練習に遅刻し監督から電話…注意かと思いきや代表初招集の連絡という珍エピソード

2022.09.21 12:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表に初招集を受けたブレントフォードのFWイヴァン・トニー(26)が、招集を受けた際の珍エピソードと心境を明かした。イギリス『BBC』が伝えた。ジャマイカにルーツを持つトニーは、ノーザンプトンの下部組織出身。2015年8月にニューカッスルへと完全移籍を果たす。

しかし、出番はなかなかなく、バーンズリー、シュルーズベリー・タウン、スカンソープ・ユナイテッド、ウィガンと下部リーグのクラブへとレンタル移籍を繰り返し、ニューカッスルではわずか4試合の出場に終わっていた。
その後、2018年8月にピーターボロへと完全移籍すると、2020年9月にブレントフォードへと完全移籍する。

ブレントフォードでは2020-21シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合に出場し31ゴール10アシスト。チームのプレミアリーグ初昇格に貢献。2021-22シーズンはプレミアリーグで33試合に出場し12ゴール5アシストを記録し、チームの残留に貢献していた。

そして迎えた今シーズンは絶好調。プレミアリーグでは7試合で5ゴール2アシスト。第6節のリーズ・ユナイテッド戦ではハットトリックの活躍を見せていた。

その活躍がガレス・サウスゲイト監督の目に留まり、カタール・ワールドカップ(W杯)の2カ月前というタイミングで招集。世代別の代表歴もないため、キャリアで初の代表チーム参加となった。

トニーは自分を信じてこれまでやってきたと語り、その時が来たことを喜んだ。

「僕は自分に自信があると感じている。世代別の代表でプレーしたことは一度もなかったから、直接A代表に行くことは大きな成果だった」

「自分が飛行機に乗れるというのは、大きなチャンスだ。でも、1試合1試合やっていくしかない。上手くいけば、今回の試合で何分か出場できるかもしれない」

また、下部リーグで過ごすことが長かったキャリアを振り返り、どこにいても諦めることはなかったとした。

「どこにいても、色々なところにレンタル移籍していても、自分自身を証明すれば常に大きなチャンスがある。いつかプレミアリーガーになれるんだと、いつも自分の中では信じていた」

「今、僕はプレミアリーグの選手であり、イングランド代表だ。実際に、イングランド代表としてプレーするつもりだよ」

そのトニーだが、記念すべきイングランド代表招集はブレントフォードのトーマス・フランク監督から聞いたとのこと。ただ、最初は勘違いしたと珍エピソードを明かし、家族たちも喜んでくれたと語った。

「トレーニングに向かう途中に、ブレントフォードの監督から電話があったんだ。僕は少し遅れていたから、実は僕の時間の管理について電話してきていると思った」

「監督は僕がイングランド代表に招集されたことを伝えられて光栄だと言っていた。何も言うことがなかったのは人生で初めてだった」

「トレーニングに向けて運転していて『ワオ!実際にイングランド代表でプレーできるんだ』と思っていたよ」

「僕は家族とグループチャットをしているんだけど、ビデオ通話でみんなに話をしてニュースを伝えたんだ。彼らは20分ぐらい叫んでたね。父はどこにいたかわからないけど、クラクションを鳴らしていた」

果たして今回のUEFAネーションズリーグで出番はあるのか。イタリア代表、ドイツ代表と対戦するイングランド代表に注目だ。

1 2

関連ニュース
thumb

「非常に厳しい戦いに」イングランド代表、ヘンダーソンがセネガルを最大限に警戒

イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のセネガル代表戦へ向けて意気込みを語った。イギリス『Evening Standard』が伝えている。 イングランド代表はグループBを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦ではグループAを2位で通過したセネガル代表との対戦に。下馬評ではイングランド有利との見方が強いが、チーム最年長の1人でもあるヘンダーソンは最大限の警戒でこの一戦に臨むと口にした。 「その先(準々決勝以降)のことは考えるべきじゃない。全てはセネガルについてだよ。うまくいけば来週も試合について話せるが、それまではセネガルを倒すことに100%の意識を傾けている」 「セネガルはアフリカ王者であり、とても優れたチーム。非常に厳しい戦いを強いられるだろう。サディオ・マネ? 確かに彼らは重要な選手を失っているが、彼なしでここまで進んだため、自信を持っているはずだ」 「彼らは勝利に慣れている。僕たちが先に進むためにはピッチ上で全力を尽くす以外に道はない。ボールを保持していない時の強度はひとつのテーマかもしれないね。これを維持できれば、勝つチャンスも十分なはずだ」 2022.12.03 18:03 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ストーンズが56年ぶりW杯優勝に自信「実現可能」

イングランド代表DFジョン・ストーンズが、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝を目指すと改めて宣言した。 グループBを首位通過したイングランド代表は、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でセネガル代表との対戦に。ここまでの全3試合に出場したストーンズは一発勝負の戦いを目前にし、前日会見で大会制覇を誓っている。 「誇りに思えるような素晴らしい旅にしたいと願っている。今大会で多くの番狂わせを目の当たりにした。だから、(セネガルに)勝って当然だなんて微塵も思っていない」 「僕たちはW杯で優勝するためにいる、と繰り返し言ってきたよね。僕は今でもそれが実現可能だと信じているよ。これまでの歩みを振り返り、どこまで進みたいかを今一度、考える必要があるね」 「前回の(ロシア)W杯、EUROと、2度のトーナメントでトロフィーまで接近したが、どちらも最後は敗れた。二度とあの感覚を体験したくないんだ。W杯の4位は素晴らしい成果ではあったが、今回はさらに上に行くべきだ」 ストーンズが言及した昨年のEUROは決勝戦でイタリア代表にPK戦の末に敗北。今大会では決勝トーナメントを見据え、「ペナルティキックの練習とそのディテールについて少なくない時間を費やしてきた」とも明かしている。 2022.12.03 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

「本当に恥ずかしい行為」ゴミ拾いが話題の一方で、イングランドサポーターが中身入りのカップをみんなで投げ捨て炎上「アルコールを提供したくない理由だろう」

綺麗に片付けて帰っていくサポーターたちが増えているカタールとは裏腹に、わざわざ散らかして帰っていくというサポーターがいたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)もあと2日でグループステージの全日程が終了を迎え、ベスト16が出揃うことになる。 番狂わせが起こったほか、抜け出すチームがないなど、いつもとは違う様相となる一方で、ピッチ外では日本人サポーターの行動が大きな話題となっている。 以前から行われていたものの、試合後にゴミを拾って片付けて帰る日本人サポーターの姿が大きくクローズアップ。国際サッカー連盟(FIFA)がインタビューを行うなど脚光を浴びると、世界からも称賛の声が殺到。そして、称賛されるだけでなく、イランやモロッコ、エクアドル、フランス、チュニジアなど多くの国のサポーターがゴミを拾う姿が大会が進むごとに増えていく。 日本代表もこれまで通りドレッシングルームを綺麗に整頓して立ち去っており、コスタリカ代表戦で敗れた後もその綺麗さには世界が驚くことに。そんな中、わざわざ散らかす行為を見せたサポーターたちに嘆きの声が上がっている。 それはイングランド代表のサポーター。イギリス『First Edition』というニュース番組の公式ツイッターが1つの動画を投稿。それは、25日に行われたグループステージ第2戦でイングランドがアメリカ代表とゴールレスドローに終わった後の映像だ。 ロンドンで行われたパブリックビューイングに集まったサポーターたち。初戦の快勝から一転して、不甲斐ない戦いを見せたことに腹を立て、試合終了のホイッスルと同時に持っていた中身入りのコップ投げ出す人が続出したのだ。 1人が始まれば、続々と同じ行動をする人が現れ、中身も全て飛び散る事態に。一方で、このことを予期していたのか、カッパを着用して濡れるのを防ぐサポーターも多くいるのだ。 カタールでは片付けるというものがクローズアップされている中でのこの行為には、多くの人が批判。「これを家でやるのだろうか」、「本当に恥ずかしい行為」、「不満はあるがビールは捨てない」、「パブで試合を観戦してなぜポンチョを着るのか」、「これがカタールでアルコールを提供したくない理由だろう」などとコメントが集まった。 中には、「6ゴールの後に1ゴールもなかったんだから当然だ」、「90分見て何も起こらなかったからだ」と、このような行為が当然と捉える人も少なくなく、やはり文化の違いというところだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】引き分けた瞬間に飛び交うカップと飲み物…イングランドサポーターの行為が炎上中</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">FT: England 0-0 USA.<br><br>Watch the moment fans in London started throwing their drinks in frustration at the result.<a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ENGUSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ENGUSA</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup2022</a> <a href="https://t.co/4gbNmwx4ZS">pic.twitter.com/4gbNmwx4ZS</a></p>&mdash; First Edition (@FirstEdition) <a href="https://twitter.com/FirstEdition/status/1596245731509096449?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly