広島のスキッベ監督が2度目の月間最優秀監督に! 8月はリーグ戦全勝

2022.09.13 16:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Jリーグは13日、8月度の月間最優秀監督賞を発表した。

J1はサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督が受賞。8月はリーグ戦4試合で全勝。鹿島や柏、C大阪との上位戦でことごとく白星を重ねた。また、ルヴァンカップも含めると公式戦6連勝。まさに大躍進の1カ月だった。

「4月度に続き、明治安田生命J1リーグ8月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変嬉しく思っています。この素晴らしい賞をいただけたのは決して私一人の力ではなく、チーム全員の成果です。サンフレッチェ広島が魅力的で良いサッカーをしていることが日本中に認められた証だと思っています」
「シーズンは残り少なくなってきましたが、今後も現状よりさらに上を目指し、チーム一つになって戦っていきたいと思います」

なお、スキッベ監督は4月度以来2度目の受賞となった。

J2はリーグ戦5試合で4勝を挙げたファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算2度目となる今季2度目の受賞。J3ではいわきFCの村主博正監督が初受賞を果たした。

関連ニュース
thumb

「否が応でもPKの残酷さが分かります」森保一監督の古巣・広島が感謝のメッセージ「大きな声援と拍手で労をねぎらいたい」

サンフレッチェ広島は6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のベスト16で敗退となった日本代表への感謝のメッセージを送った。 5日、日本はラウンド16でクロアチア代表と対戦。ベスト8を目標にし、あと一歩に迫った中、前半に前田大然のゴールで先制。しかし、後半に追いつかれると、そのまま延長戦に突入。延長戦でも決着つかず、PK戦へともつれ込んだ。 PK戦では、日本は3人が失敗してしまい敗退。4度目の挑戦もベスト8に進出することはできなかった。 広島はかつてチームを率いた森保一監督をはじめ、コーチ陣もチームで指導していたこともあり、「森保ジャパンへの感謝」として、代表取締役社長の仙田信吾氏の名義で声明を発表した。 「森保ジャパンのクロアチア戦は、残念ながらPK戦で敗れました。10月16日の「天皇杯決勝」を戦った私たちには、否が応でもPKの残酷さが分かります。しかし、森保監督率いる日本代表は、べスト8に限りなく肉薄し、その差は今大会の日本を象徴する「1ミリ」にまで近づいていました」 「森保一監督の下で、代表チームをサポートした横内昭展コーチ、松本良一フィジカルコーチ、下田崇GKコーチ、上野優作コーチ、中下征樹テクニカルスタッフも、サンフレッチェ出身者です。そして、ドイツ戦で決勝ゴールを決めた浅野拓磨選手がいました。紫の戦士に心からのエールと感謝を申し上げたいです」 「世界を驚かせた日本代表の活躍に目を輝かせた子供たちは、サッカーの躍動感に改めて驚嘆しました。サンフレッチェのサッカースクールへの問合せが目に見えて増えています。元Jリーガーのコーチも指導する、私たちのスクールが注目していただけ嬉しいです」 「サンフレッチェは男女のトップチームだけではありません。小中高のアカデミーの充実が下支えして、ここからプロ選手が生まれ、男子トップチームの1/3はユース出身という育成型クラブなのです」 「私たちが一層強くなっていくためには、幼い頃からのサッカー体験の幅広い裾野が重要で、森保ジャパンの活躍は、育成のサンフレッチェを大きく前進させてくださることにもなりそうです」 「来期はエディオンスタジアムの最終年です。森保監督をお迎えして、大きな声援と拍手で労をねぎらいたいですね」 2022.12.06 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

広島の川村拓夢が契約更新、今季はJ1最優秀ゴール賞を受賞

サンフレッチェ広島は6日、MF川村拓夢(23)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 広島の育成組織出身である川村は2018年にトップチームへ昇格。翌年から2021年までの3年間は愛媛FCへ期限付き移籍し、77試合15得点と研鑽を積んだ。 古巣へ復帰した今季は開幕戦で途中出場を果たしてJ1デビューを飾るも、定位置確保に苦戦。だが、第24節の鹿島アントラーズ戦で、投入された直後に値千金のJ1初ゴールを記録した。 第28節の清水エスパルス戦でも今季のJ1最優秀ゴール賞に選出された超ロングシュートを決めるなど、今季リーグ戦では16試合3得点をマーク。天皇杯でも準々決勝のセレッソ大阪で後半のアディショナルタイムに劇的な逆転ゴールを生み出すなど、印象的なゴールを残し、大きな飛躍を果たした。 <span class="paragraph-title">【動画】2022年J1最優秀ゴール賞に選ばれた川村の超ロングシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mUvh2gQGQy0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.06 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「楽観的で野心的すぎる」元広島のミキッチが堂安律の発言に不快感、それでも警戒するのは3人「スペースを与えてはいけない」

かつて森保一監督の下でもプレーし、サンフレッチェ広島、湘南ベルマーレでプレーしたクロアチア人のミハエル・ミキッチ氏が、日本代表について言及した。クロアチア『HRT』が伝えた。 2009年にディナモ・ザグレブから広島に加入したミキッチは、右のサイドアタッカーとして主力として戦った。 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でプレーした後、森保監督の下でもレギュラーを務め、2012年、2013年のJ1連覇、2015年の優勝と、3度のJリーグ優勝に貢献してきた。 森保監督を知り、そしてJリーグのこともよく知るミキッチ氏。カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で母国・クロアチア代表と日本が対戦することになる中、堂安律のコメントについて言及。「冗談抜きで日本が優勝します」と語ったことに厳しい言葉を返した。 「楽観的で野心的すぎる発言だと思う。彼らはラウンド16で行き詰まるだろう。スペインとドイツには勝ったが、コスタリカには負けた」 「彼らにはクオリティがある。彼らに感謝しているが、現実的にはスペインやドイツよりも、優れたチームではないと言わざるを得ない」 「何かをしなければならないとわかっている時、彼らはプレーすることを気にしない。そのプレッシャーがない時は同じではないんだ」 「彼らはこの試合でプレッシャーにさらされると思う。彼らは間違いなく、スペイン代表とドイツ代表との2試合よりも、遥かに多くの痛みを感じることになるだろう」 ドイツとスペインからゴールを奪った堂安のビッグマウスとも言える発言に不快感を露わにしたミキッチ。その堂安、そして三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、浅野拓磨(ボーフム)には「スペースを与えてはいけない」と警戒しつつ、森保監督のゲームプランについても「延長戦にもつれ込むことを狙っている」と推測。かつてのエピソードも語った。 「明らかに、延長戦でチャンスがあると考えていると思う。クロアチアが本命であることを認識していながら、その方向に試合を導くことを望んでいる。私は試合が延長戦に入ることを望まない」 「日本人の典型的な例として、感情を表に出すのがとても苦手だ。彼は決定に影響を与えることができないことを知っている」 「彼が広島で私を指導した時、試合中は冷静だったが、試合後は元気を出して感情を表に出していた」 また、日本サッカーは現在は北海道コンサドーレ札幌を指揮し、広島、そして浦和レッズでも指揮したミシャ監督と、ジェフユナイテッド市原・千葉、そして日本代表を率いたイビチャ・オシム監督の旧ユーゴスラビア圏の2人が大きな影響を与えているとした。 「彼らが最強の団結力を持っていることは確かだ。ミハイロ・ペトロヴィッチと共に育ち、彼から学んだ。彼の指導法と学習法は、他のすべての人とは正反対だった」 「彼は今も日本にいて、17年間日本のトップリーグに所属している。一方で、彼はイビチャ・オシムから学んだ。この2人は、日本サッカーとその発展に大きな影響を与えている」 2022.12.05 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

広島が飛躍の松本泰志と契約更新! 公式戦38試合で5ゴール

サンフレッチェ広島は5日、MF松本泰志(24)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 昌平高校出身の松本は2017年から広島でキャリアを始め、アビスパ福岡やセレッソ大阪でのレンタル生活も経験。2021年はC大阪に貸し出されたが、同年7月に復帰した。 そうして迎えた今季はルヴァンカップを制して躍進したチームとともに飛躍の年に。明治安田生命J1リーグでの23試合出場3得点を含む公式戦38試合で5ゴールを決めた。 2022.12.05 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

広島の頼れる男、塩谷司が契約更新!

サンフレッチェ広島は4日、DF塩谷司(33)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 かつては現日本代表の森保一監督のもと、広島で3度のJ1優勝に貢献した塩谷。2017年から2021年にかけてはUAEのアル・アインでプレーし、加入1年目にリーグ戦とカップ戦の二冠を達成した。 そして2021年10月に広島に復帰。今季はJ1で26試合、天皇杯で5試合、優勝したルヴァンカップで8試合に出場し、準決勝のアビスパ福岡との第1戦で得点も記録した。 2022.12.04 13:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly