原口元気のウニオン・ベルリンがフィッシャー監督と契約延長

2022.09.28 23:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは28日、今季限りの契約となっていたウルス・フィッシャー監督(56)との契約延長を発表した。契約期間は明かされていない。

新契約にサインしたフィッシャー監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この数年間、ともに経験してきたことはまさに信じられないようなことで言葉などで決して表現できるものではない」
「これまで何度も言ってきたが、ウニオンはとても居心地がいい。」

「これまで幾度となく強調してきたように、私はウニオンで非常に居心地の良さを感じている。チームが一丸となって日々取り組む姿、クラブが提供してくれる環境、人々との交流、これら全てがこの4年間における成功の非常に重要な要素となっている」

「我々は共にまだ多くのことを達成できると思うし、クラブの継続的な発展の一翼を担えることを楽しみにしているよ」

現役時代に母国スイスのチューリヒやザンクト・ガレンで活躍したフィッシャー監督は、引退後もチューリヒの下部組織で指導者のキャリアをスタート。2010年4月にファーストチームの監督に就任すると、トゥンやバーゼルでも指揮を執っていた。

2018年7月にウニオン・ベルリンの監督に就任すると、就任1年目の2018-19シーズンはブンデスリーガ2部を戦い、チームを1部に昇格。2019-20シーズンは11位の成績を残して残留に導くと、2020-21シーズンは7位でUEFAカンファレンスリーグの出場権を獲得。

昨季は欧州カップ戦の参加による過密日程から低迷するのではと予想されたが、見事に予想を覆しヨーロッパリーグ(EL)出場圏の5位にチームを導くと、DFBポカールでもベスト4に導いた。

今シーズンもブンデスリーガ7試合を戦い、5勝2分け無敗と絶好調で首位で首位に立っており、今回の契約延長に至った。

関連ニュース
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】上月がブンデス初弾もシャルケは6失点で惨敗… 堂安vs鎌田の日本代表対決はドロー

ブンデスリーガ第17節がミッドウィークにドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第17節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月、浅野が先発出場した。 吉田と上月壮一郎が所属する最下位シャルケ(勝ち点9)は、ホームでライプツィヒと対戦。前半で4失点を喫したシャルケは、56分に上月が魅せる。フライのクサビのパスを中央で受けた上月はファーストタッチでDF2人の間をすり抜けてボックス内へ。GKとの一対一の局面を作り、見事にシュートを決めきった。 上月にブンデス初ゴールが生まれて勢いを取り戻しかけたシャルケだったが、80分に上月がピッチを後にした中、83分にダニ・オルモに巧みなループシュートを決められて5失点目。さらに90分にもY・ポウルセンにゴールを許したシャルケは6失点惨敗した。 また、堂安の所属するフライブルクと鎌田、長谷部の所属するフランクフルトによる日本代表対決は、42分にフランクフルトがコロ・ムアニのゴールで先制するも、後半開始早々にフライブルクがギンターのゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/25 アウグスブルク 1-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆64分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆91分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/25 ウニオン・ベルリン 1-2 ホッフェンハイム ◆73分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆80分までプレー、56分にゴールを記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、77分にゴールを記録 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/25 レバークーゼン 2-0 ボーフム ◆70分までプレー 2023.01.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ウニオン・ベルリンのFWスカルケを買取OP付きレンタルで獲得

シャルケは24日、ウニオン・ベルリンのドイツ人FWティム・スカルケ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。なお、背番号は「20」を着用するとのことだ。 シャルケに加入したスカルケは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「監督や 担当者と話をして、シャルケへの移籍が自分にとって正しい選択であるという確信を持った。僕らより前にいるチームにプレッシャーをかけて、最終的には一緒にリーグ残留という大きな目標を達成したいと思っているよ」 ハイデンハイムの下部組織で育ったスカルケは、2015年9月にプロデビューを飾ると、2019年の夏にダルムシュタットへ完全移籍。ダルムシュタットでは加入初年度から右ウィングの主力として公式戦80試合に出場し13ゴール7アシストを記録。 この活躍が認められ、昨夏にウニオン・ベルリンへ完全移籍。しかし、ウニオンではレギュラー争いに敗れ、今季はここまで公式戦6試合でわずか104分の出場にとどまっていた。 2023.01.25 00:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ウニオンがクロアチア代表DFユラノビッチを獲得! セルティックからクラブレコードの加入に

ウニオン・ベルリンは22日、セルティックからクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、ドイツ『スカイ』によると、ウニオンはクラブレコードとなる移籍金800万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1100万ユーロ(約15億5000万円)を支払うことに。また、クロアチア代表DFは、2027年までの4年半契約にサインしたという。 スコットランドからドイツへの移籍を決断した27歳は、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語った。 「ウニオンへの移籍は、世界最高のフットボールチームの1つでプレーするという自分の夢を実現するものになったよ。ブンデスリーガは激しくて堅実で、自分のゲームにとって良いことだ。すぐにアルテ・フェルステライでファンの前でプレーすることを楽しみにしているよ。ベルリンでさらに向上し、自分キャリアにおいて次のステップを踏みたいと思っているよ」 カタール・ワールドカップでの鮮烈なパフォーマンスで評価を高めたユラノビッチ。今冬の移籍市場ではチェルシーやローマなど、ヨーロッパ主要リーグの強豪クラブの関心を集めていたが、今冬の移籍市場でノルウェー代表DFユリアン・リエルソン(25)をドルトムントに引き抜かれた今シーズンのブンデスリーガ3位のウニオンとなった。 ドゥブラヴァでキャリアをスタートし、母国屈指の名門ハイドゥク・スプリトで台頭したユラノビッチは、レギア・ワルシャワを経て2021年夏にセルティックへ完全移籍。ここまで公式戦53試合に出場し、6ゴール3アシストの数字を残すなど右サイドバックの主力として活躍。 また、本職の右サイドバックに加え、左サイドバックや左右のサイドハーフでもプレー可能な多才なDFは、クロアチア代表としてここまで27試合に出場している。 2023.01.22 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー監督、ユラノビッチのウニオン移籍を確認「メディカルチェックが済めば…」

ウニオン・ベルリン行きが迫るセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)だが、アンジェ・ポステコグルー監督も認めている。 カタール・ワールドカップでの鮮烈なパフォーマンスで評価を高めたユラノビッチ。今冬の移籍市場ではチェルシーやローマなど、ヨーロッパ主要リーグの強豪クラブの関心を集めていたが、ここ数日でウニオン行きが加速。伝えられるところでは、クラブレコードとなる移籍金800万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1100万ユーロ(約15億5000万円)を支払うようだ。 移籍完了まで時間の問題と見られる中、ポステコグルー監督もクロアチア代表DFのドイツ行きを認めた。同選手が欠場した21日のカップ戦の後にコメントしている。 「彼は渡航許可を受け、ウニオン・ベルリンでメディカルチェックを受ける予定だ。すべてが上手くいけば、移籍することになるだろう」 ウニオンとは2027年までの4年半契約を結ぶと見られるユラノビッチ。母国屈指の名門ハイドゥク・スプリトで台頭し、レギア・ワルシャワを経て2021年夏にセルティックに完全移籍。ここまで公式戦53試合に出場し、6ゴール3アシストの数字を残すなど右サイドバックの主力として活躍していた。 2023.01.22 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ユラノビッチの新天地は今季ブンデス3位のウニオンに! クラブレコードでの加入迫る

ウニオン・ベルリンが、セルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)の獲得を決定的なモノとしたようだ。ドイツ『スカイ』など複数メディアが報じている。 カタール・ワールドカップでの鮮烈なパフォーマンスで評価を高めたユラノビッチ。今冬の移籍市場ではチェルシーやローマなど、ヨーロッパ主要リーグの強豪クラブの関心を集めていたが、その新天地は今シーズンのブンデスリーガで3位と躍進を見せるウニオンとなるようだ。 今冬の移籍市場でノルウェー代表DFユリアン・リエルソン(25)をドルトムントに引き抜かれたウニオンは、右サイドバックに加え、左右のサイドハーフでもプレー可能な多才さが売りのユラノビッチを後釜に指名。 一連の報道によると、ウニオンはクラブレコードとなる移籍金800万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1100万ユーロ(約15億5000万円)を支払うことで、セルティックと合意に至ったという。 また、すでに個人間で合意しているクロアチア代表DFは、2027年までの4年半契約にサインするとのことだ。 ドゥブラヴァでキャリアをスタートし、母国屈指の名門ハイドゥク・スプリトで台頭したユラノビッチは、レギア・ワルシャワを経て2021年夏にセルティックに完全移籍。ここまで公式戦53試合に出場し、6ゴール3アシストの数字を残すなど右サイドバックの主力として活躍していた。 2023.01.22 06:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly