降はクロースを起点に相手のプレスをいなしながらゲームを落ち着かせる。 以降はアスレティックの時間帯がしばらく続いたものの、要所を締める守備で決定機はおろか、フィニッシュまで持ち込ませないエル・ブランコは、30分を過ぎた辺りから再び攻撃のギアを上げていく。 流れの中では決定機には至らずも、セットプレーの流れからバルベルデの見事なハーフボレーでGKアギレサバラにファインセーブを強いると、前半終了間際にはクロースの正確な右CKをチュアメニがドンピシャのヘディングで合わすが、これはわずかに枠の右に外れた。 マドリーの1点リードで折り返した試合はオープンな立ち上がりに。開始4分には先制点と似たようなロドリゴの仕掛けからボックス右でラストパスを受けたブラヒム・ディアスが右足シュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩く。 この直後の52分にはアスレティックにこの試合最大の決定機。右CKの場面でベレンゲルのクロスにファーで反応したイニャキ・ウィリアムズが抑えの利いたダイレクトボレーをニアへ飛ばすが、ここはGKルニンのビッグセーブに阻まれる。 以降はブラヒム・ディアスにボックス内で2度目の決定機が訪れるなどマドリーがペースを握る中、アスレティックベンチが早いタイミングで動く。57分、3枚替えを敢行してマルコム・アムドゥらフレッシュな選手を投入し、一部選手の立ち位置にもテコ入れを図った。 ゲームをコントロールするものの、追加点が遠いマドリーは71分にブラヒム・ディアスを下げてホセルを投入。すると、この交代直後の73分にはロングカウンターから中央でボールを引き取ったベリンガムが左サイドのスペースに走り込むロドリゴにラストパスを通す。ボックス左で冷静な右への短い運びでDFをかわすと、ニア下に右足シュートを流し込んだ。 ドブレーテ達成でキャリアハイのリーグ10ゴールに到達したロドリゴの活躍で勝利を決定付けたマドリーは、ここから試合をクローズに入る。 81分には殊勲のスコアラー、負傷したバルベルデらを下げてモドリッチらを投入する3枚替えを敢行。さらに、後半アディショナルタイムには奇しくもアスレティックとの開幕戦での負傷で長期離脱したミリトンを投入。これにマドリディスタから惜しみない拍手が送られた。 そして、このままクリーンシートで試合を終えたマドリーがリーグ3連勝を飾り、また一歩2季ぶりのリーグ制覇に近づいた。 2024.04.01 05:57 Mon

【ラ・リーガ第30節プレビュー】代表戦明け初戦! 首位マドリーと4位アスレティックの上位対決

インターナショナルマッチウィーク前に行われた第29節では上位対決を制したバルセロナ、首位のレアル・マドリーがきっちり勝ち点3を手にした一方、ジローナとアトレティコ・マドリーが敗戦。これにより、上位5チームの間で順位の変動が起きた。 フレンドリーマッチの開催が多かったものの、FIFAウイルス懸念の代表戦明けの今節は、首位のレアル・マドリーと4位に浮上したアスレティック・ビルバオによる上位対決が最注目カードとなる。 マドリーは前節、オサスナとのアウェイゲームに4-2で勝利。今シーズン初となるCKからの失点を含め2失点こそ喫したが、FWヴィニシウスのドブレーテの活躍などによって2試合連続4ゴールを挙げての連勝となった。ジローナの取りこぼしで2位以下とは8ポイント差となり、2シーズンぶりのプリメーラ制覇へ順調な歩みを見せる。今回の中断期間では復帰間近だった守護神クルトワの再離脱という悲報が舞い込んだが、それ以外の主力はある程度プレータイムがコントロールされており、ドイツ代表復帰で久々にフル稼働となったMFクロースのコンディションにやや不安を残すものの、良い形でホーム開催の上位対決に臨めるはずだ。 一方、2連勝でアトレティコを抜いて4位浮上のアスレティックは、来週にマジョルカとのコパ・デル・レイ決勝という大一番を控える中、リーガ首位チーム相手に弾みを付ける3連勝を狙う。前節は下位に沈むアラベスとのバスク自治州ダービーをFWグルセタのドブレーテの活躍で2-0の快勝。直近の公式戦4試合ではバルセロナ戦で0-0のドローに終わったが、コパでアトレティコに3-0で完勝するなど4戦連続無失点継続中と攻守に隙のない戦いが印象的だ。攻撃ではウィリアムズ兄弟、グルセタ、MFサンセト、MFウナイ・ゴメス、守備では守護神ウナイ・シモン、DFビビアン、DFパレデスと実力者が好調を維持しており、敵地でも臆せず戦えるはずだ。 直近の公式戦4勝1分けで完全復調で2位に浮上したバルセロナは、11位のラス・パルマスを相手にリーグ戦3連勝を狙う。難所シビタス・メトロポリターノに乗り込んだ前節はFWフェリックスの2戦連続恩返し弾を皮切りに、FWレヴァンドフスキ、MFフェルミン・ロペスと3ゴールを叩き込み、コルチョネロスに今季リーグ戦ホーム初黒星を与える3-0の快勝を収めた。中盤の要2選手を含め引き続き離脱者が出ているが、来月10日に控えるパリ・サンジェルマン戦までは日程面の余裕があり、今回の試合ではフル稼働だったMFギュンドアン、レヴァンドフスキら代表組を含めパワーを出し切って勝ち切りたい。 前半戦は堅守を誇ったラス・パルマスだが、直近5試合では12失点と失点が増えて2分け3敗の5戦未勝利と低迷。チャビのチームとしてはラ・ロハでも圧巻の輝きを見せたFWラミン・ヤマルら復調の攻撃陣の活躍によってしっかりと押し切りたい。 前節、ヘタフェ相手のウノセロ敗戦で3位に転落したジローナは、ヨーロッパの出場権を狙う7位のベティス相手にバウンスバックの白星奪取を目指す。マドリーとの首位攻防戦での惨敗から失速傾向のミチェルのチームは、以降勝利と敗戦を交互に繰り返すなどパフォーマンスが安定せず。とりわけ、アウェイゲームでの苦戦が顕著だ。ただ、今節は難敵相手と言えども得意とするホームゲームとなるため、ウクライナ代表のユーロ本大会行きに貢献して勢いに乗るMFツィガンコフら代表組、中断期間で休養十分のMFポルトゥら好調の選手を軸に白星を取り戻し、熾烈な上位戦線に踏みとどまりたい。 5位転落のアトレティコはマンデーナイト開催となる9位のビジャレアルとの名門対決で連敗ストップを狙う。前述のバルセロナ戦ではPK戦までもつれ込んだ末にベスト8進出を決めたインテル戦の疲労が大きく影響したが、要塞メトロポリターノでの0-3の完敗は容認できない。そのため、今回のアウェイゲームではきっちり白星を取り戻したい。バルセロナ戦で退場のDFモリーナがサスペンションで不在となるが、リハビリに費やすためにフランス代表離脱を決断したFWグリーズマンら主力の復帰が見込まれており、そのエースの復帰を追い風に苦手とするアウェイゲームでしっかりとしたパフォーマンスを見せたい。 MF久保建英を擁する6位のレアル・ソシエダは、13位のアラベスとの自治州ダービーで今季2度目の3連勝を狙う。前節はカディス相手にMFメリーノ、MFザハリャンのゴールで危なげなく勝利を収め2連勝を飾った。久保に関しては北朝鮮代表戦とのアウェイゲームが中止となったため、公式戦2試合を戦うことなく早いタイミングで日本から帰国。長距離移動による疲れはあるものの、フルパワーでの戦いが可能だ。チームとしてはMFブライス・メンデスの負傷離脱は痛手となったが、その他の主力は概ね復帰しており、リーグ戦一本での戦いに向けて不安のない陣容が揃っている。 その他では前節の前後に監督交代に踏み切った17位のセルタ、19位のグラナダ、最下位のアルメリアの下位3チームの戦いにも注目したい。アルメリアは前節、ペペ・メル新体制初陣で今季29戦目での初勝利を収めている。一方、グラナダはメディーナ監督解任でサンドバル新監督を招へいし、今回のカディスが新体制の初陣となる。 《ラ・リーガ第30節》 ▽3/29(金) 《29:00》 カディス vs グラナダ ▽3/30(土) 《22:00》 ヘタフェ vs セビージャ 《24:15》 アルメリア vs オサスナ 《26:30》 バレンシア vs マジョルカ 《29:00》 バルセロナ vs ラス・パルマス ▽3/31(日) 《21:00》 セルタ vs ラージョ 《23:15》 ジローナ vs ベティス 《25:30》 アラベス vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ ▽4/1(月) 《28:00》 ビジャレアル vs アトレティコ・マドリー 2024.03.29 19:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly