サンパオリ解任のセビージャ、メンディリバル氏を新指揮官に招へい

2023.03.22 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは21日、ホセ・ルイス・メンディリバル氏(62)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。

セビージャでは同日、ホルヘ・サンパオリ前監督(63)を成績不振により解任していた。

今季のセビージャはヨーロッパリーグでこそベスト8にまで駒を進めているものの、ラ・リーガでは降格圏の18位バレンシアと2ポイント差の14位と低空飛行。
昨年10月にフレン・ロペテギ前々監督の後任としてセビージャに復帰したサンパオリ前監督だったが、チーム状態を好転させるには至らなかった。

メンディリバル氏はバジャドリーやオサスナ、エイバルで手腕を発揮。とりわけエイバル指揮時にはMF乾貴士らを擁し、6季連続ラ・リーガ残留に導いていた。

直近では2021年12月にアラベスを率いるもわずか1勝に終わって翌4月に解任され、それ以降はフリーとなっていた。


関連ニュース
thumb

ローマ指揮官モウリーニョ、UEFAから告発される…EL決勝後に主審を罵倒

欧州サッカー連盟(UEFA)がローマのジョゼ・モウリーニョ監督を告発した。イギリス『BBC』が報じている。 ことの発端はセビージャが7度目の優勝で飾ったヨーロッパリーグ(EL)決勝戦後。モウリーニョ監督はアンソニー・テイラー主審のジャッジに試合後の会見から不満を露わにしたが、それでも怒りが収まらず、駐車場で本人を出待ちして口汚く罵った。 その様子の動画がSNSで拡散され、大会を管轄するUEFAも問題視。両クラブも一部サポーターの投げつけや花火の点灯、チームの不適切な行為で告発対象となるなか、侮辱的かつ乱暴な発言により、モウリーニョ監督の懲戒手続きを開始している。 両軍の選手だけで13枚ものイエローカードを出したりと試合のコントロールに苦労したイングランド人主審を巡っては帰国しようと空港に家族と姿を現したところを一部のローマサポーターに襲撃されるなどの事態にも発展しており、物議を醸している。 2023.06.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

誹謗中傷に椅子や水が飛んで来る異常光景…EL決勝の主審と家族が被害、審判協会も非難「忌まわしい虐待に騒然としている」

PGMOL(イギリス審判協会)は、ヨーロッパリーグ(EL)決勝後に起こった虐待行為について声明を発表した。 5月31日にEL決勝が行われ、セビージャvsローマはPK戦の末にセビージャが勝利。最多7度目の優勝を収めていた。 この試合では両チームにイエローカードが連発されるなどした中、 ローマにとってはやや不利にも見える判定が続くことに。ジョゼ・モウリーニョ監督も「彼はスペイン人のようだった」と試合後に語り、イングランド人主審のアンソニー・テイラー氏を批判していた。 試合後には、駐車場でテイラー氏に対して詰め寄っていたモウリーニョ監督。すると、ハンガリーから帰国する際にブダペスト空港でテイラー氏とその家族がローマファンから誹謗中傷を受けることに。イタリア人1名が暴行罪で起訴されていた。 テイラー氏は家族と共に帰国の途に着いた中、ファンが取り囲むことに。騒然とする中でラウンジへと誘導されたが、その際には水がかけられ、椅子が投げつけられ、乱闘騒ぎが勃発していた。 ブダペスト空港はこの件に対して声明。ローマファンの愚行を糾弾した。 「負けたローマのファンは、空港のフードコートで飛行機の出発を待っていた主審に気がついた」 「空港運営会社が警察と緊密に協力し、ファンの到着と出発の際に空港での警察の駐留を強化したおかげで、当局が直ちに介入し、主審はラウンジへ誘導され、同行者と共に安全に飛行機に搭乗した」 「事件に関与したイタリア国民は警察に逮捕され、暴行容疑で刑事手続きが開始された」 いくら判定に不満があったとはいえ、本人と家族を空港で襲おうとしたファンの行為は許されるべきではない。 また、PGMOLもこの件について声明を発表した。 「アンソニー・テイラーとその家族がブダペスト空港で嫌がらせや虐待を受けている様子を映した動画が、ソーシャルメディア上で出回っていることは承知している」 「我々はUEFAヨーロッパリーグ決勝の審判を務め、帰ろうとするアンソニーとその家族に向けられた不当で忌まわしい虐待に愕然としている」 「我々はアンソニーと家族を全力でサポートし続ける」 <span class="paragraph-title">【動画】空港でローマファンに襲撃されるテイラー主審と家族…椅子も投げられる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> <a href="https://t.co/XmiaklLUyc">pic.twitter.com/XmiaklLUyc</a></p>&mdash; laroma24.it (@LAROMA24) <a href="https://twitter.com/LAROMA24/status/1664329112008155137?ref_src=twsrc%5Etfw">June 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.06.02 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがEL決勝後に主審待ち伏せ&罵声 「この恥さらし」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)決勝敗戦後に主審を駐車場で待ち伏せして暴言を浴びせたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 5月31日のEL決勝はローマとセビージャの顔合わせ。PK戦の末に最多6度の優勝を誇るセビージャに軍配が上がり、さすがの勝負強さを示した格好だが、選手だけで13枚ものイエローカードが飛び交う荒れ試合になった。 そんなタイトル戦を裁いたのはプレミアリーグのアンソニー・テイラー主審。試合後のモウリーニョ監督は「まるでスペイン人のようにイエローカードを出した」と吐き捨て、主審のゲームコントロールに苦言を呈した。 そう噛みついたローマ指揮官だが、怒りは収まらず。SNSに拡散された動画では試合後のスタジアム駐車場で審判団を待ち伏せし、暴言を飛ばすと、「おめでとう、この恥さらしが」を言い放ち、チームバスに乗ったようだ。 こうした行為に欧州サッカー連盟(UEFA)から何かしらの形で処分が下る恐れも取り沙汰されているが、果たして。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマ指揮官モウリーニョ、EL決勝主審テイラーに直接不満をぶつける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><br><br>L’allenatore della Roma urla tutta la sua rabbia in faccia all’arbitro Taylor Mentre Rosetti, designatore UEFA, cerca di calmarlo<br><br> <a href="https://twitter.com/GianluVisco?ref_src=twsrc%5Etfw">@GianluVisco</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Mourinho?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mourinho</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EuropaLeagueFinal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EuropaLeagueFinal</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Sportitalia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sportitalia</a> <a href="https://t.co/3TxOZAEol0">pic.twitter.com/3TxOZAEol0</a></p>&mdash; Sportitalia (@tvdellosport) <a href="https://twitter.com/tvdellosport/status/1664055749658435585?ref_src=twsrc%5Etfw">May 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.06.02 17:24 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャFWが驚きのノールックPKを披露!決勝戦のPK戦一番手というプレッシャーの中でも強心臓ぶりを発揮

セビージャのアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポスが大舞台で強心臓ぶりを発揮した。 5月31日にヨーロッパリーグ(EL)決勝に臨んだセビージャ。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマとの一戦は、前後半90分を1-1で終えると、延長戦でも決着はつかず、PK戦へともつれ込んだ。 両チームの選手が走り切った中で迎えたPK戦の一番手はセビージャのオカンポス。大きなプレッシャーのかかる場面だが、ここでオカンポスが予想外のキックを見せる。 小刻みなステップからゆったりとした助走を取ったオカンポスは、キックと同時にボールから目を離すノールックPKを敢行。ローマのGKルイ・パトリシオを完全に騙し、真中へとボールを流し込んだ。 これには、SNS上のファンも「オカンポス肝座ってるなー笑」、「うますぎる」、「どんなメンタル」、「見てもいないやん」と驚いていた。 このキックで勢いがついたのかセビージャはPKを4人連続で成功。セビージャのGKボノはPKを2本止め、PK戦を4-1で制したセビージャが3シーズンぶり最多7度目の優勝を果たした。 <span class="paragraph-title">【強心臓】ゴールすらも見ていない!オカンポスが驚きのノールックPKを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cs7JK4SN6Lm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cs7JK4SN6Lm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cs7JK4SN6Lm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.06.01 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「とても感激している」EL優勝に歓喜のラメラ、古巣ローマとの対戦については「彼らのことが大好きだけど…」

セビージャのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが、ヨーロッパリーグ(EL)優勝を喜んだ。 5月31日に行われたローマとのEL決勝で、1点のリードを許した後半から出場したラメラ。選手交代も功を奏しオウンゴールで同点とすると、延長戦でも決着はつかず勝敗の行方はPK戦へ。2人目のキッカーを務めたラメラも含め全員が確実にゴールを決めたセビージャに対し、ローマは2選手が失敗したことで勝敗は決した。 クラブ通算7度目のEL優勝に貢献したラメラは、試合後『DAZN』で喜びを露わに。2012-13シーズンまで所属していたローマへの想いを明かしつつ、自身初のタイトルに歓喜している。 「かつて所属したクラブとの対戦であり、とても難しい試合だった。僕は彼らのことが大好きだけど、これもフットボールなんだ。僕にとっては初めて手にしたタイトルになった。その相手がローマになったのは、正直予想外だったよ。今はとても感激している」 「僕たちは成功したんだ。最初から難しい試合になることは理解していた。ここまでとても長かったし、今日もチームとしてはベストな試合ではなかったかもしれない。それでも、今シーズンの努力やここまでの勝利があってのものであり、優勝に値するよ」 2023.06.01 10:34 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly