6ゴール大勝のインテル、S・インザーギ監督は「意欲的に働いた」選手称賛

2022.11.10 15:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのシモーネ・インザーギ監督が、大勝に満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。

先週末のユベントスとのイタリア・ダービーで痛恨の黒星を喫したインテル。9日に行われたセリエA第14節では、現在公式戦4連勝中のボローニャと対戦した。

22分に失点を許し不穏な雰囲気に包まれたが、すぐさまFWエディン・ジェコのゴールで追いつくと、36分にDFフェデリコ・ディマルコがFKを直接決めて逆転に成功。その後、順調に得点を重ねたインテルは、FWラウタロ・マルティネスやMFハカン・チャルハノール、MFロビン・ゴセンスにもゴールが生まれ、終わってみれば6-1の大勝となった。
試合後、S・インザーギ監督はダービーでの敗戦から上手く立ち直った選手たちを称賛。ユベントス戦の敗北は痛恨だったと認めつつも、チームは前を向いていると強調した。

「我々はサン・シーロで重要な走りができたと思う。相手は4連勝中と好調なチームだったからね。失点の後も、良いリアクションで試合に臨めたと思う。ここ6試合で5勝…トリノでの試合には残念ながら敗れたが、首位のナポリ以外で考えればリーグでもそれなりの成績を残せている」

「我々はホームでもアウェイでも、今夜のようなプレーを続けなければならない。ユベントスにノックアウトされた後、私は試合に満足していなかった。それでも、トリノでの大敗からの3日間で、選手たちが意欲的に働いているのを見られたんだ。彼らはとても集中していて、修正するだろうという確信があった」

「自分たちの進むべき道を見つめる必要がある。ユベントス戦後、プレッシャーはあったか? ここでは常にプレッシャーがあるものだ。経営陣とはとても良い関係で、いつもお互いに話し合っているよ。常に透明性の高い経営陣がいてくれて満足だ。彼らは率直で、何かを伝える必要があるならはっきり伝えてくれる」


関連ニュース
thumb

シュクリニアル退団見込みのインテル、今冬パヴァールにオファーしていた

インテルがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に今冬オファーしていたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 バイエルンのディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は移籍期限が閉まる数日前に公式オファーを受け取っていたことを明かしているが、『カルチョメルカート』はそれがインテルだと主張している。 サリハミジッチ氏はこのオファーについて「経済的には魅力的だったが、我々のプロジェクトを優先させた」と述べ、パヴァールを必要不可欠な戦力と見なし、売却不可であったことを明かした。 インテルでは今季終了後に契約が切れるDFミラン・シュクリニアルがパリ・サンジェルマンへ移籍することが確実となっており、その代役としてパヴァールを望んだものと思われる。 2023.02.08 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル退団に備えるインテル、大型補強のチェルシーからチャロバー獲得を画策か

インテルがチェルシーの元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(23)の獲得を検討しているようだ。 これまで守備の柱としてチームを支えてきたスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの退団が確実視されるインテル。守備の大黒柱が抜ける影響を少しでも抑えるため、現在チームは後釜となるセンターバック探しに着手している。 フルアムのDFトシン・アダラバイヨの名前も挙がる中で、イギリス『デイリー・メール』によるとインテルはチャロバーを獲得リストの上位に入れたとのことだ。 チェルシーの下部組織出身であるチャロバーは、2021年7月にファーストチームに昇格。以降は完全に主軸に定着するまでは至らずともコンスタントに出場機会を得ており、昨年11月には2028年夏までの契約延長にサインした。 チームに負傷者が多く出ていることもあり、今シーズンここまで公式戦19試合に出場。ただし、クラブは1月の移籍市場でフランス代表DFブノワ・バディアシルを獲得しており、DFヴェスレイ・フォファナが負傷から復帰してもチャロバーが安定した出場機会を得られるかは不透明だ。 チェルシーも今冬の大型補強を終え、夏には人員整理を進める見込みとされていることから、条件次第でチャロバーのイタリア行きが加速する可能性があるだろう。 2023.02.08 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがダンフリースに関心、インテルは今夏も選手売却で財源確保の動き

レアル・マドリーが、インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)に関心を寄せているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダンフリースは2021年夏にPSVからインテルへ移籍。加入1年目は当初こそ戦術への適応に苦しむも、徐々に右ウィングバックで定位置を掴み、セリエA33試合で5ゴール5アシストを記録した。 だが、財政難にあえぐクラブによって加入からわずか1年後に換金対象と位置づけられ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍が噂に。昨夏はなんとかダンフリース本人も希望する残留に落ち着いた。 そして現在、マドリーはスペイン代表DFダニエル・カルバハル(31)の定位置を取って代われる人材を探しており、ダンフリースを4000万ユーロ(約56億8000万円)と評価しているという。 また、イタリア『トゥットスポルト』によると、インテルは引き続き財源の確保に取り組んでおり、今夏は選手の売却によって6000万ユーロ(約85億1000万円)の回収を目指しているとのことだ。 2023.02.07 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・フライやはり退団へ? 30代迎え新たな挑戦を希望、近日中に最終会談か

インテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(31)は、来季以降の去就が未だ不確定だ。 契約満了に伴う今夏のインテル退団が濃厚なデ・フライ。クラブ通算189試合に出場し、2020-21シーズンのスクデットなどのタイトル獲得に貢献してきたが、30代を迎え新たな挑戦として他国でのプレーを希望しているとされる。 イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはデ・フライとの契約延長を望み、2年延長+現在と同じ年俸というオファーを提示。対してデ・フライは金銭面を重視しておらず、プレミアリーグ行きを第一希望にしているという。 また、デ・フライの代理人は同選手がポジションを争うDFフランチェスコ・アチェルビの代理人も務める人物。ラツィオからローン加入中のアチェルビはデ・フライより重宝されており、インテルは完全移籍への移行を模索中。そのため、どちらか片方が残るのが現実的とも考えられている。 インテルは近日中にデ・フライ側との間で最終的な結論を出すとみられている。 2023.02.07 14:04 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル退団濃厚のインテル、フルアムのイングランド人DFに関心か

インテルがフルアムのイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(25)の獲得を検討しているようだ。 2017年夏に加入して以降、守備の柱としてチームを支えてきたDFミラン・シュクリニアルの退団が濃厚視されるインテル。チームにはまだDFステファン・デ・フライやDFアレッサンドロ・バストーニらが在籍するが、クラブは競争力を維持するため後釜となるセンターバックの獲得を計画している。 イタリア『Tuttomercatoweb』によると、インテルはプレミアリーグでプレーするアダラバイヨを有力なターゲットとしてリストアップしているという。 セリエAではローマのDFクリス・スモーリングやミランのフィカヨ・トモリらイングランド人センターバックがクオリティを示しており、クラブはアダラバイヨもそれに続くと見込んでいるとのことだ。 マンチェスター・シティの下部組織出身であるアダラバイヨは、2020年10月に加入したフルアムで主軸に定着。今季はプレミアリーグで14試合に出場するが、直近2試合では先発から外れるなどやや出場機会は減少している。 フルアムとの契約が2024年夏までとなるアダラバイヨ。インテルの他にモナコ、マルセイユ、ユベントス、ナポリも関心を示しており、契約が残り1年となる今夏は争奪戦に発展する可能性もありそうだ。 2023.02.07 11:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly