アンリの最多得点記録にあと「2」と迫るジルー、フランス代表でのプレーに喜び「完全にフィットしている」

2022.09.26 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのFWオリヴィエ・ジルーが、フランス代表でプレーする喜びを語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

モンペリエ時代の2010年にフランス代表デビューを果たしたジルー。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、得点こそなかったものの、周りを活かすプレーに徹して優勝に大きく貢献した。

昨年にレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが代表復帰して以降は出場機会が限られていたが、ベンゼマの負傷もあって22日にホームで行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア戦に先発。後半に得意のヘディングシュートでゴールを決め、フランス代表での最年長得点記録を更新した。
フランス『テレフット』のインタビューに応えたジルーは、代表でのプレーに満足感を語った。

「オーストリア戦でも能力が発揮できたと思う。僕は監督の意図がわかるし、完全にチームにフィットしているんだ」

「ゴールを決めれたのは良いことだね。年齢を重ねても得点感覚は残っているし、チームに少しでも貢献したいという思いは常に持っている」

また、ティエリ・アンリ氏が持つ代表での歴代最多得点記録である51ゴールにあと「2」と迫ったことについても言及。自身と同じアーセナルでもプレーしたレジェンドに近づけることが光栄だと話した。

「アンリと肩を並べられるかどうかはわからないが、いずれにせよ、彼に近づいているということは、フランスサッカー界のレジェンドについて話しているのだから、それはもう大きな誇りだよ」

さらに、11月に開催されるカタールW杯に向けては「僕はピッチで何をすべきかということに集中している。監督が必要だと思えばそれに応えるだけだよ」と意気込んだジルー。25日に行われたUNLのデンマーク代表戦では先発するも、無得点に終わったが、大舞台で再び輝きを放つことができるだろうか。


関連ニュース
thumb

デンマーク戦で圧巻2Gのムバッペ、対戦相手もため息交じりに称賛 「世界で最も優れた選手の一人」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがデンマーク代表戦で見せた活躍には、対戦相手も脱帽するしかないようだ。スペイン『アス』が伝えている。 フランスは26日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループD第2節でデンマークと対戦。初戦に続く勝利を手にすれば、グループ突破が決まる一戦となったが、序盤から拮抗した展開が続き、ゴールレスで前半を終えた。 それでも、試合を折り返してスコアを動かしたのはエースのムバッペ。62分、ボックス左深くまでインナーラップしたDFテオ・エルナンデスとのワンツーでボックス中央左に切り込むと、右足でゴール右隅に流し込んだ。 68分にはセットプレーから同点に追いつかれるが、86分にFWアントワーヌ・グリーズマンの右サイドからのクロスを再びムバッペが右ももで押し込み、勝ち越しに成功。2-1で連勝を飾り、王者フランスが一番乗りでグループステージ突破を決めた。 デンマークのFWマルティン・ブラースヴァイトは試合後、ムバッペの2ゴールの活躍に言及。ため息交じりに称賛するしかなかった。 「はぁ…彼は印象的な選手だね。スペクタクルなメンタリティを持ったフットボーラーだ。彼は今、世界で最も優れた選手の一人だよ。素晴らしいレベルにある」 初戦に続くゴールを挙げたムバッペはこれで大会通算3得点。4得点を挙げ、ベストヤングプレーヤーに輝いた前回のロシア大会を上回る成績を残し、フランスを連覇に導けるだろうか。 2022.11.27 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

右ヒザ重傷のリュカ・エルナンデス、自身3度目の大ケガに引退もよぎる…

右ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負ったバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス。引退が頭によぎったようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今回のカタール大会で自身2度目のワールドカップに臨んでいたリュカ・エルナンデス。ところが初戦のオーストラリア戦で、9分の失点場面にヒザを負傷し、上述の大ケガに見舞われることになった。 25日にバイエルンから治療手術が無事に成功したとの報告があったが、W杯はおろか、今季中の復帰も絶望的な見通しとなり、26歳にとって今大会は結果的に残念なものとなってしまった。 リュカ・エルナンデスが今回のような大きなケガに悩むのは初めてではない。アトレティコ・マドリーに所属していた2019年2月に、右ヒザの内側側副じん帯を損傷し、復帰にはおよそ半年を要することになった。 さらに、バイエルンに移籍した2019-20シーズンにも足首のじん帯裂傷で、しばらく戦線離脱を余儀なくされた。 そして今回、三度の重傷に見舞われ、精神的にも参ってしまったリュカ・エルナンデスの頭には引退がよぎったそう。だが、『レキップ』によれば、母親がそんな息子を支え、立ち直らせたという。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、重傷を負ったにもかかわらず、バイエルンは契約延長の意思を崩していないようだ。 2022.11.27 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

デンマーク指揮官、背水の陣で臨む最終節に向けて「我々にできることはオーストラリアを倒すことだけ」

デンマーク代表のカスパー・ヒュルマンド監督が、フランス代表戦を振り返った。『ESPN』が報じた。 26日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のフランスvsデンマーク代表が行われた。初戦でオーストラリア代表に逆転勝利したフランスと、チュニジア代表相手に引き分けたデンマークの一戦。 試合が動いたのはゴールレスで動いた後半。フランスは61分にボックス左深くまでインナーラップしたテオ・エルナンデスとのワンツーでゴール前に侵入したムバッペがネットを揺らした。 その後、セットプレーから同点に追いついたデンマークだったが、終盤の86分にグリーズマンの右クロスをファーサイドのムバッペに押し込まれ、万事休す。デンマーク1-2で敗れた。 1分け1敗とグループステージ突破へ後のなくなったデンマーク。今年のUEFAネーションズリーグでフランスに2連勝したヒュルマンド監督だが、「試合ごとに勝敗は違う」と言い、今回も勝つことを前提とはしていなかったとようだ。 「これまで対戦したときは、いつもちょっとしたことで試合が決まっていた。2点目はほとんどオフサイドで、カスパー(・シュマイケル)はムバッペの素晴らしいシュートをセーブしていた。試合はちょっとしたディテールで決まりますが、今回はそれがフランス側にありました。彼らは勝利に値するが、非常に際どいゲームだったと思っているよ」 また、背水の陣で臨むこととなった最終節のオーストラリア戦については問われると、「我々にできることはオーストラリアを倒すことだけだ。それ以外は何もできない。次の試合に勝利できれば突破のチャンスがあるが、負ければチャンスはなくなる。だから、自分たちは勝つことに集中し、後は他の結果を待つのみだ」と語った。 2022.11.27 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

GS突破を決めて安堵するデシャン監督「突破を決めたことは心にゆとりをもたらしてくれる」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が、デンマーク代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が報じている。 26日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のフランスvsデンマーク代表が行われた。初戦でオーストラリア代表に逆転勝利したフランスと、チュニジア代表相手に引き分けたデンマークの一戦。 試合が動いたのはゴールレスで動いた後半。フランスは61分にボックス左深くまでインナーラップしたテオ・エルナンデスとのワンツーでゴール前に侵入したムバッペがネットを揺らした。 その後、セットプレーから追いつかれたフランスだったが、終盤の86分にグリーズマンの右クロスをファーサイドのムバッペが体ごとゴールに飛び込み、決勝点となる得点を挙げ、2-1で勝利した。 連勝でグループステージ突破一番乗りを決めたフランス。デシャン監督は試合後のインタビューでグループステージ突破を決めた安堵を実感していると、正直な思いを述べた。 「2試合を終えた時点で勝ち点6を獲得してグループステージを突破できたことは我々にとって理想的なことだ。すでに突破を決めたことは心にゆとりをもたらしてくれる。次の試合までそれを味わいたいと思っている」 「このチームは強く、堅実で、大きなことを成し遂げたいという意欲を持っており、すでにこの2試合で2つの成功を収めている。第一の目標は達成され、得失点差でもオーストラリアを上回っている。1位通過の可能性が非常に高く、我々にとって理想的な位置にいるね」 2022.11.27 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ムバッペの2発でデンマークを下したフランスがGS連勝で突破一番乗り!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のフランス代表vsデンマーク代表が26日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 4日前に行われたグループリーグ初戦でオーストラリア代表から逆転勝利を収めたフランスは、その試合からスタメンを3人変更。初戦で負傷したリュカやパヴァール、コナテに代えて負傷明けのヴァランやクンデ、テオ・エルナンデスを起用。オーストラリア戦同様に[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 一方、初戦でチュニジア代表とゴールレスドローに終わったデンマークは、その試合からスタメンを4人変更。こちらも初戦で負傷したデラネイやドルベリやスコフ・オルセンらに代わりコーネリウス、ダムスゴーア、リンドストロームらが先発。コーネリウスを最前線に据えた[3-4-2-1]の布陣を採用した。 W杯前に行われたUEFAネーションズリーグ22-23でも対戦した両国の一戦は、立ち上がりから拮抗した展開に。そんな中、フランスは21分に敵陣で獲得したFKからグリーズマンが右サイドに展開すると、デンベレのクロスをラビオがドンピシャのヘッドで合わせたが、ややコースが甘くGKシュマイケルの好守に阻まれた。 その後は互いにアタッキングサードでの決め手を欠き、なかなかシュート数が増えていかない、膠着状態が続く。フランスは33分にジルーとのパス交換でボックス左深くまで侵入したグリーズマンが角度のない位置からシュート。さらにGKシュマイケルの弾いたボールをデンベレが落とすと、ボックス外からチュアメニが狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ピンチを凌いだデンマークは、36分に自陣中盤でボールを奪ったホイビュアがカウンター。最後はスルーパスに反応したコーネリウスがボックス右からようやく前半最初のシュートを放つが、これはゴール右に外れた。 対するフランスは、直後の37分にデンベレのサイドチェンジをボックス左のムバッペがダイレクトで折り返すと、走りこんだジルーがヘディングシュート。さらに40分には、右サイドを抜け出したデンベレの折り返しからムバッペが決定機を迎えたが、共にシュートは枠を外した。 ゴールレスで迎えた後半もフランスがゲームをコントロールすると、61分に先制する。左サイドからドリブルで仕掛けたムバッペがボックス左深くまでインナーラップしたテオ・エルナンデスとのワンツーでボックス中央左に切り込むと、右足でゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したデンマークは、得点後にフランスがやや圧力を弱めたこともあり相手陣内でのプレーを続けると68分、エリクセンの右CKをニアのアンデルセンがフリックしたボールをゴール前に走りこんだクリステンセンが頭で流し込み、試合を振り出しに戻した。 さらにデンマークは、72分にもダムスゴーアの左クロスからリンドストロームが決定機を迎えたが、シュートはGKロリスの好セーブに防がれた。 追いつかれたフランスは、75分にデンベレとヴァランを下げてコマンとコナテを投入。すると77分、グリーズマンの右CKを走りこんだチュアメニがダイビングヘッドで合わせたが、これはメーレの背中に当たり枠を外れた。 膠着状態が続く中、フランスは86分に味方のロングパスから右サイド深くまで侵入したコマンの切り返しがカバーに来たグリーズマンの足元に転がると、ボックス右横から供給したクロスをファーサイドから走りこんだムバッペが右モモで押し込み、勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり2-1でフランスが勝利。2連勝を飾った王者フランスが一番乗りでグループステージ突破を決めた。 フランス 2-1 デンマーク 【フランス】 ムバッペ(後16) ムバッペ(後41) 【デンマーク】 クリステンセン(後23) 2022.11.27 03:12 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly