開幕から躓きのテン・ハグ監督「明らかに痛手で心底がっかりだが、乗り越えねば」

2022.08.08 08:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がプレミアリーグ開幕節を振り返った。

今週末から新シーズンのプレミアリーグが開幕し、7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンをホームに迎え撃ったユナイテッド。プレシーズンで好調だったFWアントニー・マルシャルが負傷でメンバー外となり、MFクリスティアン・エリクセンをトップに置いた布陣で挑んだが、1-2の黒星を喫した。

後半になり、終始後手を踏んだ前半から巻き返したが、開幕から躓いたテン・ハグ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で落胆の思いを口にしつつ、素早い修正の必要性を説いた。

「明らかに痛手で、心底がっかりだが、乗り越えないといけない。簡単じゃないのは覚悟の上だった。プロセスの過程にあって、時間もかかるが、そんなに時間もない。勝たないといけないし、もっとうまくやるべきだった」

「不用意だったよ。容易くボールを渡しすぎだったし、組織的にも大きなミスがあった。我々が作り上げたものではなく、ある状況に陥った際の対処法を明確にしてもいたが、起きてしまった。分析して教訓にしないといけない」

「今季の課題も同じ。作り上げ、組み立て、発展させるのに時間がかかるのは承知している。そして、時間がないのもわかっていて、結果を出さないといけないし、この状況も把握できている」

「ドレッシングルームでも言ったが、試合のなかで一体感も見られた。後半のアクションではより良い結果を追い求め、ひとつのチームとしての動けてはいたんだ。『戦わなかった』とか、『姿勢が悪かった』というわけじゃない」

「ボールに対するミス、パスに対するミス、組織的なミス、そしてディフェンスにおけるミスだ。素早く修正しないといけないが、同時にそれから学び、早く学ばねばならない」

昨季からの上積みでも差を感じる敗北を喫したオランダ人指揮官はまた、後半途中からトップに入ったFWクリスティアーノ・ロナウドに関して、期待通りの働きをしてくれたと感じているようだ。

「(C・ロナウドは期待通りの働き? )そう思う。エリクセンが下がり、C・ロナウドが入ったことで、中盤は良くなったし、後半を見ればわかる。そこから(マーカス・)ラッシュフォードに2つの良いチャンスがあったし、2-2にできなかったのは残念だった」

「C・ロナウドがフィットネスを取り戻すのは時間がかかるし、無理強いはできない。トレーニングをやってまだ1週間だし、もう少しでやる必要がある。この試合は彼の助けになるだろうし、これから1週間あるから、来週にはもっと良くなっているだろう」

関連ニュース
thumb

猛批判浴びるマグワイアは「癒しを求めるべき段階に来ている」 OBネビル氏はメンタル面を心配

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、イングランド代表DFハリー・マグワイアの状態を懸念した。 昨季から不安定なパフォーマンスが続き、ユナイテッドではベンチスタートの機会が増えつつあるマグワイア。代表でも9月に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦で、スタメン発表でマグワイアの名が呼ばれた途端にファンからブーイングが生じる事態に。その試合では失点に直結するミスを犯してさらに批判が苛烈化するなど、まさに悪循環に陥っている。 イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したネビル氏も、マグワイアの状況を憂慮。このままでは代表で先発から外される可能性が高いとしつつ、チームに有力なセンターバックが少ない事情も指摘した。 「ハリーが負ったケガや現在のフォームはポイントになると思う。サウスゲイトは彼を守るためにも、彼をチームから外すことを真剣に考えるだろうね。彼はミスを犯しており、何もかもが思い通りになっていない」 「W杯を自分のフォーム探しにはできない。ウォームアップのための試合も準備期間もないのだ。ユナイテッドで11月にフルアムと試合をした1週間後には、W杯に向けた良い準備が期待される。しかし、彼はユナイテッドで数週間プレーせず、今後3、4週間もそうかもしれない。サウスゲイトは他のセンターバックを選ぶ必要性を考えるだろう」 「ハリーが良い状態にないのは確かだ。1週間前のイングランド代表での試合を見てもわかるように、彼はタフな状態に置かれているね。それでも、サウスゲイト監督は彼を信頼し、代表にいることを望んでいる。トレント・アレクサンダー=アーノルドがほかのサイドバックと競争するように、チームにもう3、4人トップクラスのセンターバックがいれば、彼がチームに入ることはなかっただろう。ただ、現時点ではそうではない」 また、ネビル氏は批判を浴び続けるマグワイアの精神状態を懸念。自身の経験を踏まえ、然るべき機関で診察を受けることを勧めた。 「3冠を達成した次のシーズン、私はある臨床心理士の前にいたんだ。ブラジルでのクラブ・ワールドカップ(CWC)、ヴァスコ・ダ・ガマ戦で2つのミスをしてしまい、大騒ぎになった。私はクラブで頂点に到達したが大きなプレッシャーがあり、その4、5カ月後にはショックを受けることになった」 「試合でボールが欲しくなくなり、チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリー戦では試合中に隠れてしまうこともあった。代表でも酷い目に遭い、ユナイテッドのドクターから『誰かに診てもらう必要がある』と言われたのを覚えているよ」 「キャリアを終えるまでこのことは話さなかったが、6、7回の診察を受けて純粋に人と話し合い、対処法を探ったことも覚えている。フットボーラーにとって、広い視野は本当に大切だ。どんな選手にも悪い瞬間はあり、そこで求められるのが視野と対処法になる」 「私にその診察は効果があった。もちろん、すべての人に効果があるとは言えないが、ハリーもフットボールの関係者から離れて癒しを求めるべき段階に来ていると思う。チームメイトやコーチにこうしたことを話すのは、簡単ではないからね」 2022.10.04 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセンの初マンチェスター・ダービーは3-6の完敗 「許容範囲から程遠い」

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが肩を落とした。 2日のプレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティと戦ったユナイテッド。4連勝の勢いをもって敵地での宿敵戦を迎えたが、序盤から攻撃の主導権を握られ続け、前半だけで0-4の大差をつけられてしまう。 前半で勝敗が決した感が強く、ハーフタイム前に一部サポーターから帰路につこうとする姿が相次ぐなか、ブラジル代表FWアントニーが一矢報いるファインゴール。だが、その後も失点を重ね、1-5で最終盤に入る。 そんなユナイテッドはケガから復帰して途中出場のフランス代表FWアントニー・マルシャルが84分、90+1分にネットを揺らしたが、それも後の祭り。完成度の部分で歴然の差を痛感させられ、完敗を喫してしまった。 両軍の練度に差があるといえど、それにしてもやられ過ぎた印象が強いが、今夏に加入後初のマンチェスター・ダービーとなったエリクセンも試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』でがっかりの思いを言葉にしている。 「すごく重くのしかかっている。誰もが最悪の一日だったと感じているはず。僕らのスタートが悪かった。キックオフ直後から相手にかなりのチャンスがあった。自分達を責めないといけない」 「彼らに力を出させてしまった。ああいう試合で焦点を当てるべきは自分たちで、変えないとならないこと、もっとうまくやらなければならないことがたくさんある。今日は許容範囲から程遠い」 2022.10.03 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「無礼以外の何物でもない」 C・ロナウド使わずをOBロイ・キーンが疑問視

マンチェスター・ユナイテッドOBのロイ・キーン氏がマンチェスター・シティ戦でFWクリスティアーノ・ロナウドをベンチに座らせ続けた古巣の現指揮官に噛みついた。イギリス『メトロ』が報じている。 2日のプレミアリーグ第9節で行われたシティとユナイテッドのマンチェスター・ダービー。ユナイテッドも4連勝中とあって競り合いも期待されたが、7戦無敗のシティに攻撃の主導権を握られ続け、3-6で撃沈した。 今季のここまでプレミアリーグで1試合しか先発がないものの、すべてでプレー中だったC・ロナウドはこの試合でもベンチからスタート。だが、最後まで声がかからず、ただただベンチから戦況を見守るにとどまった。 エリク・テン・ハグ監督は試合後、「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった。そして、もう1つはアントニー・マルシャルを起用できるというのもあったし、彼もプレータイムが必要だった」と説明している。 だが、この起用法を巡り、ロイ・キーン氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で「マンチェスター・ユナイテッドはロナウドに無礼な態度を取っている。移籍市場が閉まる前に彼を手放すべきだった」と疑問視した。 「監督は彼にしがみついている。オプションが必要だと言い張るのは良い。だが、ロナウドをベンチに座らせておくために保有する必要なんてない。彼は史上最高の選手の1人。選択肢はあったし、それがなかったというアイデアはゴミだ。4、5つの非常に良いオプションがあったはずだ」 「今日、監督がアントニー・マルシャルを起用し、彼は2ゴールを決めた。だから、それについては正当化できる。だが、大きな視点で見たら、彼はロナウドを使う気がない。ヨーロッパリーグの1、2試合でちゃんとプレーさせただけだし、シーズンが進むにつれて醜態を晒す羽目になる」 「ロナウド本人は(今年11月にカタール・)ワールドカップを目前にしてやる気満々。だが、そんな彼が毎週、毎週、マンチェスター・ユナイテッドのベンチに座っているとしたら、それはよろしくない。醜態を晒すだけだ」 「ユナイテッドがロナウドにしているのは無礼以外の何物でもない。チャンスが来たときに手放すべきだった。彼に選択肢があったのは事実だが、彼のような偉大な選手をただベンチに座らせておくなんて、馬鹿げた話だ」 「今日の試合では使えたはずだ。0-4で負けていた。彼の得点記録を見れば、誰よりもゴールチャンスがあったはず。プレッシングにこだわる人がいるが、正しいエリアにボールを出せれば、彼ならゴールを決められる」 2022.10.03 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

フォーデンがハーランドに負けじとハット! 「いちシティファンとしても夢のよう」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが喜びに浸った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 2日のプレミアリーグ第9節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃ったシティ。4連勝の勢いをもって立ち向かってきた相手に対して、序盤のところから圧倒的に攻撃の主導権を握り、今季最初のマンチェスター・ダービーを6-3で飾った。 この試合でも今季早くも3度目となるハットトリックをマークしたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの無双ぶりが改めて際立ったが、シティっ子で生え抜きタレントのフォーデンも負けず劣らずの活躍を披露。宿敵相手に1試合3発と躍動した。 試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた22歳のイングランド人アタッカーはともにマイクの前に立ったハーランドとの深まる連携を明かし、結果に歓喜した。 「いちシティのファンとしても、ダービーでプレーするのは夢のよう。僕とアーリングは今、互いを理解し合って、繋がりがある。このチームの一員でいられて嬉しいよ。キックオフから、僕らの決意は固く、チャンスをモノにできたね」 2022.10.03 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

宿敵戦で完敗のユナイテッド、ヴァランが前半途中に負傷交代

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がマンチェスター・ダービーで負傷交代したフランス代表DFラファエル・ヴァランの状態に言及した。 2日のプレミアリーグ9節でマンチェスター・シティと対戦したユナイテッド。4連勝中のチーム状況下でDFリサンドロ・マルティネスとともにセンターバックの1stチョイスとなるヴァランは代表活動を挟み、この宿敵戦でも先発した。 だが、30分過ぎにバイタルエリア中央でMFフィル・フォーデンの左足シュートをブロックした際に伸ばした左足首を痛め、一時ピッチの外に。一度はプレーに戻ったが、やはり続行が難しく、41分にDFビクトル・リンデロフと交代した。 クラブ公式サイトによると、テン・ハグ監督は3-6で負けた試合後、元々ケガが少なくなく、状態が気がかりな29歳のセンターバックに関する質問も飛び、説明している。 「得点差が僅差であっても、彼はプレーを続けられたとは思わない。ただ、0-4で負けていたし、交代させた。これ以上、ケガを悪化させるリスクを回避したかったからだ。とはいえ、あのケガはプレーを続けられないほどの大きなものだったと思う」 オランダ人指揮官から多く語られなかったが、ヴァランも負傷離脱となれば、泣きっ面に蜂となるユナイテッド。DFハリー・マグワイアも代表先でのケガで今回のダービーを欠場したが、ヴァランの状況やいかに。 2022.10.03 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly