母国復帰を待ち焦がれるL・アルベルト、セビージャ行きが再燃

2022.11.15 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、セビージャ移籍の可能性が再燃しているようだ。

ルイス・アルベルトは2016年夏にリバプールからラツィオへ移籍。2018-19シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献したほか、翌季はセリエAで驚異の16アシストを叩き出すなど、近年のラツィオを代表する選手の1人となっている。

一方、かねてより母国スペインへの復帰希望を公言しており、今夏はプロデビュー時の古巣セビージャへの移籍を希望。その影響もあってか、今季はチーム内で序列が下がり、ベンチスタートが増えている状況だ。
イタリア『カルチョメルカート』によると、ラ・リーガで降格圏の18位に低迷するセビージャは、以前にも増してルイス・アルベルトの獲得に熱心。来冬に向けて本腰を入れているという。

ただ、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が設定した2000万ユーロ(約29億円)という条件を飲み込むことが困難と目されており、粘り強く交渉に臨む必要があるとされている。

関連ニュース
thumb

バルサの18歳FWイリアスが今夏退団へ…関心寄せるリーズのSDは才能ベタ褒め「我々のレベルを引き上げる」

バルセロナBのU-19スペイン代表FWイリアス・アコマック(18)が今夏新天地へと向かうようだ。イギリス『90min』が伝えている。 下部組織時代からバルセロナに在籍するイリアス。現在はバルセロナ・アトレティック(Bチーム)に身を置きつつ、時折ファーストチームの公式戦にも招集されており、チャビ・エルナンデス監督の下で昨季3試合に出場した経験を持つ。 その一方で契約は今季まで。バルセロナはU-19スペイン代表で主将を務める逸材イリアスの今夏退団を容認しており、イリアスが次に加入することとなるクラブから将来得られる経済的利益を期待しているという。 イリアスとの契約を熱心に検討しているのは、ミラン、セビージャ、モナコ、リーズ・ユナイテッド。リーズのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるビクター・オルタ氏はスペイン『Relevo』のインタビューでイリアスへの関心を認めつつ、その才能をベタ褒めしている。 「多くのクラブがイリアス獲得を競っている。契約切れが近づく選手であり、非常に才能豊かな選手だ。決定的な働きができるバルセロナで磨かれたスペインの才能…我々のチームを1つ上のレベルへと引き上げてくれる。誰が彼を手に入れるか、様子を見てみよう」 リーズは2021年夏にバルセロナからスペイン人DFジュニオル・フィルポを獲得し、バルセロナは2022年夏にリーズからブラジル代表FWハフィーニャを獲得。両クラブは良好な関係を築いている。 2023.03.30 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

テレス、ひとまずユナイテッド復帰の見通し…セビージャとのローン契約に買取OPなく

ブラジル代表DFアレックス・テレス(30)を巡る去就は現状、マンチェスター・ユナイテッドに戻る見通しのようだ。 昨夏のプレシーズンこそユナイテッドで過ごしたものの、タイレル・マラシアの加入に押し出され、セビージャに1年ローンで移ったテレス。セビージャではここまで公式戦27試合出場で3アシストを記録している。 ユナイテッドでは放出候補の1人と根っからの噂だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、セビージャとのローン契約に買取オプションがなく、一旦は戻る見込みだという。 ちなみに、ユナイテッドとの契約は1年間の延長オプションを除くと、2024年夏まで。ユナイテッドは攻撃的左サイドバックの将来を6月から7月にかけて決断するようだ。 2023.03.27 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン3部で試合中の選手心停止で試合が中止…セビージャDFネマニャ・グデリの実弟

スペインのプリメーラ・フェデラシオン(3部)のリーグ戦が、試合中に起きた選手の心停止によって中止となった。 今回、事件が発生したのは、25日に開催されたコルドバとラシン・フェロールの一戦。 1-1のイーブンで迎えた前半半ばにコルドバのセルビア人DFドラギサ・グデリ(25)がピッチで卒倒。すぐさま異変に気が付いた周囲の選手や主審の呼びかけによってメディカルスタッフがピッチに入り、心肺蘇生法(CPR)が行われ、同選手は蘇生した。 その後、救急車によってコルドバ市内の病院に緊急搬送されたグデリだが、病院到着時には意識を取り戻していた。また、現在は集中治療室で検査を受けているものの、容態は安定しているとのことだ。 なお、グデリは現役時代にパルチザンやNACブレダなどで活躍したネボイシャ・グデリ氏を父親に持ち、兄はセビージャで活躍するセルビア代表DFネマニャ・グデリ(31)だ。 2023.03.26 22:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド保有のテレス、セビージャ選手としてEL8強に出場可! ミラン時代のダロトで前例

マンチェスター・ユナイテッドからセビージャにローン移籍中のブラジル代表DFアレックス・テレスだが、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝も出られるようだ。 ラ・リーガでよもやの残留争いに片足を突っ込む状況のセビージャだが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退で回ったELではベスト8へ。その準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドとの顔合わせが決まった。 だが、テレスからすると、いまだ自身の保有権が残るクラブとの一戦に。契約上の問題で出場できないというのはよくある話だが、ユナイテッドは23日にプレー資格を有している旨を明らかにしている。 振り返ってみると、ユナイテッドでは2020-21シーズンのELでもミランにローン移籍中のジオゴ・ダロトで前例あり。その当時のダロトはというと、1stレグに先発して、2ndレグも途中から出場していた。 昨夏のプレシーズンこそ帯同したものの、最終的に新顔のタイレル・マラシアに押し出され、セビージャに1年ローンで移ったテレス。セビージャではここまで公式戦27試合出場で3アシストを記録している。 2023.03.24 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

サンパオリ解任のセビージャ、メンディリバル氏を新指揮官に招へい

セビージャは21日、ホセ・ルイス・メンディリバル氏(62)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 セビージャでは同日、ホルヘ・サンパオリ前監督(63)を成績不振により解任していた。 今季のセビージャはヨーロッパリーグでこそベスト8にまで駒を進めているものの、ラ・リーガでは降格圏の18位バレンシアと2ポイント差の14位と低空飛行。 昨年10月にフレン・ロペテギ前々監督の後任としてセビージャに復帰したサンパオリ前監督だったが、チーム状態を好転させるには至らなかった。 メンディリバル氏はバジャドリーやオサスナ、エイバルで手腕を発揮。とりわけエイバル指揮時にはMF乾貴士らを擁し、6季連続ラ・リーガ残留に導いていた。 直近では2021年12月にアラベスを率いるもわずか1勝に終わって翌4月に解任され、それ以降はフリーとなっていた。 2023.03.22 06:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly