【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田が古巣相手に2戦連発弾!サンタクララは田川の今季初ゴールで反撃も2連敗

2022.10.10 06:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第9節が週末に行われた。

今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。

田川亨介の所属するサンタクララのホームに乗り込んだスポルティングは、前節に1得点1アシストの活躍を披露した守田が古巣との試合でも輝きを放つ。29分、エドワーズがドリブルから左足を振り抜くと、相手GKの弾いたボールを守田が頭で押し込んだ。
守田の2戦連発弾で先制したスポルティングCPはその後も押し込み、1点リードでハーフタイムに。サンタ・クララは後半頭から田川を送り出すが、スポルティングCP優勢が続く。

そんなスポルティングCPは来週ミッドウィークのCLも睨み、73分に守田をベンチに下げた中、90分に右CKのこぼれ球からヌーノ・サントスの左足ミドルで追加点を奪取。

ホームで意地を見せたいサンタクララは、レギュラー獲りを目指す田川が90+6分に絶妙な裏抜けから今季初ゴールを決めたが、反撃はここまで。

守田の2戦連続弾などでスポルティングCPは2連勝。サンタ・クララは2連敗の4試合未勝利となっている。

守田英正[スポルティングCP]
▽10/8
サンタクララ 1-2 スポルティングCP
◆73分までプレー、29分にゴールを記録

小久保玲央ブライアン[ベンフィカ]
▽10/8
ベンフィカ 4-2 リオ・アヴェ
◆ベンチ入りせず

藤本寛也[ジル・ヴィセンテ]
▽10/7
ジル・ヴィセンテ 0-1 エストリル
◆75分までプレー

新井瑞希[ジル・ヴィセンテ]
▽10/7
ジル・ヴィセンテ 0-1 エストリル
◆82分からプレー

小川諒也[ギマランエス]
▽10/8
パソス・フェレイラ 0-1 ギマランエス
◆92分からプレー

田川亨介[サンタクララ]
▽10/8
サンタクララ 1-2 スポルティングCP
◆後半からプレー

渡井理己[ボアヴィスタ]
▽10/9
ボアヴィスタ 1-1 ボアヴィスタ
◆79分からプレー

★川﨑修平[ポルティモネンセ]
▽10/8
ポルティモネンセ 0-2 ポルト
◆ベンチ入りせず

中村航輔[ポルティモネンセ]
▽10/8
ポルティモネンセ 0-2 ポルト
◆フル出場

邦本宜裕[カーザ・ピア]
▽10/9
カーザ・ピア 0-1 ヴィゼラ
◆84分までプレー

関連ニュース
thumb

セルティックも狙う? スコットランドで注目される5人のJリーグの宝石

現在6人の日本人選手が所属するセルティック。アンジェ・ポステコグルー監督は、すでに夏の移籍市場に目を向けているようだ。『フットボール・スコットランド』が伝えた。 セルティックは2021年夏にポステコグルー監督が就任。同時にヴィッセル神戸からFW古橋亨梧を獲得。その古橋がチームを牽引すると、2022年冬にはFW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介を獲得し、チームは見事にリーグ優勝を果たした。 今シーズンに向けては日本人選手は獲得せず。それでも古橋はゴールを重ねて現在リーグ得点ランキングトップ。2023年1月には神戸からDF小林友希、横浜F・マリノスからMF岩田智輝を獲得し6人に増加。チームは首位を走っている。 今冬には小林と岩田に加え、カナダ代表DFアリスター・ジョンストン、韓国代表FWオ・ヒョンギュを獲得していた。 一方で、ギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスが退団するとされており、来夏にはイスラエル代表FWリエル・アバダや前田にはプレミアリーグのサウサンプトンが興味。その他にも興味を持たれている選手がいる。また井手口も今冬のJリーグ復帰が噂されている。 ポステコグルー監督は既にチームに必要な人材をピックアップ。また、ハート・オブ・ミドロシアンには神戸からFW小田裕太郎、マザーウェルにはMF檀崎竜孔が今冬に加入しており、スコットランドのクラブにとってJリーグが1つのマーケットとなっている。 『フットボール・スコットランド』は、Jリーグに詳しいサム・ロブソン記者がピックアップした5選手を紹介。今後数年間で注目すべき若手について触れている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF松木玖生(19/FC東京)</span> 3枚の中盤の左でプレーするボックス・トゥ・ボックスの選手。2022年は彼にとって最初のプロのシーズンであり、ほぼ主力としてプレーした。 素晴らしいクオリティ、優れたスピードと強さ、そして若さからくる自信。1、2年は成長が必要かもしれないが、注目に値する。 <span class="paragraph-title">◆MF満田誠(23/サンフレッチェ広島)</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_mitsuta.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨年の最大のサプライズ。大学を卒業後1年目でリーグを席巻。ミヒャエル・スキッベ監督からの信頼を得て、左ウイングバックとして1試合プレーも、その後はシャドーとして活躍した。 公式戦12ゴール14アシストを記録し、広島を3位に導き、国内の2つのカップ戦ではどちらも決勝に導いた。取材した中で最初のシーズンで大きな影響を与えたのは三笘薫以来となる。 <span class="paragraph-title">◆MF橘田健人(24/川崎フロンターレ)</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tachibanada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 2021年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で印象的な活躍を見せた後、川崎フロンターレの中盤で中心選手となり、旗手や三笘など多くの選手を失ったにもかかわらず、安定したパフォーマンスを維持することに貢献した 中盤のそこでプレーし、攻撃を素早くスタートさせることが得意。サイドバックとしての役割も含め、高度な役割を担える。 <span class="paragraph-title">◆GK谷晃生(22/ガンバ大阪)</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tani.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 湘南ベルマーレの第1GKとして3シーズンのローンを組んだ後、ガンバ大阪に復帰する。彼のパフォーマンスは、日本代表の招集を受け、2021年の東京オリンピックで正守護神となるまで成長した。 足元の技術はとても成熟しており、優れたショットストッパーでもある。まだ22歳だ。日本のGKがヨーロッパで活躍できることは滅多になく、セルティックが門戸を開くことを願っている。 <span class="paragraph-title">◆DF山原怜音(23/清水エスパルス)</span> <span data-other-div="page5"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_yamahara.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨シーズンは最終的に降格した清水エスパルスのサイドでの彼のエネルギーと一貫性に感銘を受けた攻撃的なサイドバック。ポゼッションを得るためにオーバーラップ、または中央に入ることは得意で、2ゴール9アシストを記録した。 ボールを扱うのがとても上手く、優れたセットプレーを提供。チームを2部から救うことが重要となる。 2023.02.07 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「もはや神だ」「何度見ても飽きない」三笘薫の劇的ヘッド弾を10台のカメラで! 悔しがるGK、歓喜の三笘など臨場感たっぷり「これぞミトマジック」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが日本代表MF三笘薫の劇的ゴールをマルチアングルで楽しめる映像を公開した。 三笘は4日、プレミアリーグ第22節のボーンマス戦に先発出場。0-0で迎えた87分に珍しくヘディングでゴールを記録した。 ボックス際でボールを持った三笘。ドリブルではなく中にパスを送ると、味方が繋いでサイドに展開。ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロスを送ると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴール。チームを勝利に導く決勝ゴールとなった。 三笘は1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを記録しており、2試合連続の劇的弾。また、リーグ戦では1月21日に行われたプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でもカットインからスーパーゴールを叩き込んでおり、その活躍に称賛の声が止まない。 ブライトンは10台のカメラで撮影したこの三笘の劇的ヘッドを公開。様々なカメラアングルで撮影されたヘディングでは、ゴールを喜ぶ姿はもちろん、相手GKの悔しがる姿、スタンドの熱狂なども感じることができる。 ファンは改めて劇的なゴールに「単純に素晴らしいとしか言えない」、「ブライトンにいてくれてラッキー」、「チームと三笘の成長の証」、「彼は万能すぎる」、「全てを備えている」、「何度見ても飽きない」、「これだけのアングルに感謝」、「これぞミトマジック」、「もはや神だ」、「問題があるとすればゴールパフォーマンスだ」と多くのコメントを寄せている。 結果を残すことで一気にファンのハートを掴んだ三笘。どこまで飛躍していくのか、世界からの注目も日に日に大きくなるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

衝撃の8ゴールデビューを果たした福田師王、ボルシアMG監督は「右足と左足の両方でフィニッシュの能力がある」と評価

ボルシアMGに加入したFW福田師王が、とんでもないデビューを果たした。 神村学園高等部からボルシアMGへと加入した福田。全国高校サッカー選手権大会ではチームはベスト4で敗退となったが、福田は大会中も3ゴールを決め、才能の片鱗を見せていた。 U-19チームの一員としてプレーする福田だが、地域のカップ戦であるニーダーライン・ポカール1回戦のPSVノイス戦に先発フル出場。なんと、8ゴールと大暴れをした。 この試合がデビュー戦となった福田。チームは22-0と圧倒した中で、個人で8ゴールは当然最多。圧勝に貢献して2回戦に進出した。 クラブ公式サイトではアレクサンダー・エンデ監督のコメントも紹介。福田について「もちろんどのゴールも選手にとって良いものだ。彼はストライカーとして必要なポジションを取り、右足と左足の両方でフィニッシュの能力があることを示した」と評価した。 衝撃的なデビューを果たした福田。今後の活躍、成長に大きな期待を抱かせる結果となった。 2023.02.07 09:12 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田フル出場のスポルティングCPがリーグ戦3連勝!

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第19節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガでは、スポルティングCPへ移籍したMF守田英正やジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、昨夏にはヴィトーリア・ギマランエスにDF小川諒也、ボアヴィスタにMF渡井理己、カーザ・ピアにFW邦本宜裕と新たに3人が参戦。また、今冬にはサンタ・クララにMF三竿健斗、カーザ・ピアにMF相馬勇紀が加入している。 前節2ゴールを挙げた守田が先発したスポルティングは、アウェイで13位のリオ・アヴェと対戦。立ち上がりから主導権を握るスポルティングCPは23分、ヌーノ・サントスの左クロスのこぼれ球に反応した守田がボックスの外からダイレクトシュートを放ったが、これはわずかにゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、スポルティングCPは65分に敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、右サイドからカットインしたゴンサウヴェスがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはクロスバーに嫌われた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。それでもスポルティングCPは84分、中盤からボールを持ち上がったイナシオが鋭い斜めのパスをボックス手前に送ると、これを収めたシェルミティがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 結局、これが決勝点となり、スポルティングCPがリーグ戦3連勝を飾った。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽2/6 リオ・アヴェ 0-1 スポルティングCP ◆フル出場 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽2/4 ベンフィカ 3-0 カーザ・ピア ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽2/5 ジル・ヴィセンテ 1-1 アロウカ ◆78分までプレー ★小川諒也[ギマランエス] ▽2/4 エストリル 0-1 ギマランエス ◆ベンチ入りせず ★田川亨介[サンタ・クララ] ▽2/4 サンタクララ 2-1 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りも出場せず ★三竿健斗[サンタ・クララ] ▽2/4 サンタクララ 2-1 ボアヴィスタ ◆フル出場 ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽2/4 サンタクララ 2-1 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りも出場せず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽2/6 ポルティモネンセ 1-0 パソス・デ・フェレイラ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽2/4 ベンフィカ 3-0 カーザ・ピア ◆64分からプレー ★相馬勇紀[カーザ・ピア] ▽2/4 ベンフィカ 3-0 カーザ・ピア ◆後半からプレー 2023.02.07 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「可愛すぎてしんどい」上田綺世の妻・由布菜月さんが移住先ベルギーでの古着コーデを披露!上田は3戦連発

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世の妻でモデルとして活躍する由布菜月さんが自身のインスタグラムを更新し、ベルギーでの写真を披露している。 2022年2月に結婚を報告した2人。由布さんは2023年からベルギーへ移住し、上田を近くで支えている。 5日にはインスタグラムを更新すると、「いつかのブリュッセル トップスは古着」と首都ブリュッセルでの古着コーデを披露。ファンからは「服も由布ちゃんも可愛い」、「可愛すぎてしんどい」、「ガチ天使です」、「ベルギーでも目立つ可愛さ」と称賛の声が集まった。 さらに、上田が4日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第24節のスタンダール・リエージュ戦でゴール。3試合連続ゴールとしており、「由布さんがベルギー行ってからの綺世くんの得点がすごい!」と由布さんの効果を指摘する声もあった。 セルクル・ブルージュに加入した当初は苦しんでいた中、由布さんが応援に駆け付けた試合で、リーグ戦6試合目にして移籍後初ゴールを記録していた上田。そこからゴールを量産していたが、再びのゴールラッシュとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】「可愛すぎてしんどい」「ガチ天使です」由布菜月さんの古着コーデ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoR8G0dp_jE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoR8G0dp_jE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoR8G0dp_jE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">由布菜月 / Natsuki Yufu(@yufudayo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.06 21:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly