「見てくれこのゴールを」「軌道が美しい!」横浜FM渡辺皓太が鮮烈ゴラッソ!2点差逆転の呼び水に「こりゃスゲェ!!」

2023.04.22 21:30 Sat
Getty Images
横浜F・マリノスのMF渡辺皓太が鮮烈な一撃を叩き込んだ。明治安田生命J1リーグで5位につける横浜FMは22日、第9節で首位のヴィッセル神戸と対戦。ノエビアスタジアム神戸へと乗り込んだ。
だが、ここまでJ1最多得点を誇る神戸を相手に2点のビハインドを負ってしまう。19分に山根陸とGK一森純の連係ミスから汰木康也に先制点を献上し、28分には大迫勇也にゴールを割られた。

ただ、昨季リーグ最多得点で優勝した横浜FMも黙ってはいない。33分にアンデルソン・ロペスが今季6点目となる追撃の一発を決めると、前半のアディショナルタイムには渡辺が鮮やかな同点弾を沈める。

畠中槙之輔からバイタルエリア右の喜田拓也への縦パスは神戸の守備に遭って通らないが、抜けたボールを水沼宏太がゴールライン際で残してマイナスに折り返すと、走り込んできた渡辺がダイレクトで右足を一閃。シュートは糸を引くように左隅へと吸い込まれた。
『DAZN』の解説を務めていた片野坂知宏氏も「はぁ、素晴らしいですねぇ」と感嘆。インターネット上でも「ダイレクトであそこに蹴る技術すごい」、「完璧です」、「ボールの軌道が美しい!」、「こりゃスゲェ!!」、「ゴラッソ過ぎる」、「見てくれこのゴールを」などの驚きや称賛が相次いでいる。

ケビン・マスカット監督も渾身のガッツポーズ。試合は82分にアンデルソン・ロペスが再びネットを揺らし、3-2と横浜FMが逆転勝ちを収めている。

1 2
関連ニュース

福岡が少ないチャンスをモノに横浜FMホームで今季1勝目! 紺野和也のゴールを守り切る【明治安田J1第2節】

明治安田J1リーグ第2節の横浜F・マリノスvsアビスパ福岡が1日に日産スタジアムで行われ、アウェイの福岡が1-0の勝利を収めた。 開幕節で昇格組の東京ヴェルディと対戦した横浜FMは、31年ぶり実現の黄金カードを2-1で逆転勝利。今節はホーム開幕戦で連勝を目指した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合を6日に控える中、ハリー・キューウェル監督は東京V戦からスタメンを3人変更。ヤン・マテウス、ナム・テヒが先発し、左サイドバックにはJ1デビューとなる新戦力の加藤蓮が入った。 対するアビスパ福岡はホームで迎えた北海道コンサドーレ札幌との開幕節をゴールレスドローで終え、敵地で初勝利を目指す今節に。長谷部茂利監督はウイングバックの小田逸稀を湯澤聖人に代え、それ以外は同じメンバーで挑んだ。 立ち上がりからボールを保持するホームチームは5分にさっそくチャンス。右ポケットへ抜け出した山根陸にスルーパスが通ると、ふわりとしたクロスにエウベルが頭で合わる。 対する福岡もすぐさま反撃。9分、岩崎悠人が左サイドから仕掛けると、こちらはウェリントンがヘディングシュートを放ったが、GKポープ・ウィリアムが立ちはだかった。 横浜FMは17分、左サイドでロングボールを収めたエウベルがカットインからシュートに持ち込み、クロスバー直撃のシュート。決定機だったが、ブロックに入った奈良竜樹にわずかにコースを変えられ、枠内に収まらなかった。 その後も直接FKからヤン・マテウスが狙うが、ネットを揺らすには至らず。すると30分、福岡は前線でのボール奪取から速攻。紺野和也の持ち上がから、右サイドの湯澤へ展開し、中央へのクロスにウェリントンが合わせるも、再びGKポープ・ウィリアムのセーブに遭った。 保持率こそ高いものの、流れを完全には掌握できない横浜FM。前半終盤には右CKからチャンスを作るが、ナム・テヒが押し込みきれない。 互いに交代なしで迎えた後半、横浜FMはエウベルにヘディングシュートが生まれる入りとなり、アンデルソン・ロペスもシュートまで持ち込むが、GK永石拓海に抑えられる。 無失点で切り抜けた福岡は、51分に先制点。重見柾斗が左サイドを抜け出すと、中央マイナスへのラストパスに紺野。左足のシュートがディフレクションしながらゴール左隅へ吸い込まれ、チームにとっての今シーズン初得点が生まれた。 こうなると先に動くのはキューウェル監督。インサイドハーフの山根とナム・テヒを下げ、天野純と渡辺皓太を送り出す。 それでも、福岡の引いて固める守備を崩せないまま時間が経過。71分には喜田拓也に代えて宮市亮を起用し、渡辺皓太をアンカー、エウベルをインサイドハーフに下げる。 一方の福岡は先制点を決めた紺野を73分でお役御免とし、逃げ切りも視野に。長谷部監督は松岡大起を投入した。 攻勢を強める横浜FMは福岡陣内でボールを回し続けるが、ファイナルサードでのもう一工夫が見られない。86分にはボックス内で収めたヤン・マテウスが個人技からタイミングを外したシュートを放つも、GK永石の好セーブに阻まれる。 5分の追加タイムに入っても大きな変化はなく、結局0-1のまま試合終了。堅守速攻を発揮した福岡が敵地で勝ち点「3」を持ち帰った。 横浜F・マリノス 0-1 アビスパ福岡 【横浜FM】 紺野和也(後6) <span class="paragraph-title">【動画】紺野和也の先制ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>先手を取ったのはアビスパ!<br>\<br><br>重見柾斗が左サイドで背後をとる<br>そのクロスに合わせたのは紺野和也<br><br>明治安田J1リーグ第2節<br>横浜FM×福岡<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信 <a href="https://t.co/c2FGssVJjQ">pic.twitter.com/c2FGssVJjQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1763523774467453054?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 21:13 Fri

西村拓真がスイス初弾、セルヴェット移籍後初ゴールは貪欲さ溢れる痛快なニア抜き!

セルヴェットへ加入したFW西村拓真が、移籍後初ゴールをマークした。 2月10日に横浜F・マリノスからの期限付き移籍でスイス・スーパーリーグへ挑戦することが発表された西村。25日のヤングボーイズ戦で新天地デビューを果たすと、28日のスイス・カップ準々決勝SRドレモン戦でも先発起用され、初ゴールもマークした。 セルヴェットは1点リードで迎えた74分、カウンターから3対3の場面を作り、中央から持ち上がると、西村が右へ開きながらボールを引き出し、ボックス内右でコントロールする。DFと対峙し、クロスの選択肢もある中で、またぎフェイントから1つ縦に持ち出し、右足を強振。鮮やかにニアを射抜いた。 ストライカーらしく、強引ながらも正確な一撃。一時は「クラブの手続のミスで今季は出場できないのでは?」との報道もあったが、周囲のゴタゴタを吹き飛ばす痛快なゴールで、早くも加入後初得点を記録した。 なお、西村は87分までプレーし、常本佳吾はベンチ入りも出場がなかった。 西村のゴールでリードを広げたセルヴェットは、このまま2-0で勝利。1部チームを2つ破る快進撃を続けてきた3部のドレモンを下し、ベスト4入りを決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】西村拓真のセルヴェット加入後初ゴールは強気の姿勢が光る一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"><br><br>Le magnifique enchainement de pour son premier but avec les Grenat ! <a href="https://twitter.com/hashtag/NotreVilleNotreClub?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NotreVilleNotreClub</a> <a href="https://t.co/uQuB84CXOA">pic.twitter.com/uQuB84CXOA</a></p>&mdash; Servette FC (@ServetteFC) <a href="https://twitter.com/ServetteFC/status/1763141078939549709?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 16:20 Fri

【J1注目プレビュー|第2節:横浜FMvs福岡】劇的勝利の横浜FMは連勝を、福岡は組織で守り、個の力で守備を打ち破れるか

【明治安田J1リーグ第2節】 2024年3月1日(金) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(4位/3pt) vs アビスパ福岡(13位/1pt) [日産スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆劇的勝利で勢いづけるか【横浜F・マリノス】</span> 開幕戦は大注目を集めた東京ヴェルディとの一戦。31年ぶりに国立競技場での決戦は、松原健の劇的なゴールで勝利を収めた。 良い形で開幕スタートを切った横浜FM。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)もクラブ史上初のベスト8に進出を果たしており、良い状況を維持していきたいところだ。 [4-3-3]とシステムは数字上は変わっていないが、並びは逆三角形のアンカー型。昨シーズンまではダブルボランチだっただけに、まだまだ完成度は低い。ただ、チームを構築中。結果を残しつつ、クオリティを上げていくことになるだろう。 ビルドアップの部分でもまだまだ物足りなさはあるが、サイド攻撃は相変わらず武器になる。松原、そして加藤蓮といった仕掛けができる選手がサイドバックにもいるだけに、勝利を収めつつやっていくことが大事になるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ポープ・ウィリアム DF:松原健、上島拓巳、エドゥアルド、加藤蓮 MF:渡辺皓太、喜田拓也、天野純 FW:ヤン・マテウス、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ハリー・キューウェル <span class="paragraph-subtitle">◆組織を個で打開できるか【アビスパ福岡】</span> 今シーズンの目標は「6位以上」と掲げた中、開幕ゲームでは北海道コンサドーレ札幌をホームに迎えてゴールレスドローに終わった。 そんな中で迎える第2戦はアウェイでの横浜F・マリノス戦。攻撃的な相手に守備が力を発揮できるかどうか。開幕戦も札幌相手にクリーンシートを達成。これをJリーグ屈指の攻撃陣相手にどう出せるかが重要だ。 一方で、攻撃陣は不安もある。FW山岸祐也、FWルキアンらが退団し、構築し直し中。違うタイプの攻撃を仕掛ける中で、ゴールという結果が欲しいところ。個で仕掛けられる選手も揃っているだけに、彼らが牙を向けるかどうかはポイントになるだろう。 ボールを保持して戦ってくる相手に、どの強度を出せるのか。即時奪回からのカウンターで一気にゴールを奪うチャンスも間違いなくあるだけに、決定力にも注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:永石拓海 DF:井上聖也、奈良竜樹、田代雅也 MF:前嶋洋太、松岡大起、前寛之、亀川諒史 MF:紺野和也、岩崎悠人 FW:ウェリントン 監督:長谷部茂利 2024.03.01 16:10 Fri

2024-25シーズンのACLEとACL2の出場クラブが決定! 神戸、横浜FM、川崎FがACLE、広島がACL2に

日本サッカー協会(JFA)は29日、2024-25シーズンのAFCチャンピオンズリーグエリート(ACLE)とAFCチャンピオンズリーグ2(ACL2)に出場する日本のクラブを発表した。 ACLは2023-24シーズンから大会の開催時期を変更していた中、2024-25シーズンからはさらに大会の方式が変更。今までなかったACL2が誕生し、今までの大会はACLEとして開催されることとなった。 JリーグからはJ1の上位2チームと天皇杯の優勝クラブがACLEに参加。これまでACLのプレーオフに回っていたJ1の3位チームはACL2に回ることになっていた。 2024-25シーズンは、ACLEにJ1王者のヴィッセル神戸、2位の横浜F・マリノス、そして天皇杯王者の川崎フロンターレが参加。ACL2にはJ1で3位のサンフレッチェ広島が参加することとなる。 神戸は過去2度ACLに出場しており、2020年に記録したベスト4が最高位。横浜FMは2023-24シーズンで唯一Jリーグ勢として勝ち上がっており、クラブ史上初のベスト8まで残っている。 川崎Fは11回目の出場となり、4大会連続の出場に。広島はACLに過去5度出場しており、ベスト16を2回記録している。 2024.02.29 17:45 Thu

キューウェル新監督率いる横浜FMにオーストラリア紙も関心「好スタートを切ったようだ」

横浜F・マリノスのハリー・キューウェル新監督に母国オーストラリアも興味を寄せる。 横浜FMは25日、J1リーグ開幕節で東京ヴェルディと対戦。国立競技場に5万3026人を集めた青緑の美しき一戦は、31年前のあの日と同じく、トリコロールが2-1で逆転勝利を収めた。 今季就任のキューウェル新監督にとっては、J1初陣で見事に初白星。母国紙『news.com.au』は、横浜FMのACLベスト8進出を含め、「キューウェルが日本で好スタートを切ったようだ」とレポートする。 キューウェル新監督は、指導者キャリアを開始したイングランドで下部リーグの複数クラブを指揮した経験を持つが、トップディビジョンでの指揮は横浜FMが初。3代目のオーストラリアンコーチは、先代2人に続いてJ1タイトル獲得といくだろうか。 その一方、前任者のケヴィン・マスカット監督が新天地で黒星発進となったことも紹介。 マスカット監督は今季から中国スーパーリーグ(CSL)の昨季王者・上海上港を指揮。マリノスvsヴェルディと同日の25日、初陣で上海申花とのスーパーカップに臨むも0-1と敗戦…宿敵とのダービーを落とし、3月1日のCSL開幕節へ向けて弾みをつけられなかった。 オーストラリアのサッカー界は、アンジェ・ポステコグルー(現トッテナム)、マスカット、キューウェルと、各国へ進出する指揮官たちの動向を気にかけている。 2024.02.26 17:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly