昇格フォレストの補強続く! ワトフォードFWデニス&C・パレス退団クヤテも獲得

2022.08.14 12:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは13日、ナイジェリア代表FWエマニュエル・デニス(24)とセネガル代表MFシェイフ・クヤテ(32)の獲得を発表した。

デニスは移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者いわく、移籍金2000万ポンド(約32億3000万円)前後での加入。契約は4年だという。クヤテは昨季をもってクリスタル・パレスとの契約が切れ、フリートランスファーでのフォレスト入りに。2年契約を締結している。

デニスはウクライナ、ベルギー、ドイツでのプレーを経て、2021年夏にワトフォード入り。チームがプレミアリーグで降格を強いられるなか、自身は33試合出場で10得点6アシストと気を吐いた。

一方、クヤテはベルギーでプレーを続けるなか、2014年6月のウェストハム入りを機にイングランドを舞台に。2018年8月からC・パレスに移り、昨季は公式戦31試合で1得点1アシストだった。

24季ぶりのプレミアリーグ昇格を果たしたフォレストは今夏、積極補強を敢行。すでに10選手以上の新戦力を射止めたが、まだアタランタからスイス代表MFレモ・フロイラーの獲得が噂されるなど、プレミア仕様のチームを作ろうとする動きが果敢に取り沙汰されている。

関連ニュース
thumb

オーリエがフォレスト加入! 今夏22人目の補強選手に

ノッティンガム・フォレストは7日、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(29)の加入を発表した。 オーリエは、イギリスの労働ビザを取得した後、正式にフォレストの一員となる。 オーリエは昨年10月にトッテナムとの契約を解消し、ビジャレアルにフリートランスファーで加入。契約期間は2021-22シーズン終了までとなっていたが、契約には2年間の延長オプションが盛り込まれていた。 ビジャレアルでは公式戦24試合に出場し、2アシストを記録。ただ、その内、先発出場は11試合に留まっていた。 そういった中、両者は来シーズン以降の去就に関して話し合いを行った結果、前述の延長オプションを見送ることで合意。今夏のタイミングでの退団という流れとなった。 これまでトッテナムやパリ・サンジェルマン、トゥールーズ、RCランスでプレーし、コートジボワール代表としても81キャップを刻む実績十分の右サイドバックは、フォレストにとって今夏22人目の補強選手となる。 2022.09.08 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

24年ぶりプレミア昇格のフォレストがイギリスの移籍記録となる21人補強! 最終日も3人補強

24年ぶりにプレミアリーグに復帰したノッティンガム・フォレストが移籍の記録を樹立した。 昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い4位で終わっていたフォレスト。昇格プレーオフを勝ち上がり、見事にプレミアリーグに昇格を果たした。 24年ぶりのプレミアリーグということもあり、チームは戦力補強を進めた中、今夏の移籍市場の主役に躍り出る。 なんと、この夏にチームが獲得した選手は21名。これはイギリスにおける移籍の新記録であり、過去最高の19人を2人上回ることに。プレミアリーグでは2013年夏のクリスタル・パレスの17名が最高だった。 移籍市場最終日となった1日には、ウォルバーハンプトンのコートジボワール代表DFウィリー・ボリ(31)、ブラックプールのFWジョシュ・ボウラー(23)を完全移籍で、スタッド・レンヌから元U-21フランス代表DFロイク・バデ(22)をレンタル移籍で獲得。3人を加えて21人の補強を達成した。 補強した選手の中には、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(25)、MFジェシー・リンガード(29)、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFレナン・ロディ(24)、ウォルバーハンプトンのU-21イングランド代表MFモルガン・ギブス=ホワイト(22)、シュツットガルトのベルギー代表MFオレール・マンガラ(24)など実力ある選手が多数いる。 また、ボルドーから獲得した韓国代表FWファン・ウィジョ(29)、そしてボウラーはそのままオリンピアコスへとレンタル移籍している。 肝心の成績は開幕から5試合を終えて1勝1分け3敗の15位。補強した選手たちを上手く起用して残留を果たせるだろうか。 <span class="paragraph-title">◆ノッティンガム・フォレストが獲得した選手</span> <span data-other-div="movie"></span> (※はレンタル移籍) GK ディーン・ヘンダーソン(25/イングランド)※ ←マンチェスター・ユナイテッド ウェイン・ヘネシー(35/ウェールズ)※ ←バーンリー DF ネコ・ウィリアムズ(21/ウェールズ) ←リバプール ムサ・ニアカテ(26/フランス) ←マインツ ジウリアン・ビアンコーネ(22/フランス) ←トロワ オマー・リチャーズ(24/イングランド) ←バイエルン レナン・ロディ(24/ブラジル)※ ←アトレティコ・マドリー ウィリー・ボリ(31/コートジボワール) ←ウォルバーハンプトン ハリー・トフォロ(27/イングランド) ←ハダースフィールド・タウン ロイク・バデ(22/フランス) ←スタッド・レンヌ MF モルガン・ギブス=ホワイト(22/イングランド) ←ウォルバーハンプトン オレール・マンガラ(24/ベルギー) ←シュツットガルト ルイス・オブライエン(23/イングランド) ←ハダースフィールド・タウン レモ・フロイラー(30/スイス) ←アタランタ ジョシュ・ボウラー(23/イングランド) ←ブラックプール[オリンピアコスへレンタル] ブランドン・アギレラ(19/コスタリカ) ←アラフエレンセ[グアナカステへレンタル] ジェシー・リンガード(29/イングランド) ←マンチェスター・ユナイテッド シェイフ・クヤテ(32/セネガル) ←クリスタル・パレス FW タイウォ・アウォニイ(25/ナイジェリア) ←ウニオン・ベルリン エマニュエル・デニス(24/ナイジェリア) ←ワトフォード ファン・ウィジョ(29/韓国) ←ボルドー[オリンピアコスへレンタル] 2022.09.02 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

フォレスト大台の21人目の補強! レンヌのDFバデをレンタルで獲得

今夏積極的な補強を見せているノッティンガム・フォレストは1日、スタッド・レンヌから元U-21フランス代表DFロイク・バデ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コートジボワールにルーツを持つバデは、パリFCやル・アブールの下部組織で育ち、2020年1月にファーストチームに昇格する。 2020年7月にはRCランスへと完全移籍。2021年7月にスタッド・レンヌへと完全移籍した。 これまでリーグ・アンで46試合、リーグ・ドゥで7試合の出場歴を持つバデ。レンヌでは公式戦22試合で1ゴール2アシスト、今シーズンも開幕から5試合にベンチ入りし、第3節のアジャクシオ戦ではフル出場を果たして1アシストを記録していた。 なお、バデの到着により、フォレストは今夏20人が加入。韓国代表FWファン・ウィジョはそのままオリンピアコスにレンタルとなっているため、実質21人補強していることとなる。 2022.09.02 11:57 Fri
twitterfacebook
thumb

フォレストがウルブスからウィリー・ボリを獲得! 今夏19人目の新戦力に

ノッティンガム・フォレストは9月1日、ウォルバーハンプトンからコートジボワール代表DFウィリー・ボリ(31)を獲得したことを発表した。契約は2年間となる。 オセールの下部組織出身のボリはブラガやポルトなどポルトガルでのプレーを経て、同国に太いパイプを持つウルブスに2017年夏に加入。当時チャンピオンシップ(イングランド2部)だった同クラブでリーグ戦36試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。 195cmという恵まれた体躯を生かし、屈強な選手が揃うプレミアリーグでも実力を発揮。ケガに見舞われながらも、昇格から3シーズンは主力として活躍した。しかし、昨季は同じくケガや他の選手の台頭もあり出場機会は激減。今季はここまで一度も出番がない状況だった。 そして、新たに加わったフォレストは、24年ぶりのプレミアリーグということもあり、この夏に戦力を大量補充。ウルブスからはモルガン・ギブス=ホワイトも獲得しており、ボーナスを入れるとクラブレコードとなる4200万ポンドのビッグディールとなった。ボリは今夏19人目の新戦力となる。 2022.09.01 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがフォレストに6発圧勝! ハーランド2戦連続ハットにアルバレスが初G含む2発!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsノッティンガム・フォレストが8月31日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが6-0で圧勝した。 シティは前節、天敵クリスタル・パレスとのホームゲームをハーランドの加入後初のハットトリックなどで4-2の逆転勝利。直近のニューカッスル戦でのドローを払しょくする今季3勝目を手にした。 連勝を目指すミッドウィーク開催の今節はホームで昇格組のフォレストを迎え撃った。グアルディオラ監督は中3日の一戦に向け、先発2人を変更。デ・ブライネとマフレズに代えてギュンドアンと加入後初スタメンのアルバレスが起用された。 右ウイングのアルバレスをセカンドトップ気味に配した[4-2-3-1]に近い布陣でスタートしたシティは、立ち上がりから押し込む入りに。開始6分には続けて得た右CKからアルバレスに決定機も、右足のシュートはGKヘンダーソンの好守に遭う。 それでも、攻勢を続けるホームチームは12分、左CKのサインプレーからボックス手前左でボールを受けたフォーデンが正確なクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだハーランドが左足ワンタッチでゴールネットへ流し込んだ。 ハーランドの3試合連続ゴールで先手を奪ったシティは、以降もボールを握って試合をコントロール。17分には一瞬の隙を突かれ、プレミアデビュー戦のレナン・ロディに際どいヘディングシュートを許すが、ここは枠を外れる。 やや肝を冷やしたペップのチームだが、すぐさま追加点を奪取。23分、相手GKのミスパスをボックス手前でカットすると、そこから鮮やかなパス交換。中央のハーランドがボックス左に走り込むフォーデンに預けてポジションを取り直すと、フォーデンがDFに囲まれながらも完璧なリターンパス。これをノルウェー代表FWが難なく流し込んだ。 フォーデンとハーランドの鮮やかな連携で早くも2点のリードを手にしたシティ。これで完全に勢いづくチームは、反撃に出たい相手を押し込んで追加点に迫る。 30分のセットプレーからのストーンズの決定機はオフサイドでゴール取り消しとなったが、三度シチズンズの新エースストライカーが魅せる。38分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前左のカンセロが右足アウトを使った見事なクロスを供給。これをボックス右のフォーデン、逆サイドでストーンズといずれも頭で折り返すと、最後はゴール前のフォーデンが打点の高いヘディングで押し込み、驚愕の2試合連続ハットトリックとした。 この3点目で勝利に大きく近づいたシティだが、ハーランドに触発されたアタッカー陣が積極的にゴールを目指す。44分にはボックス手前左のアルバレスが強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いてゴールとはならず。 昇格組相手にプレミア王者の地力を遺憾なく発揮したシチズンズ。後半も集中した入りを見せると、50分にはボックス右で仕掛けたベルナルド・シウバからマイナスのパスを受けたカンセロがエリア外から強烈な右足のミドルシュートをゴール上隅の完璧なコースに突き刺し、試合を決定づける4点目とした。 これで勝利を確信したグアルディオラ監督は、過密日程を睨んでロドリとフォーデンを早々に下げて、パーマーとマフレズを55分にピッチへ送り出す。 だが、以降もパフォーマンスレベルを維持するホームチームは65分、マフレズのパスでボックス右に抜け出したアルバレスが正確なシュートをゴール左隅に流し込む、スタメン起用に見事に応えるプレミア初ゴールを奪った。 これで完全にフォレストの心を折ったシティは、殊勲のハーランドやカンセロらをベンチに下げてデ・ブライネに加え、セルヒオ・ゴメス、若手DFルイスといった交代カードを切って試合をクローズにかかる。 その後、試合終了間際の87分には相手セットプレーを撥ね返してのロングカウンターからデ・ブライネとマフレズのコンビでフィニッシュまで持ち込むと、ボックス左でこぼれ球に反応したアルバレスが左足の鋭いシュートをニア上に突き刺し、この日のゴールショーを締めくくる6点目とした。 そして、ハーランドの2試合連続ハットトリック、アルバレスの2ゴールと今夏獲得したストライカー陣の活躍で6ゴールを奪ったシティが連勝を飾っている。 2022.09.01 05:26 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly