「待ってました!嬉しい」シュツットガルトの日本語版ツイッターがオープン、遠藤からのメッセージ動画も

2022.11.10 21:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは10日、クラブツイッターの日本語版アカウントの運用を開始した。シュツットガルトには現在、日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝に加え、U-21チームにDFチェイス・アンリ、DF岡田怜と4名の日本人選手が所属している。

過去にもFW岡崎慎司(シント=トロイデン)やDF酒井高徳(ヴィッセル神戸)、FW浅野拓磨(ボーフム)らがプレーしていた。
OBにはギド・ブッフバルト氏らを擁するなど、日本との縁も深いドイツの古豪は、ついに日本語版の公式アカウントをオープンさせた。

ヘッダーにはもちろん日本人選手2人の姿。記念すべき1つ目の投稿は遠藤からの動画メッセージだ。

8日のブンデスリーガ第14節、ヘルタ・ベルリン戦にて脳震とうを負った遠藤だが、動画そのものは先週撮影されたとのこと。悩ましいタイミングでオープンを迎えることとなったが、ツイッターでは併せて療養中の遠藤へ「ぜひ応援のメッセージをお願いします」とも綴っている。

それに応えるかのよう、「早く良くなりますように」と容態を心配する声や、「待ってました!嬉しいです」とアカウント開設を歓迎する声などが続々と届いている。

なお、程度が心配された遠藤だが、クラブによれば脳震とうによる合併症等はなく、9日中に退院すると報告されている。

1 2

関連ニュース
thumb

遠藤、原口、伊藤フル出場のシュツットガルト、ブレーメンに敗れて再開後の未勝利継続《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは5日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、0-2で敗れた。 シュツットガルトのMF遠藤航、MF原口元気、DF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ライプツィヒに競り負けた15位シュッツガルト(勝ち点16)は5日前に行われたDFBポカールのパーダーボルン戦でデビューを飾った原口が遠藤、伊藤と共に先発となった。 10位ブレーメン(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤と原口がインサイドMF、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトが立ち上がりから積極的に攻め込むと、10分にヒューリッヒがミドルシュートでGKを強襲した。 良い入りを見せた中、15分のピンチではビッテンコートのボックス内からのシュートをGKミュラーが好守で阻止。さらに1分後のピンチでは原口が懸命に自陣ボックス内まで戻って凌いだシュツットガルトは、25分に負傷したギラシーがプレー続行不可能となってファイファーが投入される。 徐々にブレーメンに押し戻される展開となった中、35分には伊藤に競り勝ったフュルクルクにヘディングシュートを決められたかに思われたが、ファウルがあって助かった。 ハーフタイム間際の追加タイム、ヒューリッヒがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトは59分に失点する。ロングボールをフュルクルクに収められた流れから、ルーズボールをボックス手前のステージにミドルシュートを叩き込まれた。 さらに77分、フュルクルクのポストプレーを起点に、ボックス手前左のドゥクシュに見事なコントロールシュートを決められたシュツットガルトは、0-2のまま敗戦。 再開後の4戦、未勝利が続いている。 2023.02.06 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

日本人監督がシュツットガルトを訪問しラッバディア監督と会談、女子チームも視察

シュツットガルトに日本人指揮官が来訪した。 日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝に加え、今冬にはMF原口元気も加わったシュツットガルト。過去にも岡崎慎司、浅野琢磨、酒井高徳が所属し、U-21チームにはチェイス・アンリと岡田怜が在籍するだけでなく、シュツットガルトのレジェンドが1人、ギド・ブッフバルト氏も浦和レッズでプレー、指揮を執るなど、日本との縁は深い。 バーデン=ヴュルテンベルク州の州都に本拠を構えるクラブは2日、公式ツイッターにて日本人監督の来訪を紹介。訪れたのはWEリーグ、ちふれASエルフェン埼玉で指揮を執る田邊友恵氏だ。 田邊監督はこれまでJAPANサッカーカレッジレディースや日ノ本学園高校、ノジマステラ神奈川相模原の育成組織であるドゥーエといった育成年代を中心に指揮。今季、半田悦子前監督からEL埼玉のバトンを引き継ぎ、代表ウイークによる中断明けには3バックを採用するなど、戦術の幅や選手配置の妙を伺わせ、すでに昨季を上回る3勝を挙げている。皇后杯でもクラブ最高成績タイとなるベスト4に進出した。 ブルーノ・ラッバディア氏との対話に加え、シュツットガルトの女子チームも視察。同行したEL埼玉の代表取締役社長、田村貢氏はかつてセレッソ大坂でもプレーした元ドイツ代表FWカカウ氏と肩を並べた。 シュツットガルトの女子チームは、既存チームのオーバーテュルクハイムの協力の下、2021年6月にクラブ史上初めて設立されたばかり。訪れた田邊監督がヒントを得るばかりでなく、女子選手の育成や運営の面ではEL埼玉の声が響く部分もあるだろう。 これを機に指導者の欧州進出や、女子選手の交流が図られれば面白い。 <span class="paragraph-title">【写真】ラッバディア監督と対面した田邊監督、カカウとツーショットの田村貢氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Eine weitere Episode in der Beziehung zwischen dem <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> und der japanischen Fußballszene: Tomoe Tanabe, Cheftrainerin des Profivereins <a href="https://twitter.com/elfen_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@elfen_official</a>, hospitiert aktuell für einige Tage beim VfB. (1/2) <a href="https://t.co/lv6QgdJquw">pic.twitter.com/lv6QgdJquw</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1621153450703855620?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.04 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「馴染むの早いww」遠藤航が移籍後すぐにチームメイトとはしゃぐ原口元気に驚き!「そして最年長なのにはしゃぎすぎ笑」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が日本代表MF原口元気の適応ぶりに驚いている。 原口は、1月30日にウニオン・ベルリンからシュツットガルトに完全移籍。ドイツでの5クラブ目へと加入した。 その原口は、早速1月31日に行われたDFBポカール3回戦のパーダーボルン戦にベンチ入りすると、後半から出場。先発した遠藤と日本代表DF伊藤洋輝ともにピッチに立った。 試合は、前半に思わぬ形のオウンゴールでシュツットガルトが失点を許すが、後半に2ゴール。後半アディショナルタイムの決勝弾でシュツットガルトが劇的勝利を収め、ベスト8進出を決めた。 試合後、DFBポカールの公式SNSは勝利に沸くシュツットガルトの選手たちの様子を投稿。そこには伊藤やアタカン・カラソルらと抱き合い勝利を喜ぶ原口の姿があった。 遠藤は自身のインスタグラムのストーリーズでこの投稿に反応すると、「馴染むの早いww」と驚き。さらに「そして最年長なのにはしゃぎすぎ。笑」と続けた。 これまでは29歳の遠藤が最年長だったが、31歳の原口が加入したことで最年長選手が交代。ブンデスリーガでは15位に沈むシュツットガルトだが、早速馴染んでいる原口はチームを残留に導けるか。 2023.02.01 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

原口元気新天地デビューの裏でシュツットガルトが試合早々衝撃のOG…前半被シュート「0」でビハインド

シュツットガルトのギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノスが衝撃のオウンゴールを記録してしまった。 シュツットガルトは1月31日、DFBポカール3回戦で2部のパーダーボルンとのアウェイで対戦し、2-1で逆転勝ちを収めた。 失点は意外な形だった。開始早々4分、自陣右サイドの中央でスローインを受けたマヴロパノスは、相手のプレッシングを感じてノールックで強めのバックパスをすると、これが自ゴール枠内へ。GKフロリアン・ミュラーはゴールを外して位置を取っていたために間に合わず、想定外の長距離砲になってしまった。 なお、ボールを支配し続けたシュツットガルトは前半でパーダーボルンにフィニッシュを許さず、被シュート「0」のままビハインドで折り返すという珍しいスタッツも記録。70分にフェリックス・プラッテにあわやの場面を作られるまで、ゼロで抑え続けていた。 攻めあぐねていたシュツットガルトだが、86分にベンフィカから新加入のFWジウ・ディアスが技ありトラップからの同点弾を挙げると、追加タイム5分にCKからFWセール・ギラシーがヘディングでゴール。劇的な逆転勝利を飾っている。 また、日本代表DF遠藤航、DF伊藤洋輝はフル出場。1月30日に加入が発表されたばかりの原口元気も後半頭からピッチへ立ち、早速の新天地デビューを飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトDFがやってしまったまさかの長距離オウンゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="H8QQx6MvPW4";var video_start = 28;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレスが中盤補強! サンビ・ロコンガに遠藤航の相棒アーマダを獲得

クリスタル・パレスは31日、アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2021年夏、アンデルレヒトから期待の若手としてノースロンドン入りしたサンビ・ロコンガ。加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番が限られ、公式戦では15試合でプレーするにとどまっていた。 アーセナルはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に成功したものの、エジプト代表MFモハメド・エルネニーがヒザの負傷で長期離脱、ガーナ代表MFトーマス・パルティも負傷と、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けてセントラルMFが手薄な状況。それでも、クラブは23歳の若武者をクラブOBでもあるパトリック・ヴィエラ監督が率いるパレスに預ける選択をした。 また、パレスは同日、シュツットガルトからフランス人MFナウィル・アーマダ(20)を完全移籍で獲得したことを発表。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 ユベントスの下部組織出身のアーマダは、リザーブチームにあたるユベントスNextGenから2020年10月にシュツットガルトへレンタル加入。翌年夏にクラブが買い取りオプションを行使し、正式にドイツの名門の一員となった。 以降はボックス・トゥ・ボックス型のMFとして日本代表MF遠藤航と中盤でコンビを組み、今季ここまではブンデスリーガ17試合に出場し、2ゴール2アシストの数字を残していた。 2023.02.01 08:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly