東京NBの新生右サイドバックが開幕戦で存在感!柏村菜那「切り替えは常に意識」

2023.11.13 21:25 Mon
開幕戦勝利に貢献した東京NBのDF柏村菜那
©WE LEAGUE
開幕戦勝利に貢献した東京NBのDF柏村菜那
日テレ・東京ヴェルディベレーザのU-19日本女子代表DF柏村菜那が、勝利した開幕戦を振り返った。東京NBは12日、2023-24 WEリーグ開幕節でAC長野パルセイロ・レディースを味の素フィールド西が丘に迎えた。
週半ばまでの温暖さと打って変わって寒気の中でキックオフを迎えた一戦は、菅野奏音のCKに村松が合わせて東京NBが10分に先制点を奪う。以降も出足の良い守備と見事なボール回しで、前半はホームチームが攻守で圧倒した。

後半にはAC長野の圧力を受けて我慢の時間もあったが、69分に北村菜々美が追加点を奪取。75分に伊藤めぐみに1点を返されたものの、84分には木下桃香のゴールで再びリードを広げ、3-1と勝利を収めた。

右サイドバックで先発出場した柏村は、この試合でWEリーグ初出場を飾った。とはいえ、すでに今季のWEリーグカップで先発2試合を含む4試合に出場済み。「今回は落ち着いて入ることができた」との言葉通り、リーグ初戦でも物怖じすることなく好パフォーマンスを披露した。
「(ベレーザの一員として)公式戦に初めて出たのはカップ戦だったので、その時は本当に緊張しました。けど、カップ戦での試合を重ねていくうちに経験も少しずつ積めて、リーグ戦までの間も成長することができたので、今回はカップ戦よりは落ち着いて入ることができたと思います」

先制点となったCKは、右サイド高い位置でのボール奪取を起点に土方麻椰のクロスで得たものだったが、その奪い切った選手が柏村だった。

「奪われた瞬間にすぐに取り返すことはずっと言われてきたので、切り替えのところは常に意識していました」と、松田岳夫監督の目指す攻撃のための守備も体現する。

後半には押し込まれる時間帯もあったが、「相手も前半よりロングボールが多く、前からどんどんプレッシャーに来て、それに対してうまく剥がせない時間帯が続いてしまった」と分析。「後半の最初の方は押し込まれましたけど、決めるところで(木下)桃香さんだったり、(北村)菜々美さんが決めてくれたので、後ろとしてはすごく助かりました」と、得点した前線の選手へ感謝の言葉を残した。

柏村は育成組織メニーナの出身で、2022年12月にトップチームへの昇格が発表に。憧れや目標とする選手には同ポジションのなでしこジャパンDF清水梨紗(ウェストハム)や日本代表DF菅原由勢(AZ)を挙げている。

開幕戦でも果敢にサイドを駆け上がり存在感を示したが、「シュートもキーパーに止められてしまい、ゴールに繋がるアシストのような結果には繋がらなかったので悔しいです」と、満足せず。謙虚さと向上心を併せ持つ19歳DFが、シーズンを通じてどこまで成長するか楽しみだ。

1 2
関連ニュース

2点目演出のなでしこ清水梨紗、パリ五輪決定に安堵「いつもと変わらずとは言ったものの、プレッシャーはあったのかも」

見えない重圧は大きかったようだ。なでしこジャパンのDF清水梨紗(ウェストハム)が、得点シーンを振り返るとともに、安堵の言葉も残した。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 アジア予選を勝ち抜いての出場権獲得は2011年のロンドン・オリンピック予選以来。大きな仕事を成し遂げた清水は、安堵と歓喜の入り混じった感情を言葉にした。 「本当に素直に嬉しいですし、ほっとしています。前日とかはこの一戦に向けて、いつもと変わらず準備していきますと言ったものの、なんか終わった瞬間に本当にほっとしたというか、やっぱりそれだけ自分の気付いていない、何かプレッシャーはあったのかもしれないです」 「けど、チームとしてオリンピックにつなげられたことは本当に嬉しく思います」 藤野あおばの追加点を演出したクロスの場面については、「上げるタイミングで中に唯、貴子あおばと3人入っているのは見えていたので、誰かにと思いながら(クロスを上げました)。ゴールに繋がって良かったです」と、ルックアップして中の状況を把握できていたと語る。 14分にもゴールラインを割りそうなボールを懸命なスプリントの末に残し、得点の場面も入れ替わりの瞬間が注目されるが、相当に長い距離を走っている。元々運動量は武器だったが、海外移籍を経てからはタフさも増した。 「今でも足りないところ」と謙遜するが、フィジカル重視の北朝鮮相手にも、コンタクトでまったく引けを取らなかったことに対しては、普段の欧州勢との戦いが生きたと、手ごたえを口にした。 「(競り合いの強さが)自分の今でも足りないところですし、海外にいたら自分が吹っ飛ばされることなんてたくさんあるので、今からの課題でもあります。けど、1年半、海外でプレーしていて、そういう場面にも慣れてきたのかなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】画面の外から猛スプリント!清水梨紗が見事なクロスで追加点演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>なでしこジャパンに2点目<br>\<br><br>鮮やかに崩して藤野あおばがフィニッシュ<br>ピンポイントのアシストは清水梨紗<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/xxSYeHbafm">pic.twitter.com/xxSYeHbafm</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762798063976886303?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 17:30 Thu

「絶対に自分が決めたいと」なでしこ藤野あおばが意欲実現のゴール、週末へ向けても「WEリーグも応援に来ていただければ」

なでしこジャパンのFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が、北朝鮮女子代表戦を振り返った。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビューに応じ、なでしこの大先輩、東京NBのチームメイトでもある岩清水梓から率直な想いを問われた藤野は、はにかみながら「本当にすごく嬉しいです」と喜びの声を残した。 第1戦とは異なり、3バックを採用した中で「前の3枚の距離間を縮め、中の連携を高めることを意識」した結果、攻撃に流動性が生まれた。さらに「積極的にゴールを狙っていこう」との思いの通り、76分には清水梨紗のクロスに合わせる見事なヘディングで追加点を奪取。結果を越した。 「梨紗さんがクロス(の態勢)に入った時に、最初はマイナスで受けようと思っていました。ボールは(清家)貴子さんへのパスだったと思うんですけど、絶対に自分が決めたいという気持ちがあったので、うまく決められてよかったです」 「自分のゴールで(パリ行きを)決めたいと思っていましたし、初戦はシュート数が少ないことは自分でも課題に思ったので、今日は積極的にゴールを狙っていこうという姿勢が結果に繋がって良かったです」 激闘を終えたばかりの各選手だが、週末には早くも所属クラブでの戦いが再開し、WEリーグも3月2日からリスタートを切る。藤野が所属する東京NBは現在4位で、再開初戦は3日のノジマステラ神奈川相模原戦となる。 WEリーグ再開に向けての意気込みを問われた藤野は、「こういうシビアな部分はリーグでも求めていきたい」とコメントし、「リーグでも高いパフォーマンスを維持して頑張りたいと思っているので、ぜひみなさんWEリーグも応援に来ていただければ嬉しいです」と、活躍を誓った。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールをはたいてゴール前へ侵入、藤野あおばの見事なヘディング弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>なでしこジャパンに2点目<br>\<br><br>鮮やかに崩して藤野あおばがフィニッシュ<br>ピンポイントのアシストは清水梨紗<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/xxSYeHbafm">pic.twitter.com/xxSYeHbafm</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762798063976886303?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 07:45 Thu

「自分のベストを」パリ五輪行きをかけた大事な試合、藤野あおばは勝利に必要な攻撃を意識「キレイな崩しよりも、こじ開けていくプレーを」

なでしこジャパンのFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け意気込んだ。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 第1戦にも先発出場した藤野。しかし、攻撃面であまり良いパフォーマンスを出せたとは言えず、チームとしても攻撃で良い形は作れていなかった。 日本での試合で勝利が必須の中、ピッチコンディションがあまりない国立競技場については「芝の感じは日本ぽいなというのはあったんですが、サウジアラビアよりは濡れていてボールが走りやすいので、動かしやすい印象です」とコメント。ビルドアップをしていく日本としては、サウジアラビアよりもやりやすい印象があるようだ。 これまでも世代別の代表での大舞台や、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップを経験している藤野。負ければパリ・オリンピック行きが潰える一戦に向けての心境は「そんなに大きな変化はないですけど、一戦を終えてチームのために何かをしなければいけないのはずっと思っていることです」とコメント。「明日の試合は自分のベストパフォーマンスを出すことを意識しています」と、試合を前に、結果を残していきたいと意気込んだ。 前述の通り、勝利した方がオリンピック行きを決める戦いとなるが、藤野は攻撃面で自身の特徴を出していきたいと意気込んだ。 「サイドバック、ウイングバックの選手と一対一のシーンを作れていたので、仕掛けていきたいと思います」 「キレイな崩しよりも、こじ開けていくようなプレーが必要だと思うので、一対一は逃さずに仕掛けていきたいと思います」 2024.02.27 23:40 Tue

「底上げは大事」なでしこ藤野あおば、年下の台頭を歓迎「いい競争力も生まれている」

パリ・オリンピックアジア最終予選となる北朝鮮女子代表との2連戦へ向け、13日に始動したなでしこジャパン。17日に国内キャンプ5日目を迎え、トレーニング後にはFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がメディアの取材に応じた。 なでしこジャパンは2大会連続6度目のオリンピック出場を懸け、北朝鮮と24日に第1戦(開催地未定)、28日に国立競技場での第2戦を迎える。 試合日が迫る中でもいまだ会場未定という事態だが、藤野は「早く決まるのが1番ですけど、やるべきことは変わらないのでどこでもいいかなと思います」と、自然体の発言で報道陣の笑いを誘った。 もちろん北朝鮮への警戒は「球際や一つ一つのプレー、勝負への執着心は、かなり長けている。自分たちも同じくらいか、それ以上のものを持ってやらなければ」と、緩めていない。 想定される相手のプレッシングに対しては、「前線からプレッシャーを受けると、プレスを剥がすのが目的なのか、ゴールを取るのが目的なのかが曖昧になる」可能性があると指摘。その中で得点への筋道として、相手守備陣がコンパクトさを保ちづらい立ち位置を取るなどの工夫や、「前から来る相手でも一つ剥がせれば(チャンスも)生まれてくる」と、裏への抜け出しも含めて力になりたいと語る。 また、ブラジル遠征以降は谷川萌々子(FCローゼンゴード)や古賀塔子(フェイエノールト)と、藤野らのさらに下の代がなでしこに加わった。「先輩感はあまりないですが…」と前置きしつつ、「2人ともすごくうまくて、しっかり自分を持っている」と2人を称え、自らがなでしこに新たな息吹をもたらしたときのように、競争と共闘を歓迎した。 「下からの底上げはすごく大事だと感じますし、いい競争力も、彼女たちが入ってきたことで生まれている。自分も一緒になって、できることを増やせればいいなと思います」 2024.02.17 22:10 Sat

ナポリの小林海青が得意の左足クロスで先制点アシスト!待望のリーグ戦初勝利を導く

SSDナポリのDF小林海青がチームのリーグ戦初勝利に貢献した。 ナポリは15日、女子セリエA第17節でポミリアーノをホームに迎え、ダービーマッチを2-0で制した。小林は左サイドバックで先発し、フル出場。28分には先制点をアシストした。 右サイドからのFKがクリアされ、逆サイドへ流れたこぼれ球に反応した小林は、中の動きを確認しながらバウンドに合わせてのダイレクトクロス。一山超えるファーへの折り返しで、受けたエリサ・デル・エスタルがこれを沈めた。 先手を取ったナポリは4分後にもセットプレーから追加点を奪取。このまま逃げ切り、待望の昇格後リーグ戦初勝利を挙げ、最下位を脱出している。また、今季から加入した小林にとっても女子セリエAでの初勝利となった。 <span class="paragraph-title">【動画】小林海青が左足の狙いすませたクロスで先制点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Gol nel derby <br>Mvp <br>Primi tre punti in campionato <br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/SerieAfemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieAfemminile</a> eBay <a href="https://t.co/dM5Kz4DDAF">pic.twitter.com/dM5Kz4DDAF</a></p>&mdash; FIGC Calcio Femminile (@FIGCfemminile) <a href="https://twitter.com/FIGCfemminile/status/1758254186917998887?ref_src=twsrc%5Etfw">February 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.16 14:40 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly