「バケモン」「本物」「神やな」反転ボレーでUNL5戦6発のハーランドが凄すぎる!「絶対ゴール決めるマン」「ノルウェーW杯で見たかった」

2022.09.27 13:42 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
この男がワールドカップで見られないことは本当に残念としか言えないだろう。

24日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグBグループ4第5節スロベニア代表vsノルウェー代表が行われた。

試合はスロベニアが2-1で勝利を収めたが、ノルウェーのエースであるアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)はしっかりとゴールを記録した。
試合の47分、相手のクリアボールがモハメド・エルユヌシにあたってボックス内で跳ねると、これに反応したハーランドが反転ボレー。ゴール左隅に決まった。

ハーランドは今シーズンのUNLで5試合に全て出場し6ゴール1アシスト。6月9日のホームでのスロベニア戦こそゴールを決められなかったが、残りの4試合全てでゴールを記録している。

ファンは流石の得点力を評価。「ちゃんと点取るのバケモン」、「ハーランドは本物」、「オブラクが一歩も動けないシュート撃ってるのすごい」、「絶対ゴール決めるマン」、「ハーランド神やな」、「息するように点決めるの草」、「ノルウェーW杯で見たかった」とコメントが集まっている。

今夏加入したシティでもゴールを量産しているハーランド。残念ながらカタール・ワールドカップ(W杯)に出場することはなく、世界を相手に活躍する姿は見られないが、ゴールで楽しませ続けてくれることは間違いなさそうだ。



1 2

関連ニュース
thumb

まだ22歳のハーランド、代理人が過度な期待に警鐘「今の状況から彼を守らねば」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの代理人が、選手への過度な期待に警鐘を鳴らしている。 今夏にドルトムントからシティへ加入し、すでに公式戦18試合23得点3アシストと、ただでさえ大きかった期待値を大幅に上回る活躍を披露しているハーランド。残念ながらカタールW杯ではお目にかかれないが、今後のさらなる飛躍も楽しみな22歳だ。 レアル・マドリーが数年後の獲得を目論んでいるとも噂されるなか、代理人を務めるラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応じ、選手の去就について言及している。 「ハーランドにはしっかりとしたキャリアプランがある。私自身が事細かに把握しているわけではないが、彼の中で明確なものがあるのは確かだ。今後、何が起こるかは誰にもわからない」 また、すでに世界最高の選手の1人に数えられるハーランドだが、同氏いわくまだ22歳で、成長過程にあるとのこと。過度な期待はキャリアの妨げになり得ると警鐘を鳴らしている。 「彼についての誇張されたニュースもよく目にする。まだ22歳で、1人の人間として成熟しきっているわけではない。私たちはこの状況から彼を守らなくてはならない」 「すべては彼次第だが、彼自身のプレーや言葉のみにフォーカスするべき。雑音や単なる憶測は不要だし、論争がでっち上げられるのも不快だ」 2022.11.18 14:34 Fri
twitterfacebook
thumb

セルロートがソシエダへの完全移籍を希望! ライプツィヒからのレンタルは今季まで

ノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(26)がレアル・ソシエダへの完全移籍を望んでいるようだ。 セルロートは身長195cmの大型ストライカー。これまでクリスタル・パレスやヘント、トラブゾンスポルなど数多くのクラブを渡り歩き、昨夏にRBライプツィヒからの1年レンタルでソシエダへ加入した。 昨季は自身初のラ・リーガで32試合3得点と鳴かず飛ばずの結果に。だが、今季開幕後に再レンタルの形でソシエダへ復帰し、9試合で早くも昨季に並ぶ3得点1アシストと、日本代表MF久保建英らとともにチームをけん引する活躍を披露している。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、保有権を持つライプツィヒとの契約を2025年6月まで残すものの、ソシエダでのキャリア継続の意志を明確にしているとのこと。市場価値は1000万ユーロ(約14億6000万円)とされている。 2022.11.08 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ウーデゴール、母国ノルウェーのアーセナルファン増加を実感「あの光景は嬉しかったな」

アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが母国凱旋試合を心待ちにしている。クラブの公式サイトが伝えた。 ウーデゴールは15歳にして母国でプロデビューを飾り、16歳でレアル・マドリーへと移籍。残念ながらマドリーでは定着できず、レンタル移籍を繰り返してアーセナルへと辿り着いたが、今では主将を託されるほどの存在に。神童と呼ばれた10代の頃の期待に違わぬ活躍を披露している。 今季のアーセナルはプレミアリーグで首位に立つなど好調で、ウーデゴールも主軸として力強くけん引。13日にはアウェイでヨーロッパリーグ(EL)グループA第4節のボデ/グリムト戦が控えているが、この一戦はウーデゴールにとって母国凱旋試合に。 前日会見でもこのことを問われ、自身の活躍の影響もあってか、母国ノルウェーでアーセナルファンが増えていることを実感したと明かしている。 「代表チーム以外でノルウェーでプレーするのは久しぶりだよ。ここに到着して練習場に向かうと、隣のピッチではアーセナルのユニフォームを着たたくさんの子どもたちが練習に励んでいたんだ。あの光景は嬉しかったな。明日はスタジアムに足を運んでくれるかな?そうなることを願っているよ」 また、好調をキープする現在のチームについてもしっかり言及。日々の積み重ねの賜物であると強調した。 「チームとして、より良くなっている実感がある。僕たちは日々改善に努めていて、選手全員がアルテタ(監督)の要求するプレー、組織、スタイルを理解しているよ。やはり最も重要なのは毎日のトレーニングだね」 2022.10.13 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ノルウェー代表、ロシアクラブ加入のMFノルマンを招集候補から除外

ノルウェーサッカー協会(NFF)は、ロシアのクラブに加入したMFマティアス・ノルマンをノルウェー代表の招集候補から除外した。 今年2月末のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、ロシアリーグでプレーする多くの外国籍選手は、国際サッカー連盟(FIFA)の移籍特例措置を利用して国外リーグに新天地を求めている。 2019年1月にブライトンからロストフに完全移籍したノルマンに関しては、同問題が起きる以前の昨夏にノリッジ・シティに1年間のレンタル移籍していたが、今夏ロストフにレンタルバックしていた。 先月にはセリエAに昇格したレッチェへのレンタル移籍が決定していたが、選手登録の問題で最終的に破談。その後、同選手は加入先は明らかになっていないものの、ロシアのクラブに加入することが決定したという。 これを受け、同国代表を率いるストーレ・ソルバッケン監督は5日、代表通算12キャップを刻むノルマンに対して、招集候補から除外したことを伝えたという。 NFFのリーゼ・クラヴネス会長は声明を通じて、「ノルウェーとヨーロッパのフットボール界は、好戦的な政党としてロシアに共同圧力をかけることに同意している。また、スポーツにおける権力の座を非常に積極的に利用してた」と、今回の決定を説明している。 2022.09.06 23:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリが23歳ノルウェー代表FWの獲得に接近か、来年1月の加入へ

ナポリがボテ/グリムトのノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(23)獲得に近づいているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 ソルバッケンは左利きの快足ウインガー。母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。ボテ/グリムトには2020年1月から在籍しており、クラブ通算78試合17得点19アシストを記録している。 昨年秋にはヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)のグループステージでローマ相手に2試合3得点を記録。この活躍を受け、対戦相手のローマや、同じセリエAのヴェローナなどが関心を寄せていた。 だが、獲得に漕ぎ着けたのはナポリのようだ。ナポリはすでにソルバッケンのメディカルチェックをイタリア国内で実施済み。現時点で正式契約は結んでいないようだが、ノルウェーのレギュラーシーズンが終了した来年1月の加入を確信しているとのことだ。 2022.08.03 20:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly