チェルシーが熱望するフォファナ、ロジャーズ監督は改めて態度を示す「売りに出されていない」

2022.08.19 11:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、U-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)の残留を改めて望んだ。

フォファナは昨夏行われたプレシーズンマッチのビジャレアル戦で腓骨骨折の重傷を負うと、シーズン終盤まで離脱。それでも、その能力は高く評価され、ビッグクラブが常に獲得を目論んでいる。

今夏はセンターバックを補強したいチェルシーが熱心に関心を寄せ、DFで市場最高額の移籍金8000万ポンド(約130億円)を超えるオファーを出すとも言われてきた。
しかし、レスターはフォファナの放出を認めず、頑なに拒否している一方で、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触の危機に直面しており、資金調達が必須とされている。

チェルシーはさらにオファー額を上げるとも言われている中、ロジャーズ監督が改めて自身の考えを示した。

「彼はレスター・シティの選手だ。彼は売りに出されていないし、クラブはその姿勢を明確にしている」

「何か変化がない限り、彼はまだここに居るだろう」

フォファナは2027年6月までレスターと契約を結んでいる状況。今季は開幕から2試合続けて先発してプレーしているが、チームはまだ勝利を収められていない。

資金調達が必要なことから、主軸選手を狙われているレスター。果たしてフォファナの未来はどうなるだろうか。

関連ニュース
thumb

レスターがシャフタールFWテテをレンタルで獲得…今季はリヨンでプレーしリーグ戦17試合6ゴール

レスター・シティは29日、シャフタール・ドネツクのU-23ブラジル代表FWテテ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までとなる。背番号は「37」に決まった。 テテはグレミオの下部組織出身で、2018年1月にファーストチームに昇格。2019年2月にシャフタールへ完全移籍した。 2022年3月からはリヨンへとレンタル移籍。レスターで新たな挑戦をスタートする。 シャフタールでは公式戦108試合で31ゴール15アシストを記録。リヨンでは公式戦30試合で8ゴール10アシスト。今シーズンのリーグ・アンでは17試合で6ゴール3アシストを記録していた。 右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー可能。世代別のブラジル代表を経験しており、U-23ブラジル代表でもプレーした。 テテはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来られて本当に幸せだ。ピッチとスタジアムを見て、それは美しく、多くのファンがどのような感じかを想像できる」 「たくさんのゴールとアシストを記録したい。みんなが僕のプレーを見て喜んでくれることを願っている。フォックスでよかった」 <span class="paragraph-title">【動画】レスターがテテ獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Welcome to Leicêster, Tetê! <a href="https://t.co/aZVJK7wlun">pic.twitter.com/aZVJK7wlun</a></p>&mdash; Leicêster City (@LCFC) <a href="https://twitter.com/LCFC/status/1619651577630818304?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ダンジュマ移籍のビジャレアル、レスターのアヨセ・ペレス獲得へ! ベティス行き目前で進路変更か

ビジャレアルが、レスター・シティのスペイン人FWアヨセ・ペレス(29)の獲得に迫っているようだ。 ラ・リーガ18試合を消化した時点で、9勝4分け5敗の5位に位置するビジャレアル。10月のキケ・セティエン監督就任から調子を上げており、第14節から第18節にかけては4勝1分け無敗。第16節ではレアル・マドリーに土をつけた。 シーズン後半戦も好調を維持したいところだが、冬の移籍市場では先日、オランダ代表FWアルノー・ダンジュマがトッテナムへレンタル移籍。また、セネガル代表FWニコラス・ジャクソンもサウサンプトン行きが近づいている。 そこでイエローサブマリンは、かつてテネリフェに所属していたアヨセ・ペレスに注目。同選手は2014年にテネリフェからニューカッスルに移籍し、レスターには2019年夏に加入。初年度こそプレミアリーグで33試合8ゴールの成績を残したが、以降は尻すぼみ。今季はここまで8試合の出場で1アシストにとどまっている。 なお、スペイン『Relevo』によれば、この29歳はベティス行きで合意したと見られていたが、最後の手続きが滞っている隙にビジャレアルが介入。ベティスと同じ条件で手続きを済ませたようだ。 2023.01.26 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レスターがシャフタールの22歳MFテテ獲得へ…リヨンとのレンタル解消が進行中

レスター・シティがシャフタールから元U-23ブラジル代表MFテテ(22)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 財政難が影響して、昨夏はGKアレックス・スミシーズとDFバウト・ファエスの獲得にとどまったレスター。上積みに乏しいせいか、プレミアリーグで降格圏とわずか1ポイント差の14位に低迷し、ブレンダン・ロジャーズ監督の求心力低下も指摘されている。 なんとか上昇気流に乗るべく、快足ウィンガーのテテのレンタルに本腰。テテはグレミオでプロデビュー後、19歳でシャフタールに移り、現在はロシアのウクライナ侵攻による国際サッカー連盟(FIFA)の特別措置で昨年3月からリヨンにレンタル移籍中だ。 リヨンでは右ウィングを定位置に今季のリーグ・アン17試合で6得点3アシスト。主力としてプレーしているが、ローラン・ブラン監督が志向するサッカーに合致しておらず、契約解消の手続きが進行中だという。 昨年末にはアーセナルやトッテナム、ニューカッスルなどからも関心が寄せられていたというテテ。現在、レスターはテテの代理人と接触しており、リヨンとの契約解消はほぼ確実と考えられている。 2023.01.25 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

オファー準備完了? ニューカッスル、混迷エバートンから21歳ゴードンの引き抜き画策

ニューカッスルが、エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)獲得に本腰を入れているようだ。 昨夏にチェルシーやトッテナム、ニューカッスルなどへの移籍が噂されていたゴードン。ひとまずはエバートン残留に落ち着き、今季のプレミアリーグで16試合3得点を記録している。 エバートンは現在19位に低迷しており、23日にとうとうフランク・ランパード監督を解任。新たにマルセロ・ビエルサ監督の招へいの噂もある中、イギリス『90min』によると、ゴードンは今冬ないし夏に移籍する可能性が高いという。 最も熱心なのがニューカッスルで、引き続き目を光らせているチェルシーをはじめ、アストン・ビラやレスター・シティなど可能性のある他の入札者を出し抜いてオファーの準備を整えた模様。早速今冬にオファーを出すと見られている。 一方でエバートンもゴードン売却を前向きに検討。2025年に満了を迎える契約の延長交渉で選手と合意できなかったとされ、新戦力獲得の資金調達のためにも、オファーに耳を傾ける方針が固まったとのことだ。 一方、ゴードンの新天地として有力視されるニューカッスルとチェルシーは、別のエバートン選手を巡ってもバトルを繰り広げる可能性が。両者は昨夏にリールから加入したベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(21)に関心を寄せているという。 2023.01.24 13:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly