来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。

現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。

しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。
そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。

周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。

「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」

「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」

なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。

ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。

関連ニュース
thumb

ビッグクラブ行き噂されるライス、ハマーズ指揮官「移籍金はプレミア史上最高額になる」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がイングランド代表MFデクラン・ライス(24)の価値の高さを強調した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ウェストハムでの活躍ぶりを受け、近年はビッグクラブの注目を大きく集めるライス。カタール・ワールドカップ(W杯)でも堂々たるプレーを見せた中、クラブでも今シーズンここまで公式戦26試合に出場して変わらずの存在感を放っている。 新たにキャプテンにも就任したライスだが、クラブとの契約は2024年6月30日まで。満了まで1年半を切った中で移籍報道はますます過熱しており、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといったクラブが強い関心を寄せているとされる。 そうした中、4日に行われたプレミアリーグ第22節のニューカッスル戦後の会見で、モイーズ監督は「トッププレーヤーとして多くのものを見せてくれた」とライスのプレーを称えつつ、その去就にも言及。「絶対に彼は最高の選手になるだろう。ウェストハムを去る時の移籍金は間違いなくイギリスの史上最高額になる」と豪語した。 今冬の移籍市場ではチェルシーがベンフィカからアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)を獲得した際に1億2100万ユーロ(約170億8500万円)を費やし、移籍金におけるプレミアリーグ史上最高額を更新。これを上回るとなると、どんなメガクラブでも尻込みするような金額となるが、ビッグディールは実現するだろうか。 2023.02.05 16:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルが2戦連続ドロー…16戦無敗継続も7戦ぶりの失点で勝ち点逸《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ニューカッスルvsウェストハムが4日にセント・ジェームズ・パークで行われ、1-1のドローに終わった。 クラブ記録のリーグ戦15試合無敗を継続する絶好調の3位ニューカッスル。さらに、直近のEFLカップ準決勝でサウサンプトンに連勝し、47年ぶりのファイナル進出を果たした。快進撃続くエディ・ハウのチームは、残留争いに身を置く16位のウェストハムを相手に勝ち点3奪取を狙った。 立ち上がりからエンジン全開のニューカッスルは、開始1分でいきなりゴールネットを揺らす。右サイドでのスローインの流れからアルミロンの折り返しをニアで受けたウィロックが巧みな切り返しから右足を振り抜いた。だが、電光石火のゴールはアルミロンの折り返し前にボールがゴールラインを割っていたとの判定で取り消しに。 しかし、すぐさま気持ちを切り替えたホームチームは直後の3分に正真正銘の先制点を奪い切る。相手ゴールキックを撥ね返した流れからジョエリントンがボール奪取。そして、ロングスタッフからの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したカラム・ウィルソンが冷静にGKとの一対一を制した。 最高のスタートを切ったニューカッスルは、10分過ぎまではハイインテンシティの戦いを継続。前に出たいウェストハムに自由を与えない。 それでも、時間の経過と共にアントニオやパケタを起点に局面で違いを生み出すアウェイチームが押し返し始めると、セットプレーからゴールをこじ開ける。32分、変化を加えた右CKからライスのクロスがファーに流れると、これを冷静に足元に収めたパケタが左足のシュートを流し込んだ。 一瞬の隙を突かれてリーグ7戦ぶりの失点を喫したニューカッスルは、再びギアを入れ直して攻撃に出ていくが、追いついた勢いにのるウェストハムに球際でほぼ互角の応戦を許す。前半終盤にかけては我慢の時間帯が続くが、2点目を与えることなく最低限のイーブンで試合を折り返した。 後半はキックオフ直後こそウェストハムがニューカッスルゴールに迫ったものの、時間の経過と共にホームチームが押し込む流れに。54分にはボックス左でルーズボールに反応したサン=マクシマンがニア下を狙ったボレーシュートを放つが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。 後半は完全に主導権を握りながらも粘るウェストハムのゴールをこじ開けられないマグパイズは、69分にエバートンからの新戦力ゴードンをサン=マクシマンに代えてデビューさせる。すると、エバートンの元10番は投入直後の76分に巧みなボールの引き出しから鮮やかなスルーパスを供給。これに反応したウィルソンがボックス内に抜け出しかかるが、ここはDFアゲルドの圧巻のブロックに阻まれた。 後半終盤にかけては消耗戦色濃い、オープンな展開が目立ち始めると、両ベンチはフレッシュな選手の投入で勝負を決める2点目を狙う。 最後まで勝ち点3を目指したニューカッスルだったが、引き分けやむなしのアウェイチームのゴールを再びこじ開けることは叶わず。この結果、リーグ無敗を16試合に更新したものの、下位チーム相手に2試合連続ドローとなった。 2023.02.05 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがウェストハムDFアシュビーを完全移籍で獲得…将来期待の右SB

ニューカッスルは31日、ウェストハムのU-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は長期とされており、移籍金は非公開。イギリス『スカイ・スポーツ』は300万ポンド(約4億8000万円)としている。 アシュビーはウェストハムの下部組織育ち。正式にウェストハムのファーストチームには昇格していないものの、これまで公式戦7試合でプレー。今シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で1試合に出場していた。またプレミアリーグでは開幕から3試合でベンチ入りを果たしていた。 右サイドバックやサイドハーフでプレーし、世代別のスコットランド代表に選ばれている将来期待のサイドバックだ。 アシュビーはクラブを通じてコメントしている。 「これ以上の幸せはない。僕にとっても家族にとっても誇らしい日だ」 「今夜は試合会場に来ていて、ファンに会い、雰囲気を味わいたくてワクワクしている」 「ウェストハムがなかったら、今の僕はない。僕を成長させてくれ今に至るまでにお世話になった全ての指導者に感謝している」 2023.01.31 19:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ウェストハムの21歳DFアシュビー獲得へ… トリッピアーのバックアッパーに

ニューカッスルがウェストハムの元U-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)獲得を確実にしたようだ。イギリス『90min』が伝えている。 アシュビーはウェストハムの下部組織で育った右サイドバック。ファーストチームデビューは2020年9月まで遡るが、今季はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の予選と本戦の計2試合以外に出場がなく、主にU-21チームでプレーしていた。 ニューカッスルは昨夏にアシュビー獲得を目指すも、この時はクラブ間交渉が決裂。主軸の右サイドバックであるDFキーラン・トリッピアーをバックアップできる人材として注目してきたとのことだ。 移籍金は300万ポンド(約4億8000万円)とされ、アシュビーは29日にメディカルチェックを実施。契約もすでに済ませたとみられ、あとは公式発表を待つのみとなったようだ。 2023.01.30 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこ勢5人が先発の英カップ戦QF、長谷川唯のシティと清水梨紗・林穂之香のウェストハムらが準決勝へ

25日から26日にかけ、イングランドの女子コンチネンタルカップの4試合が行われた。 各チームに所属するなでしこジャパンの選手たちも出場を果たしている。マンチェスター・シティのMF長谷川唯は先発出場し67分までプレーし、6-0の勝利に貢献。トッテナムへ加入したばかりのFW岩渕真奈も先発起用され、59分までプレーした。 リバプールvsウェストハムでは日本人対決が実現し、1-0でウェストハムが勝利を収めている。 リバプールへ新加入したMF長野風花は[4-3-3]のアンカーで先発出場。リーグ戦ではデビュー戦がピッチ凍結のために開始早々に中止となる珍事を経験したが、この試合で改めてレッズの一員として登場。後半のアディショナルタイムまでプレーしたが、チーム全体がウェストハムのプレッシングに苦しみ、ボールタッチの回数は限定的となった。 対するウェストハムからはDF清水梨紗とMF林穂之香がフル出場。清水は右サイドバックで先発し、効果的な位置取りでボールの引き出し役となるだけでなく惜しいラストパスも披露。終盤にはシステム変更に伴い、ウイングバックとしてプレーした。 林は[4-3-3]の中盤の一角に入り、相手の中盤との嚙み合わせでボランチとインサイドハーフの中間のようなポジショニングに。選手交代に伴い、62分以降はアンカーを務め、最終盤にはタイトな守備でゲームのクローズに一役買った。 26日には準決勝の組み合わせが発表され、ウェストハムはチェルシーと、シティはアーセナルとそれぞれ2月8日に対戦する。 ◆女子コンチネンタルカップ準々決勝 ブリストル・シティ 0-6 マンチェスター・シティ リバプール 0-1 ウェストハム トッテナム 1-3 チェルシー アーセナル 3-0 アストン・ビラ ◆準決勝組み合わせ ウェストハム vs チェルシー アーセナル vs マンチェスター・シティ <span class="paragraph-title">【動画】清水、林、長野が出場、ウェストハムvsリバプールの決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIpYpkolci8";var video_start = 181;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly