大不振レスターは最下位低迷も…ティーレマンスは残留に後悔なし「家族はレスターでとても幸せ」

2022.09.20 18:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビッグクラブへの移籍が噂されたレスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスだが、今夏の残留に後悔はないようだ。

レスターとの契約が残り1年となり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなど多くのビッグクラブから関心を寄せられたティーレマンス。しかし、具体的な交渉に発展するクラブはなく、ひとまず残留が決定した。

頼れる司令塔が残留したレスターだが、プレミアリーグ開幕節でドローとなった後は6連敗で最下位に低迷。先週末に行われた第7節のトッテナム戦でも6失点の大敗を喫しており、浮上のきっかけを掴めずにいる。
ブレンダン・ロジャーズ監督の解任も囁かれるなど、クラブを取り巻く空気は悪化する一方だが、それでもティーレマンスは残留を後悔していないようだ。イギリス『ミラー』の取材で、家族がレスターで幸せであることを強調しながらも、現在のクラブの雰囲気は悪く、インターナショナルマッチウィークが救いになったことも認めている。

「今のところ、自分の契約状況について多くを語るつもりはないよ。家族はレスターでとても幸せで、それはとても重要だ。移籍については加入するクラブのプロジェクトが正しいものでなければならないといつも言っていたから、今夏は残留を決めた」

「レスターの状況が悪くなったからと言って、残留を後悔する必要はない。これが契約最終年であろうがなかろうがね。もちろん、僕がクラブと契約延長の話をしているかとも関係がない。それは僕の代理人の仕事だしね」

「最終的な去就については僕が決めるよ。多くのクラブから話はあったけど、今それについて触れはしない。今のレスターは厳しい状況だから、代表で新鮮な空気を吸えるのは嬉しいね。クラブがうまくいっていないのは明らかさ。チームとして、できることはやっているんだけどね」

「レスターでは連敗がグループに影響を及ぼしている。だから、この中断を利用してバッテリーを充電しなければならない。僕も連敗の事実が頭の中をグルグル回っていて、なかなか頭から離れないんだ。そんなときは子供たちの存在だけが、それを忘れさせてくれる」

関連ニュース
thumb

レスターのPL優勝メンバー、オルブライトンが英2部WBAにレンタル 「新たな挑戦が必要だと感じた」

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のWBAは1日、レスター・シティからイングランド人MFマーク・オルブライトン(33)の獲得を発表した。契約は今季いっぱいのレンタルとなる。 アストン・ビラ、ウィガン、そして、2014年5月からプレーするレスターでキャリアを紡ぐオルブライトン。奇跡として語り継がれる2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝や、2020-21シーズンのFAカップ制覇に貢献したほか、出場数も通算295試合を数える。 2021年夏に契約を2024年まで延長して、昨季も公式戦31試合でプレーとベテランの域に入っても存在感を示したが、今季はここまで11試合の出場のみ。先発も4回だけと世代交代が進むチームで序列を下げるなか、この冬のタイミングでWBAでの新たな挑戦を決断した。 オルブライトンはクラブを通じて「レスターでの時間は楽しかったし、ファンタスティックなクラブだけど、レギュラーとしてプレーできない時期もあった。うまく対処できなかったから、新鮮で新たな挑戦が必要だと感じたんだ」と移籍の経緯とともに、意気込んだ。 「ここで自分がまだやれるのをみんなに示したい。僕にとって、それはエキサイティングだ。土曜日の午後に僕のプレーが見たがる子供がいるんだけど、最近はそれができていなかった。彼らのためにもできるだけプレーしたい。それと、アルビオンのファンが友達にいるから、このニュースが流れたら、喜んでくれるだろうね」 2023.02.01 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター、英2部ストークの豪州代表CBサウターと5年半契約! PL初出場目指す

レスター・シティは1月31日、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティからオーストラリア代表DFハリー・サウター(24)の獲得を発表した。契約は5年半となる。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したサウターは身長198cmのサイズを誇るセンターバック。これまでスコットランドとイングランドでキャリアを紡ぎ、2016年夏からストークに所属している。 ストーク移籍からちょくちょくとレンタルを挟むが、通算70試合に出場。今季のチャンピオンシップではケガの影響で7試合の出場のみだったが、レスターでプレミアリーグ初出場を目指す運びとなった。 「こうした素晴らしいクラブに加われるのを嬉しく思う。プレミアリーグでの挑戦は断りがたいチャンスだ。ここにはワールドクラスの施設と素晴らしい選手でいっぱいのスカッドがある。スタートを切るのが楽しみだ」などとコメントした。 なお、移籍金額はイギリス『ガーディアン』によると、1500万ポンド(約23億9000万円)だという。 2023.02.01 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスがアジョセ・ペレスを獲得! ロレンは2部ラス・パルマスへ

レアル・ベティスは31日、レスター・シティからスペイン人FWアジョセ・ペレス(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アジョセ・ペレスは、テネリフェのカンテラ出身で、2014年7月にニューカッスルへと移籍。その後、2019年夏にレスターへ完全移籍で加入した。フォクシーズではセカンドトップや左右のウイングを主戦場に公式戦114試合に出場し、15ゴール12アシストを記録。今シーズンここまでは公式戦13試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 ニューカッスルとレスターでプレミアリーグ通算223試合45ゴールの実績を誇る元U-21スペイン代表FWだが、近年は前線の便利屋という扱いが続いていた。 一方、ベティスは同日、スペイン人FWロレン・モロン(29)が、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 2019-20シーズンにはラ・リーガで2桁ゴールを挙げる活躍を見せたロレンだが、昨シーズンはエスパニョールにレンタルへ出されると、今季は先日のスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦でゴールを記録したが、公式戦4試合の出場で先発は一度もなかった。 2023.02.01 04:41 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター、アメリカのシラキュース大学からガーナ人FW獲得

レスター・シティは31日、アメリカのシラキュース大学に在籍するガーナ人FWナタン・オポク(21)の加入を発表した。なお、オポクは今シーズン終了までベルギーのOHルーヴェンにレンタル移籍する。 ガーナの世代別代表経験もあるストライカーのオポクは、アメリカのシラキュース大学に進学。昨年12月にはNCAAディビジョン1男子サッカー選手権で同大学を優勝に導いた。 2023.02.01 00:33 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表の198cmDFサウター、レスター移籍へ! 移籍金は約24億円か

レスター・シティは、ストーク・シティのオーストラリア代表DFハリー・サウター(24)獲得が目前となったようだ。イギリス『90min』が伝えている。 サウターは身長198cmの巨漢センターバック。オーストラリア代表には欠かせぬ守備の要で、DFながらも国際Aマッチ14試合で6得点を挙げているほか、カタール・ワールドカップ(W杯)では全4試合にフル出場した。 クラブキャリアではスコットランドでプロデビューし、2016年夏からストークに在籍。何度も武者修行を繰り返した末に主力の座を掴み、チャンピオンシップ(イングランド2部)通算61試合に出場している。 レスター移籍が成立なら自身初のプレミアリーグとなるが、移籍市場閉幕が刻一刻と迫るなか、レスターがストークに移籍金1500万ポンド(約24億1000万円)を提示して合意まで漕ぎ着けたという。 なお、レスターはトルコ代表DFチャグラル・ソユンジュ(26)がアトレティコ・マドリーに移籍するとされ、サウターには穴埋めの期待がかかっている。 2023.01.31 21:34 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly