UWCLで負傷のバルセロナDFブロンズ、ヒザ手術でチェルシー戦回避もW杯には間に合うか

2023.04.26 21:30 Wed
Getty Images
バルセロナに所属するイングランド女子代表DFルーシー・ブロンズが26日、自身のツイッターを更新。ヒザの手術を行ったと報告した。
ブロンズは22日にスタンフォード・ブリッジで行われたUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)準決勝の1stレグ、チェルシー戦に先発出場。GKの背後をケアし、1点もののカバーリングを披露するなど好プレーを見せたが、ヒザを痛めて67分に足を引きずりながら途中交代。アイシングをした痛々しい姿が目撃されていた。
バルセロナはもちろん、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)を控えるイングランド女子にとっても負傷者が相次いでいるために状態が心配されたが、クラブは26日にブロンズが右ヒザの関節鏡検査を受けたと発表。ブロンズ自身も「手術成功!」と自身のSNSで綴っている。

「膝の手術成功!昨日の膝の手術が終わり、今はとても元気です。温かいすべてのメッセージに感謝します。これ以上のサポートはありません」

「現在、チームと一緒にピッチに戻るために、迅速な回復に向けて懸命に取り組んでいます。また会いましょう」
このため、27日にスポティファイカンプ・ノウで行われる2ndレグは欠場することに。復帰時期については明確にされていないが、イギリス『ミラー』は「この手の手術を受けた選手は、通常、長期的に離脱するわけではないが、完全に回復するには1カ月かかる。そのため、今シーズンの国内およびヨーロッパの残り試合からは離脱する可能性が高い」としている。



1 2

関連ニュース

【ラ・リーガ第16節プレビュー】カタルーニャ勢による上位対決! 首位マドリーとソシエダも難敵と対峙

先週末に行われた第15節では、最注目カードとなったバルセロナvsアトレティコ・マドリーはホームチームに軍配。また、首位のレアル・マドリー、2位のジローナもきっちり勝ち点3を積み上げている。 ミッドウィークにコパ・デル・レイ2回戦が開催され、スーペル・コパ出場4クラブを除くほとんどのチームが連戦という形で臨む今節。最注目カードは、3位のバルセロナと2位のジローナが4ポイント差で戦うカタルーニャ自治州ダービーだ。 バルセロナは前節、ホームで好調アトレティコと対戦。下馬評では苦戦必至と思われたが、主役フェリックスの保有元への痛烈な恩返し弾を最後まで守り抜いて1-0の勝利を収めた。DFクンデの右サイドバック起用が機能したほか、守護神テア・シュテーゲンの代役を担うGKペーニャの好守、自慢の中盤の躍動と結果だけでなく内容面でもポジティブな要素が多く見られた。連勝を狙う2位チームとの一戦ではそのアトレティコ戦からの継続路線を意識するなか、中盤の支配力を活かしながら状態が上がり切らない主砲レヴァンドフスキの奮起に期待したいところだ。 対するジローナは前々節のアスレティック・ビルバオ戦のドローで連勝がストップしたなか、前節のバレンシア戦では後半序盤に先制を許す難しい展開に。それでも、後半終盤に途中出場のストゥアーニが決めた圧巻のドブレーテで一気に試合を引っくり返し、劇的な2-1の逆転勝利。こちらも勢いに乗る形での勝利で重要な敵地での一戦に臨むことになった。基本的には相手にボールを握られる展開が予想されるが、そこでの粘り強い守備で耐えながら対戦相手が獲得を狙っているとされるFWサヴィオらを起点としたカウンターでゴールをこじ開けたい。 ライバルの直接対決での取りこぼしに期待しつつ、4連勝での首位固めを目指すレアル・マドリーは、7位のベティスとのアウェイゲームに臨む。前節は新体制のグラナダ相手にMFクロースとMFブラヒム・ディアスの見事な連携による先制点、公式戦5試合連発となったFWロドリゴのダメ押しゴールによって2-0の快勝を収めた。引き続き負傷者の多さは懸念材料も、今週のトレーニングではMFモドリッチ、GKケパが状態を上げており、スタメン復帰も見込まれるところだ。現状のパフォーマンスを鑑みれば、敵地と言えども勝ち点3奪取の可能性は高いが、古巣対戦のMFイスコらを筆頭に2列目に多士済々なタレントを擁するベティスは難敵だ。負傷者の影響で負担増のセンターバック、ピボーテの奮闘が求められるところだ。 バルセロナに敗れて公式戦連勝が「4」でストップした4位のアトレティコは、今季未勝利の最下位アルメリア相手にバウンスバックの勝利を狙う。バルセロナ戦は相手のパフォーマンスを褒めるべき部分もあったが、やや腰の引けた前半の戦いやシメオネ監督の用兵の部分で課題も出ただけに、今回のホームゲームでは序盤から相手を圧倒する入りを見せたい。とりわけ、バルセロナ戦でほぼ見せ場を作れなかったFWモラタの奮起、後半投入で存在感を示したFWリーノらのプレーに注目したい。 MF久保建英を擁する5位のレアル・ソシエダは、12位のビジャレアルとのアウェイゲームでリーグ2戦ぶりの白星を狙う。前節はオサスナに先制を許すも、FWサディクのリーグ2試合連続ゴールで同点に追いつく。拮抗した後半は久保らに幾度か決定機が訪れたが、相手GKの好守などに阻まれて1-1のドローに終わり公式戦2試合連続ドロー。久保も途中出場したコパ・デル・レイでは人工芝と相手の堅守に手を焼くも、FWアンドレ・シウバの加入後初ゴールで4部のアンドラッチに1-0で勝利した。 対戦相手のビジャレアルはマルセリーノ新監督就任以降、公式戦4戦無敗と状態を上げている。古巣対戦が期待されたFWセルロートやFWピノら一部主力を欠いての試合となるが、早くも新指揮官の色が出始めている。その古巣相手に挑む久保はしばしゴールから遠ざかりつつある中でチームを勝利に導く恩返しゴールを決めたい。 その他では絶不調のセビージャや、上位浮上を目指すアスレティック・ビルバオ、バチバチの肉弾戦が期待されるヘタフェvsバレンシアといったカードにも注目だ。 《ラ・リーガ第16節》 ▽12/8(金) 《29:00》 ヘタフェ vs バレンシア ▽12/9(土) 《22:00》 アラベス vs ラス・パルマス 《24:15》 ベティス vs レアル・マドリー 《26:30》 ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《29:00》 セビージャ vs マジョルカ ▽12/10(日) 《22:00》 アトレティコ・マドリー vs アルメリア 《24:15》 グラナダ vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 カディス vs オサスナ 《29:00》 バルセロナ vs ジローナ ▽12/11(月) 《29:00》 ラージョ vs セルタ 2023.12.08 19:00 Fri

シティ離れたギュンドアンのバルセロナでの新たな挑戦 「成功は一夜にして得られるものではない」

バルセロナのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがチーム状況や自らの今後について語った。 今夏、マンチェスター・シティから移籍したギュンドアン。退団したMFセルヒオ・ブスケッツらに代わりリーグ開幕から出場を続け、チームの中盤を支えている。 そんなギュンドアンはドイツ『Die Zeit』のインタビューに応じ、子供の頃のアイドルが元トルコ代表MFハミト・アルティントップとMFハリル・アルティントップ兄弟だったと告白。自身と同様にゲルゼンキルヘン出身かつトルコ人の両親を持つことから「他の選手よりも尊敬していた」とコメントしている。 その一方で、バルセロナでの自身の役割についても語り、若手に手本を見せる意識が強いと明かした。 「(クラブは)スポーツ面ではうまくいっているが、まだ多くの面で改善しなければならない。だからこそ彼らは僕と契約したんだ。監督からは自分の経験を伝えるように言われた。言葉の壁があるからまだ完璧ではないけど、僕の振る舞いを見せるだけでも若い選手たちに何かをもたらすことはできる」 「バルセロナはラ・マシア出身の選手たちを信頼している。僕みたいに安定をもたらす外国人もいる。クラブは最近、一時代を築いたリオネル・メッシなどの人材を失った。成功は一夜にして得られるものではない。いつだってファンとの協力が必要なプロセスなんだ」 プレミアリーグでもチャンピオンズリーグ(CL)でも成功を収めたシティからバルセロナへ移籍した理由について、新たな挑戦を望んでいたためだとも述べている。 「これは全く新しい挑戦だ。マンチェスター・シティでペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)とともに7年間過ごした後だ。もう一度居心地の良い場所から抜け出すことが大事だと思った。サッカーに関してだけでなく、プライベートも含めてね。たとえ難しいことだとしても、新たなスタートを切るのが好きなんだ」 自らの将来にも言及。引退後に監督を目指すことについて「とても興味をそそられる」と反応し、自らが見ていたグアルディオラ監督の仕事ぶりやこの役職への印象を語った。 「彼(ペップ)はいつも20人以上のスターを集めて、納得させ、仕事をさせる。プレーしない選手にもチームのために100%の力を尽くすよう説得する」 「結局のところ、難しい状況を打破しなければならないのはいつだって監督だ。成功の責任が監督にはある。難しい仕事だ」 2023.12.07 17:36 Thu

アトレティコ戦で顔面骨折のアラウホ、ジローナとの上位対決はマスク着用で出場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが顔面を骨折したようだ。スペイン『アス』が報じている。 アラウホは3日に行われたラ・リーガ第15節アトレティコ・マドリー戦でフル出場していたが、試合中にMFマルコス・ジョレンテとの接触があった際に顔面を骨折していたようだ。 全治は3週間とのことだが、マスク着用で10日に行われるラ・リーガ第16節ジローナとの上位対決には出場できる見込みだ。 バルセロナは首位レアル・マドリーと同勝ち点で並ぶ2位ジローナを4ポイント差で追っている。 2023.12.07 00:10 Thu

背中の違和感に悩まされるテア・シュテーゲンが手術を決断…

バルセロナは5日、ドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが近日中に手術を受けることを報告した。 テア・シュテーゲンは先月中旬のアラベス戦でフル出場した後、インターナショナルマッチウィーク期間中に背中の激しい痛みを訴えてドイツ代表を離脱。インターナショナルブレーク後に行われたバルセロナの公式戦も3試合連続で欠場している。 現在も背中に不快感を感じているというテア・シュテーゲンについて、バルセロナのメディカルスタッフは再度治療法に関する話し合いを実施。その結果、今週中に手術を受けることが決定したという。 なお、復帰時期などは未定だが、スペイン『アス』は2~3カ月程度の離脱になる予想。また、来年2月に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16までに同選手を復帰させることがバルセロナの望みだと報じている。 2023.12.06 06:30 Wed

「ガビが宿った」「魂のプレー」バルサDFクンデのボールへの執念が話題!危険覚悟で頭からボールに突っ込む「情熱がすごい」

バルセロナのフランス代表DFジュール・クンデが闘志あふれるプレーを見せた。 3日に行われたラ・リーガ第15節でアトレティコ・マドリーをホームに迎えたバルセロナ。普段は自身が希望するセンターバックとして起用されることの多いクンデだが、この日は右サイドバックとして起用されると、ハフィーニャとのコンビで右サイドで躍動。守備面でも安心感のあるプレーを見せ、チームも1-0で勝利を収めていた。 そのクンデだが、アトレティコ戦では驚きのプレーを見せる。敵陣右サイド深くでボールを持ったクンデは、ゴールラインぎりぎりのところでボールを残す。アトレティコのロドリゴ・デ・パウルも詰めていたが、諦めないクンデは頭から飛び込み、マイボールにしようと試みた。 デ・パウルの足とクンデの頭が接触仕掛けるが、デ・パウルが落ち着いて対応していたこともあり、強い接触にはならなかった。 昨シーズンにはバルセロナのスペイン代表MFガビも同じようなプレーを披露。魂が入ったプレーには、ファンも「ガビから学んだ」、「クラブへの献身だ」、「ガビが宿った」、「魂のプレー」、「プレーへの情熱がすごい」と反応している。 また、クンデを心配する声や注意深くプレーしていたデ・パウルへを称賛する声も集まっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】ガビを彷彿!バルサDFクンデが倒れながらも頭で突っ込んでいく</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Jules Kounde really pulled a Gavi and launched himself onto a header while on the ground <a href="https://t.co/zH3UF3afkd">pic.twitter.com/zH3UF3afkd</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1731742665627079027?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.05 18:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly