今季も苦戦続くユベントス、ダニーロはクラブへの信頼強調「僕たちは正しい道を歩んでいる」

2022.09.29 16:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
不振を極めるユベントスだが、ブラジル代表DFダニーロはチームへの自信を失っていないと強調した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

昨シーズンを11年ぶりの無冠で終えたユベントス。復活を期して臨んだ今シーズンもセリエAで2勝4分け1敗と波に乗れず、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージでも連敗スタートを切るなど、不振から抜け出せていない。

2シーズン目を迎えたマッシミリアーノ・アッレグリ監督はもちろん、主将のDFレオナルド・ボヌッチをはじめとする選手や経営陣にも批判の矛先は向けられ、クラブを取り巻く空気は緊迫感を増している。
それでも、ダニーロはクラブの未来を信じているようだ。イタリア『Sport Mediaset』に所属するアンデルシーニョ・マルケス氏の取材に応じたベテランDFは、ユベントスの歩む道は間違っていないと強調。トップクラブに返り咲くポテンシャルは十分にあると、チームのこれからに期待を寄せている。

「チームの調子は悪くないよ。僕たちはお互いに良い影響を与えていて、ピッチ上でそれを示せると思う。もちろん、これから何が起こるかはわからないけど、僕たちは正しい道を歩んでいるんだ」

「僕は今やユベントスでリーダー的な存在になることができている。そんな僕の目標は、このユベントスというクラブをあるべき場所に戻すことだ」

「現時点で、クラブに対して多くの疑念があることは承知しているよ。でも、僕たちにはトップに到達できるための多くのクオリティがあることもわかっている。そうであるなら、明日以降も僕らは黙って仕事をしなければならない」

関連ニュース
thumb

新体制構築中のユベントス、デル・ピエロ氏入閣の可能性

ユベントスのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、重役として古巣に復帰する可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命し、再構築に向けてスタートさせているが、まだまだ混乱の最中。来年1月18日に予定されている株主総会で新理事会メンバーが正式に発表され、そこが再出発となる。 そんな中、興味深い情報として、現役時代にユベントスに9年間にわたって在籍し、クラブ最多となる705試合の出場記録を持つ言わずと知れたレジェンドの復帰の可能性が伝えられた。フェレーロ新会長とマウリツィオ・スカナヴィーノ新CEOは、サッカーとユンベントスについて深い理解がある人物を必要としており、デル・ピエロ氏がその点で最適な人材と見込んでいるようだ。 同氏にはスポーツ・ディレクターとして立場や、バベル・ネドベド氏が務めた副会長のポジションが用意されていると言われるが、本人はクラブが総辞職を発表した直後のコメントで古巣復帰を否定していた。 なお、ユベントス入閣については同じレジェンドの一人であるダビド・トレゼゲ氏が「呼ばれれば戻るつもり」と意欲を示している。 2022.12.01 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

トレゼゲが混乱ユーベに救いの手「呼ばれれば戻るつもり」

元ユベントスのダビド・トレゼゲ氏が、古巣の騒動を受けてクラブ復帰を検討していることを明かしている。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命し、再構築に向けてスタートさせているが、まだまだ混乱の最中。トレゼゲ氏はイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』の取材で一連の騒動について見解を示し、要求があればクラブに復帰する意思があることを確認した。 「これは主に官僚的、管理的な問題だと思う。しかし、アンドレア・アニェッリは、スタジアム、スポーツセンター、セカンドチームなど、素晴らしい仕事をした。彼はそのお手本だ」 「ユーベでは選手として10年、引退後も7年間携わったが、その後はスペインでスポーツ・ディレクターのコースを受講した。フットボールの別の側面を知るためにね」 「2021年に私はユベントス のアンバサダーとしての活動を終了し、スポーツの世界に戻ることを選んだ。ユーベではその機会はなかったが、私にとってユーベは常にホームだ。呼ばれれば戻ってくるよ」 トレゼゲ氏は2000年から2010年までの10年間をユベントスで過ごし、公式戦320試合171ゴール40アシストを記録した。カルチョスキャンダルでセリエB降格になった際もチームにとどまるなど、クラブへの強い愛を示していた。 2022.11.30 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

幹部が総退陣のユベントス、アッレグリ監督はひとまず留任へ

クラブ幹部が総退陣となった激震のユベントスだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はひとまず留任することになるようだ。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命したが、クラブの今後が不透明ということもあり、アッレグリ監督の去就にも注目が集まるところ。 そういった中、同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』の会長であり、アニェッリ家の血をひくジョン・エルカーン氏が、同監督の留任を発表した。 「アッレグリはユベントスプロジェクトの重要な部分であり、我々は彼が再び勝利することを信頼している」 一方、アッレグリ監督はエルカーン氏の声明後、『フットボール・イタリア』の取材に対して現時点での自身の考えを明らかに。ひとまずピッチの出来事だけに集中していると語った。 「株主からの親近感を感じることは常に非常にポジティブなことであり、ジョン・エルカーンがこのような言葉をかけてくれたことに感謝している」 「この数年間の仕事、情熱、そして勝利において、私は常にアンドレア・アニェッリのサポートに頼ることができた」 「アンドレアとジョンはユベントスという世界において参考人であり、我々全員が望む結果を得るために、ピッチでの日々の仕事に集中し続けなければならない」 エルカーン氏の前述の声明によると、アッレグリ監督は少なくとも今シーズンいっぱいはユベントスを指揮することが確実だが、今後の捜査次第では高額な罰金や強制降格の可能性まで、あらゆるリスクを抱えており、今夏にクラブを離れる可能性は十分にある模様だ。 2022.11.30 06:14 Wed
twitterfacebook
thumb

激震のユベントス、早くも新会長が決定! 「ユベントスに対する純粋な情熱を持っている」

ユベントスの新会長にジャンルカ・フェレーロ氏が就任する見込みとなった。同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』が発表した。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 だが、間髪入れず後任が決まることに。フェレーロ氏は1963年にトリノで生まれ、1988年に経済学部を卒業。公認会計士や監査役など多くの肩書を持ち、様々な企業の取締役を務める敏腕ビジネスマンだ。 『Exor』は同氏について「確かな経験と必要な技術力、そしてユベントスというクラブに対する純粋な情熱を持ち、このポジションに最もふさわしい人物である」と太鼓判。来年1月18日に開かれる株主総会に先立って新会長を発表した。 なお、イタリア『メディアセット』によれば、そのほかの取締役会の新メンバー候補者は株主総会の25日前にリストが明かされるとのことだ。 2022.11.29 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

役員総辞職のユーベ、新体制発足は1月半ば…冬の補強は困難に

アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする役員の総辞職を発表したユベントス。1月の補強は不可能と見られている。 突如アナウンスされたユベントス重役らの総辞職。ここ最近のユベントスは、チームの成績不振に加え、契約や移籍などに関連する虚偽会計が問題視され、検察の調査対象に挙がっていた。 上層部に疑惑の目が向けられていた中、クラブはアニェッリ会長を筆頭にパベル・ネドベド副会長ら役員が辞任。「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」との声明を発表しており、激震が走ることになった。 今後はマウリツィオ・アリバベーネCEOが引き継ぎのためしばらくクラブに留まり、マウリツィオ・スカナビノ氏を新CEOとして上層部が再構成されていく。ただ、会長を含めた新たな取締役会は来年1月18日に発足される予定となっており、資金調達は不可能。そのため、冬の移籍市場での補強は現状では見込めないようだ。 また、問題視された虚偽会計が示すように、ユベントスはここ数カ月で記録的な損失を被っており、財政状態は火の車。以前の報道ではバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイやビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスの獲得を検討していると言われたが、そんな余裕はなさそうだ。 2022.11.29 17:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly