ナポリFWロサーノ、顔面強打で交代も骨折回避

2022.09.04 17:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノは最悪の事態を回避したようだ。

3日のセリエA第5節でラツィオとの敵地戦に挑んだナポリ。開始4分に先制を許す展開を強いられたが、38分にDFキム・ミンジェ、61分にMFクヴィチャ・クワラツヘリアと立て続けのゴールで逆転勝ちした。

開幕から5試合負けなしで来週ミッドウィークから始まるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージにも弾みをつけたナポリだが、前半終了間際の44分にロサーノが周囲を心配させる出来事に見舞われた。
左サイドからのクロスにボックス右で反応すると、ヘディングに持ち込もうとしてDFアダム・マルシッチの頭部に顔面を激しく強打。ドクターからベンチに交代の合図が送られ、カートでピッチを去った。

そのシーンを観る限り、かなりの衝撃だっただけに顔面骨折も疑われたが、ナポリの発表によると、病院でのレントゲン検査で大事に至らずが確認され、そのままチームとともに帰路についたという。

ともあれ、頭部によるダメージだけに経過観察も大事になってくるが、顔面骨折の重傷を負わなかったのは不幸中の幸いといえそうだ。

なお、マルシッチは頭部強打で流血したが、包帯を巻いてプレーを続行。ダメージがないわけではなかったが、結局はフル出場している。


関連ニュース
thumb

低予算でもヒット補強連発のナポリ、来夏フリーのアダマ・トラオレに関心か

ナポリがウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨季途中から古巣バルセロナにレンタル加入したが、思うようにいかず、今季からウォルバーハンプトンに復帰したトラオレ。今季のチームが中断期間までにプレミアリーグ最下位と波に乗れず、自身も12試合でわずか1得点とカタール・ワールドカップのスペイン代表からも漏れ、苦しい日々が続いている。 そんなトラオレだが、契約は2023年6月までで、今季終了後にフリーとなる見込み。そんななか、苦しい財政状況でも今夏に安価で獲得したMFクヴィチャ・クワラツヘリアやDFキム・ミンジェがブレイクし、セリエAの首位に立つナポリがトラオレの獲得を検討し始めたという。 ナポリの首脳陣らは来季に向けた補強計画を進行中で、トラオレがウォルバーハンプトンで250万ユーロ(約3億6000万円)というさほど高額ではない年俸であることに注目。移籍金が発生しない来夏の獲得を目論んでいるようだ。 一方、トラオレを迎え入れるには放出も必要と考えているようで、ポジションが被るメキシコ代表FWイルビング・ロサーノの売却を念頭に置いているとされている。 2022.11.26 14:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ハムシクがスロバキア代表で涙のラストマッチ…「どうしても堪えることができなかった」

トラブゾンスポルに所属するMFマレク・ハムシク(35)が、スロバキア代表に別れを告げた。 5月に今年いっぱいでの代表引退を宣言していたハムシク。20日に行われた親善試合のチリ代表戦がスロバキア代表としてのラストマッチとなった。 先発出場していたハムシクは89分に交代を告げられると、観客から万来の拍手が贈られ、思わず涙。ベンチ前ではチームメイト全員から厚い抱擁を受けた。また、試合後にはそのチームメイトやスタッフによるガード・オブ・オナーが作られ、子供たちと共にピッチを後にした。 「最高の雰囲気の中、試合を楽しむことができたし、感動的だった。ピッチを出るまでは何とかなったけど、その後は涙を堪えることはできなかったね」 「代表でのキャリアは本当に楽しかった。僕が経験したような成功をもっと収めることができると思うし、そうなることを願っているよ」 「チームを離れて、周りのみんながいなくなるのは寂しいけど、スロバキアを代表できたことは僕にとって大きな名誉だった。ファンのみんなに感謝したい。スタジアムを満員にするのは僕の願いだったんだ」 2007年2月にポーランド戦でスロバキア代表デビューを果たしたハムシクは、通算で136試合26ゴール20アシストを記録。出場数とゴール数はどちらも同国史上最多で、まさにスロバキアサッカーの歴史に名を刻んだ選手となった。 <span class="paragraph-title">【動画】涙のハムシク、チームメイトが抱擁</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Slovakya ile 135 maça çıkan Marek Hamsik 26 gol 20 asistlik performans sergiledi. <a href="https://t.co/T9PnnbvwUs">pic.twitter.com/T9PnnbvwUs</a></p>&mdash; 61saat (@61saat) <a href="https://twitter.com/61saat/status/1594353382075944960?ref_src=twsrc%5Etfw">November 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.21 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バロンドールに続きベンゼマがグローブ・サッカー・アワードの最優秀選手賞を初受賞!

17日、ドバイでグローブ・サッカー・アワード2022の授賞式が行われ、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが年間最優秀選手賞を初受賞した。 また、ファンが選ぶ年間最優秀選手にはリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選出され、年間最優秀監督にはレアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が選出されている。各賞の受賞者は以下のとおり。 【グローブ・サッカー・アワード2022 各賞受賞者】 ◆年間最優秀選手【男子】 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス) ◆年間最優秀選手【女子】 アレクシア・プテジャス(バルセロナ/スペイン) ◆ファンが選ぶ年間最優秀選手 モハメド・サラー(リバプール/エジプト) ◆年間最優秀クラブチーム【男子】 レアル・マドリー(スペイン) ◆年間最優秀クラブチーム【女子】 リヨン(フランス) ◆年間最優秀監督 カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー/イタリア) ◆年間最優秀経営者 フロレンティーノ・ペレス(レアル・マドリー/スペイン) ◆最優秀スポーツディレクター パオロ・マルディーニ(ミラン/イタリア) フレデリック・マサラ(ミラン/イタリア) ◆最優秀エージェント ジョルジュ・メンデス(ポルトガル) ◆最優秀キャリア選手賞 ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン/スウェーデン) ウェイン・ルーニー(イングランド) ロマーリオ(ブラジル) ◆最優秀キャリア監督賞 ウナイ・エメリ(アストン・ビラ/スペイン) ◆ベストディフェンダー・オブ・オールタイム セルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン/スペイン) ◆パワー・ホース・エマージング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー ビクター・オシムヘン(ナポリ/ナイジェリア) 2022.11.18 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ熱視線のクワラツヘリア、ナポリは引き留めのため新契約提示へ

ナポリがジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリア(21)との契約更新を望んでいるようだ。 クワラツヘリアは今夏の移籍市場でジョージアのディナモ・バトゥミからナポリへ加入。当初は無名の存在だったが、ルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を得て開幕戦から先発に抜擢されると、ここまで公式戦17試合に出場して8ゴール10アシストの好成績を収めている。 今夏に退団したFWロレンツォ・インシーニェの不在を補って余りある活躍を見せるジョージア代表FWに対しては、早速各国のビッグクラブが注目。すでにリバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグ勢が獲得に具体的な関心を示している。 しかし、イタリア『Il Mattino』によると、ナポリに新星を売却する意思はない模様だ。クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏は、クワラツヘリアを引き留めるための新契約締結に向け動き出しており、すでに選手側の代理人と会談の場を設けているという。 契約更新となれば、現在受け取る120万ユーロ(約1億7000万円)の年俸から大幅アップする可能性もあるが、果たしてクワラツヘリアはどのような決断を下すだろうか。 2022.11.15 16:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリの守備の要キム・ミンジェ、失点直結のミスを謝罪 「深くお詫びしたい」

ナポリの韓国代表DFキム・ミンジェがウディネーゼ戦でのプレーについて謝罪した。 12日に行われたセリエA第12節でウディネーゼをホームに迎えたナポリ。15分にナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが先制ゴールを奪うと、その後2点を追加して大きなリードを保ったまま終盤を迎える。 79分に1点を返され、3-1の場面でキム・ミンジェは自陣で相手のパスをカット。拾ったボールをキープしようとしたが、相手FWラザール・サマルジッチのプレスが予想以上に速かったのか、ボールを奪われてしまう。必死にボールを取り返そうとするキム・ミンジェだが、スピードで振り切られ、ボックス手前から左足のシュートを打たれると、これがゴール左に決まり、1点差に詰め寄られた。 試合は3-2のまま終了し、勝ち点を落とす結果とはならなかったものの、失点に直結するミスを冒してしまったキム・ミンジェ。試合後に自身のSNSで謝罪の言葉を綴った。 「チームとファンの皆さんに深くお詫びしたい。チームメイトがいたからこそ、勝てたのだと思うよ。ミスは僕を強くするだけ。次はもっとチームを助けたい」 この投稿に対してはチームの主将を務めるイタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォから「君は最高の男だよ」と励ましの反応。ファンも好意的なコメントを多く残していることから、1つのミスで信用を失う結果にはならなかったようだ。 2022.11.13 18:26 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly