鳥栖、U-18からDF大里皇馬、DF竹内諒太郎、MF坂井駿也、MF楢原慶輝の昇格内定を発表!

2022.09.21 12:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は21日、サガン鳥栖 U-18に所属するDF大里皇馬(18)、DF竹内諒太郎(17)、MF坂井駿也(18)、MF楢原慶輝(18)の来季トップチーム昇格内定を発表した。

鹿児島県出身の大里は、15歳から下部組織に所属。クラブは「空中戦の強さに加えて対人能力の高さも抜群。セットプレーでのヘディングも強く、得点能力も兼ね備えている」と紹介している。

竹内は188cmの長身を備えるセンターバック。クラブも「ビルドアップ能力に優れる左利きのセンターバック。長身長を活かしたヘディングの強さも武器」とプレースタイルに触れている。
坂井は地元熊本のジュニアサッカークラブから、サガン鳥栖 U-18に加入。「複数ポジションをこなし、両足からの繰り出す展開力やボール奪取能力に優れたプレーヤー」とクラブは期待を寄せる。

楢原はサガン鳥栖U-15からクラブで成長。クラブは「豊富な運動量と複数のポジションをこなす事が出来るユーティリティー性を持ち合わせたプレーヤー」と持ち味を述べている。

来季からトップチーム入りを果たす4選手はクラブを通じて、喜びの思いと決意を語った。

大里皇馬
「三年間大きく成長させてもらったクラブでプロキャリアをスタートすることでき大変嬉しく思います。両親をはじめ、監督やコーチ、自分の成長に関わって頂いた全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに一日一日を全力で頑張ります!

「そして、プロとしての自覚を持ち自分のプレーを見て少しでも勇気や感動を届けられるような選手になれるように全力で努力します!」

竹内諒太郎
「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います。また、それと同時にとても身が引き締まる思いです」

「家族、チームメイト、今までサッカーを通して出会った全ての人、地元愛知からいつも応援してくれている人への感謝を忘れず、期待に応えられるよう、恩返しができるようにこれからもさらに成長していきます!」

「ここはゴールではなくスタートなので、一日一日を大切に、奢らず焦らず努力し続けます。応援よろしくお願いします!!」

坂井駿也
「この度、トップチームに昇格することができ、とても嬉しく思います。サガン鳥栖という素晴らしいチームでプロとしてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく、光栄に思います」

「素晴らしい選手、スタッフと共にプレーし様々なことを吸収し、自分の成長に繋げていき1日でも早くあの素晴らしいスタジアムに立ちファン・サポーターの皆さんと勝利を分かち合えることを楽しみにしています!」

「そして、これまで僕を支えてくださった方々、これから先、支えて下さる方々に感謝と感動を与えていける選手になります。これからよろしくお願いします!」

楢原慶輝
「小さい頃からお世話になったサガン鳥栖でプロキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。常に支えてくれた家族をはじめ、監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、日々全力で頑張ります」

「また、ここからがスタートなので1日でも早く結果で恩返しができるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」



1 2

関連ニュース
thumb

鳥栖がJ3ベストイレブンのGK内山圭を獲得 J2昇格決めた藤枝の守護神

サガン鳥栖は27日、藤枝MYFCのGK内山圭(29)が完全移籍で加入することを発表した。 横浜F・マリノスと川崎フロンターレの下部組織でプレーした経歴を持つ小泉は東海大学に進学後、2016年に日本フットボールリーグ(JFL)の東京武蔵野シティFCに入団。2017年7月にロアッソ熊本入りし、今季からは藤枝に移籍した。 移籍1年目だったが、正確なフィードと一対一でのシュートストップを武器に守護神の座を射止め、明治安田生命J3リーグの全34試合にフル出場。2位フィニッシュしたチームのJ2昇格に大きく貢献し、今季のJ3アウォーズでベストイレブンにも輝いた。 内山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖を応援する皆さん、初めまして。藤枝MYFCから来ました内山圭です。オファーをいただいた時から心躍る思いでした。チャレンジできる環境に飛び込み、自分の成長を求めていきたいと思います。そして、それがチームに貢献することとなるように日々精進したいと思います。まだまだ若輩者ではありますがJリーグ制覇に向けて力になれるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆藤枝MYFC 「この度、移籍を決断しました。須藤さんの言葉で加入を決めましたが志半ばで離れることを申し訳なく思います。どうしてももっと「成長したい」という思いが強くなりました。それも今年1年間藤枝MYFCでプレーをしてたくさんの挑戦をしてきたからだと思います」 「藤枝総合の雰囲気がとても好きでした。勝った後の皆さんの笑顔が大好きでした。負けた後は皆さんのおかげで立ち直ることができました。アウェイ今治戦の後、皆さんの顔を見ると悔しくて涙がでました。ホーム最終戦、そして昇格を決めた長野戦の応援にはアップの時から感動しました」 「来年J2で戦う皆さんを陰ながら応援させていただきます。僕も進化を続けるエンターテイメントサッカーに負けじと成長していきます。1年間藤枝MYFCで戦えたことは僕の誇りです。ありがとうございました」 2022.11.27 17:36 Sun
twitterfacebook
thumb

「もう一度自分が知らない所へ…」 鳥栖MF小泉慶がFC東京へ完全移籍

FC東京は27日、サガン鳥栖のMF小泉慶(27)が完全移籍で加入することを発表した。 小泉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校に進学。2014年からアルビレックス新潟に入団し、4シーズンを過ごした。 以降は柏レイソル、鹿島アントラーズを経て2021年8月に鳥栖に加入。これまで明治安田生命J1リーグ通算224試合の出場で7得点を記録している。 今シーズンはケガで離脱する期間がありながらも、主力としてJ1で30試合に出場。ボランチを主戦場にプレーしたが、右サイドバックやトップ下もこなせるユーティリティプレーヤーだ。 小泉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「サガン鳥栖から加入することになりました小泉慶です。FC東京がタイトルを獲得するために、勝つことだけを考えてプレーします。応援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「1年半という短い間ですがサガン鳥栖でプレー出来た事、最高の出会いが沢山あった事、感謝の気持ちしかありません。ただ個人的にサッカー選手としてはもう若くありません。もう一度自分が知らない所へ行き挑戦したいと思いました。そう思わせてくれたのはサガン鳥栖でプレー出来たからこそだと思ってます。また必ず会いましょう。1年半ありがとうございました」 2022.11.27 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が板橋洋青と契約満了…修行先の愛媛も退団発表

サガン鳥栖は26日、GK板橋洋青(21)との契約満了を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験して、2020年に正式昇格。今季から愛媛FCに育成型期限付き移籍をしたが、出番なしに終わった。 愛媛からも契約満了が発表され、板橋は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、サガン鳥栖を離れることになりました。U-15・U-18から約8年間、サガン鳥栖のエンブレムをつけてプレーさせていただきました。アカデミー出身の選手としてチームのチカラになれなかったことがとても悔しいです」 「今シーズンでチームを離れますが、このサガン鳥栖は自分を成長させてくれた地元の大好きなクラブなので、どこにいてもずっと応援しています。 サポーターの皆さんありがとうございました!」 ◆愛媛FC 「まずはチャンスをくれた愛媛FCに、そして後押ししてくれたサポーターの皆さま、応援していただきありがとうございました! ここ愛媛FCでプレーできた事、チームメイトを心から誇りに思います! 1年間ありがとうございました!」 2022.11.26 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF相良竜之介が仙台にレンタル移籍 「また戻って来れるように日々努力」

ベガルタ仙台は20日、サガン鳥栖からMF相良竜之介(20)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。鳥栖との公式戦に出場できる契約のようだ。 相良は鳥栖のアカデミー出身で、2019年と2020年に2種登録され、2021年に正式昇格。その2021年に明治安田生命J1リーグで11試合の出番を掴んだが、今季は2試合の出場にとどまった。 武者修行の相良は両クラブの公式ウェブサイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「ファン、サポーターのみなさま、はじめまして。サガン鳥栖から加入する相良竜之介です。ベガルタ仙台というすばらしいクラブでプレーできることを大変うれしく思います。J1昇格という目標達成の力になれるように努力します。みなさまの前でプレーできる日を楽しみにしています」 ◆サガン鳥栖 「この度、ベガルタ仙台に期限付き移籍することになりました。小さい時からサガン鳥栖というチームに憧れを持ち、偉大な選手達のプレーをスタジアムで観て育ってきました。『いつか自分もここでプレーしてやる』この思いだけで僕が努力できる原動力となっていました」 「そんなクラブ・スタジアムでプレーできたこと、そして素晴らしい仲間やスタッフ、どんな時も温かいファン・サポーターの皆さんと闘えたことは僕の宝物です。このチームでいろんな選手とプレーし、いろんな経験をしてたくさん吸収することができました」 「楽しかったり嬉しかった思い出も、悔しかったり辛くて泣いた思い出も数え切れないぐらいありますが、全てが僕を成長させてくれたと思っています。自分自身、一度環境を変え、ベガルタ仙台というクラブで自分の価値を示し、一皮も二皮もむけて、たくましくなった姿でまた戻って来れるように日々努力していきます」 「ここで得たものや今の自分に自信を持ち、自分らしくプレーしてきます。そして、この決断が正しかったと言えるように、より一層の覚悟と自覚を持って頑張ります! 最後になりますが、僕を支えてくれている方たちに感謝し、違う地からいいニュースを届けられるようにします! 本当にありがとうございました!」 2022.11.20 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖がGK深谷圭佑との契約満了を発表、県リーグから一気にJ1にステップアップも出番なし「悔いは残っています」

サガン鳥栖は12日、GK深谷圭佑(24)との契約満了を発表した。 深谷は愛知県出身で、帝京長岡高校から立正大学、品川CC横浜でプレー。2021年8月に鳥栖へと加入が発表。2022シーズンから加入した。 6部に当たる県リーグから一気にJ1へとステップアップした深谷だったが公式戦の出番はなく、1年半でチームを去ることとなった。 深谷はクラブを通じてコメントしている。 「リリースの通り、今シーズンをもちまして契約満了となりました。2021年8月から今まで、サガン鳥栖というクラブでフットボールをすることができて本当に幸せでした」 「ただ、悔いは残っています。皆さんとピッチの上でお会いすることができなかったことです。いつか、この悔いを晴らせるように今後も頑張ります」 「契約満了とはなりましたが、このクラブに在籍することができて良かったと心から想っています。今後とも、この素晴らしいクラブの応援をよろしくお願いいたします」 「私はまだまだ夢を追い続けます。このクラブでプレーできたことを誇りに胸を張って次のステージに行ってきます!ありがとうございました!」 2022.11.12 21:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly