「光が見える」最下位サンプドリアのスタンコビッチ新監督、選手らを鼓舞!

2022.10.09 18:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアのデヤン・スタンコビッチ監督が初陣となったボローニャ戦を振り返った。イタリア『スカイ』が伝えている。

セリエAで最下位に低迷するサンプドリアはマルコ・ジャンパオロ前監督を解任し、現役時代にインテルなどで活躍したスタンコビッチ氏を新たに招へい。指揮官としてイタリアに帰還したレジェンドの初采配に注目が集まっていた。

8日に行われた初陣の相手はインテル時代のチームメイト、チアゴ・モッタ監督が率いるボローニャ。32分に先制を許すも、72分にスタンコビッチ監督の同胞でもあるMFフィリップ・ジュリチッチのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。
最下位こそ抜け出せなかったものの、アウェイで勝ち点1を積み上げたスタンコビッチ監督は試合後のインタビューで90分間のパフォーマンスに一定の満足感を得たと語り、選手たちを鼓舞するような力強い言葉も並べた。

「良いリアクションが見て取れ、プライドも感じた。私には光が見える。私はシーズン中、いつでも選手たちの近くにいるよ。彼らと一緒に闘い、苦しみ、喜ぶ。我々はあらゆる面で改善の余地がある」

「(選手たちが)最初にやるべきは自信を取り戻すことだ。各々は自らがもっと上手くプレーできることを知る必要があり、私はそれを評価する。全員がゼロから始めることになる」

「私は多くのコーチからあらゆることを学んできた。どうすればチームが勝てるのかについて、彼らが教えてくれたよ」

また、敵将として相見えた元チームメイト、チアゴ・モッタ監督との再会も喜んだ。

チアゴ・モッタ? 彼は戦友であり、素晴らしい男だ。彼に幸運が訪れることを祈っている。インテルでは楽しい時間を過ごしたね。彼を大いに尊敬しているよ」

関連ニュース
thumb

サンプドリア、ヴェネツィアからMFキュイザンスをレンタル移籍で獲得

サンプドリアは30日、ヴェネツィアに所属するフランス人MFミカエル・キュイザンス(23)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「80」を着用する。 ナンシーの下部組織出身であるセントラルMFのキュイザンスは、ボルシアMGやバイエルン、マルセイユでのプレーを経て、2022年1月にヴェネツィアへ完全移籍。 ヴェネツィアではセリエAで13試合に出場したが、チームは最下位でシーズンを終え、セリエBに降格。今季もチームに残留したキュイザンスは、ここまでリーグ戦13試合に出場し2ゴール2アシストをマークしてた。 サンプドリアはセリエA前半戦を終え自動降格圏の19位に沈んでおり、残留圏内の17位スペツィアとは勝ち点差は「9」となっている。 2023.01.31 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

絶好調ルックマン弾などでサンプドリアに快勝のアタランタが上位陣追走《セリエA》

アタランタは28日、セリエA第20節でサンプドリアをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節ユベントスとの打ち合いを3-3で引き分けた6位アタランタ(勝ち点35)は、[3-4-2-1]のシステムで臨んだ。 19位サンプドリア(勝ち点9)に対し、最前線にホイルンド、2シャドーにルックマンとボガを据えたアタランタが押し込む展開で立ち上がっていく。 しかし9分にピンチ。ガッビアディーニ、ウィンクスと立て続けにボックス内から枠内シュートを打たれたが、GKムッソが好守で凌いだ。 さらに20分、スローインの流れからレリスに際どいボレーシュートを打たれてひやりとする。 押し込み続けるアタランタは27分にようやく好機。ホイルンドがボックス左で仕掛けて前を向き、GK強襲のシュートを浴びせた。 その後も敵陣でのプレーを続けたアタランタは42分に押し切る。 ルックマンのヘディングシュートがポストに嫌われたプレーの流れから、最後はメーレがヘディングシュートを押し込んだ。 アタランタが1点をリードして迎えた後半、57分にルックマンが個人技でリードを広げる。右サイドでパスを受けたルックマンがDFを一人かわして加速。ボックス右へ侵入し、対応してきたDFを一瞬外して右足を一閃。ゴール左へシュートを決めきった。 2点をリードしたアタランタはホイルンドらをお役御免としてサパタらを投入。前線をフレッシュにし、攻め手の維持に努めた。 終盤にかけても危なげなく試合を進めたアタランタが絶好調ルックマンのリーグ戦3戦連発弾などでサンプドリアに快勝、上位陣を追走している。 2023.01.29 06:49 Sun
twitterfacebook
thumb

レンタル移籍中のビジャールがモウリーニョ監督を非難 「彼の到着で僕の冒険は中断された」

ローマからヘタフェに期限付き移籍中のスペイン代表MFゴンサロ・ビジャールがジョゼ・モウリーニョ監督を批判した。 ビジャールは2020年1月にローマへ完全移籍。2020-21シーズンはセリエAで33試合に出場するなど、主力の1人として活躍した。 しかし、昨シーズンにモウリーニョ監督が就任すると、序列が低下。2021-22シーズン後半には出場機会を求めてヘタフェへ期限付き移籍した。 迎えた今シーズンもローマでの立ち位置は変わらず、昨夏にサンプドリアへレンタル加入。だが、同クラブの厳しい財政事情からレンタル先の変更を余儀なくされ、13日に再びのヘタフェ行きが決まった。 落ち着かない日々を送るビジャールはスペイン『COPE』の取材に応じた際、名前こそ出さなかったものの、暗にモウリーニョ監督を非難。指揮官による冷遇がキャリアを狂わせたと語った。 「ローマではとても素晴らしい経験ができたと思う。僕たち全員が知っている人物がやってくるまではね」 「僕は彼について話しいとは思わないよ。何かについて喋るより、静かにしていることを好むからね。でも、彼が到着した後で、僕のローマでの冒険は中断された。それによって、いくつかの困難な状況に陥ってしまったんだ」 また、ビジャールは約半年を過ごしたサンプドリアについても言及。長期間にわたって給料未払いがあったとし、選手を困難な状況に追い込んでいると断じた。 「僕はサンプドリアでそれなりにプレーができたが、あそこの財政状況は複雑だった。数カ月にわたって、給料は支払われていなかったからね。これは僕がプロのフットボール界で経験した、もっとも困難な状況だったと思う」 2023.01.18 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマMFビジャールがヘタフェへ再レンタル、今季はサンプドリアでプレー

ヘタフェは13日、ローマのスペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 エルチェとバレンシアの下部組織で育ったセントラルMFのビジャールは、2020年1月にエルチェからローマに移籍。2020-21シーズンは主力としてセリエA33試合に出場したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2021-22シーズンは出場機会に恵まれず、シーズン後半にヘタフェへレンタル移籍していた。そのヘタフェではラ・リーガ10試合に出場していた。 そして今季もサンプドリアへレンタル。セリエA15試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2023.01.13 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和が狙うギリシャ代表FWギアクマキス、サンプドリア行き合意と報道…フランスではボルドーがオファーとも

浦和レッズが獲得を狙っているとされるセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、サンプドリアへの移籍で合意したという報道が出ている。 ギアクマキスは、これまでAEKアテネやグルーニク・ザブジェ(ポーランド)、VVVフェンロ(オランダ)などでプレー。2021年8月にセルティックに加入すると、2021-22シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで16試合9得点。プレーオフでは5試合で4ゴールとチームの優勝に貢献。今シーズンもここまでリーグ戦19試合で6ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも6試合で1ゴールを記録している。 引く手数多の状態で多くのクラブが興味を示す中、浦和が400万ポンド(約6億4200万円)の移籍金を提示していると報道。最も獲得に近づいているとされていた。 しかし、移籍市場に精通しているイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏はサンプドリアが移籍先として有力だと報道。買い取り義務が付くレンタル移籍になるとしている。 ストライカーを確保したい浦和にとっては、この報道が事実であればかなりの痛手となる。 一方で、フランス『レキップ』はリーグ・ドゥ(フランス2部)のボルドーがギアクマキス獲得に向けてセルティックにオファーを出したと報道。250万〜300万ユーロ(約3億5000万〜4億2000万円)のオファーを出したという。 報道を見れば、浦和が出しているとされるオファーが最も好条件だが、ギアクマキスがヨーロッパに残りたいと考える可能性はゼロではない。その他、マインツやフェレンツ・ヴァーロシュ、ガラタサライなども興味を持っている状況であり、決着がつくにはまだ時間がかかりそうだ。 2023.01.12 23:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly