ロジャーズ監督、マディソンの代表入りの裏側明かす「私が電話を掛け直させた」

2022.11.11 17:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのMFジェームズ・マディソンのイングランド代表入りの裏に、ブレンダン・ロジャーズ監督のサポートがあったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

10日にカタール・ワールドカップに向けたイングランド代表メンバー発表された。概ね順当な顔ぶれなった中、マディソンはいわゆるサプライズ枠という格好での選出となった。

ただ、ロジャーズ監督によると、マディソンは一度、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督からのメンバー入りに関する電話を無視してしまったようだ。曰く、掛け直させたことで代表入りが確定したという。
「彼はトレーニングに行く直前にガレスからの電話を取り損ねてしまった。私のオフィスに来てかけ直すよう言ったのだ」

「その後、彼は世界が輝いて見えるかのような喜びと共に部屋から出てきた。素晴らしい瞬間だっただろうね。幸せと安堵に包まれていたよ・彼の心の中にはいろいろな思いが渦巻いていたことだろう」

「彼と彼の家族にとって素晴らしいニュースだし、このような素晴らしい大会でその才能を発揮できることは、ガレスにとって喜ばしいことだ」

「彼のレベルの一貫性、仕事に対する姿勢、才能、そしてここ数年で彼が証明してきたことが、決断を揺るがしたのだ」

今季のマディソンはプレミアリーグ12試合で6ゴール4アシストを記録。イングランド代表経験は、デビュー戦となった2019年11月のモンテネグロ代表戦のみとなっており、招集自体が3年ぶりのこととなった。

関連ニュース
thumb

トッテナムからレンヌに今季2人目… 22歳DFスペンスのレンタル移籍が目前に

トッテナムのU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)がスタッド・レンヌへレンタル移籍するようだ。イギリス『サン』が伝えている。 スペンスはフルアムの下部組織育ち。トッテナムには昨夏にミドルスブラから移籍金2000万ポンド(約32億1000万円)で加入も、アントニオ・コンテ監督が要求した補強ではなく、公式戦6試合計43分間の出場にとどまっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンヌへのレンタルは今季限りの半年間のみ。レンヌには昨夏、トッテナムからウェールズ代表DFジョー・ロドンが1年レンタルで加入しており、同選手は主力としてプレーしている。 なお、スペンスにはレスター・シティやブレントフォード、リヨンなど、国内外から数多くのレンタル申請があったものの、トッテナムは買い取りオプションや買い取り義務の付帯を拒否してきたとのことだ。 2023.01.31 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

マグワイアに打撃? L・マルティネスがリンデロフとの連携に好感触「2人で良い仕事ができる」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスは、DFビクトル・リンデロフとの連携に好感触を得ているようだ。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決め、45分には新戦力FWワウト・ヴェグホルストが加入後初ゴールを記録する。 試合終盤にもダメ押し点を決めて3-0の完勝に。フル出場したL・マルティネスは試合後、センターバックでコンビを組んだリンデロフとの連携に好感触を得ていると語った。 「チーム全体が素晴らしいプレーを披露したと思う。もちろん改善点はたくさんあるけどね。何はともあれ、試合をコントロールし、良い結果を手にした。リンデロフとは日頃の練習から連携を図っているから、2人で良い仕事をこなせるよ」 イギリス『ミラー』はこのコメントを「マグワイアに打撃を与える」ものとして紹介。累積警告でこの一戦に不在だったDFハリー・マグワイアはここ数年、そのパフォーマンスに批判が集まり、昨夏以降は控えに降格している。 今冬ないし夏の退団が取り沙汰されるなか、イングランド代表として臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では実力をいかんなく発揮していただけに、手放すには惜しい存在。キャプテンの巻き返しに期待したい。 2023.01.27 17:36 Fri
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督、サッカーファンの誹謗中傷に釘を刺す「そのエネルギーは大事だが…」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、自身やチームへの誹謗中傷に釘を刺した。イギリス『サン』が伝えている。 サウスゲイト監督はイングランド代表で81試合を指揮し、49勝18分け14敗という戦績。2018年のロシア・ワールドカップで4位、ユーロ2020で準優勝、昨秋のカタールW杯ではベスト8という成績だ。 カタールW杯限りの退任が噂されていたが、昨年末に続投が発表され、ユーロ2024まで指揮を執ることに。イギリス『ITV』のインタビューで「続投は家族から説得された」と明かした一方、SNSの普及も手伝って年々問題視される誹謗中傷に釘を刺している。 「私の続投にはファンから否定的な意見があったね。だが、いつだって望むのは後押しだ。私自身は罵倒や暴言に対処できる。カタールにも負の感情を持ち込むことはなかったよ」 「ファンの罵倒? そのエネルギーは必ず必要だ。それは見方を変えれば一体感とも言える。ただ、チームに関する議論が選手やコーチの欠陥を見つけるしか目的がないのなら、そのチームはいつまで経っても最高のパフォーマンスを発揮できない」 「ファンがそれ(罵倒や暴言)を楽しんでいるとは思いたくもないが、たとえ何を言われても、私を含む当事者の意思や選択、行動に影響を及ぼせるものではないのだよ」 2023.01.27 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly