【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田フル出場のスポルティングCPがリーグ戦連勝で中断期間へ!

2022.11.15 07:14 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プリメイラ・リーガ第13節が週末に行われた。

今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、に加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。

日本代表に選出された守田が先発したスポルティングCPは、前半終盤の42分にトリンコンのゴールで先制すると、前半終了間際にもトリンコンの右クロスが相手DFの手に当たって獲得したPKをゴンサウヴェスが決め、2-0で前半を終える。
後半は一進一退の展開が続く中、スポルティングCPは62分に右CKをニアのパウリーニョがフリックしたボールをファーサイドの守田が押し込んだが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。

スポルティングCPは78分にイバン・ハイメのジャンピングボレー弾で1点を返されたが、その後のファマリカンの攻撃を凌ぎ切り、2-1で勝利した。なお、守田はフル出場している。

守田英正[スポルティングCP]
▽11/13
ファマリカン 1-2 スポルティングCP
◆フル出場

小久保玲央ブライアン[ベンフィカ]
▽11/13
ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ
◆ベンチ入りせず

藤本寛也[ジル・ヴィセンテ]
▽11/13
ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ
◆75分までプレー

新井瑞希[ジル・ヴィセンテ]
▽11/13
ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ
◆ベンチ入りも出場せず

小川諒也[ギマランエス]
▽11/13
ギマランエス 1-0 マリティモ
◆ベンチ入りも出場せず

田川亨介[サンタクララ]
▽11/14
サンタクララ 3-1 エストリル
◆74分からプレー

渡井理己[ボアヴィスタ]
▽11/12
ボアヴィスタ 1-4 ポルト
◆56分までプレー

川﨑修平[ポルティモネンセ]
▽11/13
ポルティモネンセ 1-2 ブラガ
◆ベンチ入りせず

中村航輔[ポルティモネンセ]
▽11/13
ポルティモネンセ 1-2 ブラガ
◆フル出場

邦本宜裕[カーザ・ピア]
▽11/13
カーザ・ピア 1-2 シャヴェス
◆ベンチ入りせず

関連ニュース
thumb

「ただの天才」「決定力異次元」鎌田大地が衝撃のボレー!右足アウトにかけた決勝ゴールにファン歓喜「鎌田の決定力は鬼」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が衝撃のゴールを記録した。 7日、DFBポカールのラウンド16でフランクフルトはダルムシュタットと対戦した。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で首位に立つダルムシュタットとの一戦。鎌田はこの試合もボランチの一角で先発フル出場。MF長谷部誠も3バックの一角でフル出場した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後はここまでゴールがなかった鎌田。ボランチとして攻守に貢献する姿を見せていた中で、この試合は打ち合いの展開となる。 開始6分にランダル・コロ・ムアニのゴールで先制も、マティアス・ホンサクの連続ゴールで前半のうちに逆転を許すことに。それでもラファエル・サントス・ボレが前半終了間際にゴールを決めて2-2で折り返す。 すると2-2で迎えた62分にその時が訪れる。右からの浮き球のパスがゴール前に送られると、ボックス内でコロ・ムアニが頭で落とす。これを、ボックス手前で鎌田が右足一閃。右足アウトにかかった強烈なシュートがゴール右に決まり、フランクフルトが逆転に成功した。 圧巻のボレー、そして落ち着き払ったシュートにはファンも称賛の言葉を送っている。 「ただの天才」 「ふかさずアウトで決めるのカッコよすぎ」 「決定力異次元」 「理想的なボランチ」 「鎌田の決定力は鬼」 「マジでクオリティは本物」 試合はこのゴールが決勝点。終了間際にコロ・ムアニがダメ押しゴールを決め、4-2でフランクフルトが勝利した。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻の決定力!アウトにかけた鎌田大地のボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AOF0xme6_Ac";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 08:39 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が圧巻ボレーで決勝点! フランクフルトが2部首位に打ち勝ってベスト8進出《DFBポカール》

フランクフルトは7日、本拠地ドイチュ・バンク・パルクで行われたDFBポカール3回戦でダルムシュタットと対戦し、4-2で勝利。準々決勝進出を決めた。なお、MF長谷部誠は、MF鎌田大地はいずれもフル出場した。 リーグ前節のヘルタ・ベルリン戦を3-0の快勝で飾り、公式戦8試合無敗と好調を継続するブンデスリーガ5位のフランクフルト。ベスト8進出を懸けたこの一戦では、ブンデスリーガ2部で首位に立つダルムシュタットと対戦した。なお、長谷部は3バックの中央、鎌田は2セントラルMFの一角でスタメン起用となった。 共に[3-4-2-1]の布陣を採用し、ミラーゲームの形となった試合。キックオフから主導権争いがしばらく続いたが、ホームチームが幸先よく先制に成功する。 6分、鎌田も絡んだ右サイドでの細かいパス交換からアウレリオ・ブタが右サイド深くに抜け出すと、ゴールライン際から正確なクロスを供給。中央からニアへの斜めのランニングでDFを引っ張った味方の動きを利用し、ゴール前で冷静にステイしたコロ・ムアニのヘディングシュートがGKの手を弾いてゴール左へ決まった。 ホームチームがファーストチャンスをモノにして先制した後は、空中戦での交錯によってトゥタ、ミュラーと両チームの選手が頭部を負傷し、治療のために数分間の中断を余儀なくされる。 再開後の23分には左サイドのスペースに抜け出したマックスからの正確なグラウンダークロスでフランクフルトに2点目のビッグチャンス。だが、ゴール前にタイミング良く飛び込んだゲッツェのワンタッチシュートは相手GKのビッグセーブに遭う。 すると、このプレーをキッカケに試合の流れが一変。まずは29分、ビルドアップの場面で長谷部とローデのパス交換がうまくいかず、ダルムシュタットにカウンターを許す。さらに、スライディングでパスカットを試みた長谷部が交わされて数的不利に陥ると、メーレムのボックス右からの折り返しをホンサクにダイレクトで蹴り込まれて同点に追いつかれる。 さらに、直後の31分には相手GKからのロングボールを中盤で回収されて再びカウンターに持ち込まれると、シェネルハルトのスルーパスに抜け出したホンサクに正確な左足のシュートを右隅へ流し込まれ、逆転まで持っていかれた。 瞬く間の連続失点で試合を引っくり返されたフランクフルトだが、慌てずに相手を押し返していくと、前半終了間際に同点に追いつく。44分、マックスのアグレッシブなボール奪取からショートカウンターに持ち込むと、クロスのこぼれ球に反応したローデがボックス内のゲッツェの足元へすかさず縦パス。ゴールを背にした元ドイツ代表MFが冷静に左へ叩くと、フリーのボレがきっちり左足でゴールネットへ流し込んだ。 1部チームの勝負強さを発揮して2-2のイーブンで試合を折り返したフランクフルトは、前半カードをもらっていたエンディカを下げてスモルチッチをハーフタイム明けに投入。 後半も引き続き一進一退の攻防が続く中、ホームチームの日本人エースが決定的な仕事を果たした。62分、相手陣内右サイドで粘ったボレが浮き球のクロスを上げると、ボックス内でゴールを背にしたコロ・ムアニが冷静に頭でマイナスに落とす。ペナルティアーク付近でこれに反応した鎌田が右足アウトにかけた見事なダイレクトボレーシュートをゴール右隅へ突き刺した。 鎌田の2023年の公式戦初ゴールで勝ち越しに成功したフランクフルトだが、完璧に試合をコントロールするまでには至らず。リード直後にオフサイドに救われたものの、ゴールネットを揺らされるピンチを招くと、65分にもセットプレーからティーツに左ポスト直撃のシュートを打たれる。 それでも、このピンチを凌いだホームチームは、ソウやクナウフといったフレッシュな選手の投入で試合を落ち着かせると、以降は危なげなく時計を進めていく。 さらに、試合終了間際の90分には自陣でのマックスのボール奪取からロングカウンターを発動。ゲッツェの絶妙なスルーパスに抜け出したコロ・ムアニが左サイドを独走すると、最後はボックス内でGKとの一対一を制し、試合を決めるドッペルペックとした。 そして、鎌田のスーパーゴールが決勝点となり、ブンデスリーガ2部首位チームとの打ち合いを制したフランクフルトがベスト8進出を決めた。 2023.02.08 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

「信じられない仕事」ベルギー時代の三笘薫を知るブライトンFWが活躍を称賛「ベルギー時代よりも優れている」

ベルギー時代からのチームメイトであるブライトン&ホーヴ・アルビオンのFWデニス・ウンダブが日本代表MF三笘薫の凄さを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウンダブは、2020年7月からロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレー。2022年1月にブライトンへと完全移籍すると、そのままレンタルでサン=ジロワーズに残った。 三笘が初めてヨーロッパにチャレンジした最初のチームメイトであり、2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグではレギュラーシーズンの33試合で25ゴール10アシストを記録。三笘からのアシストを受けるなど、良いコンビを見せていた。 そのウンダブは三笘と共に今シーズンからブライトンでプレー。自身初のイングランドでのプレーでは苦戦が続き、ここまでプレミアリーグ9試合でノーゴールとなっている。 ウンダブは4日に行われたボーンマスにも先発出場。6試合ぶりの出番をもらった中、ゴールを決められずに75分に交代。三笘からのお膳立てがありながらもミスをするなどしていた。 試合後、ウンダブは決勝ゴールを決めてチームを勝利に導いた三笘について言及。今シーズンの働きぶりの凄さを称えた。 「彼は今シーズンとても大きな一歩を踏み出した。彼の一対一は、ベルギー時代よりも優れている。いつパスをするのか、いつ一対一で仕掛けるべきなのかを理解している。彼がチームのために信じられない仕事をしており、違いを生み出しているということは、誰もが同意するだろう」 「彼は最高の試合ができなかったにも関わらず、再びゴールを決めた。今リズムに乗っているし、これを続けてくれることを願っている」 「ほとんどの場合はデュエルで勝利する。適切なタイミングで適切な場所にいる必要があり、ボールが自分のためにそこにあれば、それをフィニッシュまで持っていく必要がある。彼がいれば、毎試合5、6回のチャンスが生まれるかもしれない。次は彼がこのポジションにいるときに得点できるように頑張る」 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英が勘違いしたエスコートキッズに優しく手を差し伸べる 試合前にあった微笑ましい一幕

レアル・ソシエダがバジャドリー戦の裏側を公開している。 5日、ラ・リーガ第20節でバジャドリーをホームに迎えたソシエダ。先発した日本代表MF久保建英を中心に相手ゴールへと迫ったが、得点を奪えずにいると、3分に失点。その後も猛攻を仕掛けるが、最後までゴールを奪えず0-1で敗戦。8試合ぶりのリーグ戦黒星となった。 悔しい敗戦となったが、ソシエダはクラブの公式YouTubeチャンネルで試合以外の出来事を公開。その中で久保とエスコートキッズの微笑ましい場面があった。 ピッチへとつながる通路で選手たちを先に待ち構えていたエスコートキッズたち。選手たちと手をつないでもらい、そのまま一緒に入場する運びだった。しかし、久保と手をつなぐはずの女の子はハイタッチするだけと勘違いしたのか、久保の手を握ることを忘れてしまう。それでも久保が手を差し出すと、理解した女の子は小走りで久保の手を握り、一緒に入場していた。 ちなみに、久保の次に入場したGKアレックス・レミロは、最初エスコートキッズの存在を忘れて1人でダッシュ。通り過ぎた後に慌ててエスコートキッズの男の子と一緒に入場していた。 久保とエスコートキッズのやり取りには、「タケとパートナーのエスコートキッズ嬉しそうだったなぁ」というファンのコメントも。チームは敗れながらもマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せていた久保。試合以外でも光る好プレーだった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が勘違いした女の子に優しく手を差し伸べる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J1u-B32hhXY";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.07 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「踵でトラップとか訳わかんない」公式戦3戦連発の三笘薫、前節の華麗な突破シーンをブライトンが2つ厳選「足の動きがすごい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が多くの称賛を集めている。 三笘は4日、プレミアリーグ第22節のボーンマス戦に先発出場。0-0で迎えた87分に珍しくヘディングでゴールを記録した。 ボックス際でボールを持った三笘。ドリブルではなく中にパスを送ると、味方が繋いでサイドに展開。ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロスを送ると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴール。チームを勝利に導く決勝ゴールとなった。 ボーンマス戦では、突破を警戒する相手ディフェンスに中々自由にはさせてもらえなかったなか、最後の最後に大仕事を果たした三笘。ゴールシーン以外にも、随所でその真価を発揮していた。 ブライトンの公式SNSが6日に「ミトマ・カオル、彼は止められない」として公開したのは、ボーンマス戦でマッチアップしたアダム・スミスを突破した2つのシーンだ。 1つ目は35分、三笘の切り返しの鋭さに対応できず、股抜きを警戒したのかアダム・スミスがピッチに両ヒザを突く格好に。その脇を突破しようとする三笘を手を使って止めようとした場面だ。 2つ目は84分、かかとでトラップした三笘の反転にアダム・スミスがついていけず、三笘に手をかけて止めてしまい、イエローカードを提示された場面だった。 毎試合のようにこうしたハイライトが作られる三笘だが、ファンも「カカトでトラップとか訳わかんない」、「足の動きがすごい」、「もうエグいとしかw」、「本当に美しい」と改めて絶賛。11日のプレミアリーグ第23節クリスタル・パレス戦でも輝きを放つだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンが厳選した三笘の2つの突破シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">He&#39;s unstoppable. <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> <a href="https://t.co/s1fLfx0OoK">pic.twitter.com/s1fLfx0OoK</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622510657558966272?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 19:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly