ハマーズがクラブ史上最高額でパケタを獲得! 移籍金は最大85億円程度に

2022.08.30 05:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは29日、リヨンからブラジル代表MFルーカス・パケタ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年となるが、さらに1年の延長オプションが付随している。

移籍金に関してはウェストハムがクラブ史上最高額とのみ伝えているが、リヨンによると、移籍金は1868万ユーロ(約25億9200万円)のボーナスを含む、総額6163万ユーロ(約85億5400万円)になるという。さらに、将来のリセール時に得たキャピタルゲインの10%を受け取る契約になっている。

また、リヨンは前述のボーナス額に応じて、キャピタルゲインの15%を前所属先のミランに支払うことを併せて伝えている。
ハマーズへの加入が決定したパケタは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「ここにいることができてとても幸せだよ。楽しい旅の始まりになれば嬉しいね。ここでの時間が成功することを願っているよ」

「昨シーズン、ウェストハムはとても良いシーズンを過ごした。僕がクラブにいる間、チームがより良いシーズンを楽しんでくれることを願っているよ」

「ウェストハムのユニフォームを着て、チームメイトとクラブを助けるために何ができるかをファンに示すことができて興奮しているよ」

2019年1月にフラメンゴからミランへと完全移籍したパケタは、ミランではあまり輝けず。2020年9月にリヨンへと完全移籍した。

リヨンでは2シーズンで公式戦80試合で21ゴール14アシストを記録。ブラジル代表にも定着し、33試合で7ゴールを記録している。

トップ下やインサイドハーフを主戦場にテクニックと創造性を特長とする左利きの司令塔は、リヨンやセレソンでのプレーを通じてプレー強度も大きく向上させており、初挑戦のプレミアの舞台でニューカッスルのMFブルーノ・ギマランイスや、バーンリーを挟んで再開する形となったFWマクスウェル・コルネといった元同僚のような活躍が期待される。

関連ニュース
thumb

いきなり離脱へ… イングスが新天地デビュー戦でヒザを負傷、過去に両ヒザ手術

ウェストハムの元イングランド代表FWダニー・イングスが、新天地デビュー戦でケガを負ってしまったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 20日にアストン・ビラからの加入が発表されたばかりのイングス。低迷するウェストハムの救世主と期待され、2025年夏までの契約を締結。移籍金は推定1500万ポンド(約24億1000万円)となった。 その翌21日にさっそく新天地デビュー。第21節エバートン戦の72分に投入され、自身にゴールは生まれなかったが、チームは2-0で勝利と、幸先の良いロンドン生活をスタートさせたかに思われた。 だが、20分ほどのプレーの中でヒザを負傷。イギリス『ガーディアン』は離脱を数週間と見込んでおり、少なくとも2月11日に行われるプレミアリーグ第23節のチェルシー戦までは欠場するという。 イングスはリバプール時代の2015年に左ヒザ前十字じん帯断裂を経験し、翌年には右ヒザも手術。ここ数年は幸いにも大きなケガに見舞われていなかったが、今回もヒザのケガとあって少し心配なニュースだ。 2023.01.24 16:21 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア17位のウルブス、経験豊富なCBドーソンを獲得! 今冬4人目の新戦力

ウォルバーハンプトンは22日、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)の獲得を発表した。契約は2年半。背番号「15」をつける。移籍金額はイギリス『BBC』によると、330万ポンド(約5億3000万円)だという。 ロッチデールでデビューしてから、複数クラブを経て、2020年10月にウェストハム入りしたドーソン。プレミアリーグ通算246試合の実績を誇り、昨季もセンターバックの一角で公式戦50試合に出場した。 だが、今季はここまで公式戦13試合の出場で、プレミアリーグも8試合でプレーしたのみ。ウェストハム側は選手の移籍希望に同意するのを躊躇していたとのことだが、最終的にそれを認める形となったようだ。 一方、ウォルバーハンプトンのスポーツディレクターを務めるマット・ホブス氏によると、昨夏も獲得を狙ったが、ウェストハムが後釜を用意できずに破談。それでも、選手が望みを捨てず、移籍が叶ったという。 ウォルバーハンプトンにとってはFWマテウス・クーニャ、MFマリオ・レミナ、FWパブロ・サラビアに次ぐ今冬4人目の新戦力。プレミアリーグ19試合で17位と降格圏がちらつくなか、経験豊富な選手の獲得となった。 2023.01.22 19:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがイングランド代表FWイングスを完全移籍で獲得、移籍金24億円で2年半契約

ウェストハムは20日、アストン・ビラのイングランド代表FWダニー・イングス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2年半で2025年夏までの契約に。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は1500万ポンド(約24億1300万円)とのことだ。 イングスはボーンマスのアカデミー育ちで、ドンカスターやバーンリー、リバプール、サウサンプトン、アストン・ビラでプレーした。 これまでプレミアリーグでは188試合で68ゴール19アシストを記録。アストン・ビラでは公式戦52試合で14ゴール8アシストを記録していた。 今シーズンもプレミアリーグで18試合に出場し6ゴールと結果を残していた中、ウェストハムへの移籍を決断。21日のエバートン戦に間に合うように書類の手続きを行ったといい、出場可否は承認待ちだという。 背番号18を背負うイングスは、クラブを通じてコメントしている。 「ウェストハムに加入できて本当に興奮している。できる限り早く落ち着き、ピッチで重要なことをすることが大事だ」 「僕たちには重要な試合が控えている。チームがポジティブな結果を出せるように、できるだけ多くのゴールを決めるためにここにきた。始まるのがとても楽しみだ」 2023.01.20 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

イングスのウェストハム移籍確実に! ビラ指揮官が認める発言

アストン・ビラに所属する元イングランド代表FWダニー・イングス(30)のウェストハム移籍が確実となった。 かつてリバプールでもプレーしたイングス。サウサントンでの見事なカムバックを経て、2021年8月からビラに活躍の場を移し、今季もここまで公式戦21試合で7得点2アシストを記録しているが、サブスタートも少なくない。 そのなか、プレミアリーグ18位で降格圏に瀕するウェストハムに獲得の噂。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者からはアドオン込みの1500万ポンド(約23億8000万円)でクラブ間合意の報が飛び出している。 個人条件もほぼ合意して、近くメディカルチェックともいわれるイングスについて、ビラの公式サイトによれば、ウナイ・エメリ監督も移籍を認める発言をしたようだ。 「彼はウェストハムとサインする。彼のここでのコミットメントは素晴らしいものがあったし、チームメイトとともに我々のパフォーマンス向上を手助けしてくれたよ。私は彼を行かせると決めた。彼にとっても、クラブにとっても、とても良いオファーだと思ったからね」 2023.01.20 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがイングスに獲得オファー! ビラは先日コロンビア代表FWを確保

ウェストハムが、アストン・ビラのイングランド代表FWダニー・イングス(30)獲得に向けてオファーを出したようだ。イギリスの各メディアが報じている。 マイケル・アントニオにライバルクラブからの触手が伸びているウェストハムは、代わりとなるアタッカーをピックアップしており、イングスはその筆頭候補と言われている。 これまでリバプールやサウサンプトンでプレーしてきた30歳は、プレミアリーグではお馴染みのストライカー。ビラには2021年夏に加入し、昨季は30試合で7ゴール6アシストと期待に違わぬ成績を残した。今季はここまで18試合で6ゴールと、昨季を上回るペースでネットを揺らしているが、レギュラーほどの地位は確立できていない。 ウェストハムは1200万ポンドのオファーを提示したと見られているが、同時にセビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリや、ロリアンのナイジェリア代表FWテレム・モフィにも注目している模様だ。 なお、ビラは先日、MLSのシカゴ・ファイアーからコロンビア代表FWジョン・デュランの獲得を発表しており、左利きストライカーの加入でイングス放出にも寛容になったと考えられている。ただ、エバートンからのイングスに向けたレンタルの提案は却下したようだ。 2023.01.19 17:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly