ビジャレアルがマルセリーノ新監督招へいを発表! 今季3人目の指揮官は7年ぶり帰還の名将に

2023.11.14 06:30 Tue
マルセリーノが古巣に7年ぶりの帰還
Getty Images
マルセリーノが古巣に7年ぶりの帰還
ビジャレアルは13日、マルセリーノ・ガルシア・トラル氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。
PR
今シーズン開幕から低空飛行のビジャレアルは開幕1勝3敗の戦績を受け、9月初旬にキケ・セティエン前監督を解任。その後、パチェタ監督を招へいし、監督交代後は公式戦5勝3分け4敗と決して悪くない成績となっていたが、チームパフォーマンスを鑑みてフェルナンド・ロイグ会長は今季2度目の指揮官更迭に踏み切っていた。
そういったなか、クラブは2024-25シーズンからの招へいを検討していたマルセリーノ氏に前倒しの形でオファーを掲示。当初はプレミアリーグでの仕事を希望していると言われていた同氏だが、最終的には古巣への7年ぶりの復帰を決断した。

これまでセビージャやビジャレアル、バレンシア、アスレティック・ビルバオと母国スペインの名門の監督を歴任したマルセリーノ氏は、今シーズンからマルセイユの新指揮官に就任。しかし、国外での初挑戦は成績不振に加え、ウルトラスの脅迫まがいの辞任要求によってわずか7試合の指揮で終了していた。

PR
関連ニュース

ホームで3失点敗北のソシエダ…指揮官は「コパ・デル・レイ準決勝で別の姿を見せられるはず」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、ラ・リーガでの敗戦についてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。 23日、ビジャレアルとのラ・リーガ第26節に臨んだ6位のソシエダ。日本代表MF久保建英も先発した試合は、前半に先制点を許すとその後はチャンスを作りながら得点は生まれずハーフタイムへ。後半早々に追加点を奪われる苦しい展開になると、終盤にMFミケル・メリーノのゴールで1点を返すもアディショナルタイムに再び失点し、1-3で敗れた。 ラ・リーガ連勝とはならずライバルで5位のアスレティック・ビルバオとの差を詰めることに失敗したアルグアシル監督は対戦相手を称えつつ、27日に予定されるコパ・デル・レイ準決勝では別の姿を見せたいと意気込んだ。 「ビジャレアルは以前より改善されており、よりうまくやるべきペナルティエリア内でしっかりとプレーした。それが彼らの勝因だろう。私はビジャレアルが見せた素晴らしい守備とゴール前での成功を称えたい」 「今日は私が選手たちのため立ち上がる瞬間だと思う。というのも、彼らが見せる態度は本当に素晴らしいからだ。そしてこれ以上、我々にとって悪い出来事が起こるかどうかはわからない」 「(火曜日のコパ・デル・レイ準決勝では)うまくいけば違う姿が見られるはずだ。今日、チームは期待に応えられなかったが、ファンは期待を裏切らなかった。火曜日のスタジアムは満席だろうし、素晴らしい雰囲気になると確信している」 「我々は決勝まであと一歩なのだ。チームとして良いプレーができない日もあるが、彼らの姿勢は責められない。火曜日は、ファンに拍手喝采してもらえるような何かを示し、チームを誇りに思ってもらえる試合ができると期待している」 2024.02.24 10:20 Sat

久保フル出場のソシエダ、セルロートの恩返し被弾などでビジャレアルに敗戦【ラ・リーガ】

レアル・ソシエダは23日、ラ・リーガ第26節でビジャレアルをホームに迎え、1-3で敗れた。ソシエダのMF久保建英はフル出場している。 前節マジョルカ戦を久保の恩返し弾などで2-tと逆転勝利した6位ソシエダ(勝ち点40)は、2戦連続古巣対決となる久保が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 13位ビジャレアル(勝ち点26)に対し、ソシエダはバレネチェアが負傷し、7分に交代を強いられる。アクシデントに見舞われた中、16分に先制された。 自陣でボールを失った流れからボックス内のゲデスにGK強襲のシュートを打たれると、直後の左CKから失点。ファーサイド、アルビオルのヘッドでの折り返しをサンティに頭で押し込まれた。 追う展開となったソシエダは22分、ボックス右の久保がカットインシュートでGKを強襲すると、前半半ば以降も前がかり、ハーフコートゲームとしていく。 なかなか好機を作れずにいた中、追加タイム3分、左サイド低い位置からのザハリャンのFKが直接ゴールに向かってバーに直撃し、1点ビハインドのまま後半へ折り返した。 迎えた後半、開始2分にソシエダは追加点を献上してしまう。パチェコの自陣でのサイドチェンジミスから最後はサンティにボレーを決められた。 サンティにドブレーテを許したソシエダは50分、FKのルーズボールを久保がボレーでGKを強襲するも、58分には決定機を許す。イリアスにボックス右から際どいシュートを打たれた。 その後、メリーノやサディクを投入して反撃を狙うソシエダだったが、守備に徹するビジャレアルを崩せない状況が続く。 そんな中、終盤の86分に1点差に詰め寄る。久保が右サイドを突破した流れからスビメンディのボレー、ベッカーのシュートでGKを立て続けに強襲すると、ルーズボールをメリーノが押し込んだ。 しかし追加タイム5分、セルロートに恩返し弾を浴びて終戦。1-3で敗れた。 2024.02.24 07:02 Sat

ビジャレアル、長期離脱中のデニス・スアレスが大腿四頭筋前部腱の手術で今季絶望へ

ビジャレアルは2日、元スペイン代表MFデニス・スアレスが手術を受けることになったことを発表した。 昨夏に7年ぶりにビジャレアルに復帰したデニス・スアレスは、昨年9月29日に行われたヨーロッパリーグのパナシナイコス戦で左足を負傷。12月17日のレアル・マドリー戦でベンチ入りを果たしたが、復帰目前で再負傷し、以降の公式戦6試合を欠場していた。 クラブの発表によれば、デニス・スアレスは左足の大腿四頭筋前部腱の損傷を治すため、2月5日に手術を受けることになったとのこと。手術はビジャレアルのメディカルスタッフ立会いの下、フィンランドでラッセ・レンパイネン医師が執刀するとのことだ。 なお、離脱期間についてなどは明かされていないが、スペイン『アス』は今季中の復帰は難しいだろうと報じている。 2024.02.03 06:30 Sat

ビジャレアルがアストン・ビラのブルキナファソ代表FWトラオレをフリーで獲得…CANにも参加し3ゴールを記録

ビジャレアルは1日、アストン・ビラのブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 オセールの下部組織で育ったトラオレは、チェルシーの下部組織に加入し、2014年1月にファーストチームに昇格。その後、フィテッセ、アヤックスへとレンタル移籍を経験し、2017年7月にリヨンに完全移籍した。 2020年9月にアストン・ビラに完全移籍で加入。右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー。2022年8月から半年間はイスタンブール・バシャクシェヒルにレンタル移籍していた。 アストン・ビラでは公式戦通算62試合で10ゴール8アシストを記録していた。 ブルキナファソ代表のキャプテンを務めるトラオレは、現在行われているアフリカ・ネーションズカップにも参加。4試合で3ゴールを記録したが、チームはラウンド16でマリ代表に敗れて敗退していた。 2024.02.02 11:45 Fri

バルセロナが2024年初ホーム戦で不調ビジャレアルにマニータの惨敗…一時2点差引っくり返すも土壇場の連続被弾に【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第22節、バルセロナvsビジャレアルが27日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、アウェイのビジャレアルが3-5で逆転勝利した。 前節、難敵ベティス相手にフェラン・トーレスのトリプレーテを含む全ゴールに絡む活躍で4-2の劇的な勝利を収めた3位のバルセロナ。しかし、直近のコパ・デル・レイ準々決勝ではアスレティック・ビルバオに延長戦の末に2-4で敗れ、今シーズン2つ目のタイトル逸となった。 これにより、チャビ監督に対する重圧も強まるなか、2024年最初のホームゲームで14位のビジャレアルを相手にバウンスバックの勝利を狙った。チャビ監督はこの試合で先発3人を変更。長期離脱が決まったバルデの代役にラ・リーガデビューのフォルト、ペドリとフェランに代えてロメウ、フェリックスを起用した。 キックオフ直後こそややバタついたものの、時間の経過とともにボールの主導権を握って相手を押し込んでいくバルセロナ。開始8分にはラミン・ヤマル、15分にはフェリックスとミドルレンジのシュートでGKヨルゲンセンを脅かす。 一方、守勢を凌いだビジャレアルは22分、右サイドからのクロスを起点にゴール前の混戦からジェラール・モレノがゴールネットを揺らす。しかし、この場面ではオフサイドポジションのセルロートのプレー関与によってゴールは認められず。 前半半ばから終盤にかけて引き続きボールを握るものの、崩しの局面で攻撃が停滞するバルセロナ。すると、前半終了間際には虎視眈々とカウンターやセットプレーから一発を狙っていたアウェイチームが先にゴールをこじ開ける。 41分、相手陣内左サイドでのスローインからボックス付近でボールを抑えたセルロートが振り向きざまに絶妙なグラウンダーの折り返しを供給。これをゴール前でうまくフリーとなったジェラール・モレノが得意の左足でゴール左隅に突き刺した。 久々のホームゲームでの不甲斐ないパフォーマンスによってブーイングに晒されるなかで前半を終えたバルセロナ。ハーフタイム明けには一気に3枚替えを敢行し、フォルト、クリステンセン、ロメウに代えてパウ・クバルシ、カンセロ、ペドリをピッチに送り込んだ。 この交代と指揮官によるハーフタイムの檄で勢いを持って入ったバルセロナは、セットプレーを中心に幾つか際どいシーンを創出。しかし、痛恨のミスから突き放される。 54分、GKヨルゲンセンからのロングボールに対して最後尾で対応したカンセロのコントロールミスが背後に流れると、これをかっさらったイリアス・アコマックが冷静にGKをかわして無人のゴールへ流し込み、痛烈な古巣への恩返しゴールとした。 これで厳しくなったブラウグラナは直後にフェリックスを下げて好調のフェランを投入。すると、この交代直後に反撃の狼煙を上げるゴールが生まれる。60分、中央で運んだフェランからの縦パスをボックス付近で収めようとしたレヴァンドフスキのトラップが流れるも、これに前向きで反応したギュンドアンがうまく力の抜けた左足ダイレクトシュートをゴール左下隅へ突き刺した。 このゴールで息を吹き返したバルセロナは畳みかける攻めで一気に試合を引っくり返す。まずは68分、セットプレーの二次攻撃からボックス右で仕掛けたヤマルの折り返しに反応したギュンドアンのシュートの当たり損ねがペドリの足元にこぼれると、鋭い左足のシュートをゴール右隅に突き刺す。 さらに、71分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのギュンドアンが絶妙なボールをゴール前に入れると、アラウホとマンディが競ったボールが最終的にDFバイリーのオウンゴールを誘発し、瞬く間に逆転まで持ち込んだ。 不調のビジャレアル相手のこの展開を考えれば、このまま勝ちに持っていきたいところだったが、うまくゲームをコントロールできない。 84分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けたビジャレアルはセルロートのスルーパスに抜け出した途中出場のゲデスがボックス右から対角シュートをゴール左下隅に突き刺し、同点に追いついた。 ミス絡みの失点で再び勝ち点3奪取へゴールが必要となったバルセロナは前がかって攻勢に出るなか、微妙なひとつの判定がその後の悪夢を招く形に。90分、セットプレーの流れからボックス右のギュンドアンのシュート性の折り返しがサンティの右ヒジに直撃。主審は当初PKを与える判定を下したが、どちらにも取れる微妙なプレーだったこともあり、オンフィールド・レビューを採用。この結果、判定を覆してノーファウルの判定に。 その後、非常にオープンな展開のなかで攻め切れないバルセロナに対して、勝ち点1ではなく勝ち点3を目指したビジャレアルの姿勢が最終的に結実。99分、ボックス内で無理に繋ごうとしたDFアラウホのパスをキャプーが引っ掛けてゴール前のセルロートにラストパス。一度目のシュートはブロックに遭うも、こぼれをそのまま押し込んだ。 さらに、ラストプレーとなったロングカウンターからホセ・モラレスのゴールでダメ押しの5点目まで奪い切ったビジャレアルが、敵地で圧巻のマニータの勝利を収めた。一方、2024年初のホームゲームで今季最多5失点の惨敗を喫したバルセロナはチャビ監督の進退問題に発展しかねない痛恨の敗戦となった。 2024.01.28 04:54 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly