「相手選手へのリスペクトに欠けるものでした」福岡・クルークスが物議醸したフェアプレー無視のゴールを謝罪

2022.09.04 21:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡のMFジョルディ・クルークスが、物議を醸したゴールを謝罪した。3日、明治安田生命J1リーグ第28節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスは波乱続出の展開となった。

試合は開始2分になる手前、ロングボールを処理しようとした福岡のGK永石拓海がボックスを飛び出ると、バックステップでクリアしようとしたDF宮大樹と頭同士が激突。そのまま2人とも倒れ込むが、味方同士の接触でもあり、この流れでプレーは止まらず、名古屋が森下龍矢のゴールで先制する。
早々にアクシデントが起こり、異様な雰囲気が漂う中、20分に再びアクシデントが起きる。

20分に福岡のクルークスがタックルを受けるが、これは正当なチャージに。しかし、痛んで倒れていたため、名古屋のレオ・シルバがボールを外に蹴り出した。

クルークスは大事に至らずプレーは再開。福岡の前嶋洋太がスローインで名古屋のGKランゲラックに戻そうとしたところ、このボールを福岡のルキアンがカット。クロスを上げると、クルークスが蹴り込み、同点に追いついていた。

このプレー自体はルールに違反したわけではないが、通例では相手選手が試合を止めるために故意に外に蹴り出したため、相手にボールを返すのがフェアプレー。どの試合でも見られる行為だが、それを無視してゴールを決めてしまった。

当然名古屋側が激怒。紳士協定違反と見られ、怒りを露わにするのは当然。そして、怒りの収まらない名古屋は、長谷川健太監督が長谷部茂利監督のところへ。2人の話し合いの結果、福岡が無抵抗で1点を与えることとなり、キックオフから永井謙佑が1人で持ち込んでゴールを決めた。

このゴールを決めてしまったクルークスは、一夜明けて自身のインスタグラムのストーリーズで謝罪した。

「みなさん、こんにちは」

「まずは、昨日のゴールについて皆さんに謝りたいです。あのゴールは、相手選手へのリスペクトに欠けるものでした」

「ただ、あのプレーは故意的なものではありませんでした」

「いつも僕を応援してくださっている方なら、僕がフェアで、誰に対してもリスペクトを欠かさない選手であると知ってくれているはずです」

「僕は最後までアビスパ福岡のために闘います。一緒に乗り越えましょう」

試合中は興奮状態にもあり、パスが来たから反射的にシュート打った可能性は考えられる。大きな物議を醸しただけに、冷静な判断をしてもらいたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

福岡、湯澤聖人が来季契約を結ぶ! 今季は公式戦40試合でプレー

アビスパ福岡は2日、DF湯澤聖人(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 湯澤は流通経済大学に在学中の2015年に特別指定選手として柏レイソル入りし、翌年に正式昇格。2017年から京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩いた後、2020年から福岡に加わった。 その福岡移籍初年度から主力として重用され、今季の明治安田生命J1リーグでも26試合に出場。ルヴァンカップと天皇杯でも計14試合でプレーした。 2022.12.02 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡CB奈良竜樹が契約更新 来季で移籍3年目に

アビスパ福岡は1日、DF奈良竜樹(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 奈良はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)のアカデミー出身で、トップチームに昇格。FC東京、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズを渡り歩き、2021年から福岡に加入した。 移籍1年目から主力センターバックになると、シーズン終了後の完全移籍移行が決定。そうして迎えた今季は明治安田生命J1リーグ22試合のほか、ルヴァンカップでも2試合に出場した。 2022.12.01 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「カッコいい」福岡が来季の1stユニフォーム以外も発表! GKユニはクラブカラーのネイビーも展開「絶対需要ある」

アビスパ福岡は28日、2023シーズンの2ndユニフォームとGKユニフォームのデザインを発表した。 2022シーズンの最終節でJ1残留を決めた福岡。5日には福岡に縁のある選手たちと話し合い決定したという2023シーズンの1stユニフォームを発表していた。 今回発表された2ndユニフォームとGKユニフォームも1stユニフォームと同じデザインに。ヨネックスがサプライヤーを務めるユニフォームはシャツ前面に均等の縦ストライプがデザインされ、背面首元のワンポイントデザインには、ホームタウン「FUKUOKA」を表すシンボルマークとして、博多織の代表的な博多献上模様が取り入れられている。 2ndユニフォームはクラブカラーの一つであるシルバーを継続して使用。GKユニフォームはサンセットレッド、ネイビー、グリーンの3色が展開される。 新ユニフォームには、ファンからも「今年の戦闘着もいかすなぁ」、「かっこよ」と好評の声が。さらに、「キーパーのネイビーカッコいい」、「キーパーユニフォームのネイビー、絶対需要あると思うんだけどなぁ」とGKユニフォームに追加された新色に注目する声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【画像】福岡の2023シーズン2ndユニフォームとGKユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2023オーセンティック2nd&GKユニフォーム<br>デザイン発表及び販売開始‼️<br>\<br><br>お待たせしました<br>2023シーズン1stユニフォームに続き<br>2nd・GKの戦闘着をご用意<br><br>GKは新たにクラブカラーのネイビーが登場<br>選手と共に戦う準備をお願いします<br>詳細は<a href="https://t.co/a6pnUmQJkE">https://t.co/a6pnUmQJkE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%91%E7%A6%8F%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アビスパ福岡</a> <a href="https://t.co/Ae8KDNulVz">https://t.co/Ae8KDNulVz</a> <a href="https://t.co/p8kRmf1Ur9">pic.twitter.com/p8kRmf1Ur9</a></p>&mdash; アビスパ福岡【公式】 (@AvispaF) <a href="https://twitter.com/AvispaF/status/1597169284631105538?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】選手もデザイン選びに関わった福岡の2023シーズン1stユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="w7bFx40KAok";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.30 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡が“キング”こと城後寿と契約更新、クラブ一筋で19年目のシーズンへ

アビスパ福岡は29日、FW城後寿(36)との契約更新を発表した。 城後は福岡県出身で、国見高校から2005年に福岡に入団。他クラブへの移籍話も数多くあった中、高卒から福岡一筋でプレーを続けている。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグで6試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で4試合1得点を記録。プロ2年目からの公式戦連続ゴールが続いている。 福岡は熾烈な残留争いを抜け出し、来シーズンもJ1に所属することが決まっている。 2022.11.29 13:31 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡がFC東京のMF紺野和也を完全移籍で獲得、今季30試合出場「感動と勝ちにこだわってプレーします!」

アビスパ福岡は28日、FC東京のMF紺野和也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 紺野は法政大学出身で、2019年に特別指定選手となると、2020年にFC東京に入団した。 大学時代は切れ味鋭いドリブルが話題を呼んだ中、プロ入り後の2年間は出番を多く得られず。それでも、アルベル監督の下で、今シーズンはJ1で30試合に出場し2得点、YBCルヴァンカップで3得点、天皇杯で2得点を記録していた。 紺野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から加入することになりました紺野和也です。自分の特徴を出してチームに貢献し、チームスローガンである感動と勝ちにこだわってプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「FC東京に関わるすべてのみなさま、3年間ありがとうございました。この3年間いろいろなことをこのクラブで経験することができました。長い時間考え、選手としてより成長するためにこの決断をしました」 「どんな時も変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさんには本当に感謝しています。プロになって初めてのクラブがFC東京で良かったです。ありがとうございました!」 2022.11.28 10:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly