ヘルタ、ベルギー代表DFボヤタと2024年まで契約延長

2021.08.13 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは12日、ベルギー代表DFデドリック・ボヤタ(30)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。

2019年にセルティックからヘルタに加入したセンターバックのボヤタは、ヘルタで公式戦48試合に出場して5ゴールを記録。昨季は負傷に泣かされた中、ブンデスリーガ19試合に出場し、主将も務めた。

また、先のユーロ2020ではベルギー代表として2試合にフル出場していた。



関連ニュース
thumb

ヘルタ・ベルリンがノルウェー代表DFビェルカンの獲得を発表! 来冬1人目の補強

ヘルタ・ベルリンは1日、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表DFフレドリク・ビェルカン(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は3を着用する。 左サイドバックを主戦場とするビェルカンは、ボデ/グリムトの下部組織出身で2015年8月にトップチームへ昇格。2016年4月に17歳でトップチームデビューを飾ると、これまで公式戦135試合に出場し7ゴール16アシストを記録。 今シーズンも左サイドバックの絶対的レギュラーとして、リーグ戦27試合やUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ4試合など公式戦38試合に出場している。 なお、ビェルカンの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2021.12.02 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリンで監督交代! ダルダイ監督解任でトルコ人指揮官コルクト氏を招へい!

ヘルタ・ベルリンは29日、パル・ダルダイ監督(45)の解任及び、トルコ人指揮官のタイフン・コルクト氏(47)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 2021年1月にブルーノ・ラッバディア前監督の後任として1年半ぶりにヘルタの指揮官に復帰したダルダイ監督。当時14位と低迷していたチームの再建を託されたが、リーグ戦16試合で4勝6分け6敗と苦しみながらも14位のままシーズンを終え、チームを残留に導いた。 5シーズンぶりの上位進出に向けて、今夏の移籍市場ではFWステファン・ヨベティッチやFWイシャク・ベルフォディル、MFケヴィン=プリンス・ボアテングらを獲得したが、開幕から3連敗と低調なスタートを切ると、ここまでのブンデスリーガで4勝2分け7敗の14位と期待外れの結果に。この成績不振を受けて、クラブはダルダイ監督の解任に踏み切った。 新指揮官に就任したコルクト氏は、シュツットガルトやホッフェンハイムのユースチームの監督を経て、ハノーファーやカイザースラウテルンでトップチームの監督を歴任。直近では2018年1月末にハネス・ヴォルフ前監督の後任としてシュツットガルトの指揮官に就任。 14位と残留圏争いに巻き込まれるチームをヨーロッパリーグ(EL)争いの7位まで引き上げる手腕を発揮したが、翌シーズンは開幕から低迷し同年10月に成績不振で解任されていた。 2021.11.29 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘルタとのダービーを制したウニオン・ベルリンが4試合ぶりの白星を飾る!原口は攻守に貢献《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは20日、ブンデスリーガ第12節でヘルタ・ベルリンと対戦し2-0で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は82分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ外となっている。 リーグ戦3試合勝利のない8位ウニオン(勝ち点17)が、3試合ぶりの勝利を目指すヘルタをホームに迎えた一戦。先日まで日本代表に招集されていた原口は、[3-5-2]のインサイドMFで6試合連続のスタメン出場となった。 ウニオンは立ち上がりの8分、左サイドでボールを受けたジーベルマンがロングパスがM・ダルダイのクリアミスを誘うと、これに反応したアウォニーが冷静にGKとの一対一を制した。 先制したウニオンは、30分にも左CKの流れたボールをボックス右角のトリメルがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 リードを広げたウニオンは、前半終了間際にピンチを迎える。46分、左クロスを飛び出したGKルセがパンチングするも、セカンドボールをペカリークがヘディングシュート。これはゴールカバーに戻ったクノッヘが掻き出すが、ゴールラインを越えており、ゴールが認められた。 1点差で前半終了かと思われたが、VARによる検証の結果、ゴール直前のピョンテクの抜け出しがオフサイドと判定され、ゴールは取り消し。ウニオンが2点リードで前半を終えた。 後半は立ち上がりから一進一退の攻防に。そんな中、ウニオンは58分に原口のラストパスからボックス左手前のクルーゼが強烈なダイレクトシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。 さらに62分には、クルーゼのパスを受けた原口がボックス右から侵入すると、カットインから左足を振り抜いたが、シュートは相手DFのブロックの弾かれた。 試合を締めにかかるウニオンは、82分に原口とアウォニーを下げてエツナリとベッカーを投入。終盤には発煙筒が投げ込まれるアクデントに見舞われたが、危なげなく試合をクローズしたウニオンが4試合ぶりの白星を飾った。 2021.11.21 04:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、ヨベティッチのコロナ陽性を報告

ヘルタ・ベルリンは12日、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを報告した。 カタール・ワールドカップ欧州予選を戦うモンテネグロ代表に合流していたヨベティッチ。その中でのコロナ感染となったヨベティッチは、ヘルタによれば無症状で既に自己隔離に入っているとのことだ。 なお、5日後の検査で陰性結果が出れば20日に行われるウニオン・ベルリンとのダービーに出場できる可能性があるようだ。 今季、モナコから加入したヨベティッチはふくらはぎの負傷で出遅れていた中、ブンデスリーガ6試合の出場で2ゴールを挙げている。 2021.11.13 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘルタ主将DFボヤタ、3試合の出場停止処分

ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は3日、ヘルタ・ベルリンのベルギー代表DFデドリック・ボヤタに対し、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ボヤタは10月29日に行われたブンデスリーガ第11節ホッフェンハイム戦に先発。76分にホッフェンハイムMFアンジェロ・スティラーのすねを踏みつけるラフプレーを犯し、VARの末、一発退場処分を受けていた。 この処分によりボヤタはブンデスリーガのレバークーゼン戦、ウニオン・ベルリン戦、アウグスブルク戦の欠場が決まった。 ヘルタの主将を務めるボヤタは今季、ブンデスリーガ8試合に出場していた。 2021.11.03 23:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly