ヘルタのベルギー代表ボヤタ、母国クラブ・ブルージュに移籍 25年までの契約にサイン

2022.08.23 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュは22日、ヘルタ・ベルリンからベルギー代表DFデドリック・ボヤタ(31)の獲得合意を発表した。契約期間は2025年までとなる。

アカデミー時代から過ごしたマンチェスター・シティでプロとしての一歩を踏み出したボヤタ。ボルトンやトゥベンテ、セルティックを渡り歩くなかでベルギー代表に上り詰めたセンターバックで、2019年夏からヘルタに活躍の場を移した。

ヘルタでは通算76試合でプレーし、昨季もトータルで27試合に出場。今季もDFBポカールの1試合で延長戦を含む120分間にわたってプレーしたが、ブンデスリーガでは開幕から3試合連続でメンバー外だった。
なお、これまでベルギーの外を主戦場としてきたボヤタにとって、母国でのプレーは初。今年11月にカタール・ワールドカップ(W杯)が迫るなか、母国から本大会のメンバー入りを目指すこととなった。

関連ニュース
thumb

降格圏のバジャドリー、クラブ・ブルージュからカナダ代表FWをレンタルで獲得

レアル・バジャドリーは24日、クラブ・ブルージュに所属するカナダ代表FWサイル・ラリン(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 2014年に母国カナダのシグマFCでプロデビューしたラリンは、MLSのオーランド・シティでのプレーを経て、2018年の冬にベシクタシュへ完全移籍し欧州初挑戦。加入当初はベシクタシュで出場機会に恵まれず、2019-20シーズンはズルテ・ワレヘムへ武者修行に。 ベシクタシュ復帰後は主力に定着し、2シーズンで公式戦87試合に出場し31ゴールを記録すると、昨夏にベルギー王者のクラブ・ブルージュへ完全移籍。しかし、今季はここまで公式戦13試合でわずか363分の出場に留まっていた。 また、カナダとジャマイカの二重国籍を有していたが、生まれ故郷のカナダ代表でのプレーを選択し、ここまで57試合25ゴールを記録。2022年のカタール・ワールドカップでもグループステージ全試合に出場していた。 2023.01.25 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュも清水MF鈴木唯人に関心? 移籍金は1億円程度、セルティックに続き興味

ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュが日本人選手の獲得を目指しているという。ベルギー『Voetbal Nieuws』が報じた。 多くの日本人選手がプレーしているジュピラー・プロ・リーグ。カタール・ワールドカップ(W杯)にも、GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)、FW上田綺世(セルクル・ブルージュ)が出場。また、GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)、MF伊東純也(ヘンク)、MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、DF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地(いずれもシント=トロイデン)とベルギーでプレー経験のある選手が多く出場した。 それ以外にも多くの日本人選手がプレーしたリーグであり、日本人の資質を知るクラブは多い。そんな中、クラブ・ブルージュが1人の日本人に興味を向けているとのこと。それが清水エスパルスのU-21日本代表MF鈴木唯人(21)だ。 現在、セカンドチームのClub NXTにはアルビレックス新潟から加入した本間至恩が所属。まだファーストチームではプレーしていないが、大きな期待を寄せられている。 その中で新たな日本人をターゲットとし、鈴木が浮上。その鈴木にはセルティックも獲得に興味を持っているとされている。 鈴木は市立船橋高校出身で、小学生の頃は横浜F・マリノスプライマリー追浜でもプレー。2020年に清水に入団し、3シーズンでJ1通算83試合5得点を記録している。 チームはJ2へと降格したこともあり、鈴木は引く手数多の状況。海外移籍の可能性もあるが、クラブ・ブルージュも名乗り上げたということだ。移籍金は70万ユーロ(約1億円)と安価なことも理由の1つだという。 なお、『Voetbal Nieuws』によれば、当初は本間と同じClub NXTでプレーすることになると見られている。 2023.01.18 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、クラブ・ブルージュの若手MFエンバンバを獲得!今夏にフリーで加入

レバークーゼンは14日、クラブ・ブルージュからU-19ベルギー代表MFノア・エンバンバ(18)が完全移籍で加入することで合意したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までで、背番号は「18」となる。 なお、ドイツ『キッカー』によれば、エンバンバはクラブ・ブルージュとの契約が終了する今夏にフリーで加入するとのことだ。 2020年にヘンクの下部組織からクラブ・ブルージュの下部組織へ移籍したエンバンバは、2021年5月に16歳でトップチームデビュー。同年11月には、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のマンチェスター・シティ戦でCLデビューを果たしていた。 しかし今季は、昨夏に行われた契約延長に応じなかったことからクラブはエンバンバを構想外とし、リザーブチームへ降格。ここまでベルギー2部で9試合に出場し3ゴール1アシストをしていた。 レバークーゼンに加入したエンバンバは、クラブの公式ツイッターで以下のように喜びを語った。 「レバークーゼンは若手選手がサッカーのトップレベルに到達するための最高の機会を与えてくれることで知られている。ここでのこれからの数年間をとても楽しみにしているよ」 2023.01.15 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがU-19ベルギー代表MFエンゲルスを獲得! クラブNXTで本間至恩と共闘

アウグスブルクは3日、クラブNXTからU-19ベルギー代表MFアルネ・エンゲルス(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 ベルギー期待の若手アタッカーはドイツでの新たな挑戦に意気込みを示している。 「アウグスブルクへの移籍にとても満足しているよ。このクラブはブンデスリーガに定着しているクラブであり、可能な限り最高の成長ができるように最高の条件を提供してくれる」 「スペインでのトレーニングキャンプに直行できるという事実は、間違いなく新しいチームメイトとすぐに知り合い、ゲームシステムに順応するのために役立つはずさ」 クラブ・ブルージュのアカデミー出身のエンゲルスは、右サイドやセントラルMFを主戦場とする185cmのテクニカルなMF。ブルージュのセカンドチームにあたるクラブNXTでは、日本人MF本間至恩らと共に主力を担い、今シーズンは15試合2ゴール6アシストの数字を残していた。 2023.01.04 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュ、新監督にスコット・パーカー氏を招へい!

クラブ・ブルージュは12月31日、イングランド人指揮官スコット・パーカー氏(42)を新監督に招へいした。 クラブ・ブルージュは今季よりアシスタントコーチから監督に昇格したカール・フーフケンス監督(44)がチームを指揮。チャンピオンズリーグではアトレティコ・マドリー、ポルト、レバークーゼンが同居した中、クラブ史上初の決勝トーナメント進出に導く快挙を成し遂げた。 しかし、ベルギー国内リーグでは首位ヘンクに12ポイント差を付けられての4位、カップ戦ではラウンド16でシント=トロイデンの前に1-4と完敗して敗退すると、クラブは28日に国内リーグとカップ戦での成績不振を理由に解任を発表していた。 後任に就任したパーカー氏は、現役時代にチャールトンや、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナムでプレー。現役引退後は、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアをスタート。 その後、フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にはボーンマスの監督に就任していた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。だが、格上相手の序盤戦で大敗を重ねると、先月末に解任の憂き目を味わっていた。 2023.01.01 06:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly