ミラン、今季でアタランタ退団が濃厚のGKスポルティエッロと口頭合意か

2022.12.07 23:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがアタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(30)と来夏加入で口頭合意に達したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。

現状ミランには、守護神のマイク・メニャンの控えとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。

そうした状況を受け、ミランは新たな控えGKの補強を模索しており、これまでフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノらが候補に挙がっていた。
そんな中、『カルチョ・メルカート』の記者で移籍市場に精通するダニエレ・ロンゴ氏によると、ミランは今季終了後にアタランタとの契約満了を迎えるスポルティエッロと来夏の加入で合意に至ったとのこと。なお、契約は冬の移籍市場終了後の2月頃に結ぶと予想している。

アタランタの下部組織で育ったスポルティエッロは、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、これまでセリエAで通算190試合の出場し53回のクリーンシートを達成。今季はGKフアン・ムッソの控えとしてこれまで6試合に出場している。

関連ニュース
thumb

ミランとレオンの交渉が破断に? 契約解除金を巡って双方に隔たり

ミランとポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)の契約延長交渉が破断となったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 2024年6月までとなっている契約を巡って、長らく延長交渉が伝えられている両者。2019年夏にリールから3000万ユーロの移籍金で加入したレオンは、1年目から主力として活躍し、昨季はスクデット獲得に大きく貢献した。 そんな23歳にはバルセロナやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなど錚々たるビッグクラブからの関心が伝えられている一方、本人はミラン残留を希望しているとも。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も、ミランは700万ユーロの年俸を用意し、契約更新をまとめにかかったと報じていた。 現在の年俸が150万ユーロであることを考えると即決のオファーだが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、契約解除金を巡って対立したようだ。解除金を1億5000万ユーロに設定したいミランに対し、レオン側はその半分を希望したとのこと。 問題が解除金であれば両者歩み寄れる余地がありそうだが、果てしてどういった決着となるだろうか。 2023.01.31 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ獲得失敗のミラン、代替案のチリ代表FWも交渉難航か

ミランのチリ代表FWダリオ・オソリオ(19)獲得に向けた交渉は難航しているようだ。 セリエA王者として迎えた今シーズン、序盤から安定した戦いで上位につけていたミラン。しかし、年明けからの公式戦7試合わずか1勝と急激に失速しており、セリエAでは5位まで順位を落としている。 巻き返しを図りたいクラブは、今冬の移籍市場でローマのイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ獲得を模索。選手側も移籍を熱望し練習ボイコットなどの強硬手段をとったが、ローマの求める移籍金を提示できなかったことから破談となった。 そこで、ミランは次なるターゲットとしてウニベルシダ・チレに所属するオソリオをリストアップ。ウニベルシダ・チレに対して移籍金500万ユーロ(約7億円)のオファーを提示し、交渉を開始していた。 しかし、イタリア『スカイ』によると、こちらの交渉も難航している模様だ。ウニベルシダ・チレはアストン・ビラも関心を寄せるオソリオに1000万ユーロ(約14億円)以上の移籍金を求めており、交渉の時間が残されていないことから破談に終わる可能性が高いという。 オソリオはウニベルシダ・チレの下部組織出身であり、昨シーズンにプロデビュー。19歳ながらチームの主力に定着すると、国内リーグ27試合で7得点を記録する活躍を見せた。 2023.01.31 15:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロから撤退… ミランが南米チリの19歳FWダリオ・オソリオ獲得に本腰

ミランがウニベルシダ・チレのチリ代表FWダリオ・オソリオ(19)獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 ダリオ・オソリオは身長184cmの左利きウィンガーで主戦場は右サイド。下部組織時代から過ごす現所属クラブでは19歳にして主力として活躍しており、2022年シーズンは国内リーグ27試合で7得点をマークした。 昨年6月にはキリンチャレンジカップで来日し、チュニジア代表戦でA代表デビュー。通算3キャップを記録している。チリ『Radio Cooperativa』によると、ミランがここ数日で獲得に本腰を入れ出したという。 背景にあるのはイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の獲得失敗。ミランはローマに買い取りオプション付きレンタルを提案も却下され、オソリオにターゲットを切り替え。すでにウニベルシダ・チレに対して500万ユーロ(約7億円)のオファーを提示したとされている。 2023.01.30 18:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン戦圧勝は今季5勝目… サッスオーロ指揮官が継続期す 「意志と決意欠けば転落まっしぐら」

サッスオーロのアレッシオ・ディオニージ監督がミラン戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝える。 サッスオーロは29日にセリエA第20節でミランと対戦。19分、22分と立て続けに2点を先行すると、24分に1点を返されたが、30分にFWドメニコ・ベラルディのゴールですぐさま突き放す。 後半開始直後にもFWアルマン・ローリエンがPKを沈め、79分にはMFマテウス・エンリケがさらなる追加点をゲット。その後1点を返されるも、アウェイで2-5の大勝を収めることとなった。 不審に陥るミランが相手とはいえ、昨季王者からまさかのゴールラッシュ。ディオニージ監督は試合後のインタビューで「リーグ戦はまだまだこれから」と前置きした上で選手たちを称えている。 「1試合勝利しただけでは満足できないが、今日のサッスオーロが正しい姿勢で試合に臨み、素晴らしいパフォーマンスを発揮したのは間違いない」 今季のサッスオーロはセリエAでなかなか白星を積み上げられず、ミラン戦前の順位が17位。勝利によってようやく今季5勝目を挙げ、15位に浮上することとなったが、継続の重要性を口にしている。 「我々は確かな道のりを歩んでいる。まさにみんなで掴んだ勝利だ。全ての結果を受け止め、お互いを見つめ、各々が責任を負う必要がある。中断明け初戦のサンプドリア戦からこの姿勢を保ってきた」 「この順位のチームがピッチで意志と決意を欠くようなら転落まっしぐらだ。メンタリティが重要であり、誰もが全力を尽くさねばならない。(ミラン戦勝利で)良い兆候が芽生えたと信じているよ」 2023.01.30 16:04 Mon
twitterfacebook
thumb

王者ミランが5失点…今節から採用の半自動オフサイドシステムに2点奪われる《セリエA》

ミランは29日、セリエA第20節でサッスオーロと対戦し、2-5で敗れた。 最近のリーグ戦ではローマとラツィオの首都クラブに加え、格下のレッチェ相手にも不覚を取り、3試合未勝利のミラン。トリノに敗れたコッパ・イタリアも含めると公式戦4試合白星なしと不調気味だ。 1月4日ぶりの勝利を目指す今節は、前節のラツィオ戦からスタメンを6人変更。ラファエル・レオンをベンチスタートとし、代わりにレビッチをスタメン起用。また、デ・ケテラエルが昨年10月のエンポリ戦以来の先発出場となっている。 テコ入れを図ったミランは、いきなりシュートまで運ばれるが、直後にカウンターからレビッチがチャンスを迎える立ち上がりに。すると8分、テオ・エルナンデスのクロスをジルーが左足のアウトサイドで合わせてネットを揺らす。しかし、わずかな差でオフサイドの判定に。セリエAでは今節から半自動オフサイドシステムが採用されている。 早くもその洗礼を受けることになったミラン。逆に救われる格好となったサッスオーロはここから攻勢に転じる。19分、ボックス右手前でボールを持ったベラルディが縦に切り込みグラウンダーのクロスを供給。これをデフレルが合わせてサン・シーロで先制に成功した。 さらにその3分後、ボックス手前の細かいパスワークからバイタルエリアでベラルディにボールが渡り、ボックス中央のフラッテージへラストパス。フラッテージはワンタッチでマークを掻い潜り、ボックス右からシュートを流し込んだ。 ミランはこれでリーグ戦3試合連続の複数失点。不調継続の雰囲気が漂う中、5試合ゴールの無いあの男が反撃の狼煙を上げた。24分、相手を押し込む流れの中で右サイドからカラブリアがクロスを上げると、合わせたのはジルー。打点の高いヘディングシュートで1点を返した。 来季の契約更新が迫るエースの2カ月半ぶりのゴールで景気付けといきたいところだったが、そうは問屋が卸さない。30分のサッスオーロの右CKのシーン、ハメド・トラオレが上げたクロスをベラルディが頭で叩き込んで追加点。点差は再び2点に開いた。 思わぬ展開となったホームチームは後半からデ・ケテラエルを下げてレオンを投入。しかし、その立ち上がりにも予期せぬ事態が。キックオフからファーストプレーでローリエンにボックスへの侵入を許すと、カラブリアが倒してしまいPKの判定に。これをそのままローリエンに決められ、3点差に広がった。 ラツィオ戦に続く4失点となったミラン。王者らしからぬ姿だが、この日はVARにも苦しめられることに。54分にトナーリのFKからレビッチがネットを揺らしたが、わずかに肩がオフサイドラインを越えていたとしてゴールは認められなかった。 3点差のまま70分を迎え、ミランは一挙3人交代。その数分後にサッスオーロもデフレル、フラッテージ、ローリエンのスコアラー3人を下げて締めにかかる。 この交代が先に功を奏したのはアウェイチーム。79分、ベラルディがテオ・エルナンデスからボールを奪い、ボックス右へ侵入すると、マイナスの折り返しを途中出場のマテウス・エンリケがダイレクトで流し込んで5点目。この試合のベラルディは1ゴール3アシストと大活躍だ。 一方、今季の最多失点を更新してしまったミランは81分、オリジがボックス左手前から右足をコンパクトに振り抜くコントロールショットをゴール右上に突き刺し、10月のモンツァ戦以来となる移籍後2点目を決めた。 しかし、今日のミランにとっては焼け石に水。結局、試合は2-5で大敗。サッスオーロに3カ月ぶりの白星を献上する結果となった。そして、次節はインテルとのミラノ・ダービー。大きな不安を抱えたまま、ビッグマッチに臨むことになった。 2023.01.29 22:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly