ボローニャ、ホッフェンハイムからDFポッシュをレンタル!

2022.09.01 23:44 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは1日、ホッフェンハイムからオーストリア代表DFシュテファン・ポッシュ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

2015年にホッフェンハイムのユースに加入したポッシュは、主戦場のセンターバックのほかに右サイドバックも務めるポリバレントなプレーヤー。2017年の夏にトップチームに昇格すると、ここまで公式戦126試合に出場している。

また、ホッフェンハイムでの活躍を経て、2019年6月にデビューを果たしたオーストリア代表でもここまで16キャップを刻む。

関連ニュース
thumb

エイブラハム圧巻ゴールカバーで土壇場被弾回避のローマが4戦ぶり白星! 副官フォーティ指揮試合で4戦全勝《セリエA》

セリエA第16節、ローマvsボローニャが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 3戦未勝利と失速する形で序盤戦を7位で終えたローマ。再開初戦で4試合ぶりの勝利を目指すモウリーニョ率いるチームは、ホームに10位のボローニャを迎え撃った。 この再開戦ではエイブラハムやマティッチ、スピナッツォーラ、ザレフスキをベンチに置いた以外は現状のベストメンバーを起用。両ウイングバックにチェリク、エル・シャーラウィ、中盤に初先発の19歳タヒロビッチを抜擢し、2トップにザニオーロとカタール・ワールドカップ王者のディバラを並べた。なお、ベンチ入り禁止処分のポルトガル人指揮官に代わって副官のフォーティ かつてローマに選手として在籍し、ボローニャで監督を務めたシニシャ・ミハイロビッチ氏、サッカーの王様ペレ氏を追悼する厳かなムードの中でスタートしたオリンピコでの一戦。 互いにインテンシティ高く試合に入った中、ホームチームが開始早々にゴールをこじ開ける。 6分、ザニオーロからのスルーパスに抜け出したディバラがDFルクミのファウルを誘ってPK獲得。これをキッカーのペッレグリーニが冷静に右隅へ蹴り込んだ。 立ち上がりにスコアが動いたことで、以降はチアゴ・モッタ監督の下でより後方からの組み立てを重視するボローニャがボールの主導権を握り、ローマが機動力のある2トップを起点にカウンターを狙う構図に試合が落ち着く。 ボローニャはディフェンスラインのドライブを効果的に使いつつ、個での打開が期待できるオルソリーニの右サイドを突破口とする。ただ、クロス精度や中の選手との連携を欠きフィニッシュには至らず。 一方、守備は危なげなしもボールを奪う位置の低さ、課題のビルドアップの質の低さによって攻撃が停滞するローマ。序盤のマンチーニの強烈なミドルシュート以降はなかなか効果的に攻めることができず。30分過ぎにはクリスタンテが読みを利かせたインターからボックス内に持ち込んで左足を振り抜くが、これはGKスコルプスキの正面を突く。 以降も膠着状態が続くが、徐々にボールの循環でリズムが生まれ始めたローマが優勢に進めていく。そして、得意のセットプレーの流れからボックス内のディバラ、ザニオーロに決定機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばすことができなかった。 迎えた後半、ローマは前半同様に開始早々に決定機。48分、右サイド深くでチェリクが入れた高速クロスがDFソマオロのクリアミスを誘うと、ゴール前でこぼれ球に反応したザニオーロがGKと一対一となるが、ここは古巣対戦のGKスコルプスキの好守に遭う。 以降、試合は一進一退の攻防となると、ローマにアクシデント発生。接触プレーで痛めたザニオーロが自ら交代を要求し、エイブラハムがスクランブル投入される。 続けて攻撃的なカードを切って前がかるアウェイチームの勢いに呑まれ始めるローマは、マティッチとザレフスキの同時投入。さらに、久々の先発出場で足が攣ってしまったディバラを諦めボーヴェを投入し、逃げ切りを意識した戦い方にシフトしていく。 一連の交代で守備の強度が上がったものの、エイブラハムやペッレグリーニが前線で起点を作れず、相手を引っくり返すカウンターを打てないローマ。試合終盤はかなり厳しい消耗戦を強いられると、後半アディショナルタイムにはボックス内でヒューヒティア、ルクミに続けて決定機を許すが、DFスモーリングの決死のシュートブロック、エイブラハムのチームを救う圧巻のゴールカバーで難を逃れて6戦ぶりのクリーンシート達成。 苦しみながらもフォーティコーチの指揮した試合での連勝を「4」に更新すると共に、ミランとの上位対決を前に4試合ぶりの白星を手にした。 2023.01.05 02:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャがオルソリーニと近日中に契約延長か

ボローニャのイタリア人FWリッカルド・オルソリーニ(25)がボローニャとの契約延長に向かっているようだ。 2018年1月にユベントスからレンタル移籍で加入したオルソリーニは、同年夏に完全移籍。以降は右ウイングを主戦場に安定してゴールとアシストを供給するなど、好パフォーマンスを披露。 在籍4年間で公式戦163試合に出場しているレフティーは、今季もここまで公式戦13試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 そんななか、イギリス『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、25歳は新たに2026年6月までの新契約にサインする模様。年俸は100万ユーロ(1億4200万円)で、個人やチームの成果によってボーナスも付随する内容となっているとのこと。 なお同紙は、今後数週間以内に公式発表される可能性があると報じている。 2022.12.26 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レジェンドたちがミハイロビッチ氏に別れ... ラツィオは全選手が葬儀に参列

前ボローニャ指揮官、シニシャ・ミハイロビッチ氏の葬儀にレジェンドたちが参列した。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 2019年の白血病公表以降、病と闘いながらもボローニャで精力的に指揮を執り続けてきたミハイロビッチ氏だが、今季序盤に成績不振で解任に。そして今月16日、53歳の若さで息を引き取った。 19日にはローマ市内で葬儀が執り行われ、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督を始めとする親交の深かったOBが続々と参列。元イタリア代表のブルーノ・コンティ氏やモルガン・デ・サンクティス氏、マルコ・ディ・ヴァイオ氏ら往年のレジェンドたちが駆け付けた。 その他にも、同胞であるサンプドリアのデヤン・スタンコビッチ監督、フランチェスコ・トッティ氏、ダニエレ・デ・ロッシ氏らの姿も。また、ミハイロビッチ氏が選手キャリアの最盛期に在籍したラツィオからは全選手が参列したという。 現役時代は黄金期のセリエAで世界最高峰のフリーキッカーとして鳴らし、引退後もイタリア国内の多くのクラブで指揮したミハイロビッチ氏。我々日本人にとっては、DF冨安健洋(現アーセナル)を育て上げた指導者としても印象深い。 それら全ての功績が、後世にも語り継がれていくことだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】ミハイロビッチ氏の棺を運ぶマンチーニ監督やスタンコビッチ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">L&#39;ultimo saluto a Sinisa Mihajlovic <a href="https://t.co/c7b3TQuJ2d">pic.twitter.com/c7b3TQuJ2d</a></p>&mdash; Bologna Fc 1909 (@Bolognafc1909) <a href="https://twitter.com/Bolognafc1909/status/1604853601511301120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.20 14:22 Tue
twitterfacebook
thumb

セードルフが故ミハイロビッチを追悼「あなたの試合終了のホイッスルにしばらく動けなくなった」

元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏が、白血病で死去したシニシャ・ミハイロビッチ氏に追悼メッセージを綴っている。 現役時代に一撃必殺の左足を武器とし、世界屈指のフリーキッカーとして鳴らしたミハイロビッチ氏。ローマやサンプドリア、ラツィオ、インテルなどで活躍し、引退後もセリエAの複数クラブで指揮を執った。 ボローニャを率いていた2019年7月に白血病を公表。以降は入退院を繰り返しながら精力的に指揮を続けるも、今年9月には成績不振で解任に。そして16日、ローマ市内の病院にて53歳の若さで息を引き取った。 多くの関係者や識者から追悼のコメントが寄せられる中、現役時代にサンプドリアやインテル、ミランで活躍したセードルフ氏もこの訃報に反応。ミハイロビッチ氏とは1995-96シーズンに1年間のみサンプドリアで共闘。また、セリエAで6年間敵として鎬を削り合った。 「あなたの試合終了のホイッスルを聞いて、私はしばらく動けなくなってしまった。ワールドカップという環境では全てが早く進み、ほとんどの人が夢中になって最高の幸せを感じている」 「だが、あなたが私たちの元を去ったことで心にぽっかりと穴があき、その空白は人生とは何かということを深く考えるきっかけとなった」 「特にあなたの人生についてだ。あなたは最も困難な戦いのときでさえ戦士であり、愛するもののために戦うことがいかに価値あることかを私に教えてくれた」 「あなたは人生を愛し、後悔することなく歩んできた。多大なる敬意と愛情をもって、私はあなたに別れを告げる。友よさようなら」 「今、平和はあなたと共にあり、あなたは永遠に羽を休めることができる。親愛なるシニシャ、今までありがとう。あなたのご家族に哀悼の意を表します」 2022.12.17 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミハイロビッチ氏を元同僚サネッティ氏が追悼…「あなたは今も誰かの模範に」

インテルの副会長ハビエル・サネッティ氏が、16日に逝去したシニシャ・ミハイロビッチ氏を追悼した。 現役時代に一撃必殺の左足を武器とし、世界屈指のフリーキッカーとして鳴らしたミハイロビッチ氏。ローマやサンプドリア、ラツィオ、インテルなどで活躍し、引退後もセリエAの複数クラブで指揮を執った。 ボローニャを率いていた2019年7月に白血病を公表。以降は入退院を繰り返しながら精力的に指揮を続けるも、今年9月には成績不振で解任に。そして16日、ローマ市内の病院にて53歳の若さで息を引き取った。 ミハイロビッチ氏とミランで共闘した本田圭佑やボローニャ時代に師事した冨安健洋といった日本代表戦士からも追悼コメントが発表されるなか、現役時代の同氏とインテルで同僚だったサネッティ氏も自身のインスタグラムに無念の思いを綴っている。 「あなたは並外れた友人であり、仲間であり、男であり、戦士だった。あなたの強さ、誠実さ、そしてあなたの在り方は、今も誰かの模範となっている」 「言葉にならないほどの苦痛。家族や愛するひとへの大きな抱擁。シニシャ、安らかに」 2022.12.17 14:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly