開幕無敗スタートも…コンテ監督がトッテナムの現在地語る「あまりにも大きな差がある」

2022.09.03 15:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、チームの現在地について分析した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

昨シーズンはプレミアリーグで4位フィニッシュとなり、3年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したトッテナム。今夏の移籍市場ではブラジル代表FWリシャルリソンや、クロアチア代表MFイバン・ペリシッチといった実力者を獲得するなど、積極的な補強を行った。

課題だった選手層の薄さが大幅に改善されたチームは今季開幕から好スタート。第5節を終えて3勝2分けと無敗を維持している。
しかし、第6節のフルアム戦を前にした会見で、コンテ監督は現在のチームレベルについて、リーグのトップクラブとは大きな差があるとコメント。一方で、歩んでいる道筋は間違っていないとも語った。

「他のトップレベルのチームのメンバーを見ていると、我々とはあまりにも大きな差がある」

「競争力を持ち、タイトル争いに加わること。そして、常にCLに出場するためには、少なくともあと3回の移籍市場で他のクラブと同じレベルにまでチーム力を向上する必要がある」

「今現在のクラブの資金投入能力に対して、我々は正しい道を歩んでいると確信している。現実的に考えて、様々なところから資金を確保できるクラブと、我々のように通常の資金のみを投資できるクラブがあることを理解しなければならない。そういう意味でも、この道のりは険しい」

「我々は正しい道を歩んでいるが、まだ始まったばかりだ。我々の計画が完了したと思っている人もいるかもしれないが、チームはまだ完成とは遠い所にいる」

関連ニュース
thumb

試合直後に電話で祝福! 偉業達成のケインに療養中のコンテ監督から「君を誇りに思う」

偉業を達成したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに、休養中の指揮官から祝福の電話があったようだ。 5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で1-0の勝利に導く決勝点を記録したケイン。これでクラブ通算得点数を267ゴールとし、ジミー・グリーブス氏を抜きクラブ歴代最多得点者となった。また、同時にプレミアリーグにおいても200ゴールに到達し、アラン・シアラーとウェイン・ルーニーに続く史上3人目の快挙を達成した。 シティからの金星、エースの2つの偉業達成というサポーターにとっては多幸感極まる一戦に。一方で、アントニオ・コンテ監督は先日発覚した胆嚢炎の摘出手術のため欠席。チームの大勝利をその場で祝えなかった。 だが、試合後にロッカールームに戻ったケインに一本の電話。他でもないコンテ監督からのもので、「君を誇りに思う」と祝福のメッセージが告げられたという。指揮官はまた、術後の容態も安定し、体調に問題がないことを報告。チームとともに勝利を喜んだ。 2023.02.06 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏がシティの戦い方を批判「誰もハーランドの動きを見ていない」

元イングランド代表のギャリー・ネビル氏が、トッテナムに敗れたマンチェスター・シティの戦術を批判している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 5日にプレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦したシティ。同節で首位のアーセナルがエバートンに敗れたため、勝ち点差を詰める絶好の機会だったが、相手の堅い守備と精度の高いカウンターに悪戦苦闘し、なかなか得点のチャンスも作ることができない。 そんな中、15分にトッテナムのハイプレスに捕まり、ハリー・ケインに先制点を奪われることに。同クラブの最多得点記録を更新するメモリアルゴールとなり、トッテナム・ホットスパー・スタジアムのサポーターは熱狂の渦に包まれた。 シティはというと、ここまで25得点をマークする頼みのアーリング・ハーランドが沈黙。エースのシュートは0本に抑えられ、一度もネットを揺らせないまま1-0の敗戦を喫した。 G・ネビル氏は、ノルウェー代表FWが無得点に終わったのはチームの戦い方が原因だと主張。ハーランドのフリーランがいくつも無駄になっていたとの印象を語っている。 「ハーランドは常に走っている。あとはボールが来るだけなのに、シティの選手たちはそうしようとしない。彼が無視されるランニングの数は信じられないほどだ」 元シティのマイカー・リチャーズ氏もまた、「誰もハーランドの動きを見ていない。何度も何度も走っているのに」と、ネビル氏に同意見。さらに、辛口のジェイミー・キャラガー氏に至っては「選ぶクラブを間違えたかもしれない」と酷評している。 とはいえ、この日はトッテナムの守備が見事だったことも事実。今のところはあまり悲観するほどでもなさそうだが。 2023.02.06 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

リベンジのスパーズに静養中の指揮官コンテが労いのメッセージ 「全員を誇りに」

リベンジの場にいなかったトッテナムのアントニオ・コンテ監督だが、遠くからその勝利を喜んだ。 5日のプレミアリーグ第22節でマンチェスター・シティをホームに迎え撃ったトッテナム。胆嚢炎の摘出手術で静養中のコンテ監督に代わって、アシスタントコーチのクリスティアン・ステッリーニ氏が指揮するなかの一戦だったが、15分にエースのイングランド代表FWハリー・ケインがゴールをこじ開け、1-0で勝利した。 終盤にアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロの退場もありながら無失点で凌ぎ切り、前回対戦で2-4の敗戦を喫した昨季王者に見事なリベンジ。ベンチ入りできなかったコンテ監督もしっかりとその勇姿を見守っていたようで、自身のインスタグラムを介してチームの頑張りを労った。 「遠くにいても、いつだって君たちとともにいる。チーム全員のことを誇らしく思う」 トッテナムはこれでプレミアリーグ2連敗からの2連勝。順位こそ5位で変わらずだが、4位のニューカッスル・ユナイテッドに1ポイント差のところまで詰め寄っている。 <span class="paragraph-title">【写真】スパーズ指揮官、リベンジの場に立ち会えずもしっかりと反応!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoSvbKJM0Cg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoSvbKJM0Cg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoSvbKJM0Cg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antonio Conte(@antonioconte)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.06 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

欠場のフォーデン、ホテルで体調崩す…ペップが説明

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが欠場したのは体調崩してのものだったようだ。 シティは5日のプレミアリーグ第22節でトッテナムとの敵地戦に臨み、0-1で敗戦。首位アーセナルの敗戦を受けての一戦だったが、痛恨のお付き合いで5ポイント差を詰めるチャンスを逸した。 そんなシティだが、主力勢ではケガ人を除いても、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンや、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがベンチスタートに。フォーデンに至ってはメンバー外だった。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、デ・ブライネの先発落ちを戦術的判断によるものと確認したジョゼップ・グアルディオラ監督はフォーデンの欠場理由も説明した。 「彼はホテルまで一緒だったが、一晩中、体調を崩していたんだ。本当に、本当にひどい」 今季も生え抜きアタッカーとして存在感を放つフォーデンは公式戦27試合に出場。得点関与でも9得点4アシストの数字を残している。 2023.02.06 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、優勝争いに痛恨足踏み…「考える立場にない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が振り返った。 5日のプレミアリーグ第22節でトッテナムと激突したシティ。アーセナルの敗戦を受けた今節とあって力が入るが、15分のビルドアップ時にショートカウンターを食らって、FWハリー・ケインにネットを揺らされ、そのまま0-1の敗戦を喫した。 首位と5ポイント差のままと詰め寄るチャンスを逃したグアルディオラ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で失点に繋がったボールロストとファイナルサードで足りなかった質を嘆いた。 「トッテナムとの試合はいつもだが、本当にうまく入れた。だが、ミスの罰を受けた。単なる0-1ではないし、我々にもチャンスがあったんだ。(デヤン・)クルゼフスキとソン(・フンミン)のトランジションでボールを失うと、当然ながら難しくなる。3ポイントを落としてしまった」 「いずれは変わるだろうが、1ゴールも決められないのが不思議。過去にもPKチャンスを逃している。説明しがたいね。ポジションを見つけながら、良いボール出しができたが、前線でのラストアクションを逸した」 また、「トッテナムは素晴らしいチームと陣容をもって、相手を罰してくる」と相手を語ると、アーセナルとの優勝争いにも触れ、目の前の試合を1つずつ戦っていくスタンスを示した。 「我々はチャンピオンになるのを考える立場にない。次の試合、アストン・ビラ戦だけを考える。しっかりと準備し、できる限りうちのゲームに持っていく」 2023.02.06 08:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly