リーグ・アン最下位のブレストがデル・ザカリアン監督を更迭…14日の経営陣会議後に解任へ

2022.10.11 22:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ブレストは11日、ミシェル・デル・ザカリアン監督(59)を更迭した。

ブレストは2021年夏にモンペリエへ引き抜かれたオリヴィエ・ダロリオ監督の後任として、奇しくもモンペリエ前指揮官のデル・ザカリアン監督を招へい。

就任初年度となった昨シーズンは前年17位のチームを11位に大きく躍進させたが、今シーズンは開幕から不振に陥り、1勝3分け6敗の最下位に低迷していた。
この成績不振を受け、クラブは14日に実施される経営陣の会議まで同監督のレイオフを決定。解任は同会議後に正式に言い渡される見込みだが、それまでの期間はリザーブチームを率いるブルーノ・グロウジ監督が暫定的にチームを指揮することになる。

ただ、グロウジ監督はリザーブチームを率いた直近の試合で退席処分を受けており、16日に予定されるリーグ次節のナント戦ではベンチ入りできない。そのため、クラブは同試合までに後任監督を招へいする必要があるという。

関連ニュース
thumb

アウグスブルクがイェボア&カルドナと2人のストライカー獲得!

アウグスブルクは18日、U-21イタリア代表FWケルビン・イェボア(22)とフランス人FWイルヴァン・カルドナ(25)の2選手の獲得を発表した。 イェボアは、かつてフランクフルトでブンデスリーガ2度の得点王に輝いた元ガーナ代表FWアンソニー・イェボアを叔父に持つサラブレッド。 ガーナ生まれイタリア育ちの185cmのストライカーは、WSGティロル、シュトゥルムグラーツとオーストリアのクラブでブレイクを果たすと、2022年1月にジェノアへ完全移籍。加入直後から主力として活躍したものの、チームは無念のセリエB降格に。そのまま残留した今シーズンはセリエBで11試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 また、ガーナとイタリアの国籍を有するが、現在はU-21イタリア代表でプレーしている。全体的に粗削りな面は否めないが、センターフォワードに加え、左右のウイングでプレー可能なスピードとテクニックを併せ持つ逸材だ。 なお、移籍形態は買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタルとなる。 一方、モナコの下部組織育ちのカルドナは、2019年に加入したスタッド・ブレストで台頭。ここまで公式戦106試合19ゴール7アシストと数字面では目立った活躍はないものの、高い身体能力を生かした意外性のあるフィニッシュが印象的な185cmのストライカーだ。ただ、今シーズンのブレストではリーグ戦10試合ノーゴールと思うような活躍を見せられずにいた。 なお、アウグスブルクへは2027年6月30日までの4年半契約での加入となる。 2023.01.18 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ブレストからフィンランド代表DFウロネンを買い取りOP付きレンタルで獲得!

シャルケは7日、スタッド・ブレストからフィンランド代表DFイェレ・ウロネン(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 シャルケ史上2人目のフィンランド人プレーヤーとなったウロネンは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「この移籍が実現したことをとても嬉しく思っている。かつてテーム・プッキ(現ノリッジ)がプレーしたこともあり、フィンランドではシャルケというクラブはとても有名なんだ。フロント陣や監督との話し合いはとても有意義なものでした。新しいチームメイトと一緒にプレーすること、そして特にシャルケファンの前で行われるヴェルティンス・アレーナでの最初の試合を楽しみにしているよ」 弱冠16歳で地元のトゥルン・パロセウラでプロデビューを飾ったウロネンは、スウェーデンの強豪ヘルシンボリやベルギーの強豪ヘンクでのプレーを経て、2021年の夏にブレストに加入。しかし、ブレストではレギュラー定着とはならず。ここまで1年半の在籍で公式戦23試合の出場に留まっていた。 また、17歳でデビューしたフィンランド代表では、これまで61キャップを誇り、2021年6月に行われたユーロ2020にも参加。全3試合に出場していた。 2023.01.08 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレストがエリック・ロワ氏を新指揮官に招へい!

スタッド・ブレストは3日、エリック・ロワ氏(55)を新監督に任命したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今シーズン開幕から1勝3分け6敗の最下位に低迷していたブレストは、昨年10月にミシェル・デル・ザカリアン監督(59)を更迭。 以降はリザーブチームを率いるブルーノ・グロウジ監督を暫定的指揮官に据え、現在は3勝4分け10敗の17位に位置している。 今回、ブレストの残留を託されたロワ氏は、現役時代にニースやリヨン、マルセイユ、サンダーランドで活躍したフランス人MF。引退後は2010年から1年間古巣のニースを指揮し、直近ではRCランスとワトフォードでスポーツディレクターを務めていた。 2023.01.04 00:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレストがオリンピアコスからDFララを獲得! かつては仏国内屈指の攻撃的SBの評価

スタッド・ブレストは6日、オリンピアコスからフランス人DFケニー・ララ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ララは2023年1月1日付けでの加入となるが、すでにチームトレーニングに参加している。 これまでパリFC、ヴァランシエンヌ、RCランスと国内クラブを渡り歩いてきたララは、2017年に加入したストラスブールでブレイク。果敢な縦への仕掛けから繰り出す高精度のクロス、プレースキッカーを任されるほどの精度を持つ右足のキックを武器に、攻撃的な右サイドバック、ウイングバックとして評価を高めた。 その後、2021年1月に加入したオリンピアコスでは加入1年半は定期的にプレー機会を得て国内リーグ連覇に貢献したが、今シーズンは完全に構想外となり、ここまで一度の出場機会も与えられていなかった。 2022.12.06 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アジャクシオ、ブレストを電撃退団したベライリをフリーで獲得

ACアジャクシオは12日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 2022年1月にカタールSCからフリーでスタッド・ブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。 しかし、9月末に個人的な問題を理由にブレストとの契約を双方合意の上で解除。この度2つ目のリーグ・アンクラブとなるアジャクシオでプレーすることになった。 昨季のリーグ・ドゥをトゥールーズに続く2位でフィニッシュし、2013-14シーズン以来のリーグ・アン昇格を果たしたアンジェだが、ここまでは2勝1分け7敗の18位に沈んでいる。 2022.10.13 02:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly