チャーリー・アダムが現役引退…レンジャーズやリバプール、ストークでプレー

2022.09.22 00:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スコットランド代表MFチャーリーアダム(36)が現役引退を発表した。

昨シーズン限りでダンディーFCを退団し、フリーとなっていた36歳MFは、21日に自身の公式ツイッターを通じて現役引退を明かした。

「今こそ、プレーヤーとしての引退を発表するときだと感じている」
「幸運なことに世界最大のクラブのいくつかでプレーすることができた。レンジャーズでのチャンピオンズリーグの夜から、ブラックプールのキャプテンとしてプレミアリーグへの昇格を勝ち取り、有名なリバプールのシャツを着て、KOPの前で得点を挙げることもできた」

「ストーク・シティで素晴らしい8シーズンを過ごし、少年時代のクラブを昇格に導き、スコットランド代表で25回プレーした。悪い道のりではなかったよ」

「グラスゴー・レンジャーズ、ロス・カウンティ、セント・ミレン、ブラックプール、リバプール、ストーク・シティ、レディング、そしてダンディーのサポーターに心から感謝するよ。これまでの過程で思い出に残る瞬間を提供できていれば幸いです」

「両親、姉と弟、妻のソフィー、子供たちのジャック、アナベラ、ルイ、そして過去20年間にわたって支えてくれたすべての家族と友人に感謝したいと思う。あなた方なしでは何もできなかったはずさ」

「ここまでのキャリアは本当に楽しかったよ」

ダンディーFCやレンジャーズの下部組織で育ったアダムは、レンジャーズでプロデビューすると、ロス・カウンティ、セント・ミレン、ブラックプールへのレンタル移籍を経験。2011年7月にリバプールへと加入した。

リバプールでは公式戦37試合で2ゴール10アシストを記録。1年の在籍で終わり、その後ストーク・シティでレギュラーとしてプレー。レディングを経て、2020年9月から古巣のダンディーFCでプレー。古巣では在籍期間にスコティッシュ・プレミアシップ昇格に貢献したが、昨季限りでチームを去っていた。

なお、アダムは、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がセント・アンドリュースで行っていたプレシーズン・トレーニングや、最近ではバーンリーのU-23チームで、コーチングバッジの取得を目指しているところを確認されている。

そして、同選手自身も、「今のところ、指導者に移行するときが来たと感じているよ。信じられないほど情熱を感じ、ここ数カ月その仕事を楽しんでいるんだ」と、今後の指導者転身を認めている。

関連ニュース
thumb

モロッコ代表躍進の立役者アムラバトにオファー殺到! 代理人認める「電話がなり続けている」

カタール・ワールドカップでベスト8進出を果たしたモロッコ代表で輝くフィオレンティーナのMFソフィアン・アムラバト(26)が、かなりの注目株となっているようだ。 今大会で史上初のベスト8入りを決めたモロッコ代表において、アムラバトは一際目を引く存在だ。ここまでラウンド16まで全試合にフル出場しており、大金星を挙げたスペイン戦ではボランチの位置で相手の猛攻を跳ね返し続けた。 クラブレベルでは出身国であるオランダのユトレヒトやフェイエノールトでプレーしたのち、クラブ・ブルージュ、ヴェローナを渡り歩いて2020年夏にフィオレンティーナに加入。初年度から主力に君臨しており、今季も中断前は公式戦20試合に出場していた。 そして、今回のW杯で一気に知名度を上げ、リバプールをはじめ、ミランヤナポリといったビッグクラブが関心を寄せる存在に。イタリア『ソイ・カルチョ』によれば、代理人がすでに多くのオファーが届いていることを認めている。 「毎日いろんなクラブからソフィアンについて多くの電話がかかってくる。ワールドカップで最高の守備的ミッドフィルダーであることは誰もが認めるところだ。ただ、今はワールドカップのことだけに集中している」 なお、2024年まで契約を残すフィオレンティーナだが、移籍金は3000万ユーロに設定しているようだ。 2022.12.08 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、モロッコ代表の躍進支えるMFアムラバトに関心か

リバプールが、フィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)に興味を持っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 同選手は現在、モロッコ代表としてカタール・ワールドカップに参戦中。出身はオランダだが、ルーツのあるモロッコ代表で2017年11月にデビュー。今大会のグループステージでは全3試合にフル出場し、クロアチアやベルギーを抑えて首位通過したチームのダイナモとして活躍した。 クラブレベルではユトレヒトでプロデビュー後、フェイエノールトやクラブ・ブルージュ、ヴェローナを渡り歩いて2020年夏にフィオレンティーナに加入。守備的MFとして初年度から主力に君臨しており、今季も中断前は公式戦20試合に出場していた。 今回のカタールW杯でのパフォーマンスを受けて関心を持ったのはリバプールだけでなく、セリエAではインテルやナポリ、ミランともリンクされる存在に。ただ、フィオレンティーナは2025年までの契約延長オプションを有しており、スポーツ・ディレクターのダニエレ ・プラデ氏は「焦りはない」と主張する。 しかし、アムラバトが年俸180万ユーロと薄給であることから、イタリア勢より豊富な資金力を備えるリバプールが有利なポジションにいると推測されている。移籍金は3000万ユーロ前後のようだ。 2022.12.04 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

モテモテのライス... リバプールはファビーニョの後釜に?

リバプールが、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 若くしてウェストハムの主将を務め、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のライス。イングランド代表でも所属クラブ同様に不動の主軸として君臨しており、4日にはベスト8進出を懸け、セネガル代表との対戦に臨む。 そんなライス、過去数年にわたってメガクラブへのステップアップが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、チェルシーなどといった名前が。今大会の直前にはレアル・マドリーが関心を強めたとも一部で報じられた。 そんななか、リバプールも関心を一段階強めた模様で、ブラジル代表MFファビーニョ(29)の後釜として来夏の獲得を検討。ファビーニョは今季のパフォーマンスがやや優れず、もしライスを確保できれば、同選手の売却を進める方針だという。 一方、リバプールは現在、オーナーグループのフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)がクラブ売却に動いており、事が進めば、来夏に新体制が発足している可能性も。そのため、必ずしも現在の補強戦略がそのまま受け継がれるとは言い切れないようだ。 2022.12.04 14:33 Sun
twitterfacebook
thumb

アグボンラホル氏、「ラ・リーガ行きが夢」発言のL・ディアスに喝「現在に集中すべき」

元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホル氏が、リバプールのコロンビア代表FWルイス・ディアスに喝を入れた。 L・ディアスは今年1月にポルトからリバプールへ移籍。今季のリバプールが中断期間までにプレミアリーグ6位と苦しい戦いを強いられるなか、自身は10月上旬に負傷しており、年末の戦列復帰に照準を合わせている段階だ。 現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、回復に努めつつも束の間のオフに。アグボンラホル氏はイギリス『Football Insider』で、L・ディアスがつい先日の母国メディアのインタビューで「ラ・リーガでのプレーが夢」と語ったことに噛み付いた。 「今もスペインに行きたいと願っているのは間違いないのだろう。彼がバルセロナやレアル・マドリーでコンスタントに活躍できる選手だとは、必ずしも言い切れないがね」 「そんなことより、現在の彼はコンディションの回復に集中すべきだ。ピッチに戻るため、リバプールで最高のパフォーマンスを発揮するため、全身全霊を注ぐべき状況のはずだ」 アグボンラホル氏としては、所属クラブで試合に出られない状況が続いていたなかでの将来の移籍を示唆したとも捉えられかねない発言が気に食わなかったのだろう。L・ディアスの後半戦の爆発に期待したい。 2022.12.03 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップは現時点でドイツ代表監督に興味なし

ドイツ代表の新指揮官候補に挙がるリバプールのユルゲン・クロップ監督だが、現時点でマンシャフトを率いる考えはないようだ。ドイツ『スカイ』が報じている、 カタール・ワールドカップ(W杯)で優勝候補の一角に挙げられたドイツだが、日本代表との初戦の逆転負けが大きく響き、グループEの戦いを1勝1分け1敗の3位で終了。この結果、ロシア大会に続き屈辱の2大会連続敗退となった。 また、直近のUEFAネーションズリーグ2022-23ではグループAからの敗退こそ回避したものの、イタリア代表、ハンガリー代表に次ぐ3位に終わっており、ここ数年の不振を脱却できずにいる。 そのため、ドイツサッカー連盟(DFB)は、ユーロ2024まで契約を残すハンジ・フリック監督の手腕に疑問を抱いており、ベルント・ノイエンドルフ会長と、マネージングディレクターであるオリバー・ビアホフ氏は近日中に同監督と今後に向けた話し合いを行う予定となっている。 仮に、この話し合いの中でフリック監督の解任に踏み切った場合、現時点で有力な後任候補に挙がっているのが、これまでも幾度となく招へいの可能性が伝えられたクロップ監督だ。 しかし、同監督の代理人でありメインアドバイザーを務めるマルク・コジッケ氏は、ドイツ代表監督就任の可能性を否定している。 「それはメディアでの話題にすぎない。ユルゲンはリバプールで2026年まで契約を結んでいる」 「そして、クロップはリバプールとの契約を全うするつもりだ」 前述のコメントのようにクロップ監督は先日にリバプールとの契約を2026年まで延長した。ただ、今シーズンのリーグ戦での不振やクラブに身売りの可能性が浮上しており、今後の状況次第ではマンシャフトでの指揮を検討する可能性はゼロではなさそうだ。 2022.12.03 07:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly