古巣リバプール戦で盛大にゴール祝ったエバートンDF「現在のクラブに全てを捧げる」

2022.09.30 17:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのイングランド代表DFコナー・コーディが、古巣リバプールについて口を開いた。

コーディは今夏、主将として長年活躍したウォルバーハンプトンを離れ、エバートンに1年レンタルで加入。この移籍はコーディがリバプールの下部組織出身であることからも大きな話題となったが、新天地では最終ラインの要として奮闘している。

そんなコーディがイギリス『Sports mail』のインタビューに応じ、現所属のエバートンと古巣リバプールのライバル関係、さらに自身が今季のリバプール戦で見せたゴールセレブレーションなどについて語った。
「エバートンでプレーする機会を得られたことは本当に幸運だったよ。話が来たとき、僕は何としてでもこのチャンスを手放したくなかった」

「マージーサイド・ダービーがどれほど大きいものか僕も理解しているよ。僕はリバプールの選手だったし、エバートンにとって彼らがどういう存在かも知っている。先日対戦した時は試合前にチーム全員でその話をしたよ」

「リバプール戦でゴール(その後VARで取り消し)を大きく喜んだことについてよく聞かれるけど、はっきり言って馬鹿馬鹿しいね。重要なのは現在の自分がいるクラブに己の全てを捧げること。クラブとその周囲の人たちのためにね」

また、同じく新加入で、最終ラインでコンビを組む元イングランド代表DFジェームズ・タルコウスキには称賛を送っている。

「来る前から彼が素晴らしいDFだと知っていたけど、人柄も実にファンタスティックで、ロッカールームでも際立つ存在さ。彼と一緒にいる時間を楽しんでいるよ。僕らはお互いに切磋琢磨していきたいね」

関連ニュース
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、エバートンとの競合制してガーナ代表FWアイェウを獲得!

ノッティンガム・フォレストは2日、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の加入を発表した。背番号は「42」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。 アイェウはイングランド屈指の古豪加入に際して以下のコメントを残している。 「ノッティンガム・フォレストと契約できて素晴らしい気分だよ。フォレストやシティ・グラウンドでプレーするときはいつも大変だったし、このスタジアムが大好きなんだ」 「スティーブ・クーパーは僕のことをよく知っていて、ピッチの中でも外でも、自分と一緒に仕事をする方法を理解している人だ。彼は特別なコーチであり、特別な人間であり、僕が本当に尊敬している人なんだ」 「自分がチームに何をもたらすことができるかは分かっているよ。自分のすべてを出し切り、プレミアリーグ残留の手助けとなる準備はできているよ」 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになった。 24年ぶりのプレミアリーグ参戦に向け昨夏、スカッド総入れ替えとも言える積極補強を敢行したフォレスト。シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 また、現在13位のクラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや、アトレティコ・マドリーのDFフェリペ、ニューカッスルのMFジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得。さらに、指揮官の戦術を知り抜くベテランアタッカーの獲得で後半戦に向けた補強を完了させた。 2023.02.03 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴードン売却も補強なし、混乱するエバートンにキャラガー氏は「無能さを披露している」

元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、U-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードンを売却したエバートンを非難した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 プレミアリーグ直近8試合で未勝利に陥り、順位も19位に後退しフランク・ランパード前監督を解任したエバートン。後任にショーン・ダイチ監督を招へいし、残留に向けた立て直しを図っている。 しかし、1月の移籍市場では苦戦。ゴードンを資金調達のためニューカッスルに移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)で売却したが、ミランのFWオリヴィエ・ジルーやローマのMFニコロ・ザニオーロ獲得に向けた交渉はことごとく失敗に終わり、補強ゼロで2月を迎えた。 かねてよりクラブの体制を非難してきた元エバトニアンのキャラガー氏は、移籍市場で稚拙な動きに終始したクラブを糾弾。後釜も確保できない状態で、クラブの未来を担う存在だったゴードンを売却した決断を「無能」と断じた。 「エバートンは絶対的な混乱に陥っている。彼らはここがどん底だと思ったファンに対して、また別のレベルの無能さを披露する方法を見せつけたのだ」 「数少ないクラブの資産であるアンソニー・ゴードンを、後釜も用意しないままニューカッスルに4000万ポンドで売却した。これは上層部による凄まじい失敗であり、移籍戦略にも影響を与えただろう」 「これがもし、クラブが最高の時期を迎えているタイミングだったとしても、理解はできなかっただろう。だが、チームは今19位で、降格を避けるためにクオリティを切実に必要としているときにそれをしたのだから、信念を無視する行為だ」 「私は10日前に、彼らはこの国で最悪の経営をしているクラブだと語った。それに何人かは反対してきたが、今は私が正しかったと証明されている。土曜日にファンがグディソン・パークに集まって経営陣に答えを求めるとき、彼らに隠れる場所はないだろう」 エバートン経営陣への非難を続けるキャラガー氏だが、ダイチ監督の招へい自体は評価。チームを立て直すに最適な人物であるとし、その仕事ぶりに期待を寄せた。 「ダイチはサポーターが求めるものを見せてくれるだろう。ハードワークを求め、チームの潜在能力を最大限に引き出すため、ゲームをシンプル化しようとする。彼のバーンリーでの素晴らしい仕事ぶりは尊敬に値するだろう。そして、エバートンを救うのに彼ほど適した人材はいなかった」 2023.02.02 18:13 Thu
twitterfacebook
thumb

今冬補強ゼロのエバートンがフリーのアンドレ・アイェウに接触!

新戦力補強なしで今冬の移籍市場を終えたエバートンが、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の獲得に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 現在、プレミアリーグで降格圏の19位に低迷するエバートンは、先日にフランク・ランパード前監督を解任し、ショーン・ダイチ新監督の招へいを発表した。 しかし、今冬の移籍市場では残留を争うライバルが必死の積極補強を敢行した中、トッテナムにオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを土壇場でかっさらわれた影響などもあり、まさかの新戦力補強ゼロに。逆に、10番を背負っていたU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードンがニューカッスルに流出し、新生トフィーズの船出は前途多難だ。 この移籍市場の失態を挽回したいクラブは、フリーで獲得な選手として先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウをリストアップしているという。 ヨーロッパでのキャリア再開を希望するアイェウは、すでにエバートンとの交渉のためにイングランドに向かっており、クラブは今回の話し合いの中で250万ポンド(約4億円)の今季終了までの半年契約を掲示する見込み。ただ、現時点でアイェウとの契約の可能性は五分五分と不確実なもののようだ。 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになるのか。 2023.02.01 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

低迷エバートン、移籍市場最終日にジルーへオファーを出していた

プレミアリーグで19位に低迷するエバートンだが、移籍市場でも苦戦を強いられていたようだ。 昨年1月からのフランク・ランパード体制を継続して迎えた今季のエバートンは、開幕から6戦未勝利に3度の3連敗と早くもボロボロの状態でシーズンを折り返した。ここ8試合は未勝利が続いており、直近のウェストハム戦の敗戦を受けてついにランパード監督を解任した。 後任に元バーンリーのショーン・ダイチを招聘することに成功したが、移籍市場では尽く失敗に終わっている。同クラブとの関連が伝えられたのは、チェルシーのコナー・ギャラガーやハキム・ツィエク、レンヌのカマルディーン・スレマナ、ビジャレアルのアルノー・ダンジュマといったところだが、チェルシーの両選手は残留、スレマナはサウサンプトンへ移籍、ダンジュマに至ってはメディカルチェックまで済んでいたところをトッテナムに強奪された。 そんなエバートンが最後に獲得を試みたのは、ミランのオリヴィエ・ジルー。イタリア『カルトメルカート』によれば、半シーズンで300万ポンド弱の給与と、残留した場合に発生する200万ポンド弱のボーナスを条件にオファー。さらに、残留した場合、来季以降は年俸740万ポンドを準備するとも。 しかし、元チェルシーFWにプレミアリーグ復帰の意思は毛頭なく、検討する余地もなく断ったという。そのため、クラブ間交渉にも発展せず、エバートン の思惑は脆くも崩れ去ったようだ。 結局、この冬は一人の補強もできなかったエバートンだが、一方で逸材のアンソニー・ゴードンをニューカッスルに引き抜かれており、まさかの戦力ダウンとなってしまった。 2023.02.01 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

新体制のエバートンからオファーも、ギャラガーはチェルシー残留を希望か

エバートンがチェルシーのイングランド代表MFコナー・ギャラガー(22)にオファーを提示したようだ。 開幕から不振に喘ぎ、直近9試合未勝利に終わった末にフランク・ランパード監督の解任を発表したエバートン。30日にショーン・ダイチ監督の就任を発表したクラブは、プレミアリーグ残留のため残り日数の少ない今冬の移籍市場で戦力強化を模索している。 イギリス『デイリー・メイル』によると、エバートンはダイチ監督の就任から1時間も経たないタイミングで、ギャラガー獲得のため4000万ポンド(約64億円)+500万ポンド(約8億円)のオファーを提出したとのことだ。 今冬に大型補強を行い、現在はベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス獲得に向けた交渉を進めるチェルシーは、収支バランスをとるうえでギャラガー売却もやぶさかではない模様。しかし、ギャラガー自身はチェルシーでのポジション争いに意欲を示し、その上可能性のある移籍先はトップ6に絞っていることから、オファーを受ける気はないという。 チェルシーの下部組織出身であるギャラガーは、昨夏に武者修行へ出ていたクリスタル・パレスから復帰。今季は公式戦25試合に出場するなど主力の一人としてプレーするが、クラブの大型補強による序列低下が予想されており、ニューカッスルやクリスタル・パレス、ノッティンガム・フォレストからも関心を寄せられている。 2023.01.31 16:49 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly