「間違いなく赤だ」「手が伸びるのは偶然なわけがない」チェルシーDFチアゴ・シウバが退場を免れる珍事?「またVARを買収した」と揶揄する声も

2022.10.02 22:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
またもやプレミアリーグではVARが物議を醸すことになりそうだ。世界的に導入されているVAR。決定的な場面での誤審がなくなり、不要なゴールの取り消しや見逃されていたファウルなどは無くなっている。

一方で、ミリ単位の厳密すぎるジャッジや、スローや静止画での印象の違いなどが問題になることも少なくない。
特にプレミアリーグではVARのレビューの要請を無視する主審や、VARでチェックしながらも誤審が起きるなど問題が多く起きている。

そんな中、新たに物議を醸す事件が起きている。

それは1日に行われたプレミアリーグ第9節のクリスタル・パレスvsチェルシーの一戦。ブラジル代表DFチアゴ・シウバのプレーが問題視されている。

この試合はチェルシーにとってはグレアム・ポッター監督が初めてリーグ戦で指揮を執る試合に。しかし、開始7分に失点し、ビハインドからスタートする。

すると30分過ぎ、チアゴ・シウバが抜け出そうとしたジョルダン・アイェウをストップ。決定機阻止かと思われたが、VARチェックの結果、イエローカードで終わっていた。

しかし、問題はファウルの仕方ではない。この場面、切り取った画像を見ると、チアゴ・シウバは手でボールを触っている。明らかな故意のハンドであり、本来であれば退場処分となるはずだったが、VARのチェックは決定的な得点機会阻止かどうかという点だったため、イエローカードに終わった。

これには「間違いなく赤だ」、「馬鹿げた判定」、「手が伸びるのは偶然なわけがない」とのコメントが。さらに「チェルシーはまたVARを買収した」と、これまで何度もVARの判定で利益を得ていることを揶揄するコメントも多く集まった。

1点ビハインドで1人少なくなる予定がイエローカードで済んだわけだが、この件が大きく話題になる理由はその後。チェルシーの同点弾を決めた元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールをアシストしたのがチアゴ・シウバだったから怒りが収まらない。

最終的に90分にコナー・ギャラガーのゴールでチェルシーは逆転勝利。退場していれば違った結果になっていたのではないか?という疑問が多くのファンの中で燻る結末となってしまった。

1 2

関連ニュース
thumb

チェルシー、エンソ・フェルナンデス獲得に向けリスボンでのメディカルチェックを準備

チェルシーが、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得へ最後の勝負に出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今冬の移籍市場で超大型補強を敢行しているチェルシー。だが、中盤の目玉補強と目されたフェルナンデス獲得は、ベンフィカの徹底抗戦によって交渉が長期化。 しかし、移籍市場閉幕間際に最後の勝負に出たブルーズは、1億2000万ユーロ(約170億円)に設定された契約解除金の満額支払いを決断。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカとの交渉は平行線を辿っている。 それでも、イタリア代表MFジョルジーニョ(31)をアーセナルに売却する決断を下したクラブは、幾つかの保険を用意しながらもフェルナンデス獲得に全力を注いでおり、粘り強くクラブ間交渉を継続。 さらに、『スカイ』によると、チェルシーは年俸1000万ユーロ(約14億1000万円)の7年半契約で個人間合意に至るフェルナンデスのメディカルチェックをリスボンで実施する準備を進めており、デッドライン・デーぎりぎりでの交渉成立を目指しているようだ。 2023.02.01 01:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセン離脱のユナイテッド、緊急補強としてザビッツァーの名前浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の緊急補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いているという。 2020年の夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっている。 なお、ザビッツァーに関してはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得が難航するチェルシーからの関心からも伝えられるが、現在は別のターゲットの獲得を考慮している模様だ。 2023.01.31 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムがチェルシーのU-19イングランド代表FWスーンサップ=ベルを獲得、2025年6月までの契約に

トッテナムは31日、チェルシーのU-19イングランド代表FWジュード・スーンサップ=ベル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年6月までの2年半となる。 スーンサップ=ベルは、タイにもルーツを持つイングランド人。チェルシーではU-13のアカデミーに参加。2021年初めにプロ契約を結んだ。 チェルシーのファーストチームでは1試合の出場経験があり、現在はU-21チームでプレー。U-21チームでは公式戦40試合で5ゴール2アシストを記録している。 世代別のイングランド代表ではU-15からU-19までプレー。将来も期待されるストライカーだ。 2023.01.31 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカはエンソ・フェルナンデスを死守できるのか…テクニカル・ディレクターがプランBへ移行か

アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの流出を阻止したいベンフィカ。移籍市場閉幕直前にして動きがあったようだ。ポルトガル『レコルド』が報じている。 チェルシーからフェルナンデスに対する猛烈なアプローチを受けているベンフィカ。契約解除金の1億2000万ユーロの満額支払いを求める姿勢を崩さず、一度はチェルシーを跳ね除けたに思われた。 しかし、移籍市場のタイムリミットに向けてチェルシーが一気に勝負を仕掛けてきた。今度は解除金を満額用意。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカはなおも首を縦に振らずにいる。 だが、当の本人はというとチェルシー行きを希望している模様。ここに来て流出の可能性が高まる中で、『ESPN』はボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人MFアラン・バレラや、サッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ、フェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクチュの名前を挙げ、アルゼンチン代表MFの後釜となりうる候補の情報を伝えている。 そして、『レコルド』の最新の情報によれば、ベンフィカのテクニカル・ディレクターであるルイ・ペドロ・ブラス氏が、フェルナンデスがチェルシーに移籍する場合に備え、プランB実行のためにポルトガルを離れたようだ。 もちろん、真意は定かではないが、同メディアは「新戦力確保に向けた動き」と捉えており、チェルシーにとって有利な状況になったと主張している。 2023.01.31 17:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly