メキシコ戦でチームを救うミドル、メッシ「諦めるわけにはいかない」

2022.11.27 10:54 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがグループステージ突破へ決意を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

26日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループC第2節でメキシコ代表と対戦したアルゼンチン。初戦のサウジアラビア代表戦ではまさかの黒星を喫し、チームにとっては絶対に勝たなければならない一戦となったが、前半は相手の強度の高い守備を打開できず、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。それでも、試合を折り返して63分にメッシがボックス手前中央から左足のミドルシュートを叩き込んで先制。87分にはMFエンソ・フェルナンデスが追加点を決め、2-0で大会初勝利を収めた。

メッシは試合後、「今日のようなプレーをしなければならないよ」とコメント。負ければ敗退が決まっていたこの一戦に向けた並々ならぬ想いを口にした。
「メキシコは良いプレーをするし、ボールをコントロールしていた。彼らには素晴らしい監督もいるしね」

「前半は自分たちのすべきプレーをしたが、後半はより落ち着いてから自分たちらしいプレーができた。向こうもゴールが必要だったみたいだけど、僕たちは今日絶対に勝たなければならなかった」

また、初戦で味わった悔しさを語りつつも、ポーランド代表との最終戦に向けては必勝を誓った。

「初戦はかなり苦戦したよ。コンディショニングの要素が多く、当然のことではあるけどね。初めてW杯に出場する選手も多いし、日程も良くなかった。言い訳はできないけど、自分たちのすべきプレーができなかった」

「勝負の分かれ目となったプレーが2つあり、それが敗因となったんだ。数センチ単位の問題で追加点を決めれなかったということもある。2-0になっていたら、試合展開が変わっていたかもしれない。だけど、今日からまたW杯がリスタートする。僕らは成し遂げたんだ」

「諦めるわけにはいかない。僕らはここまでコンディションを高めてきていて、最終節は全ての場面でミスは許されないんだ」

関連ニュース
thumb

メッシが自身登場のゲームPVを公開!ドリブルからの銃撃戦にシュートで相手GKを粉砕「別の惑星から来た男」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシはどのような状況にも立ち向かっていく。 カタール・ワールドカップ(W杯)でグループCに入ったアルゼンチンは、初戦こそサウジアラビア代表にまさかの逆転負けを喫したものの、続くメキシコ代表戦、ポーランド代表戦をいずれも2-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めた。 3日に行われるラウンド16では、4大会ぶりにグループステージを突破したオーストラリア代表と対戦する。 メッシも第2節では見事なミドルで今大会初ゴールを記録。2日には自身のインスタグラムを更新し、大ヒットゲーム、コール・オブ・デューティ(CoD)モバイルのプロモーションビデオを投稿した。 「どのようなフィールドでも前進するためには適応しなくちゃならない」 CoDは戦争をテーマにした本人視点型のシューティングゲーム。最新作『Call of Duty: Modern Warfare II』は、ローンチが10月28日の発売から3日間で全世界での売り上げが合計8億ドル(約1170億円)に達し、史上最速の収益を上げている。最新作にはプレイアブルキャラクターとして、メッシのほかにブラジル代表FWネイマール、フランス代表MFポール・ポグバが登場している。 PVで仮想のピッチに登場したアバター姿のメッシは、得意のドリブルとガンアクションで次々と敵を撃破。最後は左足のシュートでゴールを守る相手を粉砕した。 痛快なアクション映像には「そのゲーム始めます」、「オーストラリア戦であなたの魔法を見せてください」、「史上最高」、「アメリカ対イランでこんな試合を期待していた」、「フットボールは変わった」、「別の惑星から来た男」などの声がファンから送られている。 アジア勢には今大会で一度敗れているだけに、オーストラリア戦へも警戒を怠らないメッシ。自身初のW杯制覇へ向け、次戦も活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】CoDに登場したメッシが次々と敵をなぎ倒していく</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Clo8V-hj6A4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Clo8V-hj6A4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Clo8V-hj6A4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.02 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーがメッシと試合前にある“賭け”…「僕は100ユーロ払わなければならない」

ポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、アルゼンチン代表戦で相手のリオネル・メッシとある“賭け”をしていたことを明かした。イギリス『サン』が伝えている。 両代表は30日、カタール・ワールドカップのグループC最終節で決勝トーナメント進出をかけて激突。立ち上がりからメッシのシュートがシュチェスニーを強襲する白熱した展開が繰り広げられた中、前半40分手前にメッシがヘディングシュートを放った際にシュチェスニーのパンチングした手が顔面に当たっていたとしてアルゼンチンにPKが与えられた。 アルゼンチンにとっては先制の千載一遇のチャンスだったが、メッシが枠の右を狙ったシュートをシュチェスニーがファインセーブ。シュチェスニーはサウジアラビア戦から続けてPKストップという離れ技をやってのけた。 試合後のシュチェスニーによると、メッシとのある賭けとはPKについて。シュチェスニーはこの一戦でアルゼンチンにPKが与えられるか与えられないかで、後者に100ユーロ賭けていたそう。 「僕たちは試合前に話をして、僕は審判がPKを与えない方に100ユーロ賭けると言ったんだ。だからメッシに賭けで負けてしまったよ」 「ワールドカップでそれが許されているのかはわからない。それで出場停止になるかもしれないね(笑)。でも気にしてないよ!」 「別に本当に100ユーロ払うわけではないけど、彼は100ユーロなんて気にしないだろう。いっぱいもらってるんだから」 なお、試合は結局、後半に2点を決めたアルゼンチンが勝利。アルゼンチンは首位でグループ突破となったが、ポーランドも得失点差でメキシコを上回り、36年ぶりの決勝トーナメント進出となった。 2022.12.01 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「美しいお姫様」ビキニ姿投稿後に2連勝、アルゼンチンの"最もセクシーなファン"が「女神だ」と話題に「とても豊かな愛」

サポーターがチームの奮起を促したのかもしれない。 アルゼンチンの"最もセクシーなファン"と称されるシンガーのメリシア・アルティスタさんは、カタール・ワールドカップ(W杯)で母国を応援するため、現地へと赴いた。 初戦では丈を短くしたへそ出しのユニフォーム姿で会場を訪れていたメリシアさん。第2節の前にはホテルからアルゼンチンカラーのビキニ姿を投稿し、会場ではさらに裾の短くなったユニフォームにカベッサというスタイルで現地のスタッフとも記念撮影を行った。 第3節の前にはビーチでの水着姿を披露し、スタジアムへは自身のネームを入れたユニフォームとアルゼンチンカラーの花冠で登場した。 ファンからも「何という美しさ」、「ありがとうございます」、「あなたは美しい、女神です」、「あなたは愛、たくさんのキス、甘いもので私を焦がす」、「とても豊かな愛です」、「美しいお姫様」、「アルゼンチンの女神」などの賛辞が寄せられている。 アルビセレステは初戦こそサウジアラビア代表にまさかの逆転負けを喫したものの、続くメキシコ代表戦、ポーランド代表戦をいずれも2-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めている。 イギリス『サン』はメリシアさんのホットな観戦姿をピックアップ。併せて過去の逸話も紹介している。 メリシアさんは応援するリバープレートが2017年のコパ・リベルタドーレス準々決勝第1戦、クラブ・ホルヘ・ウィルステルマン(ボリビア)に0-3で敗れた際、"粋な"ビデオを選手に贈ったとのこと。オンライン上ではファンに「チームが勝ったら、下着をフォロワーへオークションにかける」とまで述べたそうだ。 結果的に第2戦でリーベルは8-0の大勝を収めていた。 今回も作戦が功を奏したメリシアさん。ラウンド16のオーストラリア代表戦へ向けては、どのような"戦術"を見せてくれるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】初戦、へそ出しスタイルのユニフォーム姿で応戦するメリシアさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.instagram.com/reel/ClQXHyeOdrt/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" scrolling="no" class="instagram-embed"></iframe> <span class="paragraph-title">【動画】第2節前、アルゼンチンカラーのビキニ姿で勝利を願うメリシアさん</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="sc-6b514728-0 sc-7fb2b59e-0 hpUYyD hsdNtA"><div class="sc-7fb2b59e-1 fUMqNw"><iframe class="instagram-media instagram-media-rendered" id="instagram-embed-0" src="https://www.instagram.com/reel/ClZqZ7du2hU/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14&amp;rd=https%3A%2F%2Fwww.rtl.de&amp;rp=%2Fcms%2Fivana-knoell-ex-miss-kroatien-schockt-katar-mit-sexy-outfits-5018263.html#%7B%22ci%22%3A0%2C%22os%22%3A1357.9000000059605%7D" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" height="1069" data-instgrm-payload-id="instagram-media-payload-0" scrolling="no" style="background: white; max-width: 658px; width: calc(100% - 2px); border-radius: 3px; border: 1px solid rgb(219, 219, 219); box-shadow: none; display: block; margin: 0px 0px 12px; min-width: 326px; padding: 0px;"></iframe></div></div> <span class="paragraph-title">【動画】第3節、ユニフォームに花冠の姿で会場に訪れたメリシアさん</span> <span data-other-div="movie3"></span> <iframe src="https://www.instagram.com/reel/Clmspj_SQgz/embed/captioned/?cr=1&amp;v=14" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" scrolling="no" class="instagram-embed"></iframe> 2022.12.01 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

日本ともしのぎを削ったオーストラリア代表MF、16年ぶりの決勝T進出に感極まる「プレッシャーは計り知れないものだっただろう」

オーストラリア代表のMFジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ)が感極まった。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最3節でデンマーク代表と対戦した。2試合を終えて1勝1敗。勝てばグループステージ突破が決まるという状況でキックオフを迎えた。 ボールを支配されながらも集中した守備を続けると、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾。これが決勝点となり、1-0で勝利を収めた。 この結果、オーストラリアは2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。サッカルーズの公式インスタグラムは翌日に「これが意味するところ」と、試合後に感極まるアーバインの様子を公開した。 「ジャクソン・アーバインは、2006年にサッカルーズがノックアウトステージへの出場権を獲得したとき、ドイツにいました。16年後の今、彼は子供の頃の夢を実現しています」 これにはW杯公式アカウントから「おめでとうございます!」とのメッセージが届き、ファンからも「泣かせるね」、「私たちのためにアルゼンチンを倒してください、メキシコはあなたを応援しています」、「とても情熱的」、「よくやったジャクソン」、「プレッシャーは計り知れないものだっただろう」、「勝っても負けても、何があってもオーストラリアを誇りに思う」などの温かい声が届いている。 日本代表ともしのぎを削ったアジア最終予選では、グループBで3位に終わったオーストラリア。アジア、大陸間プレーオフへ回り、苦しみながらも出場権を得ていた。 本大会でも厳しいグループに入ったとの下馬評の中で、初戦のフランス代表戦は逆転負け。そこからチュニジア代表戦、デンマーク戦を1-0で下し、4大会ぶりの歓喜を手にした。 初のベスト8入りが懸かるラウンド16の相手は優勝候補の筆頭、アルゼンチン代表。またも難敵と相まみえるが、過去最高成績を更新することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】16年ぶりに決勝T進出を決め、感極まるアーバイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Socceroos(@socceroos)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.01 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「負けたのに笑ったのは初めて」36年ぶりの決勝T進出にポーランド主将レヴァンドフスキも感激

ポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキが、カタール・ワールドカップのグループステージ突破を喜んでいる。 開幕から1勝1分けでグループC首位につけていたポーランド代表は、30日に行われた最終節のアルゼンチン代表戦の結果、2位で突破を果たすことになった。試合は0-2で敗れ、サウジアラビアを破ったメキシコと勝ち点で並ばれてしまったものの、1ポイントの得失点差で勝ち抜け。実に36年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。 主将でエースのレヴァンドフスキもまずはこの結果に安堵。「負けたのに笑ったのは初めて」という奇妙な感覚を覚えたという。また、ラウンド16で対戦するフランスにも言及している。 「敗戦したのに笑顔だったのは生まれて初めてだ」 「ラウンド16に進むことができて本当に素晴らしい。僕らはよくやったよ。メキシコの試合が残り1分になっても僕たちの行方はわからなかったからね」 「フランスは優勝候補の一つだ。だけど、僕たちは楽しみながら全てを出し切る。どうなるか楽しみだね」 2022.12.01 18:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly