「すごい角度から決めたな」C大阪・鈴木徳真のJ1初ゴールは意外性ある技あり弾「前橋育英インターハイ優勝おめでとう弾」

2022.08.07 16:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪のMF鈴木徳真が技ありの一撃を沈めた。C大阪は6日、明治安田生命J1リーグ第24節でヴィッセル神戸とホームでの"関西ダービー"に臨み、3-0で勝利を収めた。鈴木はダブルボランチの一角で先発出場。1点のリードで迎えた31分には針の穴を通すような一撃で追加点を挙げた。

左CKのキッカーを務めた鈴木は、セカンドボールを回収した奥埜博亮からリターンを左のハイサイドで受けると、相手が寄せてこないとみるや、意表を突いてスピードのある低弾道のキックを選択。これがゴール前の密集を抜け、誰にも触れられずにゴール右下に吸い込まれた。
意外性のあるゴールは鈴木にとってのC大阪加入後初得点、かつJ1初ゴールに。ファンからは「徳真の初ゴール見れてよかった」、「前橋育英インターハイ優勝おめでとう弾やな」、「一夜明けてもやっぱ素晴らしい」、「すごい角度から決めたな」などの称賛も多数届いている。

昨季まで所属していた徳島ヴォルティスでも中盤で彩を放っていた鈴木は、この試合でも両チーム通じてトップの走行距離をマーク。今季のリーグ戦では途中出場が多かったが、負傷離脱者が増える中でチャンスが到来し、直近7試合では6試合で先発起用されると、この間チームは4勝3分けと負けなしときている。

この日も故障明けの原川力が再び負傷するアクシデントに見舞われたC大阪だが、元前橋育英高校のキャプテンは頼れる存在であり続けそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

来季WEリーグ参入のC大阪堺、なでしこジャパンDF小山史乃観ら3選手が移籍

なでしこ1部リーグに所属するセレッソ大阪堺レディースは20日、DF小山史乃観(17)、DF筒井梨香(23)、DF田畑晴菜(20)、3選手の移籍を発表した。 小山と筒井はともにINAC神戸レオネッサへの期限付き移籍で、期間は2023年2月1日から6月30日まで。田畑はマイナビ仙台レディースへの完全移籍となる。 小山はセレッソ大阪堺ガールズから堺レディースへ昇格し、最前線からセンターバックまで幅広くプレー。なでしこリーグで通算83試合に出場し、21得点を挙げている。 昨年8月にコスタリカで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)にもU-20日本女子代表のメンバーとして参加し、左ウイングバックとして準優勝に貢献。10月9日のMS&ADカップ2022・ニュージーランド女子代表戦でなでしこジャパンデビューも果たした。 また、筒井はなでしこリーグ通算119試合5得点という成績。U-20女子W杯で3バックの一角を務めた田畑は、なでしこリーグ通算86試合7得点という数字を残している。 C大阪堺は2023-24シーズンからWEリーグへ参入するため、春秋制を採用しているプレナスなでしこリーグには今季参戦しない。今移籍では、空白期間での試合勘維持や先立ってのプロ生活経験などを養うことが予想される。 育成選手のみで構成されているC大阪堺は、昨季の第43回皇后杯ではベスト4入り。WEリーグ発足前の2020年プレナスなでしこリーグでは、浦和レッドダイヤモンズレディース(現:三菱重工浦和レッズレディース)、INAC神戸レオネッサ、日テレ・東京ヴェルディベレーザに次ぐ4位という好成績を残している。 過去には、現在なでしこジャパンでも活躍しているDF宝田沙織(リンシェーピング/スウェーデン)やMF林穂之香(ウェストハム/イングランド)、DF北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や、U-20女子W杯でゴールデンブーツ(MVP)を受賞したFW浜野まいか(ハンマルビー/スウェーデン)らを輩出している。 3選手は移籍に際し、C大阪堺のクラブ公式サイトを通じて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆小山史乃観 「セレッソ大阪堺レディースのWEリーグに向けて、プロチームでプレーできる環境を作ってもらい感謝しています。この経験を活かし、更にレベルアップできるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆筒井梨香 「期限付移籍することにしました。昨シーズンまだまだ足りないと感じる部分も多く、もっと成長しないといけないと感じました。中学1年生から今までずっとセレッソでしかサッカーをしてこなかったので、視野を広げてきます。そして挑戦して、成長してきます!これからも応援よろしくお願いします」 ◆田畑晴菜 「この度、マイナビ仙台レディースに完全移籍することになりました。セレッソというビッグクラブで5年間戦えたことを誇りに思います。私は、高校生のときから、セレッソに加入させていただきました。初めて、レディースで練習したとき、周りの人たちがとにかくうますぎて、圧倒されたのを今でも覚えています!!」 「うまくいかないこともたくさんありましたが、自分がここまで成長出来たのは、セレッソのみんなに支えられて、そして、竹花(友也)監督をはじめ、岡本(三代)コーチなどたくさんのいい指導者の方に支えられました。本当に恵まれた環境でサッカーが出来たことに感謝しています!!」 「今年から、セレッソがWEリーグに加入するタイミングでの移籍ですが、『自分の夢を叶えるため』『世界で戦える選手になるため』には、まだまだ、1人の人間としてもサッカー選手としても成長しなくては、ならないと思い、移籍という決断に至りました。簡単に選べる選択ではありませんでしたがこの決断に自信を持ち、覚悟を持って、全力で頑張ります!!」 「セレッソで過ごした5年間は、長いようで短かったですがとても幸せでした。これからは、チームが変わりますが、心のどこかで応援していただけると嬉しいです。いつも温かく応援してくださるファン・サポーターの皆さんや、スポンサー企業の皆さん、そして、クラブ関係者の皆さん、本当にありがとうございました」 2023.01.20 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「わざわざ会いに来てくれるとは!」タイキャンプ中のC大阪をJ2時代知る元助っ人が訪問、懐かしむ声上がる

タイキャンプ中のセレッソ大阪を、元チームメイトが訪れた。 小菊昭雄監督体制2年目で迎えた昨季は、チームとしての約束事が整理された。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権内には届かなかったものの、明治安田生命J1リーグは5位に。YBCルヴァンカップでは決勝進出も果たした。 オフにはチーム一筋14年のDF丸橋祐介(→パトゥム・ユナイテッド)が期限付き移籍でチームを離れたが、代わりにJでも実績十分のFWレオ・セアラ(←横浜F・マリノス)やMFジョルディ・クルークス(←アビスパ福岡)といった、頼もしい助っ人が加入した。 C大阪は12日からタイでのキャンプを実施中。パトゥム・ユナイテッドの設備を借りているため、先の丸橋とは早くも再開を果たしていたが、17日にはさらなる旧友がチームを来訪した。 顔を見せたのはJ2時代の2016年に加入したFWリカルド・サントス。当時、チームメイトとして共に戦った選手やスタッフとの記念撮影も行った。 リカルド・サントスは2年間C大阪でプレーしたが、2018年始動時の負傷により、登録抹消に。同年4月にファジアーノ岡山へ加入していた。現在はタイのウタイターニーでプレーしている。 チームを離れてもC大阪を気に掛けるリカルド・サントス。ファンからも「懐かしい!」、「リカ好きな選手なので嬉しい」、「わざわざ会いに来てくれるとは凄い!」、「とにかく頑張る選手やから愛されてたよなぁ」、「こういうのとても素敵」と、懐かしむ声が多数寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】当時のチームメイトやスタッフと記念撮影をするリカルド・サントス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">タイキャンプ5日目-Photo-<br><番外編><br><br>現在タイのチームに所属している <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リカルドサントス</a> 選手が、練習場に来てくれました<br><br>当時、チームメイトとして共に戦った選手やスタッフと記念撮影<br><br>リカ、ありがとうこれからも応援しています<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://t.co/aTAWneCbjF">pic.twitter.com/aTAWneCbjF</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1615000927735267331?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】テニスボールからゴールを守るC大阪GK陣</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">タイキャンプ3日目-Photo-<br><br>ゴールキーパーの選手のみ、グラウンドにてトレーニングを行いました<br><br>30度を越す茹だるような暑さの中、お互いに声を掛け合いながら活気溢れる練習でした<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://t.co/9udE0C0wGj">pic.twitter.com/9udE0C0wGj</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1614178253421289472?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】世界遺産、アユタヤ遺跡を訪れたC大阪の選手</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnZdprIviIb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnZdprIviIb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnZdprIviIb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">セレッソ大阪|CEREZO OSAKA Official(@cerezo_osaka)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.19 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪の中盤支えた元日本代表M橋本英郎が現役引退、昨季はおこしやす京都で選手兼HC

関西サッカーリーグ1部に所属するおこしやす京都ACは19日、元日本代表MF橋本英郎(43)が現役を引退することを発表した。 ガンバ大阪の育成組織出身の橋本は1998年にトップチームへ昇格。明神智和や二川孝広、遠藤保仁とともに「黄金の中盤」を形成し、2005年のJ1制覇をはじめ、在籍中していた2011年まで7つのタイトルを獲得した。 以降はヴィッセル神戸、セレッソ大阪、AC長野パルセイロ、東京ヴェルディ、FC今治でプレー。J1からJFLまで各カテゴリーで出場、得点し、2022年には選手兼ヘッドコーチとして、おこしやす京都ACへ加入した。 J1通算339試合19得点、J2通算80試合1得点、J3通算62試合2得点という数字を残し、日本代表としても15試合に出場している。 ここでスパイクを脱ぐという決断をした橋本は、おこしやす京都を通じ、以下のようにコメントをしている。 「昨シーズンで引退する事になりました。おこしやす京都ACでは、JFL昇格という目標を達成出来ず残念でした。そのために自分は加入したと思っていて力不足を痛感しました」 「ただ、初めての社会人リーグでの戦いは楽しかったです!これからのJFL昇格、Jリーグ入りをこれからも応援します!!」 2023.01.19 19:48 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、川崎F、C大阪、岡山などでプレーしたDF田中裕介が現役引退を決断「最高で夢のようなサッカー人生でした」

SHIBUYA CITY FCは10日、DF田中裕介(36)が現役を引退することを発表した。 田中は桐光学園高校から2005年に横浜F・マリノスへと入団。左サイドバックとして加入もなかなか出番を得られず、右サイドバックにコンバートされた時期も。2011年に川崎フロンターレへと完全移籍すると、2015年にはオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへと完全移籍する。 2015年7月にはセレッソ大阪へと完全移籍。2019年にはファジアーノ岡山へと完全移籍すると、2021年シーズン限りで退団。2022年に東京都1部のSHIBUYA CITY FCへと加入した。 SHIBUYA CITY FCでは7試合に出場したが、2022シーズン限りで現役引退を決断。クラブを運営する株式会社PLAYNEWの執行役員に就任することも発表された。 J!通算228試合10得点、J2通算108試合2得点、リーグカップ通算59試合4得点、天皇杯通算32試合3得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)通算14試合、Aリーグでも10試合に出場した。 田中はクラブを通じてコメントしている。 ーーーーー この度私田中裕介は2022シーズンをもってサッカー選手人生から引退する事を決断しました。 サッカーを始めて30年、高校を卒業してプロの世界に飛び込んでから18年が経ちました。 人生の大半をサッカーと共に過ごしてきた今、 私が抱える感情は2つあります。 1つは「夢のような長い道のり」だったなという事です。サッカーボールを蹴り始めてから今日まで自分では想像もできなかった長い道のりを走ってくる事ができました。 小さい頃の夢であった プロサッカー選手になれた事も そこから18年間もプレーできた事も多くの苦しみを感じた事も その苦しみを遥かに超える喜びの数々を経験できた事も全て夢の中にいたように感じています。 もう1つは「感謝」です。 自分のサッカー人生を振り返って胸を張って言える事はサッカーを通して最高な方々に出会えた事が1番の幸せでした。 シルクロードSC、町田JFC、桐光学園、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、Western Sydney Wanderers、セレッソ大阪、ファジアーノ岡山、SHIBUYA CITY FC。 地元東京の小さなクラブチームから始まったサッカー人生。 そこから今日に至るまで私が所属した全ての素晴らしいクラブ、スタッフ、サポーター、選手の皆様と出会えた事で本当に素晴らしいサッカー人生を送る事ができました。 皆様のおかげで今の自分があります。感謝しております。 最後に両親へ。 小さい頃から自分の挑戦を応援してくれてありがとう。 スパイクが壊れたらすぐに新しいスパイクを買ってくれて、常に身体に良いものをと栄養にも気を遣ってくれたね。おかげで大きな手術を一度もする事なく、ここまでこれたよ。 無理して走ってきたボロボロの脚を見て今年で辞めようと思うと伝えた時に 「充分すぎるくらいに楽しませてもらったよ。ありがとう。」 この言葉を言われた事が最高に嬉しかったよ。 『生まれ変わっても同じサッカー人生を歩みたい』 心の底からそう言える最高で夢のようなサッカー人生でした。 本当にありがとうございました!! 2023.01.11 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪からブラジルクラブへ武者修行中、MF岡澤昂星が加入後初得点含む2ゴールの大活躍!

レッドブル・ブラガンチーノへ期限付き移籍中のMF岡澤昂星がセンセーショナルな活躍を見せた。 岡澤はセレッソ大阪の育成組織出身で、2022年から正式にトップチームへ昇格。8月にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のレッドブル・ブラガンチーノへと期限付き移籍し、初の海外挑戦を果たしていた。現在はブラガンチーノのU-20チームに所属し、研鑽を積んでいる。 ブラガンチーノU-20は現在、コピーニャと称される20歳未満の大会、コパ・サンパウロ・ジュニアサッカー選手権大会に参加中。計128チームが4チームずつに分かれてグループステージを戦い、各上位2チームがノックアウトステージへ進出する。 グループ20に属し、初戦を勝利したブラガンチーノU-20は、7日の第2節でABC-RNのU-20と対戦。背番号10を着ける岡澤は2ゴールをマークした。 まずは23分、右サイドからのクロスをゴール前で収め、ワントラップから右足のシュート。これがGKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、加入後初得点を挙げる。 追い付かれて折り返し、迎えた51分には勝ち越しゴールを奪取。ペナルティアーク右手前で直接FKを獲得すると、短い助走からの一振りがネットを揺らした。 2-1で勝利を収めたブラガンチーノU-20は、最終節を残してグループステージ突破が決定。殊勲の岡澤はクラブ公式サイトにて、1点目のシーンを振り返り、次のようなコメントを残している。 「(パスをくれた)マルセロ(・ブラズ)はこの試合でアシストすると言っていたので、信じてチャンスを待ちました。フィニッシュは完璧ではありませんでしたが、結果としてゴールにつながって、結果に貢献できたことはとても良かったです」 大会公式ツイッターにもピックアップされた日本の若武者。今後の活躍が楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【動画】直接FKを含む2得点を挙げたレッドブル・ブラガンチーノの岡澤昂星</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"><br><br>Hora de curtir os dois gols de Kosei , que garantiram a classificação do Massa Bruta para a próxima fase da <a href="https://twitter.com/Copinha?ref_src=twsrc%5Etfw">@Copinha</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/VamosBraga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VamosBraga</a><a href="https://twitter.com/hashtag/BragaNaCopinha?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BragaNaCopinha</a><a href="https://twitter.com/hashtag/RedBullBragantino?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RedBullBragantino</a> <a href="https://t.co/j8ozCoa69U">pic.twitter.com/j8ozCoa69U</a></p>&mdash; Red Bull Bragantino (@RedBullBraga) <a href="https://twitter.com/RedBullBraga/status/1611908127925886977?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】日本語のキャプション付きで紹介された岡澤のセレブレーション</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">カップは愛です<a href="https://twitter.com/hashtag/Copinha23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Copinha23</a><br>Fernando Roberto/Red Bull Bragantino <a href="https://t.co/ptvVb8LojL">pic.twitter.com/ptvVb8LojL</a></p>&mdash; Copinha (@Copinha) <a href="https://twitter.com/Copinha/status/1612098408591810560?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.09 20:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly