ローマがルカクを完全移籍で獲得か? エイブラハムを差し出しチェルシーとトレードに動く可能性

2023.09.26 09:55 Tue
元チェルシーのエイブラハムとルカクがトレードか
Getty Images
元チェルシーのエイブラハムとルカクがトレードか
復活の兆しを見せているベルギー代表FWロメル・ルカク(30)だが、ローマが完全移籍で獲得する可能性が早くも浮上しているようだ。イタリア『Calciomercatoweb.it』が伝えた。
PR
昨シーズンはインテルへとレンタル移籍してプレーしていたルカク。その期間が終了しチェルシーに戻っていたが、チームには居場所がなく、移籍先を探すこととなった。
インテルが完全移籍での獲得を目指すも、選手を売却して利益を得たいチェルシーは高い要求を見せ、ユベントスも獲得に動いたが金額を満たせず。イタリア行きは無くなったと思われた中、今度はサウジアラビアから超巨額オファーが舞い込み、チェルシーは乗り気だったが、ルカクが移籍を望まずに破談となっていた。

一方で、余剰戦力を囲いたくないチェルシーはどうにかして手放したいと考えた結果、ストライカーが不足していたローマがレンタル移籍で獲得した。

再びイタリアでプレーすることとなったルカクは、セリエAで3試合2ゴール、ヨーロッパリーグ(EL)でも1試合で1ゴールを記録するなど、復調の兆し。良いシーズンスタートを切った中で、この調子でシーズンを戦えば、完全移籍で獲得することになると見られている。
ジョゼ・モウリーニョ監督もお気に入りのルカク。ただ、モウリーニョ監督との契約が終わりに近づいていることもあり、今シーズンの結果次第では退任の可能性も。ただ、結果を残せばモウリーニョ監督も残り、ルカクが必要になると見られている。

チェルシーとしては手放したいルカクを売却できるのであれば、拒否することはないと見られている。一方で、ローマは移籍金を引き下げたいこともあり、イングランド代表FWタミー・エイブラハム(25)を戻すことで取引をする可能性があるようだ。

チェルシーは今季最悪のスタートを切っており、昨シーズンからストライカー不在が叫ばれている状況。エイブラハムは左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷でプレーできていないが、1月にもこの取引が動く可能性があるという。

両者の評価額はあまり差がないため、トレードの形になる可能性もあるとみられ、互いにとってメリットのあるものになるとも。まだシーズン序盤ではあるが、残り3カ月の状態で変化が起こりそうだ。

PR
関連ニュース

攻撃陣躍動のローマがモンツァ撃破で3連勝! ルカク6戦ぶりにディバラが芸術FK弾【セリエA】

セリエA第27節、モンツァvsローマが2日にU-POWERスタジアムで行われ、アウェイのローマが1-4で快勝した。 前節、ディバラのトリプレッタの活躍によってトリノに競り勝ってリーグ連勝を決めた6位のローマ。週明けにブライトンとのヨーロッパリーグ(EL)を控える中、11位のモンツァとのアウェイゲームで弾みを付ける勝利を目指した。デ・ロッシ監督は前節から先発2人を変更。スモーリングとアズムンに代えてルカク、エル・シャーラウィを起用し、[4-3-3]に並びを戻した。 立ち上がりから攻め合うオープンな展開が続く。16分にはジュリチッチのヘディングシュートが右ポストを叩いて冷や汗をかいたローマだが、直後の18分には左CKの流れからクリスタンテのシュートでゴールネットを揺らす。しかし、この攻撃はVAR介入によって起点となったディバラの戻りオフサイドを取られて取り消しに。 その後はモンツァがビリンデッリの攻撃参加やモタの縦への仕掛けでチャンスを作り始めるが、これを耐え抜いたアウェイチームが前半終盤に畳みかける攻撃を見せた。 まずは38分、相手陣内中央で縦パスを引き出したクリスタンテが善戦に差し込んだボールをルカクがうまくマイナスに落とす。これを前向きで引き取ったペッレグリーニがボックス内に持ち込んで狙いすました左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅に流し込んだ。 さらに、直後の42分にはロングボールのこぼれを回収したディバラが左サイドに流れて絶妙なグラウンダークロスを供給。これをニアに走り込んだルカクが左足で合わせ、リーグ6戦ぶりとなる今季10点目とした。 試合巧者の戦いぶりによって2点リードで試合を折り返したローマ。後半は並びを[3-4-2-1]に変更したモンツァにやや押し込まれる時間帯が続くと、59分にはペッレグリーニとアンヘリーニョを下げてボーヴェ、スモーリングを投入。これで並びを[3-5-2]に変更し、守備のテコ入れを図った。 すると、この交代直後の63分にはボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーのディバラが壁のギリギリ上を越える鋭い左足のシュートを右隅に突き刺し、決定的な3点目を奪った。 その後、内転筋の痛みを訴えたマンチーニ、殊勲のディバラを下げてハイセン、バルダンツィと若手の投入でクローズに入ると、82分にはそのハイセンがセットプレーの競り合いでPKを獲得。これをキッカーのパレデスがきっちり決め切ってダメ押しの4点目も挙げた。 後半終了間際にはA・カルボーニに見事な左足のミドルシュートを決められてクリーンシートを逃したものの、危なげなく3連勝を達成。週明けのブライトン戦へ大きな弾みを付けた。 2024.03.03 04:05 Sun

今季から30年ぶりにアディダスに戻ったローマ、来季ユニフォームはピンストライプ柄に?新デザインの情報がリーク

ローマの2024-25シーズンのホームユニフォームデザインがリークされている。『FOOTY HEADLINES』が伝えている。 2023-24シーズンから、30年ぶりにアディダスとタッグを組んでいるローマ。久しぶりのアディダス製のユニフォームでは、赤をベースに黄色をアクセントに使用しつつ、左胸にはクラブのエンブレムのかわりにクラブの伝統的なシンボルであるルペット(狼)をデザインしている。 リークされている2024-25シーズンのユニフォームのデザインについては、濃い赤紫色に近い赤をベースとしつつ、黄色のピンストライプ柄を採用。『FOOTY HEADLINES』によると、1990年代初頭のローマのユニフォームをオマージュしているという。 また、左胸のルペットは通常のクラブのエンブレムに変更されており、アディダスのロゴはピンストライプと同じ黄色で施されている。 なお、『FOOTY HEADLINES』によると、ローマの新ユニフォームは5月に発表される予定とのことだ。 <span class="paragraph-title">【画像】リークされたローマの来季ユニフォームデザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/N3g2apdHu1">pic.twitter.com/N3g2apdHu1</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1763477548376190993?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 19:25 Fri

空中戦で無類の強さ!北朝鮮のロングボールを跳ね返し続けたなでしこ南萌華「自信を持って競りに行けた」

オリンピック出場権獲得に貢献したなでしこジャパンのDF南萌華(ローマ)が、試合の手ごたえを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合を終えての率直な想いを尋ねられた南は、「ほっとしましたね、パリに行けるか行けないかは、今後の私自身のサッカー人生にも関わりますし、今後の女子サッカーの未来が変わるとも思っていたので」と安堵の表情を浮かべた。 第1戦では[4-3-3]を採用したなでしこだが、第2戦ではワールドカップ(W杯)で軸となっていた3バックでスタートした。 3バックの採用については選手からも提言があり、指揮官へも共有したとのこと。個々の役割もさらにはっきりさせたことで、最終ラインも下がり過ぎることがなくなった。 また、「自信を持って競りに行けた」と、南は空中戦でも無類の強さを発揮。北朝鮮のロングボールをことごとく跳ね返した。 「(第1戦は)センターバックが(ボールに対して)強くいけなかったので、終わってからすぐに『3枚の方がはまるよね』と選手間で話し、それを太さんにも共有しました」 「(第2戦は)3枚にしたことで、私も(高橋)はなも(熊谷)紗希さんも強くいけました。高いボールが来たら自分かはなかではっきりさせ、今回は紗希さんが背後をケアしてくれたので、守備の面ではうまくはまったと思います」 「初戦も高さでは勝てていましたし、周りの選手はセカンドを拾う意識で準備してくれていたので、自分もはなを含めてアジアの中では強さを持っているので、自信を持って競りに行くことができました」 「距離感は手ごたえがある中、1つのオプションとして(3バックも)持てているので、3枚でも4枚でも自分たちの強みは出せる。(システム)が切り替わったとしてもみんな即座に対応できたし、そこは今のチームの強みかなと思います」 2024.02.29 15:55 Thu

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

「正直ほっとしている」なでしこ熊谷紗希がパリ五輪出場権獲得に安堵、最高のチームでさらなる高みへ「パリでは金メダルを目指して」

なでしこジャパンのキャプテンDF熊谷紗希(ローマ)が、パリ・オリンピック出場を決めての率直な想いを言葉にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目となるオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビュー直前には、戦友の岩清水梓(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)とも抱擁をかわしていた熊谷。率直な胸の内を聞かれると、「本当に正直ほっとしています、嬉しいです」と安堵の表情を見せた。 第1戦では[4-3-3]を採用したなでしこジャパンだが、この試合では[3-4-3]へ回帰し、熊谷は3バックの中央でプレー。サウジアラビアでの試合と比較して攻守に滑らかさが生まれ、流れのいい時間で点を取ることもできたと、狙い通りの戦いができたと振り返る。 「初戦は相手との立ち位置の関係でなかなか上手くいかなった分、第2戦ではチームとして修正できたと思います。最後押し込まれてしまいましたけど、勝ち切れたことは次につながる試合になりました」 「前半から全員の距離感がよく、攻撃も前に進めたので、相手が修正してくる前にゴールに迎えたかなと。そういうシーンが第1戦に比べて多く作れたと思うので、その中で点が取れて、すごいいい試合ができました」 熊谷は2011年にドイツ女子ワールドカップ(W杯)優勝を経験し、2012年にロンドン・オリンピックで銀メダルを獲得している。となれば、パリ五輪で目指す場所は必然だ。 「最高のチームでもっともっと長くやりたいとチームには伝えていて、それがパリで実現できることになりました。出場権を勝ち取りましたけど、まだまだパリまで時間があるし、そこへ向けて成長できるチームだと思っているので、パリでは金メダルを目指して全員で頑張っていきたいと思います。これからもなでしこジャパンをよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】試合後に岩清水梓と抱擁し、言葉をかわす熊谷紗希</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱い抱擁<br>\<br><br>キャプテン・熊谷紗希と<br>解説を務めた岩清水梓さんのグッと来るシーン<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/yMf9oLuvhJ">pic.twitter.com/yMf9oLuvhJ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762809413478342748?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 06:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly